知っとく.com

車のバッテリーを充電する方法や時間を覚えておこう

      2017/09/28

車のバッテリーを充電する方法や時間を覚えておこう

車のバッテリーは走っている間に充電をされているということは意外と知られていません。

たまにしか車に乗らないという人で「すぐにバッテリーが上がってしまう」ということはないでしょうか。

その原因についてやバッテリーを充電する方法やかかる時間についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

スポンサーリンク


車のバッテリーの充電時間はどのくらい?

車のバッテリーが上がってしまうのを防ぐためにはエンジンをかけておくと充電されます。

ただ、バッテリーが空の場合はどのくらいの間エンジンをかけていなくてはいけないのでしょうか?

また走行をしながらどのくらい充電がされるものなのかも気になります。

今回は、バッテリーを充電させるために必要な時間と劣化させないためにできることをご紹介していきます。

バッテリーの充電方法とかかる時間

空になってしまったバッテリーを満タンにするためにはどれくらいの充電時間が必要なのでしょうか。

・アイドリング充電

エンジンをかけた状態で充電を行う場合は一晩から二晩と長時間が必要になります。

・走行で充電

6時間以上の走行を続けることである程度のバッテリーを充電することは可能ですが、最大発電力2000rpmが必要です。

・充電器

一晩から二晩の長時間をかけて行います。

比重計でバッテリー駅が1.25以上になれば大丈夫です。

このようにバッテリーを充電する方法はいくつかありますが急速充電を行うことによりバッテリーの寿命を縮めることになります。

できる限りこのような状況にならないようにバッテリーのチェックを行いましょう。

アイドリング充電や走行による充電はガソリンの無駄にもなってしまいます。

走行時間が足りないとバッテリーの充電が行われない

バッテリーの寿命は平均3~4年ぐらいと言われています。

これは製品によっても大きく変わりますが、使い方によっては寿命を縮めてしまいます。

バッテリーが劣化をしやすい使い方をあげてみます。

・夜間しか乗らない

・天候の悪い日しか使わない

・エアコンをよく使う

・消費電力の大きな電装品を付けている

・渋滞をした道をよく走る

・1回の走行距離が短い

・月に数回程度しか車を使用しない

このような使い方をしている場合は宝殿方や充電不足を引き起こしてしまうために寿命が縮まってしまいます。

月に数回近所へお買い物に行くときに使うという方はバッテリーのチェックを行い、充電ができるような車の乗り方を心がけましょう。

また、車に合ったバッテリーを装備することが大切です。

車の点検を行う際にはバッテリーの充電一緒に行うように依頼をすることで長持ちをさせることができます。

誰の手を借りずにバッテリー上がりを対処できるすごいアイテム

出かけた先でバッテリーが上がってしまったら…このような事態になってしまうと慌ててしまいますね。

こんな場合には別の車とケーブルを繋いで対処を行います。

ですが周りに誰もいない場合はこの方法が使えません。

そんな時でも誰の手を借りず、しかもたった1分でバッテリー上がりを解消できるものがあります。

「ジャンプスターター V12マルチチャージャー」

見た目はなんと手のひらサイズで世界最小。

使い方もとても簡単で、バッテリーにケーブルをつないでおよそ1分でエンジンをかけることが可能になります。

さらに驚くべき点はスマホの充電器としても使用が可能だということ。

これ1台を持っているだけで緊急時に対処ができるというわけです。

バッテリー寿命を延ばすためのアイドリング充電

車のバッテリーについて誤解をされてしまうことは「使っている間に充電が行われる」ということです。

電池などで使用をするものは使えば使うほどバッテリーが下がりますが車は違います。

最近では若者の車離れによりバッテリーについての知識を間違って覚えているケースが多いです。

車を所有しているけどあまり車には乗らないという家庭も増え、それが原因でバッテリーが劣化しているのにも気が付かずバッテリーが上がってしまう…。

このような事態になってしまうとバッテリー交換をしなくてはいけなくなります。

・車のアイドリングを時々行う

車を持っているけど近場にしか行かない人や週末にしか乗らないという場合は時々一定時間のアイドリングを行いましょう。

これによりバッテリーを充電させて劣化を防ぎます。

・充電を行う目安

3日に1度、30分~1時間程度アイドリングを行いましょう。

ガソリンがもったいなく感じるようですが、それよりも突然バッテリーが上がってしまうことの方が大変です。

そして古いバッテリーほど充電時間がかかってしまうので、その場合にはアイドリング時間や頻度を増やしましょう。

カーオーディオ機器を使用をしている場合には消費電力も高いためにしっかりと充電をしましょう。

バッテリーを充電をするための走行方法

バッテリーの仕組みを理解をして充電をさせることが長持ちをさせるコツです。

走行をしながら充電をさせることができますが、スピードを出した方が早く充電をすることができると考える人もいますが、それは違います。

しっかりとエンジンが回転をしていれば充電はできるので、たとえば30km/hで走行をさせても大丈夫です。

アイドリング充電をするときにギアをニュートラルに入れてアクセルを踏んでも効果はあります。

バッテリーを長持ちさせるためにエンジンを長くかけておく。

これを心がけるだけで突然のバッテリー上がりを予防する効果があります。

 - ライフハック

ページ
上部へ