知っとく.com

サーモンのお刺身として登場する「サーモントラウト」の正体

      2017/09/28

サーモンのお刺身として登場する「サーモントラウト」の正体

スーパーでお刺身用として販売されている「サーモントラウト」の正体が何かご存知でしょうか?

「え?サケじゃないの?」と答える方も多いかも知れませんが…実は違うんです。

サーモントラウトはいったい何なのか?ほかにはどんな種類があるのか?ということについてまとめてみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


刺身や寿司の「サーモントラウト」の正体とは?

スーパーで売られているお刺身の中に「サーモントラウト」というものがありますよね。

サーモンと言えば子供から大人までに人気の寿司ネタというイメージがありますが、よく考えてみるとサーモンはサケなのでしょうか?

ノルウェー産のサーモンはサケではなくニジマスなのでは?という意見もありますが、実際にどちらか考えたことはあるでしょうか。

サーモントラウトはサケなのかマスなのか…実はこれだけではなくほかの魚の可能性もあるものなのか。

なんだか頭が混乱しそうですが、サーモントラウトとはいったい何なのか?ということについてお伝えしていきます。

刺身にするとおいしい「トラウトサーモン」はサケ?ニジマス?

お刺身や寿司ネタに登場する「トラウトサーモン」とは何か?というと大体の人は「サケの仲間」と答えます。

しかしよく調べてみると「トラウト=ニジマス」であることがわかります。

そして「サーモン」と称して輸入する魚は全て養殖されたニジマスなんです。

ニジマスなのかサケなのか?と迷った場合「トラウト」はマスで「トラウトサーモン」は養殖されたニジマスであるということです。

マスの場合は川や湖で育つ淡水魚で、サーモンは海水で育つ海水魚なのでそれぞれ大きく異なります。

ややこしいですが「サーモン」だけ書かれている場合はサケであり、「トラウトサーモン」はニジマスです。

なおサケには「アトランティックサーモン」というものがいますが、これは養殖のサケとして広まっているようです。

お刺身やお寿司に大人気のトラウトサーモンとアトランティックサーモン

刺身にすると脂が乗っていて美味しく、寿司ネタとしても大人気のサーモン。

今市場に出回っているほとんどのサーモンは養殖されたものが占めています。

トラウトサーモンは養殖されたニジマスであり、アトランティックサーモンは養殖されたサケだという大まかな分類がされています。

トラウトサーモンはニジマスの大型主であり、アメリカのワシントン州立大学のドナルドソン博士が養殖に作ったものとして知られています。

アトランティックサーモンとは大西洋で育ったサケです。

これからスーパーでこの2種類を見かけたら「こっちはニジマスでこっちはサケ」と見分けてみてくださいね。

また、味の食べ比べを行ってみるとよくわかるかと思います。

コストコのBIGサイズサーモンが大人気!

主婦の間で大人気の大型スーパー「コストコ」で売られているサーモンがとっても美味しいと好評です。

その理由は1㎏を超えるサーモンがパック詰めになって販売されていることだけではなく、1度食べたら忘れられないほどの美味しさが人気の秘密です。

コストコのシーフード部門人気ナンバーワンを誇る味はSNSでも話題になっており、コストコのサーモンのとりこになった人がたくさん見つかります。

超ビッグサイズなので普段食べたことのない調理法を試してみたくなるのも納得。

分厚く切ってソテーにしたりマリネにしたり…とみなさん余らせないように工夫をして食べているようです。

大きいサイズなので「友人とシェアした」という口コミも多数見つかります。

おいしいサーモンを思う存分味わえるならコストコへ行ってみたくなりますね。

トラウトサーモンとアトランティックサーモンの特徴の違い

サーモンの種類にはトラウトサーモンとアトランティックサーモンがありますが、日本国内では圧倒的にトラウトサーモンが人気です。

トラウトサーモンは養殖のニジマスだということがわかりましたが、回転寿司でサケの代わりにトラウトサーモンが使われていることもあります。

思わず「サケじゃない!」と言いそうになりますが、日本人にとってはラッキーかも知れません。

この理由をそれぞれの味の違いとともに考えてみます。

「アトランティックサーモン(サケ)の特徴」

・脂が乗っている

・身が柔らかい

・色が薄め

・濃厚な味

「トラウトサーモン(ニジマス)の特徴」

・適度な脂

・身がしまっている

・鮮やかな色合い

・あっさりした味

このような違いがあり、日本人の舌や好みに合うのはトラウトサーモンだということがわかります。

濃厚な味のアトランティックサーモンは海外の人の舌に合うようです。

それぞれのサーモンのカロリーと肉類を比較してみる

サーモンにはさまざまな種類があります。

それぞれのカロリーをご紹介します。

ダイエットをしたい人に向いているサーモンはどれか見比べてみましょう。

すべて100gあたりのカロリーです。

・アトランティックサーモン(セイヨウサケ):237kcal

・トラウトサーモン(海面養殖ニジマス):226kcal

・キングサーモン(マスノスケ):200kcal

・オホーツクサーモン(カラフトマス):154kcal

・スモークサーモン:161kcal

このような結果となり、比較的カロリーが低い種類はオホーツクサーモンとスモークサーモンであることがわかりました。

肉のカロリーとも比較をしてみましょう。

・鶏肉:200kcal

・豚肉:386kcal

・牛肉:371kcal

となっています。

おおまかな比較ですが、肉類よりも種類によってはサーモンの方が低カロリーとなっています。

サーモンの脂肪分はダイエットの天敵にも思えますが、ダイエットにとってよいオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

ただしこれが含まれているのが養殖サーモンだけのようです。

養殖サーモンの場合は安全に育てられたものを選んだ方がよいという意見も多いので、これから買われる際にはどの国でどのように育てられたのかにも興味を持ち、考えてみることが大切なようです。

 - ライフハック, 料理

ページ
上部へ