知っとく.com

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重増加は一日でどれくらいか気になる

   

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重増加は一日でどれくらいか気になる

生後2ヶ月になると産まれてすぐの時と比べるとママも少しは落ち着くと思います。

でも気になるのが赤ちゃんの体重増加です。

一日にどれくらい増えているのか、どれくらい授乳すればいいのか・・・

まだまだ不安はあるし、成長も心配になる!

生後2ヶ月の赤ちゃんはどんな時期なのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ココナッツオイルのレシピと効果とは?簡単に取り入れる方法


海外セレブやスタイルのよい人が取り入れていること...

pcの「システムの復元」が終わるまでにかかる時間はとても長い!


Windowsを使っている際にトラブルが発生した...

高校の勉強が辛い!やる気を失った学生さんへ


希望の高校、そうでない高校に入学した途端に勉強へ...

銀行で両替をする方法とは?大量の小銭を入金する方法


500円貯金や小銭貯金をしている人は貯まった時に...

「関心」と「興味」の意味の違いや使い方を考える


ふだん何気なく使っている「関心」と「興味」という...

no image
就職試験で成功する小論文の書き方


企業によっては、就職試験で小論文を出題することが...

目指せ医学部!浪人したとしても努力してみせる!

医学部に入って将来医師になりたいと思う事は、とても素敵な事だ...

学生におすすめの勉強場所「自宅以外」だったなら何処か


自宅の部屋で勉強をしようとしてもなぜか集中できな...

ピルの方が効果あり?ニキビ治療のための漢方薬


ニキビに悩む人で色々試しても効果がなかった場合、...

トイレとお風呂が一緒でも快適に暮らす方法


これから一人暮らしをする人はトイレとお風呂が一緒...

遠距離恋愛で結婚となったとき別居婚を考える

遠距離恋愛を経て結婚をすると決めたカップルが一緒に住まない別...

スピーカーを自作しよう!紙コップを使って作る方法


日常的にスマホで音楽を聴いているという人はより音...

通帳から振込みができるゆうちょのatmとコンビニatmに求めるもの


一般的な銀行での振込みサービスはキャッシュカード...

雑草対策に!庭にはアスファルトとコンクリートのどちらを使うべきか


お庭を持つ人にとって悩ましい存在である雑草。 ...

どうしよう!?洗面台が水漏れを起こす原因と点検すべきパーツ


ある日突然それは起こるもの…それは、洗面台の水漏...

鼻で呼吸をすると変な音が鳴る原因と対処法


鼻で呼吸をすると「ピー」と変な音が出てしまったと...

受験に不安はつきもの!合格発表を待つ間でも気持ちを安定させる方法


志望校へ向かって受験勉強を続けている受験生の中で...

筋トレをしよう!腹筋でも落ちないお腹の横の脂肪を落とす方法


お腹の横についたプヨプヨの脂肪を落としたい! ...

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

スポンサーリンク


生後2ヶ月の赤ちゃんは一日で体重増加はどれくらい?

生後2ヶ月の赤ちゃんはどんな様子なのでしょうか。

産まれてすぐは細くて骨が目立っていた赤ちゃんも、丸みが出てきて手首や足首に大きなシワも出来てきます。

また、動きも出てきて首を動かしたり手足をあげるようにもなってきます。

中には手足をバタバタとさせる赤ちゃんもいたり、手を開いたり指しゃぶりをしたりします。

どんどん丸みが増してぽっちゃりしてきますが、一日にどれくらい体重が増えているのでしょうか。

もちろん男女や個人差があるのでみんなが同じではありませんが、一日30グラムずつ増えると言われています。

2ヶ月赤ちゃんの一日の体重増加が気になるなら・・・

2ヶ月の赤ちゃんは一日に体重が30グラムずつ増えると言われています。

個人差があるので、それより少なかったり多かったりすることもあるでしょう。

心配なママは授乳の度に赤ちゃんの体重を量るかもしれません。

逆に毎日どれだけ増えてるかなんて量れないママも多いと思います。

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重は男の子で平均4.4~7.4キログラム、女の子で平均4.1~6.8キログラムです。

毎日体重を量っているわけじゃないけれど、生後1ヶ月の時と比べたらあんまり体重が増えてない、肉付きもよくならなければ母乳の量が足りていないのかもと
心配になってしまいますよね。

量が目に見えて分かるミルクとは違い、母乳はどれだけ赤ちゃんが飲んだのかが分かりません。
その分不安になるお母さんも多いのですが、目安としては

・授乳後に赤ちゃんが泣かないか

・おしっこが1日に6回~8回以上出ているか

がポイントとなってきます。

赤ちゃんが泣く理由は色々あるので、母乳が足りていても泣くことはありますが
毎回授乳後に泣くようであれば足りていないのかもしれません。

2ヶ月の赤ちゃんは活発!一日の体重を気にするよりも

生後2ヶ月になって授乳時間が今までと短くなったから「もしかして母乳が足りてないのかも?」

と思うかもしれませんが、産まれた頃に比べると赤ちゃんも飲み方が上手になっているので授乳の時間が短くなってきます。

また一度にたくさん飲めるようになるので日中は3時間、夜も3時間から4時間空くようにもなってくるでしょう。

ちょこちょこ飲みの赤ちゃんであれば1時間ごとに欲しがるかもしれませんね。

身長や体重によって授乳量も変わってきますが、この頃は一回140~160mlが平均とされています。

ただ、夏など暑い時期には水分も必要になるためもう少し多く与えることもあるでしょう。

また生後2ヶ月になるとそれまでとは違い手足を動かしたり、天気のいい日には外を散歩することも増えてくるので

お腹も空くようになります。

授乳後にそれでもまだ欲しがって泣く場合は少しずつ増やしていきましょう。

母乳が足りないと感じるのであればミルクを足して混合にする事も考えます。

ただし、混合にする場合でもミルクは母乳の後足りない分を補うという形にします。

母乳が少ししか出ていないと感じてもとりあえず吸わせる事が大切です。

多くのママが赤ちゃんの体重についての不安を持っています。

平均と比べて少ないと「母乳が足りないんじゃないか」と不安になり、平均より多すぎても

「飲み過ぎだから減らした方がいいんじゃないか」と不安になり・・・

授乳時間や授乳量はあくまで目安であり、体重の増え方にも個人差があります。

赤ちゃんが平均の枠に入らないからといって必要以上に心配するよりも、赤ちゃんの機嫌がいいか、おしっこはきちんと出ているかを、きちんとみるようにしましょう。

赤ちゃんの体重が増えなくて心配

完全母乳で育てたいと思っていても赤ちゃんの体重が増えない、減っているのであればミルクを足した方がいいのかもしれません。

母乳が足りなくなってきているのであれば夕方以降にしましょう。

疲れが出ると母乳の出も悪くなるので疲れの出やすい午後にミルクを追加します。

「母乳育児をしたいのに足りない・・」と悩み精神的につらくなるのであれば無理することなくミルクを足した方がいいですね。

寝不足で疲れていても出にくくなってしまうので、赤ちゃんと一緒にお昼寝するなどをして少しでも疲れをとるようにして下さいね。

ミルクは足すのであって母乳を与えることをやめなければ大丈夫です。

母乳が足りないと感じるなら水分をしっかり摂るようにしましょう。

母乳は血液から出来ているため、水分足りないと母乳の出が悪くなる他にママの便秘にもつながってしまうので

たくさん飲むようにします。

また乳腺がつまらないようにおっぱいマッサージも行っていきましょう。

2ヶ月の赤ちゃんってどんな時期?

体重も気になりますが、2ヶ月の赤ちゃんってどんな時期なのでしょうか。

手足がよく動くようになって、声もどんどん出てくるようになってきて笑顔も見られます。

音などに反応するようになるので、音の出るおもちゃなどを目の前で遊んであげると一生懸命目で追うでしょう。

またこの時期によく見られるのがハンドリガードといって自分の手をじっとみつめるようになります。

2ヶ月になると少しづつ外に散歩に出てみましょう。

ただ、人混みの多い場所や時間帯は避けるようにします。

散歩に出かけると赤ちゃんもご機嫌になりお昼寝してくれるようになるというのもよく聞く話です。

大事なのは予防接種が2ヶ月から受けられるようになるということです。

摂取する回数や種類も多いのでスケジュールの管理をしっかりしておきましょう。

 - ライフハック, 子育て

ページ
上部へ