知っとく.com

つらい手湿疹を改善する方法と甲に広がる原因

      2017/09/28

つらい手湿疹を改善する方法と甲に広がる原因

毎日水仕事を行う主婦にとって手に湿疹が出てしまうことは非常につらいものです。

とくに手の甲に湿疹が広がる原因について考えてみましょう。

ひどい手湿疹があっさりと改善した「ラップ療法」の方法もお試しください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

クラスのグループへの入り方を実践して友達を作ろう!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【悩める受験生へ】不安な気持ちを乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

モテる彼女が心配!職場の飲み会に彼氏が不安を抱く理由はこれ!


男としてはいつだって彼女に何か起きないか心配をし...

【男性必見】彼女が料理をしないタイプということはココで分かる

付き合い初めの頃は彼女がどんな女性であるかをよく分かっていな...

旦那の友達と、妻としての上手な付き合い方 教えます!


学生時代の仲間や会社の同僚など、旦那さんの友達付...

【大学を退学したいなら親に内緒のまま】と悩んだ時の対処法

頑張って受験勉強をして入った大学も、様々な理由で退学したいと...

スポンサーリンク


手の甲に広がる湿疹は何が原因?

手の甲に湿疹が広がってしまった時、主婦の方ならいわゆる「主婦湿疹」ではないか?と考えるかも知れません。

水仕事を続けていると手が荒れやすいために湿疹の症状が出ることがあります。

ただ、原因が違う場合もあるのでよく注意をする必要があります。

手の甲に湿疹ができる原因と対処法やそれを防ぐ方法をお伝えしていきます。

手のひらや手の甲に湿疹ができる原因

皮膚に湿疹などの炎症が出る原因は外からの刺激によって起こります。

かゆみが伴う場合の原因は、毛細血管の拡張が起きる時にかゆみ神経が刺激されるからです。

このような症状が出る病名をあげてみますが、単なる湿疹だと思っていたのに実はそうではない場合もあります。

思い当たる点がないか確かめてみてください。

・慢性湿疹

指先の皮がめくれたりあかぎれが起こる症状が出る初期症状から始まり、悪化すると手の皮膚が割れていきます。

中には手の甲だけに湿疹が起こる場合もあります。

これは水仕事などの慢性的な刺激によって起こるものです。

ひどくなるにつれてかゆみを増していき、掻いてしまうことで皮膚がどんどん厚くなって色素沈着が起こることもあります。

慢性湿疹には皮膚が固くなる乾燥型、水ぶくれができる湿潤型に分かれます。

・アレルギー性皮膚接触炎

アレルギー物質が皮膚に接触をしてアレルギー症状を起こすもので、原因物質は人それぞれ違います。

金属、植物、化粧水がよくあるアレルギーですが、日光や砂が原因となることもありさまざまな物質があげられます。

触れた部分が赤くなって次第に広がっていきます。

ひどい場合は腫れてしまうこともあります。

・手白癬(てはくせん)

湿疹によく似ている症状ですが手白癬という手の水虫であることもあります。

白癬菌に感染して起きるもので、手湿疹と異なる点は片手だけに症状が出るということです。

足の水虫が手に移ってしまって感染することもあるので心当たりがある方は早めに皮膚科へ相談をしましょう。

手の甲に湿疹ができるのはなぜ?ストレスの場合もある

・皮脂や汗が原因

手の甲にブツブツができるのは思春期なのに起こりやすい「漏脂性湿疹(ろうしせいしっしん)」というものがあります。

ホルモンバランスの乱れや皮脂が原因となっており、脂質や糖質・アルコールの摂りすぎにも注意をしましょう。

・乾燥が原因

乾燥しやすい季節になりやすく「皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)」というものがあります。

かゆみを伴う場合はハンドクリームでしっかり保湿をして対処をします。

エアコンや長風呂によっても乾燥してしまうので注意をしましょう。

・ストレスが原因

何が原因かわからないけど水疱が出来てしまうことがあります。

かゆくない場合もあり、ストレスが引き起こしている可能性もありますがまずは皮膚科へ相談をしましょう。

・マラセチア菌が原因

「マラセチア毛包炎」というマラセチア菌というカビの一種が原因の場合もあります。

見た目は白ニキビのようで、しっかりと水気を拭き取ることで広がらないように予防をします。

・ダニが原因

ダニに噛まれた部分が赤い湿疹となることがあります。

かゆみを伴う症状があり、部屋を清潔に保つことが大切です。

手湿疹を改善するには手袋の装着が必須

1日中水仕事をする主婦にとって「手湿疹」になってしまうと大変です。

手湿疹を防ぐためには手袋でカバーをすることが重要です。

一度荒れてしまった手指は非常に敏感になっており、何かに触れただえで刺激となります。

これによって皮がむけてしまったりかゆみが起きたりするとどんどん悪化します。

手湿疹になってしまったらハンドクリームでしっかりと保湿をしてから手袋をはめましょう。

家事で行う水仕事というと食器洗いだけではなくお風呂掃除や洗濯もあります。

濡れている洗濯物に触れるだけでも手指に刺激を与えてしまうので、ここでも手袋を使うようにしましょう。

手袋をはめる時のポイントは、そのままはめないということです。

ゴム手袋のゴムが刺激になってしまうので、ハンドクリームを塗ったら薄い綿の手袋をはめ、さらにゴム手袋をはめます。

これで手湿疹を悪化させないようにしましょう。

長時間手袋をはめていると汗をかいてしまいます。

濡れている状態のまま放置をすると手湿疹がさらに悪化してしまうので、綿の手袋を交換するようにしましょう。

水仕事以外にも綿の手袋ははめたままのほうが早く改善します。

ひどい手湿疹があっさり治った「ラップ療法」

手湿疹がひどくなると本当につらいものです。

赤い湿疹が広がってしまった上に皮膚がジュクジュクとしてしまうと何もできなくなってしまいます。

長年悩んだ主婦の人が「ラップ療法」というものを試してみたところ、驚くほど効果がありすっかり治ったとのこと。

この方法とは、症状がある部分にワセリンを塗ってそれをラップで包む方法です。

手の場合はラップをするのが難しいので薄手のポリ手袋が代用できるそうです。

寝ている間にこの方法を行ったら数日でよくなったそうなので、もしお悩みの方はお試しください。

ただし手湿疹の場合以外での効果があるとは限りません。

まずは皮膚科に相談をしてくださいね。

 - ライフハック, 仕事, 健康, 料理, 洗濯・掃除

ページ
上部へ