知っとく.com

7カ月の赤ちゃんの服装!季節や男女別での工夫

   

7カ月の赤ちゃんの服装!季節や男女別での工夫

7カ月ごろの赤ちゃんと言えば離乳食が始まり動きも活発になりますね。

お座りやハイハイをするようになると、ロンパースから上下分かれたセパレートタイプの服装に変えられます。

ただ、季節によってはどんな服装がいいのか悩んでしまうもの。

ほかのママたちはどんな工夫をしているのかを季節ごとにご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

雑草対策に!庭にはアスファルトとコンクリートのどちらを使うべきか


お庭を持つ人にとって悩ましい存在である雑草。 ...

どうしよう!?洗面台が水漏れを起こす原因と点検すべきパーツ


ある日突然それは起こるもの…それは、洗面台の水漏...

鼻で呼吸をすると変な音が鳴る原因と対処法


鼻で呼吸をすると「ピー」と変な音が出てしまったと...

受験に不安はつきもの!合格発表を待つ間でも気持ちを安定させる方法


志望校へ向かって受験勉強を続けている受験生の中で...

筋トレをしよう!腹筋でも落ちないお腹の横の脂肪を落とす方法


お腹の横についたプヨプヨの脂肪を落としたい! ...

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

スポンサーリンク


7カ月の赤ちゃんの服装はどんな感じ?

生後7カ月の赤ちゃんというとお座りや寝返り、さらにハイハイをしたりつたい歩きを始める子もいるでしょう。

個人差がありますがどんどん活発になる時期ですね。

この頃の赤ちゃんはどのような服装を着せたらいいのかちょっと迷ってしまうもの。

上下分かれた服を着せたいと思う一方「お腹が出てしまう」「すぐに脱げてしまう」などの悩みが出てきます。

また、季節によっても違い、日中と寝るときによって使い分けるべきなのかも気になるところ。

まだママ友が少ない新米ママさんはほかの赤ちゃんがどんな格好をしているのか気になりますよね。

そこで、7カ月の赤ちゃんをお持ちのママがどんな服を着せているのか、その意見をまとめてみました。

寒い季節や暑い季節、男の子や女の子それぞれの場合の服装をご紹介していきます。

7カ月の赤ちゃんの「寒い季節」の服装

7カ月の赤ちゃんの服装で「秋・冬の場合」をご紹介します。

気温の低い季節の過ごし方は悩みがち。

外出をするときや室内で過ごすとき、夜寝るときに風邪を引かせないための工夫を参考にしてください。

・外出時

肌着+カバーオール+おくるみやポンチョ

寒い季節は上下分かれた服装ではすき間が空きやすいのでやはりつながったものの方がいいです。

気温が低いときはさらにレッグウォーマーや帽子などをプラスします。

ただし寒そうだからと厚着をさせ過ぎると汗をかいてしまいます。

汗をかいていないか背中を触ってチェックをしましょう。

・室内

カバーオールやロンパース

大人よりも一枚薄めにします。

ただ、発育のいい子や動きが活発な子は上下分かれた服装でもいいでしょう。

お座りができる子はかぶるタイプの肌着がはだけなくておすすめ。

お座りができる子はかぶるタイプの肌着がはだけなくておすすめ。

・寝る時

下着+ロンパース+ベストや毛布のスリーパーなどで調節します。

手足は出してあげた方がいいでしょう。

7カ月の赤ちゃんの「暑い季節」の服装

7カ月の赤ちゃんの「春・夏の服装」をご紹介します。

暖かいまたは暑い季節であれば上下分かれたセパレートデビューをしてもいいと思います。

・外出時

半そで・短パンまたはスカート

調整用として薄手のカーディガンやパーカー、スパッツや靴下を持ち歩きましょう。

また、帽子を忘れずにかぶりましょう。

・室内

ランニングボディの上下つながったものやセパレートタイプの服装

エアコンを使用している部屋では冷えに注意をしましょう。

汗をかいたらこまめに着替えさせます。

・寝る時

お腹が出ないランニングボディがおすすめ。

背中にガーゼを入れておくと汗対策になります。

男女別!夏の赤ちゃんの服装

赤ちゃんの服装は大人と違うために悩む人が多いです。

また、男の子と女の子それぞれ服装も変わるのでママたちで討論会が行われることもあるとか。

寒い季節の場合なら上下つながった服装が基本のようですが、夏の場合はみなさんそれぞれ工夫をしているようです。

意見をまとめたものを男女別で見てみましょう。

・男の子

ボディスーツ+半そで+短パン

暑かったら半そで+短パン

・女の子

ボディスーツ+半そで+スカート+スパッツ

暑かったら半そで+スカート

このような感じで、下着を上手く使い分けて温度調節をしているようです。

室内で過ごすときはボディスーツのみ、という意見も多いのですがそのままの格好での外出はいまいちという意見も多く見られます。

ボディスーツはお腹が出ないのでエアコン対策にも使えるようですね。

赤ちゃんと上手に外出をするコツ

赤ちゃんも7カ月ごろになると色々なものに興味を持ち、表情やおしゃべりも富んできますね。

お散歩へ出かけると喜ぶ子も多いでしょう。

ベビーカーに乗せて出歩く人が多いと思いますが、寒い時期なら防寒対策を万全に行ってください。

ベビーカーを押しているママは歩いているので体が温まりますが、赤ちゃんは動かないので冷えてしまいます。

お昼寝をしてもいいように毛布やおくるみをかけておきましょう。

また、寒い季節のお散歩はお日さまが出ている9時から15時に行うとベストです。

外出をする時間は2時間以内が目安です。

・外出先でぐずらせない工夫

外出前に授乳を済ませ、空腹を避けましょう。

オムツが濡れていないかをチェックもお忘れなく。

赤ちゃんの洋服選びを楽しもう

7カ月ごろの赤ちゃんの服装について悩んだ場合はお子さまの発育や動きに合わせて選ぶといいですね。

寒い季節であればお腹が出ない上下つながったものの方が望ましいと思います。

体温調整には下着の着せ方を上手く工夫をしてください。

汗をかいたらすぐに着替えさせることも大切です。

ハイハイをたくさんする子であれば動きやすそうな服装を心がけてください。

上下分かれた服を着せる目安としては「お座り」を基準にするといいです。

お座りができると上からかぶせる洋服を着せることができますね。

赤ちゃんのかわいい洋服を存分に楽しめる時期です。

ぜひお洋服選びを楽しんでくださいね。

 - ライフハック, 子育て

ページ
上部へ