知っとく.com

足の疲れは寝方次第でとれる!

      2017/09/28

足の疲れは寝方次第でとれる!

今日は足が疲れたな~なんて日ありますよね。

このまま寝たらこの疲れが明日にも残ってしまう・・・

それは嫌!

それならば寝ながら足の疲れを取っちゃいましょう!

足の疲れがとれる寝方教えます!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

クラスのグループへの入り方を実践して友達を作ろう!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【悩める受験生へ】不安な気持ちを乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

モテる彼女が心配!職場の飲み会に彼氏が不安を抱く理由はこれ!


男としてはいつだって彼女に何か起きないか心配をし...

【男性必見】彼女が料理をしないタイプということはココで分かる

付き合い初めの頃は彼女がどんな女性であるかをよく分かっていな...

旦那の友達と、妻としての上手な付き合い方 教えます!


学生時代の仲間や会社の同僚など、旦那さんの友達付...

【大学を退学したいなら親に内緒のまま】と悩んだ時の対処法

頑張って受験勉強をして入った大学も、様々な理由で退学したいと...

スポンサーリンク


寝方よって足の疲れがとれる

足のむくみに悩んでいる女性は多いです。

立ち仕事だったり、今日はよく歩いたな~という日は足がパンパンになってしまうんですよね。

そんな日はいつもと寝方を変えて足の疲れをとってしまいましょう。

やり方は簡単、足を少し高くするんです。だいたい20cmくらいを目安にしましょう。

専用の足枕もありますが、バスタオルやクッションなんかを使ってできますのですぐにでも始められます。

寝返りをしても足が落ちないように横に長く作っておくのがおすすめです。

注意点としては、腰痛がひどい人は長時間足を上げて寝るのはあまりよくないので、短時間で終わる方がいいでしょう。

足を高く上げる寝方でどうして疲れがとれるのか

足が疲れたと感じた日には寝るときに足を高く上げると疲れがとれます。

ではどうして足を上げるだけで疲れがとれるのでしょうか。

足がむくんでしまうのは血液や水分が溜まってしまうからなんですよね。

この足に溜まってしまった血液を高く上げることにより心臓に戻してあげるのです。

その上老廃物や疲労物質も押し戻されるのでむくみが改善できたり疲れがとれます。

立ちっぱなしや座りっぱなしは足の筋肉も動かないため血液が循環しにくいんです。

そのため足がパンパンになってしまうので、そんなときは是非足を上げて寝てみましょう。

悪いと思っていた寝方が足の疲れをとっていた?

子供と寝ているとその寝相の悪さに驚きです。

朝起きると逆さ向いて寝ていることもしょちゅうなんですよね。

夜中に手や足が飛んできて起こされると「も~!!!」と一人でぶつぶつ怒ってしまいます。

しかし寝ている間に動き回るのって実は悪いことではないそうなんです。

動きながら1日の中で歪んだ体のバランスを戻そうとしているようで、それにより体の疲れもとれるんだとか。

体だけでなく、足もあちこちに動いているので疲れをとってくれているはずです。

大人になって寝相が悪くて恥ずかしいという人もいるかもしれませんが、無意識のうちに疲れをとっていたことに

なるので恥ずかしがることではありません。

ただし、動き回ることを考えると一人で寝る方がいいかもしれませんね。

また寝具もあまり柔らかすぎると動きにくくなってしまうので、いいと思って柔らかいものを買ったのに

疲れが全然とれない!なんてことになってしまう可能性もあります。

寝相の悪さはいいことなのだと分かると子供の寝相の悪さもかわいく思えてきちゃいました。

寝る前に足の疲れをとろう!

寝る前に布団の中で足のストレッチをしましょう。

何の道具も使わないのですぐにできますよ!

仰向けに寝て足を伸ばす

両足の指をグーパー、グーパー(10回)

両足首を回す(10回)

足に力を入れてかかとを突き出し、4秒伸ばしたら4秒力を抜く
このとき爪をそらせるとやりやすい。(左右交互に5回ずつ)

このストレッチは足の筋肉を伸ばしたり緩めることにより血液を心臓に戻し足の疲れがとれます。

また、仰向けの状態で両足を真上に伸ばしできるだけ足と体が90度になるようにします。

そして足をふりふり~とするだけで足の疲れがとれます。

真上に上げるのはなかなか難しいかもしれませんが、是非挑戦してみましょう。

疲れをとるために寝だめしていませんか?

仕事を頑張ったし、今度の休みには一日中寝て疲れをとろう!と思い寝だめをしていませんか?

それなのに翌日なんとなくだるい・・・仕事がはかどらない・・・

どうしてなのでしょうか。

休日に寝だめをしようと思うと朝に起きるということはしませんよね。

早くてもお昼過ぎ、何なら夕方くらいまで寝て動き出すという人もいるのではないでしょうか。

たくさん寝ても質のいい睡眠でなければ体もリフレッシュできません。

起きる時間が変わり、睡眠のリズムが乱れてしまいます。リズムが乱れると睡眠の質も低下し、どれだけ寝ても疲れがとれていないことになるんです。

では休日にリフレッシュさせるにはどんな方法があるのでしょうか。

●体を動かす

とにかく寝たい!という人ならば休日に体を動かすなんて疲れるだけだし嫌だ!と思うかもしれませんが、太陽の下で体を動かすことはリフレッシュできる理由があるんです。

セトロニンといいう物質は人の体や心をリフレッシュさせる効果があると言われていて、太陽の光を浴びるとこのセトロニンが分泌されるのです。

長時間太陽の下にいる必要はなく、30分程度で大丈夫です。

最近はランニングやサイクリングを始める人も増えてきましたし、これを機会に始めてみるのもいいかもしれません。

夏になると暑いから運動なんてやってられない!という人は早起きをしてまだ涼しいうちに散歩してみてはいかがでしょうか。

適度に体が疲れることによって、夜もぐっすり眠ることができますよ。

●掃除をする

働いているとなかなか掃除ができなくて、気がつくと部屋が散らかり洗濯物も溜まっている。

そんな部屋で過ごしていると気分も下がってしまいます。

そこで休日に部屋を掃除して気分をリフレッシュしましょう。

部屋が綺麗になると、気分も上がり「今日はご飯でも作ってみようかな」なんて思うかもしれません。

そうして充実した休日を送ることによって翌日仕事も頑張れるのではないでしょうか。

 - 健康

ページ
上部へ