知っとく.com

自分の名前が無断掲載された時の対処法と検索されないための予防法

      2017/11/08

自分の名前が無断掲載された時の対処法と検索されないための予防法

ネットで自分の名前を検索してみたら無断掲載をしているサイトを発見した場合はどうすべきか。

とくに悪い内容が書いてある場合は記事の削除依頼をするべきですがその方法がわからずに泣き寝入りをする人が多いのも事実。

あまり知られていないGoogleに通告する方法や検索されないための予防方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お寺の住職の仕事とは?神社との違いを解説します


お寺にいるお坊さんのことを「住職」と呼びますが、...

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法


給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていま...

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策


子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加す...

【働くママ必見!】遅刻の言い訳が子供の時には注意して!

ヤバい!会社に遅刻しそう!何かいい言い訳はないかな?

モラハラ行為をする人の特徴と母親への対策


近年「モラハラ」という言葉が使われる場面が非常に...

知りたい!犬がカットを嫌がる理由と対処法

愛犬の毛がモジャモジャになってしまったらカットへ行きますよね...

猫のゴロゴロ音がおかしい原因と考えられる病気


猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは甘えたりリラックスして...

耳に髪の毛をかけると余計に癖がつく!スッキリさせるヘアアレンジ


女性の方がよくやりがちな、垂れてきた髪の毛を耳に...

お母さんは好き?嫌い?苦しい気持ちから解放される考え方


あなたは自分のお母さんのことは好きですか?嫌いで...

ストレスで嘔吐?子供に起こる自家中毒を知っておこう!

子供が嘔吐するというのは珍しいことではありません。

冬のパンプスは寒い!オシャレを楽しむ4つの冷え対策


冬でもオシャレな人はパンプスを履いてファッション...

TPOとはどういう意味?わかりやすく教えます!


よく「TPOをわきまえて」という風にファッション...

【深夜のラーメン 飯テロ】太る理由と太らない人の謎


ダメだとわかっていても深夜に食べるラーメンはなぜ...

【新婚で離婚】子供なしで別れる理由とメリット


結婚式から半年、まだ新婚ほやほやの時期に離婚を決...

【心臓がバクバク】緊張した時・そうでない時の原因や症状


プレゼンテーションや発表会などで人前に出ると緊張...

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気


「食後すぐに寝ると牛になる」と言われた事があるよ...

【小学生の悩み】自転車に乗れない子が克服するコツとポイントはコレ


最近では小学校に上がっても自転車に乗れない子供が...

「ありがとう」の返事に「いえいえ」は適切?意味や使い方を教えます


あなたは「ありがとう」と言われた時は何て返事をし...

「長所は?」と面接で質問されたら?高校受験対策


「あなたの長所は何ですか?」と質問された時、すぐ...

【子供が受験に失敗】親のNG行動と与える影響


子供が受験に失敗をしたら親としてどう声をかけるべ...

スポンサーリンク


自分の名前を検索して無断転載を発見した時の処置は?

ネットで自分の名前を検索することを「エゴサーチ」とも呼びますが、実際に行ったことはあるでしょうか。

有名人じゃあるまいし出るはずがない…と思っていたのに次々と自分の名前が表示されたらびっくりしますよね。

同姓同名の場合もよくありますが、そうでなく自分の名前だと確認できるものもあります。

中には無断掲載しているブログや掲示板なども存在します。

こういった場合の多くはいい内容よりも悪い内容が書かれているもので、それを読んだりすると心底嫌な気持ちになるもの。

さらにほかの人に見られてしまうことが恐怖に感じますよね。

このような無断掲載をなくすにはどうすべきかと削除を依頼する方法についてまとめてみます。

検索したら自分の名前を発見!無断掲載を削除してもらうには

自分の名前を検索して無断掲載をするブログやサイトを見つけた場合、まずはその内容をよく把握をします。

削除依頼をしたいと思う内容であればそのサイトの管理者へ通告するしかありません。

掲載したものを削除することができるのはブログであれば管理人または運営会社、サイトなら運営者となります。

ブログの場合は規約違反に当たる場合は運営会社へ報告することができます。

とくに記事の転載や無断掲載については禁止行為に当たる可能性が高いので通告すべきです。

ただ状況によっては削除依頼を行うことでリスクを負うこともあります。

十分に考察を行った上で判断をすべきですが、中には放っておいた方がいい場合もあるということも頭においてください。

ただ運営者についての記載や連絡窓口が設けていない場合は手立てがないのも事実です。

これに関して泣き寝入りをしたくない場合は法的手段やGoogleに削除依頼をするという方法もあります。

検索をして自分の名前などをGoogleに削除依頼する方法

・情報の削除を依頼する

ネット上に個人情報が無断掲載されているのを発見した場合はGoogleに削除を依頼をリクエストができます。

銀行口座や手書きの署名や個人的な画像についてが対象となっています。

・Googleが削除できるもの

「著作権侵害」としてGoogleに通告を依頼するのですが、Google側が削除できる内容については利用規約をよく読んでみましょう。

違反が確認されると無断掲載されているウェブページのみを削除されることになります。

発見した場合は郵送またはFAX、オンラインページから通告ができるので行ってみるべきです。

名前の無断掲載を法的手段で起こしても上手くいかない理由

検索して自分の名前が無断で使用されている場合は名誉毀損またはプライバシー侵害として法的手段に出ることが可能です。

しかし裁判を起こしても成否がはっきりと確立していないために不成立となることがあります。

これはその名前を掲載した運営者に起こすものなのか、検索結果として表示させるWEBサービスに起こすものなのかの判断をしなくてはならないからです。

どちらに対して削除依頼をするのかがはっきりと行えないため、泣き寝入りするパターンもあるんです。

無断掲載記事を削除してほしいのに上手くいかないのはこういった背景もあります。

名誉毀損については重要な判断材料の判断が難しいためにますます厳しくなってしまいます。

ネット上で検索されないための予防法

無断掲載を記事の削除依頼を裁判で起こした場合の費用は1件につき20~30万円。

記事の数が多ければ莫大な費用がかかってしまいます。

このような対処を行うよりはGoogleに削除依頼を通告した方が手っ取り早く費用も安くなります。

全ての掲載を消すことは時間が掛かる作業となりますが、最後まで諦めないことが大切です。

・写真掲載に注意をする

普段気を付けているつもりでも今の世の中は不意に写真に写る機会が非常に増えています。

とくに気を付けるべきなのは身近な人物。

友人と一緒に撮ったものが無断でSNS上に掲載されるケースは少なくありません。

タグ付けされてしまえば本人が特定されてしまうので、発見をしたら掲載した人物に削除依頼をお願いしましょう。

このような発見をしてしまう代表的な存在がFacebookです。

写真には多くの情報が詰まっているのですぐに場所が特定されるような写真を掲載するのは危険です。

掲載するなら「プライバシー設定」を確認してからにしましょう。

誰でも見れる設定になっていると世界中の人が自由に見ることができます。

特定の友達だけに見せる設定を行うなど、写真掲載には十分注意をすべきです。

また友達が映った写真を掲載する際には確認をしてから行うべきですね。

・自分のFacebookを検索されないようにする設定

自分の名前を検索するとFacebookが表示されるのを避ける場合は次の設定を行いましょう。

「プライバシー」を選択し「外部検索エンジンから私のタイムラインへのリンク」の編集ボタンをクリック。

「その他の検索エンジンをタイムラインにリンクさせる」のチェックを外す。

これで名前を検索しても表示されなくなります。

 - SNS

ページ
上部へ