知っとく.com

メールが長文になった時の謝罪文の付け方とビジネスマナー

      2017/09/28

メールが長文になった時の謝罪文の付け方とビジネスマナー

画面をどんどん下までスクロールをしなくては読み切れない長文メール。

どうしても長くなってしまった場合「長文失礼しました。」などと謝罪文を付ける人がいます。

長文になってしまった場合の正しい謝罪文の付け方や、ビジネスでも使える相手に伝わるメールについてご紹介をしていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


「長文メール失礼しました」と謝罪する意味とは?

メールには人それぞれの性格が出ると思います。

絵文字を使う人に対して全く使わない人。

用件だけを書く人や長い文章を書く人。

ご自分に当てはまるのはどれでしょうか?

最後の「長い文章を書く人」でメールの最後に「長文失礼しました。」と書く人がいます。

あのお詫びの意味がわからないと感じている人が実は多いようです。

ビジネスマナーなのか何なのか。

長文を読ませて申し訳なかったと謝るのなら、最初から用件だけを手短に書けばいいのに…という厳しい意見もあるようです。

中にはメールの最初に「長くなりますが」と前置きを書く人もいますよね。

この人も同様に当てはまるかと思います。

メールがどうしても長文になってしまう人はどう気を付けるべきなのか、長文になってしまったときの謝罪はどうすべきなのか。

そもそも謝罪はしなくてもいいものなのか。

今回は「長文メール」について迫ってみます。

メールが長文になってしまった時の謝罪文の付け方

電話だと伝えにくいけどメールなら書きやすい、どうしてもこの気持ちをメールで伝えたい!

こんな時に送るメールはどうしても長文になってしまうもの。

ただ、書いたメールは自分でも読み直してみましょう。

読みにくくはないですか?

改行はされていますか?

長文の場合はある程度の文章に段落をつけてスペースを空けていかないと、とても読みにくいものです。

そして長文になってしまったことを謝罪しておきましょう。

一番最後に書くよりも、最初に「長文だけどごめんね」と付け加えておくと相手も助かるものです。

長文メールだとわかれば時間のある時にゆっくりと読もうという気持ちになります。

長文メールを送るのであれば、早い返信を求めることはやめましょう。

謝罪をしてまで長文メールを送るのは避けましょう

いくら友人だからと言って長文メールを送ってしまうのは避けるべきです。

どうしても長くなってしまう理由や原因をまずは考えてみるべきです。

過去に知り合いから3ページにも及ぶ長文メールを受け取ったことがありますが、結局言いたいことはたった3行程度です。

それ以外はまるで喋っているかのようなポエム的な内容がダラダラと続いていました。

正直、その文章をまともに読むことは出来ず、ほぼ流し読みをしてしまいました。

そしてこのメールに返信をしたらまた長文メールが来るかも知れないと思い、返信はしないままスルーしました。

メールっていうものは毎日たくさん受け取っているもので、迷惑メールに埋もれてしまうこともあります。

メールの受信トレイを空にすることに必死になっている身としては、このような長文メールは辞めてほしいと思ってしまいます。

長文になってしまうのがやむを得ないことだった、とわかるような内容であれば理解ができます。

ただそれは、仕事上のメール以外はなかなか受け入れ難いもの。

さほど長文でもないのに「長文失礼しました。」と謝罪文を付ける人の方が好感度が上がります。

常に長文メールになってしまう人はおそらく相手に読まれていないでしょう。

できる限り短く簡潔に書くことをおすすめします。

長文の目安と相手に読まれるメールとは?

長文メールをもらって嬉しいのは、付き合い始めたばかりの相手からもらったメールのみ。

これを聞いて同感だと思うのはやはり「どんな相手からもらうメールか」によって受け取り方が変わるということです。

恋愛対象の相手以外からの長文メールのほとんどが迷惑と思われています。

・どのくらいから長文?

およそ10行以上からは長文メールになるでしょう。

パソコンで読む場合と携帯やスマホで読む場合ではまた違ってきます。

とくに携帯やスマホの場合は5行以上でも長いと感じる人も多いです。

10行程度のメールを送る場合は読みやすさに工夫がされていることが大切です。

その中には「挨拶」と「感謝の気持ち」などを込めることが大切です。

そうすることで多少長くなっても相手は嫌な気持ちにはならず、次に届くメールもしっかりと読んでくれます。

親しき中にも礼儀ありということがやはり重要でしょう。

・仕事上のメールは簡潔にすべき

取引先や仕事関係上の相手とのやり取りは「いかに簡潔にするか」が重要です。

大切なことだからと何度も同じような言葉を繰り返したりしては相手から避けられてしまいます。

そうすることでメールが後回しにされ、仕事の効率も遅くなります。

負のスパイラルに陥る原因にもなりかねないので注意をしましょう。

ビジネスメールのマナーを覚えよう

伝えたいことは最初に書く

相手が読み飛ばしてしまうと困る内容があれば冒頭に「○○の件について触れています」と付け足しておきましょう。

スクロールしないで読める長さを目指す

長文メールかどうかは画面をスクロールするかどうかでも判断されます。

自分で読み直して簡潔に手直しすることが大切です。

どうしても長文になったら最初に謝罪をする

「長文で恐縮ですが、ご一読のほどお願いいたします」

「長文になりますので、時間があるときにお読み下さい」

「長文となってしまい大変申し訳ございませんが、ご一読のうえご検討のほどお願いいたします。」

冒頭に付け足しておきましょう。

見出しや目次を付ける

どうしてもいくつかの件をまとめて送る場合なら、●や1、2、などを付けて読みやすくしましょう。

 - PC, ライフハック, 仕事

ページ
上部へ