知っとく.com

国民の義務と権利を改めて考えてみよう

      2017/09/28

国民の義務と権利を改めて考えてみよう

国民の三大義務や三大権利って一体何なのか、ふと考えてしまうことはありませんか?

子供が関わっている義務教育についても疑問に感じることがあるはずです。

そして権利はいつどこで主張するものなのでしょうか。

国民の義務と権利について改めて考えてみませんか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


国民の「三大義務」と「三大権利」そして子供の義務教育について

「国民の三大義務」をおさらいしてみましょう。

1.保護する子女に教育を受けさせる義務(小中学校教育)

2.勤労の義務

3.納税の義務

この3つです。

そして「三大権利」はこれです。

1.生存権

2.教育を受ける権利

3.参政権

となります。

いずれも中学生になると教わるものであり、その当時は疑問に感じなかったと思います。

ただ、義務教育というものに対してある問題を抱える場合は思わず首をひねりたくなるものです。

近年、不登校児の数が急増をしています。

小学生よりも思春期に差し掛かる中学生の方が多く、1クラスに1人の割合で不登校の生徒がいるということが分かっています。

ニュース度々目にする悲しいいじめ問題も取り上げられていますが、ここでも義務教育について考えてしまうものです。

もちろん学校で学ぶことは大切なことですが、上手くいかない生徒もいるでしょう。

この場合でも義務だから行かなくてはいけないと言われてしまうと苦しんでしまいます。

こんな体験をした人もいます。

海外赴任をしていた家族が数年ぶり帰国をし、少し落ち着いてから学校へ通わせようとした親がいます。

この時役場から「子供は教育を受ける義務があります。すぐに学校へ行かせてください」と言われたそうです。

一般的な子供とは違うケースであるにも関わらず、すぐに行かせなくてはならないという状況になれば親としては戸惑いますよね。

いかなる状況でも学校へ行かなく手はならないという義務教育とは何なのでしょうか。

今回は少し難しいテーマですが、国民の義務と権利についてまとめてみたいと思います。

国民の自由を守るための「義務」と「権利」

人間というものは自由に生きれないものなのか。

このような疑問が浮かんでしまう理由は「義務」というものがあるからです。

しかし人間誰しもたった一人では生きて行けません。

生きるために誰かと集合をして共同体となります。

この時、共同体という形を保つためのルールつまり「義務」というものが出来るんだと思います。

この共同体が国となり、日本の三大義務が生まれたということですね。

さらに人間が持っている自由を主張するために作られたものが「権利」なのだと思います。

人間が生きるため、自由を守るために「義務」が発生してさらに「権利」が生まれたのではないでしょうか。

この世界で自由に生きるということは最低限のルールに乗っ取った上での自由だということですね。

義務教育ではなく「国民の権利」だと思ってみよう

学校へ行きたくない時こそ「義務教育」がうっとうしく感じたりするものです。

しかし、ここで誤解をしていることがあります。

この義務教育というものは学校へ行かなくてはならないというものではなく「教育を受ける権利」だと考えるべきです。

長い人生を生きていくためには学ぶことが大切です。

その学ぶ場所の一つとして学校というものがあるわけです。

学校では基本的な読み書きや計算、科学の基礎や地理や社会を教えてもらえます。

もしこれを教わらずに生きていくと考えたらどうでしょう?

何も知らないまま社会に出ることは難しいと思います。

このような教育を受けられる日本は世界的に見るととても恵まれています。

発展途上国ではこういった教育が受けられない国がたくさんあります。

問題は義務教育ということではなくその内容ではないでしょうか。

学校内のことや受験戦争などで起きることのせいで勉強もつまらないものとなっているかもしれません。

肩書きは権利ではなく責任である

商売における権利について考えてみましょう。

たとえば「負けてくれないならほかの店で買う」と言ってきたお客がいるとします。

こういう発言は脅迫と等しいものであり、お客に買わない権利があるのであれば店側にも売らないでよい権利があります。

しかし売らない権利ばかり主張をしていてはお客がほかの店へと流れてしまいます。

このような権利の乱用をしてしまうことは商売において大きな弊害となるでしょう。

社会においての権利と義務や責任というものがその人の捉え方によって大きく変わってしまいます。

たとえば役職を与えられた人はその肩書きに権利があるのではなく、肩書きに対して責任を与えられているということです。

ここを勘違いしてしまうと権利の乱用となってしまうのです。

憲法と法律の違いと中身

・憲法とは?

国民の三大権利や三大義務を守るのが憲法です。

・憲法の中身

国家の運営ルールを定めた「統治の基本法」と。国民から国家への命令を定めた「国家を縛る法」で出来ています。

国家を縛るということは、権力を憲法で縛って国民の人権を守るという意味です。

・憲法と法律の違い

法律というものは「国民が守るべきルール」です。

憲法は「国家が守るべきルール」です。

この国家の対象は国民でなく公務員などが対象です。

 - ライフハック, 経済 法律

ページ
上部へ