知っとく.com

国民の義務と権利を改めて考えてみよう

   

国民の義務と権利を改めて考えてみよう

国民の三大義務や三大権利って一体何なのか、ふと考えてしまうことはありませんか?

子供が関わっている義務教育についても疑問に感じることがあるはずです。

そして権利はいつどこで主張するものなのでしょうか。

国民の義務と権利について改めて考えてみませんか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


国民の「三大義務」と「三大権利」そして子供の義務教育について

「国民の三大義務」をおさらいしてみましょう。

1.保護する子女に教育を受けさせる義務(小中学校教育)

2.勤労の義務

3.納税の義務

この3つです。

そして「三大権利」はこれです。

1.生存権

2.教育を受ける権利

3.参政権

となります。

いずれも中学生になると教わるものであり、その当時は疑問に感じなかったと思います。

ただ、義務教育というものに対してある問題を抱える場合は思わず首をひねりたくなるものです。

近年、不登校児の数が急増をしています。

小学生よりも思春期に差し掛かる中学生の方が多く、1クラスに1人の割合で不登校の生徒がいるということが分かっています。

ニュース度々目にする悲しいいじめ問題も取り上げられていますが、ここでも義務教育について考えてしまうものです。

もちろん学校で学ぶことは大切なことですが、上手くいかない生徒もいるでしょう。

この場合でも義務だから行かなくてはいけないと言われてしまうと苦しんでしまいます。

こんな体験をした人もいます。

海外赴任をしていた家族が数年ぶり帰国をし、少し落ち着いてから学校へ通わせようとした親がいます。

この時役場から「子供は教育を受ける義務があります。すぐに学校へ行かせてください」と言われたそうです。

一般的な子供とは違うケースであるにも関わらず、すぐに行かせなくてはならないという状況になれば親としては戸惑いますよね。

いかなる状況でも学校へ行かなく手はならないという義務教育とは何なのでしょうか。

今回は少し難しいテーマですが、国民の義務と権利についてまとめてみたいと思います。

国民の自由を守るための「義務」と「権利」

人間というものは自由に生きれないものなのか。

このような疑問が浮かんでしまう理由は「義務」というものがあるからです。

しかし人間誰しもたった一人では生きて行けません。

生きるために誰かと集合をして共同体となります。

この時、共同体という形を保つためのルールつまり「義務」というものが出来るんだと思います。

この共同体が国となり、日本の三大義務が生まれたということですね。

さらに人間が持っている自由を主張するために作られたものが「権利」なのだと思います。

人間が生きるため、自由を守るために「義務」が発生してさらに「権利」が生まれたのではないでしょうか。

この世界で自由に生きるということは最低限のルールに乗っ取った上での自由だということですね。

義務教育ではなく「国民の権利」だと思ってみよう

学校へ行きたくない時こそ「義務教育」がうっとうしく感じたりするものです。

しかし、ここで誤解をしていることがあります。

この義務教育というものは学校へ行かなくてはならないというものではなく「教育を受ける権利」だと考えるべきです。

長い人生を生きていくためには学ぶことが大切です。

その学ぶ場所の一つとして学校というものがあるわけです。

学校では基本的な読み書きや計算、科学の基礎や地理や社会を教えてもらえます。

もしこれを教わらずに生きていくと考えたらどうでしょう?

何も知らないまま社会に出ることは難しいと思います。

このような教育を受けられる日本は世界的に見るととても恵まれています。

発展途上国ではこういった教育が受けられない国がたくさんあります。

問題は義務教育ということではなくその内容ではないでしょうか。

学校内のことや受験戦争などで起きることのせいで勉強もつまらないものとなっているかもしれません。

肩書きは権利ではなく責任である

商売における権利について考えてみましょう。

たとえば「負けてくれないならほかの店で買う」と言ってきたお客がいるとします。

こういう発言は脅迫と等しいものであり、お客に買わない権利があるのであれば店側にも売らないでよい権利があります。

しかし売らない権利ばかり主張をしていてはお客がほかの店へと流れてしまいます。

このような権利の乱用をしてしまうことは商売において大きな弊害となるでしょう。

社会においての権利と義務や責任というものがその人の捉え方によって大きく変わってしまいます。

たとえば役職を与えられた人はその肩書きに権利があるのではなく、肩書きに対して責任を与えられているということです。

ここを勘違いしてしまうと権利の乱用となってしまうのです。

憲法と法律の違いと中身

・憲法とは?

国民の三大権利や三大義務を守るのが憲法です。

・憲法の中身

国家の運営ルールを定めた「統治の基本法」と。国民から国家への命令を定めた「国家を縛る法」で出来ています。

国家を縛るということは、権力を憲法で縛って国民の人権を守るという意味です。

・憲法と法律の違い

法律というものは「国民が守るべきルール」です。

憲法は「国家が守るべきルール」です。

この国家の対象は国民でなく公務員などが対象です。

 - ライフハック, 経済 法律

ページ
上部へ