知っとく.com

薬の正しい服用方法と適切な量について確認をしよう!

   

薬の正しい服用方法と適切な量について確認をしよう!

薬の正しい服用方法についていま一度確認を行ってみてください。

中には誤解をしている内容があるかも知れません。

正しい量や一緒に飲む水の意味についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

雑草対策に!庭にはアスファルトとコンクリートのどちらを使うべきか


お庭を持つ人にとって悩ましい存在である雑草。 ...

どうしよう!?洗面台が水漏れを起こす原因と点検すべきパーツ


ある日突然それは起こるもの…それは、洗面台の水漏...

鼻で呼吸をすると変な音が鳴る原因と対処法


鼻で呼吸をすると「ピー」と変な音が出てしまったと...

受験に不安はつきもの!合格発表を待つ間でも気持ちを安定させる方法


志望校へ向かって受験勉強を続けている受験生の中で...

筋トレをしよう!腹筋でも落ちないお腹の横の脂肪を落とす方法


お腹の横についたプヨプヨの脂肪を落としたい! ...

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

スポンサーリンク


薬の正しい服用方法と適切な水の量

薬の正しい飲み方についてご紹介をしていきますが、知っているようで間違った服用方法や誤解をしていることがあります。

もし心当たりがある場合は服用方法を改めてみましょう。

・薬を服用するときに水をしっかりと飲む

一般的に薬を服用する方法は「水と一緒に飲む」です。

この意味は薬飲みやすくするだけではありません。

確かにそのまま薬を飲むことは難しいのですが、水と一緒に服用することで次のような効果があります。

水と一緒に服用をした薬はまず胃の中で水に溶けます。

そして吸収されていくのですが、錠剤やカプセルを水なしで服用をしてしまうと胃の中で溶けにくくなり薬の効き目も遅くなります。

さらに吸収が悪いために効果が低下してしまったり、食堂の粘膜にくっ付いてしまい場合によっては食道炎になりかねません。

胃の活動が弱っている場合は胃潰瘍になることもあります。

水と一緒に服用することが推奨されている意味はこういったことがあるということです。

水の量もコップ1杯程度を目安に飲みましょう。

・鎮痛剤を服用して胃が痛くなる場合

頭痛などがした時に鎮痛剤を飲む人の中には必ず胃が痛くなってしまう人もいます。

この場合は副作用対策として牛乳と一緒に服用をしてみましょう。

ただし牛乳と一緒に服用をしてもいいのはこのような鎮痛剤などの「非ステロイド性消炎鎮痛薬」です。

一緒に服用することで吸収や効き目もよくなります。

薬の服用量を増やすと副作用も増す

薬というものは量を増やせばより効果がアップするのか?と言えばそうではなく、むしろ絶対に行ってはいけない行為です。

その理由についてまとめてみます。

・薬の量と副作用

薬の量を増やすことで副作用も大きくなります。

効果の面だけを見てつい量を増やした方がよいと思うこともあるでしょうけど、薬の量を増やすことで臓器や組織に対して毒性が出る危険性が高まります。

薬というのはある程度の量に達すると身体に有害な作用を起こします。

医師から指導された薬の量は自己判断で増やしてはいけません。

・適性の量をしっかりと認識する

薬の量を増やすことで効果も増しますが副作用も増します。

致死量に達するようなものは薬として使うことはありません。

臨床実験を経て薬となっています。

薬事法では「毒薬」「劇薬」として区別を行っており、これは毒があるなどという意味ではありません。

ドラッグストアなどで販売されている一般的な医薬品は比較的作用が軽めになっています。

しかし正しい量を服用をしなくてはいけないということを覚えておいてください。

薬の量を誤って2回分服用した場合の対処について

薬を飲んだことを忘れてしまい、うっかり2回分の薬を服用してしまった…こんな経験はないでしょうか。

医師から指定された量を誤って服用をして多く飲み過ぎた場合で薬物アレルギーのような症状が出た場合はすみやかに医師からの処置を受けましょう。

症状によっては救急車を呼んだ方がいいと思います。

何時にどんな薬をどのくらい服用をしたのかを正確に伝えることが大切です。

ただ、2回分を誤飲したとしてもさほど変化がない場合は様子を見ましょう。

その薬の内容によって症状は大きく変わります。

さほど心配をすることはない場合もあるので体調の変化の経過を観察をしておきましょう。

薬を服用する正しいタイミング

薬の正しい服用方法をご紹介します。

「食前」「食後」「食間」の正しい認識はされているか、いま一度確認をしてみましょう。

・食前

食事の30分くらい前に服用をします。

これは食べ物と一緒ではない方が効果を発揮するような薬を服用する時にこのような飲み方を行います。

食前の胃は空っぽの状態であり血液の循環も安定しています。

胃の働きを促進するような薬は食前に服用をすることで吸収が早くなります。

・食後

食後30分くらいまでに服用をします。

食べ物と一緒に飲んだ方が効果が高いということと、飲み忘れ防止の意味が含まれています。

・食間

食後2~3時間後に服用をします。

食事と食事の間に服用をすることで食事の消化が進んでいる状態の胃に効果を発揮することができます。

子供の薬の量は年齢と体重によって増えていく

子供が飲む薬の多くは大人の量をもとに作られています。

ただ、子供は大人に比べて肝臓や腎臓の機能が発達していないため薬の分解力が弱いです。

そのため薬が体内に残る時間が長くなる傾向にあります。

大人よりも作用が強く出ることもあり、副作用が出やすいこともあるので注意が必要です。

そしてその子供によっては体格が大きく異なります。

そのために薬の量も大人並になることもありますが、間違いではありません。

年齢と体重から薬の量を計算するためにこのような場合があります。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ