知っとく.com

日本に地震が多発する原因と4つのプレート

      2017/09/28

日本に地震が多発する原因と4つのプレート

もともと地震が多発していた日本ですが近年では大きな被害をもたらす大地震が発生しています。

地震が起こるメカニズムや地域による地震の頻度の違いについてまとめてみました。

万が一の時に生命線となる水を確保する方法もぜひ実行してください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


日本で地震が多発する原因と4つのプレートについて

地球の表面には10数枚のプレートと呼ばれる板が敷き詰められています。

プレートがパズルのように合わさっており、それぞれ年間数㎝以上多くて数十㎝程度が平行にぶつかり合いながら移動しています。

これを「プレートテクトニクス」と呼んでいます。

日本に関わるのはこの4つ。

「太平洋プレート」「フィリピン海プレート」「ユーラシアプレート」「北海プレート」です。

プレート同士の境界では地震や火山活動への影響が非常に高いです。

日本の中でこの4枚のプレートが密接しているのが静岡県となっています。

・日本で起きる地震の種類

日本近郊で起きる大地震は次の4つに分類されます。

1.プレート境界型地震

三陸はるか沖地震(1994年)

2.浅い場所でのプレート内部破壊による地震

北海道東方沖地震(1994年)

3.深い場所でのプレート内部破壊による地震

釧路沖地震(1993年)、十勝沖地震(2011年)

4.地表付近の活断層による地震

兵庫県南部地震(1995年)、新潟県中越地震(2004年)、岩手・宮城内陸地震(2008年)、熊本地震(2016年)

プレートが大きく動くことで地震へとつながり、地表近くの活断層による地震の被害は大きなものとなっています。

地震が起こる原因は地球規模の活断層をイメージすることでより分かりやすくなり、数㎝動いただけで大きな被害をもたらすということに驚きます。

ではなぜ近年の日本では大地震が多発しているのでしょうか。

この原因について詳しくお伝えするのと同時に今後起こり得る地震への備え方についてもまとめていきます。

地震が多発する原因が未だに不明な地域がある

人口が多い東京では今後大きな地震が起きると予想されていますが、よく考えてみると日ごろから感じる地震の回数は非常に多いことが分かります。

東京で起こる地震の年間回数は平均30回。

これは2週間に1度程度という計算となり頻度がいかに高いかが伺える数字となっています。

地震が多発する東京に対して札幌や福岡では年間5回もありません。

東京から移り住んだ人の中には「そういえば地震を感じていないかも」とその少なさに気付く人も多いはず。

東京以上に地震が多発している地域はと言えば釧路から根室にかけた太平洋岸。

ここはなんと年間50回以上の地震が起きています。

多発する原因は太平洋プレートと北米プレートが衝突するからです。

この地域のほかには和歌山県の北部の小さな地域で多発しています。

大地震ではないものの直下型地震が頻繫に起きています。

この原因について地震学者が観測所を設けて研究を行っていますが未だにその原因は解明されていません。

アメリカで地震が多発する原因が廃水だった

アメリカの中で地震が多発する地域といえば太平洋に面する西海岸があげられます。

この地域では地震が多発する原因はプレートではなくシェールガスやシェールオイルの産出だと言われています。

産出する方法はそれぞれ「水平掘削坑井技術」と「水圧破砕法」が使われています。

水と砂と化学薬品から構成される液体を超高圧にして地下に送り込み岩盤を破棄して採取します。

この手法が地震に繋がるのかと言えばそうではなく、採取したあとに不要になった廃水を地層に注入してしまったことで悪影響を与えてしまったという見解がされています。

ある事業主のおかげでこのような結果になってしまったことは許し難いことですが、思わぬ原因によって地震が多発してしまうということにも分かりました。

「地震酔い」を起こす原因とは

多発する地震によって起きる「地震酔い」で悩ませられている人が実は多く、とくに大きな大震災を経験した人は四六時中めまいがするなどという症状に襲われてしまいます。

「地震酔い」は「後揺れ症候群」と呼ばれることもありますが、基本的には乗り物酔いと同じ症状です。

地震が起きていないのに揺れている気がするのはこの症状のせいです。

この原因は地震によって耳の中の三半規管と前庭組織が刺激されたことによるものです。

余震が立て続けに起きた場合、症状が慢性化してしまい「地震酔い」となってしまいます。

常に揺れている気がしたり、めまいや吐き気を催すといった症状が見られます。

地震を経験することで精神的に不安定となり、不規則な食事や睡眠不足が続くとさらに悪化してしまいます。

地震が起きた時に重要な水を家の中で備えるポイント

大震災を経験した日本人が今できることは「万が一の備え」です。

もしも震度7レベルの大地震が起きてしまった場合、防災グッズも無意味となる可能性が高いです。

こうなった時に生き延びる方法まで考え抜いておくべきです。

もしライフラインが止まったらまず困るのが「水」です。

最低限の水が確保できるかどうかで大きく状況が変わります。

家の中に備蓄をすることは大切ですが、思わぬ場所に水は溜まっているものです。

その場所とは「トイレ」。

トイレのタンクの中身は水道水が溜まるようになっており、タンクの中さえ清潔にしておけば飲むことも可能となります。

トイレだけではなく「お風呂」にもできるだけ水は溜めておくべきです。

生活用水をいかに確保できるかということを日常的に考えておきましょう。

 - ライフハック

ページ
上部へ