知っとく.com

葉巻の吸い方とは?初心者でも楽しむ方法

   

葉巻の吸い方とは?初心者でも楽しむ方法

葉巻を吸っているという人は最近なかなかいないと思いますが、趣味として葉巻をたしなみ人は未だにいます。

ただ初心者には葉巻の吸い方は少々分かりにくいために葉巻本来の楽しみ方は伝われないもの。

今回はそんな葉巻初心者の方でも十分楽しめる吸い方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

車のエンジンから変な音がする原因


車のエンジンを起動させたらいつもと違う音がする…...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

スポンサーリンク


葉巻初心者に正しい吸い方を教えて!

最近ではめっきり珍しい存在になっている葉巻ですが、ダンディな吸う姿に憧れてチャレンジしたいと考える方がひそかに増えています。

ただ普通のタバコとは全く違う様子から初心者の人は吸い方すらわかりません。

ネットで葉巻の吸い方を検索すると「肺に入れない」と書かれていますが…肺に入れない吸い方とはどんな方法なのでしょうか。

イメージ的にはこんな感じですよね。

・のどに少しだけ煙を入れてすぐに鼻から出す。

・口の中に煙を溜めるだけ。

肺に入れない吸い方と言えばこの2つくらいしか思い当たらないのですが…葉巻というのはこんな方法で味がわかるものなのかが気になるところ。

正しい葉巻の吸い方について詳しくみるのと同時に、葉巻の味わい方についてもご紹介していきます。

初心者の方がまず覚えるべき葉巻の着火方法と吸い方

初心者の方へ葉巻の吸い方を教える前にぜひ覚えてほしいことがあります。

それは「葉巻の着火方法」についてです。

一般的な紙たばこはライターで着火させるでしょうけど葉巻は違います。

葉巻の場合はガスライターが適切な道具となっています。

よくあるオイルライターを使用してしまうと葉巻のシガーの香りがオイルの香りと混ざってしまうかたです。

せっかくの風味が台無しになるのでガスライターを使うことを推奨します。

そして葉巻というのはふかしながら火を点けます。

この時に思い切り煙を吸い込むとむせてしまうので初心者の方は注意をしましょう。

初心者でも上手に味わえる葉巻の吸い方

ここからは葉巻の味わい方をご紹介していきます。

初心者の方でも美味しく味わうには次のような方法で楽しんでみましょう、

・ゆっくりと低温を心がける

葉巻は一般的なたばこのようにスパスパ吸ってしまうと温度が高温になってしまうため、美味しい煙が出ないのです。

ゆっくりじっくりと楽しむことが美味しく味わう秘訣です。

パイプ煙草と同様に火が落ちやすいのも特徴ですが、火が消えそうな頃合いほどいい味わいが出ます。

火が消えてしまうのはもどかしいでしょうけど、また火をつけて楽しむべきです。

そして灰を落とさないようにしましょう。

常に1㎝ほどの灰を先に付けた状態で吸い続けることで低温を保てます。

灰が長くなったら少しだけ落とします。

葉巻は半分以上吸い続けると肺が重く感じます。

そうなった場合はできるだけ口だけで味わうようにした方がいいです。

初心者におすすめの葉巻の種類

・葉巻の大きさ

葉巻の特徴の1つとして大きさの違いがあります。

長ければ長いほど長持ちをし、20㎝を超えるものであれば2時間は吸い続けることができます。

短いものであれば30分程度でしょう。

・形の違いや太さ

イメージ的に太い葉巻の方がハードな味わいのような気がしますが実は逆。

太い葉巻の方がマイルドで吸いやすいです。

細い葉巻は吸ったときに煙にあたる部分が小さいために味が濃く感じられるのです。

太い葉巻はいくつかの種類の葉がブレンドされているので奥行きのある味わいが楽しめます。

・初心者におすすめの葉巻

ついつい安くて小さな葉巻を選びがちですが、初心者ならばあえて長くて太いものをおすすめします。

その理由はニコチンやタールの量が和らぐからです。

葉の量が多いほうがフィルターの役目をしっかりと働くのでマイルドな味わいになり、長い方が本来の煙を楽しみやすいからです。

選び方は好みのものを自由に選ぶべきですが、迷った場合は長くて太いものを選んでおきましょう。

葉巻の保存は「湿度」がポイント

葉巻というものは適切な温度や湿度の管理が重要です。

この管理ができないと味が落ちてしまい、とくに湿度は重要ポイントとなっています。

最適な湿度は70%程度ですが、このような湿度を保つことが難しい場合は調湿材というものをシガーボックスに入れるといいでしょう。

シガーボックスがないという場合はジップロックなどでも管理をすることができます。

これから葉巻をどんどん楽しみたいと考えている方はヒュミドールという葉巻を保管できるものを用意しておくことをおすすめします。

葉巻の見た目のカッコよさも楽しみたいのならふたが透明になっているものを選びコレクションケースのように使ってみてもいいですね。

葉巻の本数や大きさによって箱を分けるといいでしょう。

葉巻に慣れたころはダンディな大人の仲間入りです。

香りに癒される生活が送れることはとても幸せですね。

 - ライフハック

ページ
上部へ