知っとく.com

大学の後期試験は狙い目と考えることについて

      2017/09/28

大学の後期試験は狙い目と考えることについて

志望大学を目指す受験生にとっての後期試験はどんな風に考えるものでしょうか。

滑り止めとしてなのか再チャレンジをするものなのか、その人の考え方によって違うでしょう。

後期試験こそ狙い目という意見もあります。

その理由について迫ってみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

スポンサーリンク


大学の「後期試験」が狙い目だという理由とは?

大学受験には一般的な受験ともう一つの「後期試験」というものが行われます。

「一般後期」と呼ばれているものですが、これは一体どんな内容なのでしょうか。

わかりやすく言えば2次試験ということですが、この後期試験があることによっていくつかの大学を受験することが可能になります。

一般後期の特徴

たとえ一般入試で落ちたとしても一般後期を受けることができます。

第一志望の大学に落ちたときにレベルを落として再チャレンジをする場合に考えることができます。

一般入試よりも募集人数は少ないです。

このように再チャレンジをするのに後期入試が絶対の存在ですが、募集人数の少なさからその難易度の高さがうかがえます。

しかし、後期試験が狙い目だという意見も多いのはなぜでしょうか。

その理由について探ってみます。

大学の後期試験が狙い目だと解説する講師

一般入試を前期試験だとし、二次試験を「後期試験」と呼んでご説明をします。

後期試験は前期試験よりも募集人数が少ないことから当然倍率が上がります。

しかしここが狙い目だという理由が気になるところ。

ある予備校講師はこのように解説しています。

「同じ大学を2度受けることで合格する可能性が上がる」ということです。

一度落ちてしまった大学をレベルを落とさずにまた受験をするということは当然滑り止めにもなりません。

しかし合格する可能性があるのならば諦めずに再チャレンジをすることも大切だと言います。

前期試験と後期試験の内容は変わりますが、レベルが上がることはありません。

また、別の大学を受験することにしてもレベルを落とさずに受験して合格するチャンスはたくさんあります。

試験内容が変わっただけで合格することも多いにあることから、後期試験こそ狙い目だという考えもあるようです。

大学の後期試験はやっぱり狙い目!諦めない心

大学受験生にとって第一志望の大学を合格することがやはり大きな目標であります。

第一志望に敗れて滑り止めの大学へ入学することになったとしても、気持ちが入らず大学を辞めてしまう人も中にはいます。

そうなったとき「やっぱり第一志望を諦めるべきではなかった」と後悔するでしょう。

それならばやはり、前期試験で不合格だったとしても後期試験で再チャレンジをすべきではないでしょうか。

募集人数が少ないために難易度はアップしますが、どんなチャンスも諦めないという不屈の精神が大切です。

ただ、前期と後期の試験内容が異なるケースが多いためにしっかりと対策をしなくてはいけません。

科目数や入試問題の傾向も変わってしまうことが分かっているのなら、前もって準備をしておきましょう。

志望していた大学が2つ以上ある人の場合なら、後期試験があることで選択肢が広がります。

しかしこの場合でもしっかりと対策を練っておくべきです。

一橋大学の場合の前期と後期試験内容の違う点

では、前期試験と後期試験がどのように変わるのかを実際に確かめてみましょう。

ここでは「一橋大学」での例をあげてみます。

一橋大学では前期と後期試験の内容が大きく異なります。

前期試験で出題される科目は国語、数学、英語、地歴公民の4科目になります。

どの学部を選択しても4科目の内容です。

数学が必須科目となるところも特徴です。

後期試験では各学部によって内容が異なります。

・経済学部:数学と英語

・法学部と社会学部:小論文と面接

となっています。

なお、商学部は後期試験を実施していません。

前期試験と大きく異なるのが「小論文と面接」を行う法学部と社会学部です。

これについての対策はしっかりと行っておくことが大切ですね。

前期試験と後期試験の違いをご紹介しましたが、各大学によって大きく違います。

あらかじめ後期試験の内容まで把握しておくことが重要ポイントです。

大学の「オープンキャンパス」への参加はとても大切!

これから大学受験をする人は「オープンキャンパス」への参加を積極的にしましょう。

そして1つの大学だけではなく、ほかの大学への参加も行うことで万が一に備えることができます。

これは、第一志望の大学が不合格だったときに一度も行ったことのない大学の後期試験を受験する…なんていうことを防ぐためでもあります。

大学の様子を全く知らないまま受験するということはかなり抵抗があり、実際に入学をしてから「やっぱり違う」と後悔してしまう可能性があります。

こうなってしまう前に、いくつかの大学を回ってみてそれぞれのメリット・デメリットなどを自分なりにまとめておくべきです。

そうすることでたとえ第一志望に落ちたとしても後期試験でも自分に合う大学を選ぶことができます。

 - 勉強

ページ
上部へ