知っとく.com

薬の正しい服用方法と、適切な量について確認をしよう!

      2017/11/08

薬の正しい服用方法と、適切な量について確認をしよう!

薬の正しい服用方法についていま一度確認を行ってみてください。

中には誤解をしている内容があるかも知れません。

正しい量や一緒に飲む水の意味についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

スポンサーリンク


薬の正しい服用方法と適切な水の量

薬の正しい飲み方についてご紹介をしていきますが、知っているようで間違った服用方法や誤解をしていることがあります。

もし心当たりがある場合は服用方法を改めてみましょう。

・薬を服用するときに水をしっかりと飲む

一般的に薬を服用する方法は「水と一緒に飲む」です。

この意味は薬飲みやすくするだけではありません。

確かにそのまま薬を飲むことは難しいのですが、水と一緒に服用することで次のような効果があります。

水と一緒に服用をした薬はまず胃の中で水に溶けます。

そして吸収されていくのですが、錠剤やカプセルを水なしで服用をしてしまうと胃の中で溶けにくくなり薬の効き目も遅くなります。

さらに吸収が悪いために効果が低下してしまったり、食堂の粘膜にくっ付いてしまい場合によっては食道炎になりかねません。

胃の活動が弱っている場合は胃潰瘍になることもあります。

水と一緒に服用することが推奨されている意味はこういったことがあるということです。

水の量もコップ1杯程度を目安に飲みましょう。

・鎮痛剤を服用して胃が痛くなる場合

頭痛などがした時に鎮痛剤を飲む人の中には必ず胃が痛くなってしまう人もいます。

この場合は副作用対策として牛乳と一緒に服用をしてみましょう。

ただし牛乳と一緒に服用をしてもいいのはこのような鎮痛剤などの「非ステロイド性消炎鎮痛薬」です。

一緒に服用することで吸収や効き目もよくなります。

薬の服用量を増やすと副作用も増す

薬というものは量を増やせばより効果がアップするのか?と言えばそうではなく、むしろ絶対に行ってはいけない行為です。

その理由についてまとめてみます。

・薬の量と副作用

薬の量を増やすことで副作用も大きくなります。

効果の面だけを見てつい量を増やした方がよいと思うこともあるでしょうけど、薬の量を増やすことで臓器や組織に対して毒性が出る危険性が高まります。

薬というのはある程度の量に達すると身体に有害な作用を起こします。

医師から指導された薬の量は自己判断で増やしてはいけません。

・適性の量をしっかりと認識する

薬の量を増やすことで効果も増しますが副作用も増します。

致死量に達するようなものは薬として使うことはありません。

臨床実験を経て薬となっています。

薬事法では「毒薬」「劇薬」として区別を行っており、これは毒があるなどという意味ではありません。

ドラッグストアなどで販売されている一般的な医薬品は比較的作用が軽めになっています。

しかし正しい量を服用をしなくてはいけないということを覚えておいてください。

薬の量を誤って2回分服用した場合の対処について

薬を飲んだことを忘れてしまい、うっかり2回分の薬を服用してしまった…こんな経験はないでしょうか。

医師から指定された量を誤って服用をして多く飲み過ぎた場合で薬物アレルギーのような症状が出た場合はすみやかに医師からの処置を受けましょう。

症状によっては救急車を呼んだ方がいいと思います。

何時にどんな薬をどのくらい服用をしたのかを正確に伝えることが大切です。

ただ、2回分を誤飲したとしてもさほど変化がない場合は様子を見ましょう。

その薬の内容によって症状は大きく変わります。

さほど心配をすることはない場合もあるので体調の変化の経過を観察をしておきましょう。

薬を服用する正しいタイミング

薬の正しい服用方法をご紹介します。

「食前」「食後」「食間」の正しい認識はされているか、いま一度確認をしてみましょう。

・食前

食事の30分くらい前に服用をします。

これは食べ物と一緒ではない方が効果を発揮するような薬を服用する時にこのような飲み方を行います。

食前の胃は空っぽの状態であり血液の循環も安定しています。

胃の働きを促進するような薬は食前に服用をすることで吸収が早くなります。

・食後

食後30分くらいまでに服用をします。

食べ物と一緒に飲んだ方が効果が高いということと、飲み忘れ防止の意味が含まれています。

・食間

食後2~3時間後に服用をします。

食事と食事の間に服用をすることで食事の消化が進んでいる状態の胃に効果を発揮することができます。

子供の薬の量は年齢と体重によって増えていく

子供が飲む薬の多くは大人の量をもとに作られています。

ただ、子供は大人に比べて肝臓や腎臓の機能が発達していないため薬の分解力が弱いです。

そのため薬が体内に残る時間が長くなる傾向にあります。

大人よりも作用が強く出ることもあり、副作用が出やすいこともあるので注意が必要です。

そしてその子供によっては体格が大きく異なります。

そのために薬の量も大人並になることもありますが、間違いではありません。

年齢と体重から薬の量を計算するためにこのような場合があります。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ