知っとく.com

離乳食の疑問!赤ちゃんに牛乳をそのまま飲ませてもいい時期

      2017/09/28

離乳食の疑問!赤ちゃんに牛乳をそのまま飲ませてもいい時期

離乳食が進んでくると食材に牛乳を使えるようになります。

この牛乳を料理ではなくそのまま飲ませてもいいのはいつ頃なのでしょうか。

赤ちゃんに牛乳を飲ませても良い時期や飲ませ方のコツなどをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


離乳食ではない牛乳をそのまま与えてもいいのはいつ頃から?

6か月を過ぎた赤ちゃんは少しずつ離乳食を食べ始めるようになります。

与える食材は少しづつ増やしていき、やがて色々なものが食べられるようになると思いますがここで疑問に思うものが「牛乳」についてです。

離乳食のレシピを見ると離乳食中期から後期になると使える食材の中に牛乳が登場しますよね。

調理に使うものなので必ず火を通す形になっています。

この牛乳はいつからそのまま与えられるようになるのでしょうか?

飲み物として牛乳が飲めるようになるのはいつ頃なのか。

温めたものなら与えても大丈夫なのでしょうか。

この疑問についてお答えしていこうと思います。

牛乳をそのまま飲ませていいのは離乳食期を終えてから

赤ちゃんに牛乳をそのまま飲ませていいのは1歳を過ぎてからです。

これは厚生労働省が発表をしている「授乳・離乳の支援ガイド」に掲載されています。

ではなぜ1歳まで牛乳をそのまま与えてはいけないのでしょうか。

この理由はいくつかあるのでそれぞれをまとめてみます。

・たんぱく質が多すぎる

牛乳は母乳の約3倍のたんぱく質が含まれています。

まだ消化吸収機能が未熟な赤ちゃんでは身体の負担となってしまうために、1歳以上からの飲用を推奨されています。

・鉄欠乏性貧血になりやすいため

牛乳には母乳の約3倍のカルシウムやリンが含まれています。

この成分が多すぎると鉄分の吸収の妨げとなってしまい、鉄欠乏性貧血という症状が起きる可能性があります。

まだ1歳に満たない赤ちゃんには必要以上の牛乳を与えてはいけないのです。

・アレルギーになる恐れ

アレルギーの原因となるたんぱく質が牛乳には含まれており、このたんぱく質の分子の大きさは赤ちゃんにとっては吸収しない大きさなんです。

吸収できないたんぱく質は異物と判断されてしまい、アレルギー症状を起こしてしまいます。

・1歳を過ぎたら飲んでもいい牛乳の量

1日200ml~300mlまでの量を心がけて与えましょう。

また牛乳だけではなくヨーグルトやチーズなどの乳製品も取り、なおかつバランスのとれた食事を与えた上で牛乳もそのまま飲ませてみましょう。

離乳食が進んだら牛乳をそのまま飲ませてみよう

離乳食がある程度進み、1歳を過ぎた赤ちゃんであれば牛乳をそのまま飲ませることができます。

飲ませ方のコツをご紹介をしていきます。

・牛乳の量

初めて飲ませるのなら50㏄程度の量から始めましょう。

その日の便の調子が悪いときは避けてください。

もし湿疹などの症状が出た場合はすぐにストップします。

・温めてから飲ませる

初めて牛乳をそのまま飲ませるのなら冷たい牛乳ではなく温めた牛乳にします。

いきなり冷たい牛乳を飲ませると消化不良を起こしてお腹を壊してしまう恐れがあるのでしっかりと温めましょう。

温度は人肌が適温です。

・飲ませる時の注意

温めた牛乳はスプーンやコップを使って飲ませてあげます。

ストローがついたマグで与えてしまうと一気に飲んでしまう恐れがあるので注意。

慣れるまでは少しずつ飲ませるようにしましょう。

・冷たい牛乳にするまでの流れ

人肌の牛乳に飲み慣れてきたら、次は室温に置いた牛乳を与えてみます。

これを飲ませて問題が見られなければ冷たい牛乳を少しずつ飲ませてみましょう。

赤ちゃんにおすすめの牛乳

牛乳と言ってもスーパーへ行くと色々な種類のものがあります。

赤ちゃんに飲ませるのはどの牛乳が適しているのかが疑問ですよね。

ここでは赤ちゃんにおすすめの牛乳についてお話していきます。

・牛乳または成分無調整牛乳

スーパーに売られている牛乳で「牛乳」「成分無調整牛乳」と書かれているものを選びましょう。

低脂肪牛乳や成分調整牛乳が身体に悪いという意味ではないのですが、少量しか摂取できない赤ちゃんにとっては栄養が詰まった牛乳の方が望ましいです。

牛乳に含まれている乳脂肪はほかの動物性脂肪に比べると消化吸収が良いです。

赤ちゃんの肥満を気にして低脂肪や無脂肪牛乳などを選ぶ必要はありません。

成分調整や無脂肪、低脂肪牛乳などは製造工程で乳脂肪分を減らしています。

味も変わってくるのでこういった牛乳で離乳食を作っても赤ちゃんが食べてくれない可能性も出てきます。

牛乳の賞味期限には要注意

・牛乳の賞味期限にご注意を

牛乳は賞味期限が短く、一度開けた牛乳はたとえ冷蔵庫で冷蔵保存をしていたとしても菌が増えていきます。

赤ちゃんにはできるだけ開けたての牛乳を与え、小さな牛乳パックなどは一度開けたら使い切ってしまいましょう。

菌が増えた牛乳は赤ちゃんの未熟な臓器にとって大きな負担となってしまいます。

牛乳を持ち歩くのもやめましょう。

・牛乳の温度とお腹の調子に気を付ける

冷蔵庫で冷やされた牛乳をそのまま与えてしまうと下痢を起こす恐れがあります。

慣れるまでは人肌にするか室温に戻してから飲ませましょう。

室温に置く場合はあまり時間が経ち過ぎないように注意をします。

また、お腹の調子が悪い場合は牛乳を飲ませるのは避けます。

ある程度牛乳に慣れるまではたくさんの量を飲ませないように注意をしましょう。

 - ライフハック, 子育て

ページ
上部へ