知っとく.com

離乳食の疑問!赤ちゃんに牛乳をそのまま飲ませてもいい時期

      2017/07/09

離乳食の疑問!赤ちゃんに牛乳をそのまま飲ませてもいい時期

離乳食が進んでくると食材に牛乳を使えるようになります。

この牛乳を料理ではなくそのまま飲ませてもいいのはいつ頃なのでしょうか。

赤ちゃんに牛乳を飲ませても良い時期や飲ませ方のコツなどをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


離乳食ではない牛乳をそのまま与えてもいいのはいつ頃から?

6か月を過ぎた赤ちゃんは少しずつ離乳食を食べ始めるようになります。

与える食材は少しづつ増やしていき、やがて色々なものが食べられるようになると思いますがここで疑問に思うものが「牛乳」についてです。

離乳食のレシピを見ると離乳食中期から後期になると使える食材の中に牛乳が登場しますよね。

調理に使うものなので必ず火を通す形になっています。

この牛乳はいつからそのまま与えられるようになるのでしょうか?

飲み物として牛乳が飲めるようになるのはいつ頃なのか。

温めたものなら与えても大丈夫なのでしょうか。

この疑問についてお答えしていこうと思います。

牛乳をそのまま飲ませていいのは離乳食期を終えてから

赤ちゃんに牛乳をそのまま飲ませていいのは1歳を過ぎてからです。

これは厚生労働省が発表をしている「授乳・離乳の支援ガイド」に掲載されています。

ではなぜ1歳まで牛乳をそのまま与えてはいけないのでしょうか。

この理由はいくつかあるのでそれぞれをまとめてみます。

・たんぱく質が多すぎる

牛乳は母乳の約3倍のたんぱく質が含まれています。

まだ消化吸収機能が未熟な赤ちゃんでは身体の負担となってしまうために、1歳以上からの飲用を推奨されています。

・鉄欠乏性貧血になりやすいため

牛乳には母乳の約3倍のカルシウムやリンが含まれています。

この成分が多すぎると鉄分の吸収の妨げとなってしまい、鉄欠乏性貧血という症状が起きる可能性があります。

まだ1歳に満たない赤ちゃんには必要以上の牛乳を与えてはいけないのです。

・アレルギーになる恐れ

アレルギーの原因となるたんぱく質が牛乳には含まれており、このたんぱく質の分子の大きさは赤ちゃんにとっては吸収しない大きさなんです。

吸収できないたんぱく質は異物と判断されてしまい、アレルギー症状を起こしてしまいます。

・1歳を過ぎたら飲んでもいい牛乳の量

1日200ml~300mlまでの量を心がけて与えましょう。

また牛乳だけではなくヨーグルトやチーズなどの乳製品も取り、なおかつバランスのとれた食事を与えた上で牛乳もそのまま飲ませてみましょう。

離乳食が進んだら牛乳をそのまま飲ませてみよう

離乳食がある程度進み、1歳を過ぎた赤ちゃんであれば牛乳をそのまま飲ませることができます。

飲ませ方のコツをご紹介をしていきます。

・牛乳の量

初めて飲ませるのなら50㏄程度の量から始めましょう。

その日の便の調子が悪いときは避けてください。

もし湿疹などの症状が出た場合はすぐにストップします。

・温めてから飲ませる

初めて牛乳をそのまま飲ませるのなら冷たい牛乳ではなく温めた牛乳にします。

いきなり冷たい牛乳を飲ませると消化不良を起こしてお腹を壊してしまう恐れがあるのでしっかりと温めましょう。

温度は人肌が適温です。

・飲ませる時の注意

温めた牛乳はスプーンやコップを使って飲ませてあげます。

ストローがついたマグで与えてしまうと一気に飲んでしまう恐れがあるので注意。

慣れるまでは少しずつ飲ませるようにしましょう。

・冷たい牛乳にするまでの流れ

人肌の牛乳に飲み慣れてきたら、次は室温に置いた牛乳を与えてみます。

これを飲ませて問題が見られなければ冷たい牛乳を少しずつ飲ませてみましょう。

赤ちゃんにおすすめの牛乳

牛乳と言ってもスーパーへ行くと色々な種類のものがあります。

赤ちゃんに飲ませるのはどの牛乳が適しているのかが疑問ですよね。

ここでは赤ちゃんにおすすめの牛乳についてお話していきます。

・牛乳または成分無調整牛乳

スーパーに売られている牛乳で「牛乳」「成分無調整牛乳」と書かれているものを選びましょう。

低脂肪牛乳や成分調整牛乳が身体に悪いという意味ではないのですが、少量しか摂取できない赤ちゃんにとっては栄養が詰まった牛乳の方が望ましいです。

牛乳に含まれている乳脂肪はほかの動物性脂肪に比べると消化吸収が良いです。

赤ちゃんの肥満を気にして低脂肪や無脂肪牛乳などを選ぶ必要はありません。

成分調整や無脂肪、低脂肪牛乳などは製造工程で乳脂肪分を減らしています。

味も変わってくるのでこういった牛乳で離乳食を作っても赤ちゃんが食べてくれない可能性も出てきます。

牛乳の賞味期限には要注意

・牛乳の賞味期限にご注意を

牛乳は賞味期限が短く、一度開けた牛乳はたとえ冷蔵庫で冷蔵保存をしていたとしても菌が増えていきます。

赤ちゃんにはできるだけ開けたての牛乳を与え、小さな牛乳パックなどは一度開けたら使い切ってしまいましょう。

菌が増えた牛乳は赤ちゃんの未熟な臓器にとって大きな負担となってしまいます。

牛乳を持ち歩くのもやめましょう。

・牛乳の温度とお腹の調子に気を付ける

冷蔵庫で冷やされた牛乳をそのまま与えてしまうと下痢を起こす恐れがあります。

慣れるまでは人肌にするか室温に戻してから飲ませましょう。

室温に置く場合はあまり時間が経ち過ぎないように注意をします。

また、お腹の調子が悪い場合は牛乳を飲ませるのは避けます。

ある程度牛乳に慣れるまではたくさんの量を飲ませないように注意をしましょう。

 - ライフハック, 子育て

ページ
上部へ