知っとく.com

7カ月の赤ちゃんの服装!季節や男女別での工夫

      2017/09/28

7カ月の赤ちゃんの服装!季節や男女別での工夫

7カ月ごろの赤ちゃんと言えば離乳食が始まり動きも活発になりますね。

お座りやハイハイをするようになると、ロンパースから上下分かれたセパレートタイプの服装に変えられます。

ただ、季節によってはどんな服装がいいのか悩んでしまうもの。

ほかのママたちはどんな工夫をしているのかを季節ごとにご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


7カ月の赤ちゃんの服装はどんな感じ?

生後7カ月の赤ちゃんというとお座りや寝返り、さらにハイハイをしたりつたい歩きを始める子もいるでしょう。

個人差がありますがどんどん活発になる時期ですね。

この頃の赤ちゃんはどのような服装を着せたらいいのかちょっと迷ってしまうもの。

上下分かれた服を着せたいと思う一方「お腹が出てしまう」「すぐに脱げてしまう」などの悩みが出てきます。

また、季節によっても違い、日中と寝るときによって使い分けるべきなのかも気になるところ。

まだママ友が少ない新米ママさんはほかの赤ちゃんがどんな格好をしているのか気になりますよね。

そこで、7カ月の赤ちゃんをお持ちのママがどんな服を着せているのか、その意見をまとめてみました。

寒い季節や暑い季節、男の子や女の子それぞれの場合の服装をご紹介していきます。

7カ月の赤ちゃんの「寒い季節」の服装

7カ月の赤ちゃんの服装で「秋・冬の場合」をご紹介します。

気温の低い季節の過ごし方は悩みがち。

外出をするときや室内で過ごすとき、夜寝るときに風邪を引かせないための工夫を参考にしてください。

・外出時

肌着+カバーオール+おくるみやポンチョ

寒い季節は上下分かれた服装ではすき間が空きやすいのでやはりつながったものの方がいいです。

気温が低いときはさらにレッグウォーマーや帽子などをプラスします。

ただし寒そうだからと厚着をさせ過ぎると汗をかいてしまいます。

汗をかいていないか背中を触ってチェックをしましょう。

・室内

カバーオールやロンパース

大人よりも一枚薄めにします。

ただ、発育のいい子や動きが活発な子は上下分かれた服装でもいいでしょう。

お座りができる子はかぶるタイプの肌着がはだけなくておすすめ。

お座りができる子はかぶるタイプの肌着がはだけなくておすすめ。

・寝る時

下着+ロンパース+ベストや毛布のスリーパーなどで調節します。

手足は出してあげた方がいいでしょう。

7カ月の赤ちゃんの「暑い季節」の服装

7カ月の赤ちゃんの「春・夏の服装」をご紹介します。

暖かいまたは暑い季節であれば上下分かれたセパレートデビューをしてもいいと思います。

・外出時

半そで・短パンまたはスカート

調整用として薄手のカーディガンやパーカー、スパッツや靴下を持ち歩きましょう。

また、帽子を忘れずにかぶりましょう。

・室内

ランニングボディの上下つながったものやセパレートタイプの服装

エアコンを使用している部屋では冷えに注意をしましょう。

汗をかいたらこまめに着替えさせます。

・寝る時

お腹が出ないランニングボディがおすすめ。

背中にガーゼを入れておくと汗対策になります。

男女別!夏の赤ちゃんの服装

赤ちゃんの服装は大人と違うために悩む人が多いです。

また、男の子と女の子それぞれ服装も変わるのでママたちで討論会が行われることもあるとか。

寒い季節の場合なら上下つながった服装が基本のようですが、夏の場合はみなさんそれぞれ工夫をしているようです。

意見をまとめたものを男女別で見てみましょう。

・男の子

ボディスーツ+半そで+短パン

暑かったら半そで+短パン

・女の子

ボディスーツ+半そで+スカート+スパッツ

暑かったら半そで+スカート

このような感じで、下着を上手く使い分けて温度調節をしているようです。

室内で過ごすときはボディスーツのみ、という意見も多いのですがそのままの格好での外出はいまいちという意見も多く見られます。

ボディスーツはお腹が出ないのでエアコン対策にも使えるようですね。

赤ちゃんと上手に外出をするコツ

赤ちゃんも7カ月ごろになると色々なものに興味を持ち、表情やおしゃべりも富んできますね。

お散歩へ出かけると喜ぶ子も多いでしょう。

ベビーカーに乗せて出歩く人が多いと思いますが、寒い時期なら防寒対策を万全に行ってください。

ベビーカーを押しているママは歩いているので体が温まりますが、赤ちゃんは動かないので冷えてしまいます。

お昼寝をしてもいいように毛布やおくるみをかけておきましょう。

また、寒い季節のお散歩はお日さまが出ている9時から15時に行うとベストです。

外出をする時間は2時間以内が目安です。

・外出先でぐずらせない工夫

外出前に授乳を済ませ、空腹を避けましょう。

オムツが濡れていないかをチェックもお忘れなく。

赤ちゃんの洋服選びを楽しもう

7カ月ごろの赤ちゃんの服装について悩んだ場合はお子さまの発育や動きに合わせて選ぶといいですね。

寒い季節であればお腹が出ない上下つながったものの方が望ましいと思います。

体温調整には下着の着せ方を上手く工夫をしてください。

汗をかいたらすぐに着替えさせることも大切です。

ハイハイをたくさんする子であれば動きやすそうな服装を心がけてください。

上下分かれた服を着せる目安としては「お座り」を基準にするといいです。

お座りができると上からかぶせる洋服を着せることができますね。

赤ちゃんのかわいい洋服を存分に楽しめる時期です。

ぜひお洋服選びを楽しんでくださいね。

 - ライフハック, 子育て

ページ
上部へ