知っとく.com

羽毛布団と毛布の重ね方が間違っているかもしれません!

      2017/09/28

羽毛布団と毛布の重ね方が間違っているかもしれません!

羽毛布団って温かくて気持ちいいんですよね。

冬に羽毛布団は欠かせません。

でも真冬になると毛布も欲しい!

そんな人も多いのではないでしょうか。

羽毛布団と毛布を使う時にどんな重ね方をしていますか?

もしかして、間違っているかもしれませんよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


羽毛布団と毛布の重ね方が間違っていた!

羽毛布団と毛布を重ねて使う時にどんな風にしていますか?
順番としては下から敷き布団、毛布、羽毛布団ではありませんか?

私は長年この重ね方をしていました。

先日新しい布団を買いに寝具店へ行った時に店員さんと話していたんですが、

その時に「羽毛布団の上に毛布を重ねると保温効果は高いですよ」と言われてビックリ!

毛布を上に重ねて意味なんてあるの?と思ったんですけど、羽毛布団は体に密着させた方がムレることもなく保温力が高いので快適に眠れるんだとか。

確かに今までの重ね方だと汗だくで起きてしまったり、朝起きた時に毛布が足下にいっていて布団だけしか使っていない状態だったりすることが多かったのに、店員さんに教えてもらった重ね方をすると汗だくで起きてしまうことも朝に布団だけになっていることもなくなったんです。

どうでしょう?

今まで間違った重ね方をしていたという人も多いのではないでしょうか?

羽毛布団との重ね方 毛布が上にしない方がいい時も

羽毛布団と毛布を重ねる時は毛布が一番上にするのがいいという事でした。

体温によって羽毛布団が膨らみ温かくなり、毛布が重ねてあることで体の熱も逃げません。

綿布団を使っている人は少ないかもしれませんが、綿布団の場合でもきちんとお手入れをしていれば
布団の上に毛布を重ねるのがいいでしょう。

しかし、毛布を上に重ねない方がいい場合もあるんです。
それは毛布が重い時です。

毛布が重いとせっかくの羽毛布団がつぶれてしまいます。
つぶれてしまうとせっかくの保温性も低下してしまうので重ねない方がいいでしょう。

毛布の肌触りが好きだから体に密着させて使いたい!という人もいると思います。
アクリル毛布って肌触りがよくて気持ちいいんですよね。
でも、汗を吸わないので布団に入った瞬間は温かくて気持ちいいと感じるんですが
温まるとムレて不快指数が上がってしまうんです。

また毛布の肌触りが好きな子供も多いんですが、子供は代謝量が多く汗をかきやすいために
注意しなければなりません。

寒い時には温かければそれでいいと思ってしまいがちですが、快適な眠りには温度と湿度が大事なんです。

敷きパッドを使う時は吸湿発散性の高いものを選ぶとさらにぐっすり眠れるようになると思いますよ。

他にもあった!羽毛布団と毛布の重ね方以外の安眠方法

体が冷えるとなかなか眠れないものです。

羽毛布団の上に毛布を重ねる方法は快適に眠れることができますが、布団に入った瞬間はヒヤっとしてしまううんですよね。

そんなときはどうすればいいのでしょうか。

まず、お風呂から出たら靴下を履き温まった足を冷えないようにしましょう。
足が温まったままだと体も冷えにくくなります。
ただし、寝る時に靴下を履くと足が締め付けられてしまうので布団に入った時は脱ぎます。

寝室は寝る少し前にエアコンを付けて温めておくことがおすすめです。
エアコンを長時間つけていると乾燥し、喉を痛める可能性もあるので寝る時には切るかタイマーをセットするようにしましょう。

また意外な方法かもしれませんが、寝る前に笑うという事も体が温まった状態で布団に入ることができます。
好きなテレビ番組を観て大笑いするのもいいかもしれません。
でも笑いすぎて興奮して眠れなくなっちゃった・・・なんて事にならないように気を付けたいですね。

以上は安眠の為のポイントをお話ししましたが、次は安眠を妨げる習慣をお話しします。

寝る前にスマホでゲームという人もいるのではないでしょうか。
この寝る前のスマホはおすすめできません。
スマホ画面からのブルーライトは脳を覚醒させてしまいます。
布団に入っているのになかなか眠れないという人はこれが原因かもしれません。

またお酒をたくさん飲んで酔っ払い、パタっと寝るとぐっすり眠れたと思ってしまいますが睡眠の質は下がっている可能性が高いんです。
それはアルコールが体や脳の活動を鈍らせてしまっているせいなんです。
起きた時はスッキリしているかもしれませんが、質のいい睡眠ではないでしょう。

安眠をしたいのであればこれらのことには気を付けたいですね。

毛布は体にかけるものじゃない?!

羽毛布団と毛布を使う時は布団に上に毛布を重ねる方法がいいとお話ししましたが、実はもっと温かく寝る方法があったんです。

それは毛布を体の下に敷くということでした。

毛布を布団の上に重ねる方がいいと聞いた時よりもビックリしちゃいました。

だって毛布は掛けるものであって敷くものではないと思ってましたから!

使用しているものは同じなのに敷いたり重ねたりと場所を変えることでこんなにも温かさが変わるなんて
ほんとにビックリです。

毛布を体の下に敷いたけれど、それでも寒いという人であれば布団の上にさらに毛布を掛けて下さい。

このように寒さによって毛布の使い方を変えていってもいいですね。

秋から冬にかけては布団の上に毛布を重ね、冬には体の下に毛布を敷き、真冬には布団の上と体の下の両方に毛布を使うと「寒くて眠れない」なんて事にはならないでしょう。

羽毛布団を買う時の注意点

羽毛布団って価格が安い物から高い物まであるのでどんな物を選んでいいのか分からないんですよね。

ではどこで買えばいいのでしょうか。

やはり一番のおすすめは寝具専門店ですね。
商品や使用方法について聞くには知識が豊富な専門店に行くのがいいでしょう。
百貨店なども信頼面では高いのですが、専門店の方が安く購入できる可能性があるので大きなメリットとも言えます。

注意しなければならないのがネット通販やテレビショッピングです。
実際に商品を手にとって購入するわけではないため、偽装や虚偽記載が起こる可能性もあるので
あまりにも安い商品であれば気を付けなければなりません。

また羽毛布団の訪問販売もありますが、これは悪質なケースが多いので即決しないようにしましょう。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ