知っとく.com

親と同居をして対立する原因は生活費だった

      2017/09/28

親と同居をして対立する原因は生活費だった

最近では生活費を抑えるために実家で同居を続ける独身の人が増えているとか。

金銭面ではメリットがありますが、やはりデメリットも付き物です。

さらに結婚を機に親と同居をすることで起こり得るトラブルの原因についてもご紹介していきます。

姑と嫁の対立の原因も生活費が挙げられています。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

クラスのグループへの入り方を実践して友達を作ろう!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【悩める受験生へ】不安な気持ちを乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

モテる彼女が心配!職場の飲み会に彼氏が不安を抱く理由はこれ!


男としてはいつだって彼女に何か起きないか心配をし...

【男性必見】彼女が料理をしないタイプということはココで分かる

付き合い初めの頃は彼女がどんな女性であるかをよく分かっていな...

旦那の友達と、妻としての上手な付き合い方 教えます!


学生時代の仲間や会社の同僚など、旦那さんの友達付...

【大学を退学したいなら親に内緒のまま】と悩んだ時の対処法

頑張って受験勉強をして入った大学も、様々な理由で退学したいと...

スポンサーリンク


親と同居すると生活費がかからないけどデメリットもある

独身の人が親と同居をするメリット・デメリットをまとめていきます。

「親と同居するメリット」

・家賃や光熱費等がかからない

・1人じゃないので淋しくない

・食事を作ってもらえる

「親と同居するデメリット」

・親に行動を指摘される

・家にお金を渡さないと小言を言われる

・仕事について口出しされる

・結婚を急かされる

このようなメリットとデメリットが考えられます。

実家に住むということは生活費全般のお金がかからないというだけではなく食事も作ってもらえるので心身ともに充実するでしょう。

しかし、大人になっても実家に住み続けることはそれなりに立場が狭いもの。

自由気ままに暮らせるものでもなくいちいち報告をしなくてはいけないのも面倒です。

そして毎月いくらか渡さないと口うるさく言われるもの。

それでも同居がいいという人は上手く立ち振る舞いをするべきですが、やっぱり同居は嫌だと思えば収入を安定させて家を出るべきでしょう。

家を建てて親を迎える場合での同居と生活費について

ここでは結婚をしたあと自分の両親との同居をするケースについて考えて行きます。

実家で同居をするのではなく、新しく建てた家に両親を向かい入れる場合でのお金の面について一般的にははどうしているのかが気になるところ。

さまざまなケースごとにその実態を見て行きます。

・夫とその義両親が共同に家を建てる場合

義両親を新しい家に迎え入れる場合は家を建てるときにいくらか援助を受けることが多いです。

そしてその残りの住宅ローンを息子夫婦が支払っていくということがよくあるケースです。

また、義両親が仕事を続けている場合は3万円~7万円ほどの生活費を入れてもらうという意見も多数あります。

仕事を引退したあとの年金暮らしの場合であれば、0円~3万円くらいが妥当のようです。

・妻の両親が家の援助を行った場合

中には妻の両親がいくらかお金の援助をすることもあります。

この場合は将来的に妻の両親が同居を目的としていることが多いのですが、中には夫の両親の介護が急きょ必要になってしまい同居せざるを得ないこともあります。

こうなってしまうと複雑な状況となりますが、うまく話し合いを行い、夫の両親側が妻の両親への援助金を返済する、ということが解決への糸口となります。

これが上手くいかない場合は別の手段で何らかのお金を出していかなくては上手くいかないようです。

夫の親と同居をして揉めてしまうのが生活費

結婚をして夫の両親と同居をする…これについては日々討論がされるほど問題が山積みです。

とくに嫁の立場としては姑との意見の対立、さらに金銭感覚の違いや金銭面での悩みが絶えないもの。

夫の実家に同居をするときにある程度のルールや金銭面での分担をする家族は多いです。

そこをうやむやにしてしまったまま同居を続けることで、息子夫婦の財布が悲鳴を上げてしまうなんてことはよくあることです。

義両親というのは表向きには「節約をしよう」とよく言うものですが、実際には毎日晩酌をしたり豪華な食事を続けていることが多いです。

節約をしているはずなのに姑に「ウナギが食べたい」と言われて困惑する嫁もいます。

さらに舅の晩酌代も出している場合はストレスも溜まります。

挙句の果てには「食費しか出していないくせに!」と言う姑もいるとか。

その都度財布から出している嫁としてこのひと言はとてもつらいものですよね。

同居生活での悩みの多くはお金の問題であり、生活費をどうするかきちんと決めてある家族は上手くいっているようです。

夫の実家で同居をする嫁のほとんどがストレスを抱えており、途中で同居を解消する夫婦も少なくありません。

夫と二世帯同居でのしかかる負担

夫の両親と嫁が上手くいかないのはやはり生活費に不満があるケースが多いです。

次のケースは夫の両親と二世帯同居をするために二世帯住宅を建てた夫婦の話です。

結婚を機に義両親との同居を決めたこの夫婦は、光熱費と住宅ローンのどちらも負担をしています。

やがて子供が生まれてお嫁さんが働けない状況になると、二世帯分の生活費の負担はとても重くのしかかります。

その後保育園に預けて働き出すと、保育費の負担も大きくなってきます。

それでも義両親から生活費への援助が一切ない場合はお嫁さんとしては大きなストレスとなります。

子供の人数によってはその人数分の負担が必要となり、結婚当初よりもはるかに出費が増加しています。

しかし夫に相談をしても「義両親はお金がないから」としか言われないと却下されてしまうものです。

このような問題は同居をする夫婦が多く抱えています。

やはり子供が生まれたあとのことも考えて最初によく話し合うべきでしょう。

住宅ローンも無理のない範囲で考えていくべきです。

デメリットばかりの同居がつらいなら近距離で暮らしてみる

独身の人が親と同居をする場合、結婚を機に同居をする場合でのメリットとデメリットをご紹介してきました。

とくに結婚をして夫の両親と同居をした場合ではデメリットばかりが目立ってしまいます。

生活費の負担が大きなストレスとなり、上手くいかずに同居を解消することはよくあります。

同居をしても上手く生活をしていくにはお互いのプライバシーを守ることや、お金の管理を徹底することではないでしょうか。

それでも難しいのであれば、同居ではなく近距離で生活をすることをおすすめします。

たとえ血のつながった家族とは言え仲良く暮らせるのが当たり前と思うのは間違いのようです。

大人同士として意見を交わせる間柄になれればいいですね。

 - ライフハック, 経済

ページ
上部へ