知っとく.com

車のバッテリーを充電する方法や時間を覚えておこう

      2017/09/28

車のバッテリーを充電する方法や時間を覚えておこう

車のバッテリーは走っている間に充電をされているということは意外と知られていません。

たまにしか車に乗らないという人で「すぐにバッテリーが上がってしまう」ということはないでしょうか。

その原因についてやバッテリーを充電する方法やかかる時間についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

クラスのグループへの入り方を実践して友達を作ろう!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【悩める受験生へ】不安な気持ちを乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

モテる彼女が心配!職場の飲み会に彼氏が不安を抱く理由はこれ!


男としてはいつだって彼女に何か起きないか心配をし...

【男性必見】彼女が料理をしないタイプということはココで分かる

付き合い初めの頃は彼女がどんな女性であるかをよく分かっていな...

旦那の友達と、妻としての上手な付き合い方 教えます!


学生時代の仲間や会社の同僚など、旦那さんの友達付...

【大学を退学したいなら親に内緒のまま】と悩んだ時の対処法

頑張って受験勉強をして入った大学も、様々な理由で退学したいと...

スポンサーリンク


車のバッテリーの充電時間はどのくらい?

車のバッテリーが上がってしまうのを防ぐためにはエンジンをかけておくと充電されます。

ただ、バッテリーが空の場合はどのくらいの間エンジンをかけていなくてはいけないのでしょうか?

また走行をしながらどのくらい充電がされるものなのかも気になります。

今回は、バッテリーを充電させるために必要な時間と劣化させないためにできることをご紹介していきます。

バッテリーの充電方法とかかる時間

空になってしまったバッテリーを満タンにするためにはどれくらいの充電時間が必要なのでしょうか。

・アイドリング充電

エンジンをかけた状態で充電を行う場合は一晩から二晩と長時間が必要になります。

・走行で充電

6時間以上の走行を続けることである程度のバッテリーを充電することは可能ですが、最大発電力2000rpmが必要です。

・充電器

一晩から二晩の長時間をかけて行います。

比重計でバッテリー駅が1.25以上になれば大丈夫です。

このようにバッテリーを充電する方法はいくつかありますが急速充電を行うことによりバッテリーの寿命を縮めることになります。

できる限りこのような状況にならないようにバッテリーのチェックを行いましょう。

アイドリング充電や走行による充電はガソリンの無駄にもなってしまいます。

走行時間が足りないとバッテリーの充電が行われない

バッテリーの寿命は平均3~4年ぐらいと言われています。

これは製品によっても大きく変わりますが、使い方によっては寿命を縮めてしまいます。

バッテリーが劣化をしやすい使い方をあげてみます。

・夜間しか乗らない

・天候の悪い日しか使わない

・エアコンをよく使う

・消費電力の大きな電装品を付けている

・渋滞をした道をよく走る

・1回の走行距離が短い

・月に数回程度しか車を使用しない

このような使い方をしている場合は宝殿方や充電不足を引き起こしてしまうために寿命が縮まってしまいます。

月に数回近所へお買い物に行くときに使うという方はバッテリーのチェックを行い、充電ができるような車の乗り方を心がけましょう。

また、車に合ったバッテリーを装備することが大切です。

車の点検を行う際にはバッテリーの充電一緒に行うように依頼をすることで長持ちをさせることができます。

誰の手を借りずにバッテリー上がりを対処できるすごいアイテム

出かけた先でバッテリーが上がってしまったら…このような事態になってしまうと慌ててしまいますね。

こんな場合には別の車とケーブルを繋いで対処を行います。

ですが周りに誰もいない場合はこの方法が使えません。

そんな時でも誰の手を借りず、しかもたった1分でバッテリー上がりを解消できるものがあります。

「ジャンプスターター V12マルチチャージャー」

見た目はなんと手のひらサイズで世界最小。

使い方もとても簡単で、バッテリーにケーブルをつないでおよそ1分でエンジンをかけることが可能になります。

さらに驚くべき点はスマホの充電器としても使用が可能だということ。

これ1台を持っているだけで緊急時に対処ができるというわけです。

バッテリー寿命を延ばすためのアイドリング充電

車のバッテリーについて誤解をされてしまうことは「使っている間に充電が行われる」ということです。

電池などで使用をするものは使えば使うほどバッテリーが下がりますが車は違います。

最近では若者の車離れによりバッテリーについての知識を間違って覚えているケースが多いです。

車を所有しているけどあまり車には乗らないという家庭も増え、それが原因でバッテリーが劣化しているのにも気が付かずバッテリーが上がってしまう…。

このような事態になってしまうとバッテリー交換をしなくてはいけなくなります。

・車のアイドリングを時々行う

車を持っているけど近場にしか行かない人や週末にしか乗らないという場合は時々一定時間のアイドリングを行いましょう。

これによりバッテリーを充電させて劣化を防ぎます。

・充電を行う目安

3日に1度、30分~1時間程度アイドリングを行いましょう。

ガソリンがもったいなく感じるようですが、それよりも突然バッテリーが上がってしまうことの方が大変です。

そして古いバッテリーほど充電時間がかかってしまうので、その場合にはアイドリング時間や頻度を増やしましょう。

カーオーディオ機器を使用をしている場合には消費電力も高いためにしっかりと充電をしましょう。

バッテリーを充電をするための走行方法

バッテリーの仕組みを理解をして充電をさせることが長持ちをさせるコツです。

走行をしながら充電をさせることができますが、スピードを出した方が早く充電をすることができると考える人もいますが、それは違います。

しっかりとエンジンが回転をしていれば充電はできるので、たとえば30km/hで走行をさせても大丈夫です。

アイドリング充電をするときにギアをニュートラルに入れてアクセルを踏んでも効果はあります。

バッテリーを長持ちさせるためにエンジンを長くかけておく。

これを心がけるだけで突然のバッテリー上がりを予防する効果があります。

 - ライフハック

ページ
上部へ