知っとく.com

大学の後期試験は狙い目と考えることについて

      2017/09/28

大学の後期試験は狙い目と考えることについて

志望大学を目指す受験生にとっての後期試験はどんな風に考えるものでしょうか。

滑り止めとしてなのか再チャレンジをするものなのか、その人の考え方によって違うでしょう。

後期試験こそ狙い目という意見もあります。

その理由について迫ってみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

娘の結婚が寂しいのは父親だけじゃない!母親にも要注意!

娘の結婚を寂しがるのは父親というイメージがありませんか。 ...

野草を食べる!春の味覚の美味しい効果のヒミツ


寒い冬が終わり、春を迎えた時の楽しみと言えば山菜...

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

スポンサーリンク


大学の「後期試験」が狙い目だという理由とは?

大学受験には一般的な受験ともう一つの「後期試験」というものが行われます。

「一般後期」と呼ばれているものですが、これは一体どんな内容なのでしょうか。

わかりやすく言えば2次試験ということですが、この後期試験があることによっていくつかの大学を受験することが可能になります。

一般後期の特徴

たとえ一般入試で落ちたとしても一般後期を受けることができます。

第一志望の大学に落ちたときにレベルを落として再チャレンジをする場合に考えることができます。

一般入試よりも募集人数は少ないです。

このように再チャレンジをするのに後期入試が絶対の存在ですが、募集人数の少なさからその難易度の高さがうかがえます。

しかし、後期試験が狙い目だという意見も多いのはなぜでしょうか。

その理由について探ってみます。

大学の後期試験が狙い目だと解説する講師

一般入試を前期試験だとし、二次試験を「後期試験」と呼んでご説明をします。

後期試験は前期試験よりも募集人数が少ないことから当然倍率が上がります。

しかしここが狙い目だという理由が気になるところ。

ある予備校講師はこのように解説しています。

「同じ大学を2度受けることで合格する可能性が上がる」ということです。

一度落ちてしまった大学をレベルを落とさずにまた受験をするということは当然滑り止めにもなりません。

しかし合格する可能性があるのならば諦めずに再チャレンジをすることも大切だと言います。

前期試験と後期試験の内容は変わりますが、レベルが上がることはありません。

また、別の大学を受験することにしてもレベルを落とさずに受験して合格するチャンスはたくさんあります。

試験内容が変わっただけで合格することも多いにあることから、後期試験こそ狙い目だという考えもあるようです。

大学の後期試験はやっぱり狙い目!諦めない心

大学受験生にとって第一志望の大学を合格することがやはり大きな目標であります。

第一志望に敗れて滑り止めの大学へ入学することになったとしても、気持ちが入らず大学を辞めてしまう人も中にはいます。

そうなったとき「やっぱり第一志望を諦めるべきではなかった」と後悔するでしょう。

それならばやはり、前期試験で不合格だったとしても後期試験で再チャレンジをすべきではないでしょうか。

募集人数が少ないために難易度はアップしますが、どんなチャンスも諦めないという不屈の精神が大切です。

ただ、前期と後期の試験内容が異なるケースが多いためにしっかりと対策をしなくてはいけません。

科目数や入試問題の傾向も変わってしまうことが分かっているのなら、前もって準備をしておきましょう。

志望していた大学が2つ以上ある人の場合なら、後期試験があることで選択肢が広がります。

しかしこの場合でもしっかりと対策を練っておくべきです。

一橋大学の場合の前期と後期試験内容の違う点

では、前期試験と後期試験がどのように変わるのかを実際に確かめてみましょう。

ここでは「一橋大学」での例をあげてみます。

一橋大学では前期と後期試験の内容が大きく異なります。

前期試験で出題される科目は国語、数学、英語、地歴公民の4科目になります。

どの学部を選択しても4科目の内容です。

数学が必須科目となるところも特徴です。

後期試験では各学部によって内容が異なります。

・経済学部:数学と英語

・法学部と社会学部:小論文と面接

となっています。

なお、商学部は後期試験を実施していません。

前期試験と大きく異なるのが「小論文と面接」を行う法学部と社会学部です。

これについての対策はしっかりと行っておくことが大切ですね。

前期試験と後期試験の違いをご紹介しましたが、各大学によって大きく違います。

あらかじめ後期試験の内容まで把握しておくことが重要ポイントです。

大学の「オープンキャンパス」への参加はとても大切!

これから大学受験をする人は「オープンキャンパス」への参加を積極的にしましょう。

そして1つの大学だけではなく、ほかの大学への参加も行うことで万が一に備えることができます。

これは、第一志望の大学が不合格だったときに一度も行ったことのない大学の後期試験を受験する…なんていうことを防ぐためでもあります。

大学の様子を全く知らないまま受験するということはかなり抵抗があり、実際に入学をしてから「やっぱり違う」と後悔してしまう可能性があります。

こうなってしまう前に、いくつかの大学を回ってみてそれぞれのメリット・デメリットなどを自分なりにまとめておくべきです。

そうすることでたとえ第一志望に落ちたとしても後期試験でも自分に合う大学を選ぶことができます。

 - 勉強

ページ
上部へ