知っとく.com

日本に地震が多発する原因と4つのプレート

      2017/07/12

日本に地震が多発する原因と4つのプレート

もともと地震が多発していた日本ですが近年では大きな被害をもたらす大地震が発生しています。

地震が起こるメカニズムや地域による地震の頻度の違いについてまとめてみました。

万が一の時に生命線となる水を確保する方法もぜひ実行してください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


日本で地震が多発する原因と4つのプレートについて

地球の表面には10数枚のプレートと呼ばれる板が敷き詰められています。

プレートがパズルのように合わさっており、それぞれ年間数㎝以上多くて数十㎝程度が平行にぶつかり合いながら移動しています。

これを「プレートテクトニクス」と呼んでいます。

日本に関わるのはこの4つ。

「太平洋プレート」「フィリピン海プレート」「ユーラシアプレート」「北海プレート」です。

プレート同士の境界では地震や火山活動への影響が非常に高いです。

日本の中でこの4枚のプレートが密接しているのが静岡県となっています。

・日本で起きる地震の種類

日本近郊で起きる大地震は次の4つに分類されます。

1.プレート境界型地震

三陸はるか沖地震(1994年)

2.浅い場所でのプレート内部破壊による地震

北海道東方沖地震(1994年)

3.深い場所でのプレート内部破壊による地震

釧路沖地震(1993年)、十勝沖地震(2011年)

4.地表付近の活断層による地震

兵庫県南部地震(1995年)、新潟県中越地震(2004年)、岩手・宮城内陸地震(2008年)、熊本地震(2016年)

プレートが大きく動くことで地震へとつながり、地表近くの活断層による地震の被害は大きなものとなっています。

地震が起こる原因は地球規模の活断層をイメージすることでより分かりやすくなり、数㎝動いただけで大きな被害をもたらすということに驚きます。

ではなぜ近年の日本では大地震が多発しているのでしょうか。

この原因について詳しくお伝えするのと同時に今後起こり得る地震への備え方についてもまとめていきます。

地震が多発する原因が未だに不明な地域がある

人口が多い東京では今後大きな地震が起きると予想されていますが、よく考えてみると日ごろから感じる地震の回数は非常に多いことが分かります。

東京で起こる地震の年間回数は平均30回。

これは2週間に1度程度という計算となり頻度がいかに高いかが伺える数字となっています。

地震が多発する東京に対して札幌や福岡では年間5回もありません。

東京から移り住んだ人の中には「そういえば地震を感じていないかも」とその少なさに気付く人も多いはず。

東京以上に地震が多発している地域はと言えば釧路から根室にかけた太平洋岸。

ここはなんと年間50回以上の地震が起きています。

多発する原因は太平洋プレートと北米プレートが衝突するからです。

この地域のほかには和歌山県の北部の小さな地域で多発しています。

大地震ではないものの直下型地震が頻繫に起きています。

この原因について地震学者が観測所を設けて研究を行っていますが未だにその原因は解明されていません。

アメリカで地震が多発する原因が廃水だった

アメリカの中で地震が多発する地域といえば太平洋に面する西海岸があげられます。

この地域では地震が多発する原因はプレートではなくシェールガスやシェールオイルの産出だと言われています。

産出する方法はそれぞれ「水平掘削坑井技術」と「水圧破砕法」が使われています。

水と砂と化学薬品から構成される液体を超高圧にして地下に送り込み岩盤を破棄して採取します。

この手法が地震に繋がるのかと言えばそうではなく、採取したあとに不要になった廃水を地層に注入してしまったことで悪影響を与えてしまったという見解がされています。

ある事業主のおかげでこのような結果になってしまったことは許し難いことですが、思わぬ原因によって地震が多発してしまうということにも分かりました。

「地震酔い」を起こす原因とは

多発する地震によって起きる「地震酔い」で悩ませられている人が実は多く、とくに大きな大震災を経験した人は四六時中めまいがするなどという症状に襲われてしまいます。

「地震酔い」は「後揺れ症候群」と呼ばれることもありますが、基本的には乗り物酔いと同じ症状です。

地震が起きていないのに揺れている気がするのはこの症状のせいです。

この原因は地震によって耳の中の三半規管と前庭組織が刺激されたことによるものです。

余震が立て続けに起きた場合、症状が慢性化してしまい「地震酔い」となってしまいます。

常に揺れている気がしたり、めまいや吐き気を催すといった症状が見られます。

地震を経験することで精神的に不安定となり、不規則な食事や睡眠不足が続くとさらに悪化してしまいます。

地震が起きた時に重要な水を家の中で備えるポイント

大震災を経験した日本人が今できることは「万が一の備え」です。

もしも震度7レベルの大地震が起きてしまった場合、防災グッズも無意味となる可能性が高いです。

こうなった時に生き延びる方法まで考え抜いておくべきです。

もしライフラインが止まったらまず困るのが「水」です。

最低限の水が確保できるかどうかで大きく状況が変わります。

家の中に備蓄をすることは大切ですが、思わぬ場所に水は溜まっているものです。

その場所とは「トイレ」。

トイレのタンクの中身は水道水が溜まるようになっており、タンクの中さえ清潔にしておけば飲むことも可能となります。

トイレだけではなく「お風呂」にもできるだけ水は溜めておくべきです。

生活用水をいかに確保できるかということを日常的に考えておきましょう。

 - ライフハック

ページ
上部へ