知っとく.com

ハワイ旅行へ行くなら安い曜日を狙って行こう!

      2017/07/14

ハワイ旅行へ行くなら安い曜日を狙って行こう!

ハワイ旅行へ行くなら安くお得に行きたいものです。

年間を通じて安い時期はいつなのか、安い曜日やお得に行くためのプランの立て方などをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


ハワイ旅行へ行くなら安い時期を選ぶとお得!

ハワイは日本人にとって憧れのリゾート地であり海外旅行としても大人気の場所ですよね。

1年を通して気温が温かいハワイですができるだけ旅行費を安くするには安い時期を選ぶととてもお得なんです。

価格が高騰する時期と最安値の時期を見比べてみればその差は10万円と大きく開きます。

この価格に大きく影響をするのが航空券。

この航空券を安い時期に購入するだけで浮いたお金を食事やお土産に回すことができます。

ただ、価格だけで時期を選んでしまうと気温が低かったり雨が続いてしまい楽しむことができません。

1年中夏のイメージがあるハワイにも夏と冬が存在します。

ベストシーズンはいつなのかと言えば4月~9月となっています。

この時期の中で安く行くには日本の大型連休以外のすき間を選んでみましょう。

ハワイ旅行の安い曜日や年末年始について

・ハワイ行きの格安航空券の最安値の値段

ハワイへ安く行くなら航空券の最安値を狙いましょう。

安い時期を選ぶと大人1人4万円前後で行けます。

燃油サーチャージや空港使用税などの諸費用がかかる場合は7万円前後となります。

燃油サーチャージは航空会社によって差があり、値下げをすることもあるのでこまめにチェックをしましょう。

・安い曜日を選ぶ

ハワイへできるだけ安く行くには高くなる曜日を外すだけでグッとお得になります。

安い曜日は月~水曜日となっています。

金曜日以降の週末にかけて値段は高騰していきます。

注意すべきは帰路にも同じことが言えるので、月曜日に出発をして週末に帰ってくると帰路の航空券が高くなります。

できるだけ安い曜日に出発をし、帰路も安い曜日を選ぶのが1番お得でしょう。

・クリスマスから年末年始は高い

クリスマス前の12月20日前後から価格が高騰して年末まで値段は上がったままになります。

アメリカではお正月よりもクリスマスの方が重要となるので年末年始よりも早い時期から価格が上がってしまいます。

・1月はいつから安くなるのか

元旦を過ぎると徐々に価格は下がっていき、4日を超えると安くなります。

お正月休みにハワイへ行きたい場合は4日以降から行く方がお得に過ごせます。

ハワイ旅行への安いプラン!曜日を選んだ日程

ハワイ旅行へ安く行くためのポイントとなるのはやはり「曜日」となっています。

安い曜日に出発をして安い曜日に帰ってくるのが航空券が安いのでおすすめ。

・1番安い曜日とは?

1週間のうち航空券が安い曜日は月~水。

この中でも年間を通じて安い曜日は「火曜日」です。

逆に高い曜日と言えば金・土曜日。

なぜ金曜日から高くなるのかと言えば、会社帰りにそのままハワイ旅行へ出発する人が多いからです。

金曜日の夜に出発をして土日楽しんで帰ってくる人はたくさんいるので、この曜日は外して計画を立てると安く行くことができます。

・安い曜日を選んだ旅行日程の例

安い曜日である月~水を中心に旅行プランをいくつかご紹介します。

「4泊6日」

水曜日に日本発→ハワイ着(水曜日)
日曜日にハワイ発→日本着(月曜日)

「5泊7日」

火曜日に日本発→ハワイ着(火曜日)
日曜日にハワイ発→日本着(月曜日)

または

水曜日に日本発→ハワイ着(水曜日)
月曜日にハワイ発→日本着(火曜日)

「6泊8日」

月曜日に日本発→ハワイ着(月曜日)
日曜日にハワイ発→日本着(月曜日)

火曜日に日本発→ハワイ着(火曜日)
月曜日にハワイ発→日本着(火曜日)

水曜日にハワイ発→日本着(水曜日)
火曜日にハワイ発→日本着(水曜日)

「7泊9日」

月曜日に日本発→ハワイ着(月曜日)
月曜日にハワイ発→日本着(火曜日)

火曜日に日本発→ハワイ着(火曜日)
火曜日にハワイ発→日本着(水曜日)

ハワイの格安ツアーの内容とは

ハワイ旅行へ安く行きたい場合や初めての海外旅行におすすめなのが「格安ツアー」です。

格安ツアーの定番は5日間または6日間のツアー日程が組まれています。

さらに激安ツアーも存在しますが大体はこのような日数でさまざまなツアーが用意されています。

基本はこのようなツアーの日程となっていますが、中には7日~10日のツアーもあります。

内容によってはツアーのアレンジが自由に効く場合もあり、ホテルの延泊や自由行動日を増やすことも可能。

さまざまなツアーがあるので色々と見比べて絞っていくことが大切です。

格安ツアーの場合のスケジュールは、日本を出発するのは夜~深夜となり、ハワイに到着するのが午前中。

帰路は自分が住む地域の空港へ向かうので差があります。

ただ帰りのフライトは機中泊となるので5泊6日というツアーだった場合でもホテルに泊まる日数は3泊となります。

いかに現地滞在時間を増やすかがコツとなり、綿密な計画を立てることがポイント。

また、現地でどのように過ごすかによって大きく内容が異なります。

ビーチやエステでのんびり過ごすのか、マリンスポーツなどのアクティビティを楽しむのか。

ハワイの自然を楽しむために島めぐりをしたいのか、などの目的によってプランや料金も大きく変わります。

一緒に旅行へ行く人と事前によく話し合ってからプランを立てるといいですね。

ハワイと日本の時差と6つの島

ハワイと日本の時差は19時間となり、日本時間で午前12時ならハワイでは前日の午前5時になります。

時差が大きいので旅行プランを立てる時はこのような時間についてもよくチェックをしておきましょう。

・ハワイにある6つの島

カウアイ島、オアフ島、マウイ島、ラナイ島、モロカイ島、ハワイ島(ビッグ・アイランド)があります。

自然豊かな島や観光スポットがたくさんある島など特色が違います。

 - ライフハック, 国際, 観光 デート

ページ
上部へ