知っとく.com

コロッケは和食?洋食?そのルーツに迫る!

      2017/09/28

コロッケは和食?洋食?そのルーツに迫る!

衣はサクッとして中はホクホクの食べ物と言えば…そう!コロッケです。

ところでこのコロッケって和食ですか?洋食ですか?

普段何気なく食べているけど実はよくわからない、そんなコロッケについて迫ってみます。

時代背景を考えながらコロッケを食べてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


コロッケは和食?洋食?

突然ですが「コロッケ」は和食ですか?洋食ですか?

見た目からすると一見洋食のようにも感じますが、フレンチやイタリアンのメニューに「コロッケ」などないですよね。

コロッケというものは西洋料理を日本流に「洋食」としてアレンジしたものなんだそうです。

日本人に合う味に改良をしたメニューはコロッケ以外にもたくさん存在しています。

とんかつやカレーやシチュー、ハヤシライスなどもそうです。

当時牛めしと呼んでいた今で言う牛丼もその仲間です。

これらが日本人の和食テイストに合う洋食として広められてきました。

コロッケは今ではお惣菜の中でも大人気ですよね。

しかし気になるのが洋食なのか和食なのか曖昧なところです。

日本人が言う「洋食」というものは海外の人から見れば和食なのではないでしょうか。

今回はそんな「コロッケ」について迫ってみたいと思います。

和食に合う洋食コロッケのルーツ

コロッケが誕生をしたのは明治維新後のころだと言われています。

この頃は海外から西洋料理の情報がたくさん入るようになりました。

とくにフランス料理のメニューを日本の材料でアレンジして作られたメニューが広まっていました。

その中でも「クロケット」というフランス料理の前菜として出されたものがコロッケのルーツだという説があります。

クロケットはホワイトソースをベースに作られたものであり、いわゆるクリームコロッケなんだそうです。

これをじゃがいもで作り変えたのがコロッケだということになります。

コロッケの発祥はいくつか諸説があり、大阪の肉屋さんが最初だとか銀座の資生堂パーラーで提供されたのが初めてという説が残っています。

このようなコロッケのルーツと思われるものはヨーロッパ各地に存在しています。

スペインのクロケタスやポルトガルの干しだらのコロッケ、オランダには日本と同じようなコロッケが普及されており、イタリアにはライスコロッケがあります。

このことからコロッケはヨーロッパから伝わってきた洋食であることがわかります。

コロッケが広まった時代と和食好きの日本人に合う洋食の味

コロッケが一気に広まるきっかけとなったある歌が存在しています。

それは大正9年に東京丸の内の帝国劇場で上演された「ドッチャダンネ」という作品です。

これは益田太郎冠者という人の笑劇で、女優劇10周年の記念興行として作られました。

この作品の中でこんな歌が唄われます。

『今日もコロッケ、明日もコロッケ、これじゃ年がら年中、コロッケ…』

この歌によってコロッケが大流行。

家庭料理の定番メニューとなりました。

この当時のコロッケというものは肉屋で作る惣菜というものであり、主婦やおつかいの子供が買って帰る様子が見られたようです。

カツを買える人はまだまだ少なく、コロッケを買って食べるというのが一般的だったとのこと。

コロッケが今でも定着し続けているのはすごいことですね。

高齢者からも人気のコロッケ!その秘密とは?

衣を付けてサクッと揚げられたコロッケは若者の方が好みそうですが、実は高齢者の方が好んで買っていることがわかっています。

意外なことにトンカツなども若者と同じように高齢者も食べています。

高齢者は油っぽいものを避けたり苦手としているイメージがありますが、実は想像上に過ぎないようです。

実際にはトンカツよりもコロッケの方が圧倒的に人気なのですが、値段の安さや手軽さが理由なのでしょう。

高齢者にとってこういったお手軽なお惣菜は大切な存在になっています。

調理の手間を省けることは高齢者にとって助かります。

また、柔らかいコロッケは高齢者でも食べやすい惣菜だということも人気の1つです。

「大正の三大洋食」とオムレツ

コロッケのほかにカレーライスやトンカツがありますがこの3つは「大正の三大洋食」とも呼ばれています。

このほかにもオムレツも当時大変人気のメニューでした。

これらはもともと特別な高級料理でしたが、大正期に入ってから一般的な家庭料理として定着したようです。

日本に和食が定着したのは第二次世界大戦後から

そもそも「和食」というものはいつ頃の時代から定着したのでしょうか。

これは第二次世界大戦後からの食事を「和食」ととらえるべきだという説があります。

高度成長期によって日本の食生活が豊かになった時代背景もあり、それまでの江戸や明治時代よりも栄養バランスがとれた食生活になったこの頃からの食事を「和食」ととらえておくべきですね。

 - ライフハック, 料理

ページ
上部へ