知っとく.com

野良の子猫を保護してあげたい!そう思った時に出来る事

      2017/02/27

通勤通学の途中や買い物帰りなどに、道で猫を見かける事はありませんか?

その猫が飼い猫か野良猫かは、すぐには判断つきません。

しかし、見かけた猫が野良猫で子猫だったとしたら、保護してあげたいという気持ちになってしまいますよね。

野良猫を保護する前、保護した後にはいくつかの注意点があります。

もしかすると、野良猫だと思って保護した子猫が飼い猫だったという場合もありますので、そんな時はどうすればいいかなども合わせてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
友達に誘われた映画を見たくないと思ったときの対処法

友達からあまり見たくない映画に誘われたらどうしますか? <...

no image
これでスッキリ!メールを無視する友人の気持ちや対処法

友人にメールを送っても全く返信がなくて心配になったことってあ...

no image
大学院生なら結婚時期が遅れる?メリット・デメリットを考える!

大学だけでなく、大学院に進んで勉強をしたい!
...

no image
夫はスマホばかり・・ストレスが溜まる前の対処法はこれ!

夫にストレスを感じている妻は決して少なくありません。

no image
【抱負の例文】作文の課題のポイントを抑えて大学に合格する!


大学入試の際に「抱負を作文に書け」という課題が出...

no image
喧嘩したら無視されてしまった!友達と仲直りする方法

友達と喧嘩してしまうことってありますよね。
...

no image
【ママ必見!】魚が好きじゃない子どもに食べさせるコツ教えます!

魚を食べることが体に良いということは分かっているけれど、子ど...

no image
【学校の友達が合わない】と悩んでいるあなたに伝えたいポイントと対策

学校を楽しいと感じることもあれば、楽しくないと感じることだっ...

no image
【不安解消!】教授からメールの返信こない時の対処法

大学生になれば教授とメールのやりとりをすることが出てきます。...

no image
【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

no image
夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

no image
たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

no image
長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

no image
子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

no image
【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

no image
家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

no image
空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

no image
【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

no image
【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

スポンサーリンク


野良の子猫を発見!すぐに保護してはいけない?!

子猫を見かけたら

「かわい~」

と近づいて見たくなりますよね。

どうして1匹の子猫だけがこんなところに?野良猫かも?

もし、その子猫が弱っていたならすぐにでも保護してあげたくなるでしょう。

でも、もう一度周りをよく確認して見て下さい。

姿が見えていないだけで、近くに母猫がいるかもしれません。

野良猫は鳥や他の動物といった敵から隠れて、子猫を育てています。

そして子猫が歩き始めるようになると、引っ越しもするそうなんです。

しかし猫は子猫の数を把握できずに、巣から出てしまった子猫を連れ戻さずに忘れてしまう事もあるんだとか。

子猫は鳴く事で自分の存在を母猫に知らせます。

子猫が泣けば母猫が子猫を連れに戻ってくる可能性もあり、保護しようと思ったあなたの事を敵と勘違いしてしまうかもしれません。

野良の子猫を保護したら病院へ連れて行くのがベスト

野良の子猫の場合、弱っている場合が多いです。

そんな時はすぐに動物病院に連れていき、獣医さんに子猫の状態をみてもらいましょう。

子猫が弱っていない場合でも保温してあげて下さい。

どう保温すればいいのでしょうか。

まず、子猫を入れることのできる段ボールなどを用意し、lカイロや湯たんぽなどの上にタオルを敷いてその中に子猫を入れてあげましょう。

カイロや湯たんぽがなければ、ペットボトルにお湯を入れるだけでも大丈夫です。

湯たんぽやペットボトルは中のお湯が冷めてしまったら、交換してあげましょう。

また、子猫の上にタオルをかけてあげる事も必要です。

温度は30℃程度を目安にしてあげて下さい。

子猫は体温調節がまだ上手く出来ないので温度には要注意です。

高くても低くてもいけません。

野良の子猫を保護したとき震えていたら?

子猫を保護した時に一番いいのは、やはり一度動物病院に連れていき獣医さんに見てもらう事だと思います。

しかし、自分がペットを飼っていない場合、どこに動物病院があるか分からない人も多いと思います。

その時は、先程紹介した段ボールなどに湯たんぽを入れるなどして体を温めてあげて下さい。

子猫が汚れていたり震えていたら、お風呂に入れてキレイにしたり、体を温めてあげたいと思うかもしれませんが、体が弱っている可能性が高いので、お風呂に入れるのは少し控えた方がいいでしょう。

また、段ボールに使っているバスタオルなども汚れたら交換した方がいいと思うでしょうが、

子猫も慣れない場所に来て不安なはずです。

頻繁にバスタオルなどは交換せずに、自分の匂いがついたままの方が子猫も安心するので

慣れてきた頃に交換してあげましょう。

保護した猫が飼い猫か野良猫か分からない

野良猫だと思って保護したけれど、本当は飼い猫かもしれないな・・・

と思ったらどうすればいいのでしょうか。

まず、保護した猫が飼い猫だった場合は「迷子猫探しています」のポスターを探してみましょう。

近所の人が知っているかもしれないので、写真を見せるなどして聞いてみて下さい。

また、近くに動物病院があれば是非行ってみましょう。

獣医さんなら知っている可能性もありますし、その猫を知っている人が来ているかもしれません。

とにかく動物病院はたくさんの情報があるので、確認しておきたい場所ですね。

野良猫と飼い猫の判断って本当に難しいんですよね・・・

犬と違って猫は家と外を自由に出入りしながら飼われることもあるので、外にいる猫でも飼い猫という場合があります。

首輪などをしていればパッと見で飼い猫だなと分かりますよね。

また人なつっこい猫も、誰かに飼われている猫の可能性が高いです。

逆に警戒心が強く、傷が多い猫は野良の可能性が高いでしょう。

野良猫だと思って連れて帰った猫が、誰かの飼い猫だった場合は窃盗罪になってしまうのです。

保護して少し落ち着いた頃に、近所などで情報収集をした方がいいでしょう。

野良猫を飼うと決めたなら

保護した野良猫を自分で飼うと決めたなら、どんなことに注意すればいいのでしょうか。
まずその猫が生まれた時から野良猫だったのか、もともとは誰かに飼われていたけれど、悲しい事に捨てられて野良猫になってしまったかでも、大きく変わってきます。

もともと誰かに飼われていた猫なら、警戒心はあってもそれほど強くないです。

人に慣れているのであなたに慣れるのにも、そう時間はかからないでしょう。

しかし生まれた時から野良猫だった場合は警戒心も強く、なかなか人に慣れる事はできません。

猫を触ることにも時間がかかってしまうと思いますが、焦らず必要以上は近づかないようにしましょう。

適度な距離を保ちつつ、猫が慣れてあなたによってくるまで待ってあげて下さい。

そして今まで外で行きたいところへ自由に行っていた猫にとっては家の中では狭く、大きなストレスになってしまいます。

自由さを求めて脱走する事もあるので注意が必要です。

キャットタワーを設置して、猫が運動してストレス発散できるような環境を作ってあげましょう。

あなたに慣れたなら、思いっきり遊んであげるのもいいですね。

実は野良猫の寿命は、飼い猫と比べるとかなり短いとうデータがあるんです。

しかし保護して食事や定期検診などを受ければ、寿命が延びる事もあります。

野良猫を飼うと決めたなら必ず動物病院へ行き、獣医さんの診察を受けてからにしましょう。

野良猫は慣れるまでに時間がかかったり、脱走しようとしたりと普通の猫よりも大変だと思います。

安易な気持ちで飼うと決めて、また野良猫に戻してしまうという事にはならないようにしましょう。

 - ペット

ページ
上部へ