知っとく.com

洗濯物の臭いが取れない原因とスッキリ落とす洗い方

   

洗濯物の臭いが取れない原因とスッキリ落とす洗い方

洗濯をしたのになぜ臭いが取れないんだろう?と部屋干し臭に悩んではいないでしょうか。

臭いの原因と雑菌の繁殖を防ぐ方法をまとめてみました。

取れなかった汗の臭いをスッキリさせる洗剤も簡単に作ることができます。

ぜひ臭いから解放されるためにお試しください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

新築物件の登記手続きと住所変更にまつわる費用など


住宅ローンを組み家を新築で建てると、引っ越しをす...

金魚の病気のひとつ目が飛び出す「ポップアイ」について


飼っている金魚の目がなんだか飛び出して見えるのは...

顔から黄色い汁が出るその原因は「ステロイド」かも


皮膚から黄色い汁が出るような症状が出ると、想像を...

外国人が日本語を話すだけでなごむ!エピソード


「コンニチワ」「アリガトゴザイマース」などと外国...

11月にキャンプに行く!テントで寝るのは寒そうだよね!

キャンプに行きたい!と思うのはどんな季節ですか?

「家を新築にすると不幸になる」って本当?その理由とは


「家を建てると不幸になる」という言葉を聞いたこと...

胃カメラの検査を受ける適正な期間とは


健康を保つためには定期的な健康診断を行うことが大...

マネージャーは部活でどんな役割なの?これから高校進学する人へ


高校へ行ったらマネージャーになりたい!と考える人...

バイクのマフラーをピカピカに磨きたい!おすすめの道具とコツ


焼け付いたバイクのマフラーをピカピカな新品のよう...

ニューヨーク観光をするための費用と安く行く方法


ニューヨークにはマンハッタンや自由の女神、摩天楼...

スポンサーリンク


部屋干しした洗濯物の臭いが取れない原因

洗濯物から嫌な臭いがする…そんな経験は誰でもあると思います。

とくに部屋干しをしている人は臭いを感じやすいですよね。

洗濯をしたのに嫌な臭いがするのはなぜでしょう?

この臭いの原因になっている物質にはこのようなものがあげられます。

・中鎖アルデヒド

・中鎖アルコール

・ケトン

・窒素化合物

・硫黄化合物

・脂肪酸

洗濯で落ちなかったこれらの物質が変質をしたり、汚れをエサにした雑菌が繁殖することによって臭いの原因が作られてしまいます。

外干しをした場合は日光の紫外線によって殺菌効果を得ることができますが、これができない部屋干しは雑菌が増殖してしまうのです。

しかし!諦めるのはまだ早いです。

ちょっとした洗濯のコツを覚えることで嫌な臭いを防ぐことができるんです。

その方法をご紹介していくのでぜひ試してみてくださいね。

部屋干しの嫌な臭いが取れないなら「漂白剤」で解消しよう!

色々な洗剤を試してみても部屋干し臭が消えない場合は「漂白剤」を使ってみましょう。

漂白剤といっても塩素系と酵素系があります。

塩素系は漂白力が強いので、酵素系漂白剤を選びましょう。

さらに粉末と液体タイプがありますが、実は粉末タイプの方が効果が高いです。

粉末タイプの漂白剤の主成分である弱アルカリ性が臭いの原因である雑菌を除去します。

使い方は水よりもお湯がおすすめ。

酵素系漂白剤をお湯に溶かして洗濯物を浸け起きします。

30分から1時間ほど漬けておけば大丈夫です。

とくに臭いが落ちない場合は熱湯を使用しましょう。

浸け置きをしたら通常の洗濯を行うだけ。

これで取れない嫌な部屋干し臭も解消されるでしょう。

注意すべき点は毛や絹のようなデリケート素材には行ってはいけません。

あらかじめ確認をしてから行いましょう。

洗濯物の臭いが取れない原因は放置にあり!

洗濯をしたのに嫌な臭いが取れない原因を作ってしまうのはこれ。

汚れた衣類をそのまま放置してしまうということです。

汗をかいた衣類を洗濯かごに放り込んだまま放置すると臭いの元となる雑菌が増殖してしまいます。

菌というものは湿気を好むので、できるだけすぐに洗濯をすべきです。

そうは言ってもすぐに洗濯ができない場合が多いもの。

それならば洗濯かごに放置せず、せめてハンガーにかけて乾燥させましょう。

一旦乾かすことによって雑菌が増殖を抑える効果があります。

汚れたらできるだけ早く洗濯をするというのも臭いを増やさないコツです。

体臭や頑固なシミが取れない場合の「重曹漂白剤」

体臭が気になる人で洗濯をしても臭いが取れない場合はこれで解消をしましょう。

・部分浸け置き漂白をする

洗濯をしても臭い残りが気になるのなら、臭いがする部分であるわきの下やえりなどに直接漂白剤を塗ります。

さらに40度程度のお湯に洗濯洗剤を溶かして浸け置きをしましょう。

洗剤を一緒に入れることで皮脂汚れも落ちやすくなります。

浸け置きをする時間は30分~1時間程度ですが、漂白剤に指定されている時間を守るようにしましょう。

・重曹をプラスしてさらに効果をアップさせる

酵素系液体漂白剤に重曹を混ぜることで漂白効果がアップします。

混ぜる割合は重曹1に対して酵素系液体漂白剤が1です。

シミや臭いが残る部分に塗り込んでしばらく置いてから洗濯をするだけで、スッキリ解消することができます。

重曹漂白剤は作り置きをすることができないのでその都度混ぜて作りましょう。

落ちない頑固なシミも重曹漂白剤を塗ってアイロンなどの蒸気をあてることで落ちやすくなります。

蒸気ではなく熱めのお湯に浸けても効果はあります。

洗濯物を入れる前によく泡立てるのが防臭のコツ!

洗濯をする時、洗濯機に衣類を入れてから洗剤や水を溜めてはいないでしょうか。

実はこの順番を変えるだけで干した後の嫌な臭いから解消されるんです。

・洗剤を水でよく泡立ててから衣類を入れる

衣類を先に入れるのではなく、水と洗剤を先に入れます。

さらによく泡立ててから衣類を入れるだけで臭いだけでなく汚れもスッキリと落ちるんです。

臭いが残る原因として「洗剤残り」もあげられます。

洗剤をよく溶かすために水と洗剤だけの状態でよく回してみてください。

この時水ではなくお湯を使ったほうが効果がアップします。

お風呂の残り湯を使って洗濯をしてみましょう。

残り湯だと臭いが残るようなイメージがありますが、洗剤を使って洗うので心配はありません。

ちょっとした心がけで今まで取れなかった臭いから解放されますよ。

 - ライフハック, 洗濯・掃除

ページ
上部へ