知っとく.com

ビジネスにも通じる!教授へメールを送る前に、確認すべきポイント

      2017/09/28

ビジネスにも通じる!教授へメールを送る前に、確認すべきポイント

大学生になると教授へ相談や質問を行う場面が出てきます。

その場合に送る教授へのメールの書き方をいま一度確認をしましょう。

教授にとって読みやすいメールを送ることで印象が変わりますよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


教授にメールを送る際には「件名」を確認しよう

教授へメールを送る時に確認すべきこと

「件名」

メールを送る際に忘れてしまいがちなのが「件名」です。

ここは忘れずに必ず記入をしなければいけない理由があります。

教授は毎日膨大な数のメールを受け取っているため、件名を記入しておかないとスパムメールと誤解をさせたり開封を後回しにされてしまいます。

一目でわかる件名を記入しておくことで教授の手を煩わすことはなく、さらに名前も記入しておくと安心して読んでもらえます。

件名の記入例はこのような感じで書きましょう。

「○○の授業について(○○学部〇年氏名)」

「【質問】明日のゼミについて」

件名に「はじめまして」「お願い」とだけ書いて送るのはやめましょう。

件名にはメールの内容が何か簡潔に記入し、長文にならないように注意をします。

教授とのやり取りを円滑に行う工夫をしましょう。

教授へ送信する前に!にメールの書き方を確認しよう

大学の教授へメールを送る場合、わかりやすい件名を書くことだけではなく読みやすくかつ簡潔に書くことが大切です。

メールの書き方を覚えておくと将来ビジネスシーンでも使えます。

件名から締めの文までの流れをしっかり掴んでおきましょう。

・メールの書き方

————————————-

件名:○○について(○○学部〇年氏名)

————————————-

宛名:○○先生

挨拶:お世話になっております。○○学部〇年○○と申します等。

内容:○○についてメールさせて頂きます。

締めの文:よろしくお願いいたします等。

署名:○○大学 ○○学部○○学科 学籍番号○○○○
氏名○○○○
Eメール○○○○@○○
携帯番号090-000-0000

————————————–

添付:添付ファイルなど

このような流れで書いて送信を行います。

挨拶や署名などを忘れずに記入しましょう。

メールを送る前に!教授に対して失礼に当たらないか次の確認を行う

・メールで指図をしてはいけない

教授にメールを送る場合は次の点に注意してください。

メールの最後に「返信をお待ちしております」「できれば〇日までに返信が頂ければありがたいです」と返信を急かすひと言を書いてはいけません。

そもそも目上の人に対して失礼に当たるのでやめましょう。

また「返信はしなくて結構です」とわざわざ添えることも不要です。

返信するかどうかは教授が決めることなので余計なひと言を書き添えるのは控えてください。

指図を思わせるようなことを書くと相手に悪印象を与えてしまいます。

・「~してください」はNG

メールでお願いごとを記入する場合に「~してください」と書いてしまうと教授に命令をすることになります。

正しくは「~していただけないでしょうか」「~していただけたら有難いです」などを使いましょう。

できるだけお願いするようなひと言を使うのは避けましょう。

・何が言いたいのか簡潔に伝える

教授に対して何が言いたいのかをまとめて伝えましょう。

1~2行だけの短文でも全く伝わらず、長過ぎても時間を取らせてしまいます。

何が言いたいのかわからずに教授から質問を受けてしまうようでは時間を取らせてしまうことになります。

質問がある場合は、今の時点でどこまで情報を得ているのか、何がわからないのかをハッキリと書きましょう。

また「お暇がありましたら」「暇な時間に」という表現は使ってはいけません。

教授は暇な時間などありません。

この場合は「ご都合の良い時間」と書き直しましょう。

・お礼のメールを送る

質問や要望に対して教授から返信をもらい解決をした場合はお礼のメールを送りましょう。

用が済んだからとそこでメールを途絶えさせてしまうのは失礼に当たります。

教授が大切な時間を使ってもらったことに対してのお礼や、無事にメールを受け取ったことへの意味も添えてお礼のメールを送るべきです。

教授とアポを取るためのメールの書き方

・教授とのアポの取り方

質問や相談をしたい場合は事前に教授へメールでその旨を書いて伝えておきましょう。

突然研究室を訪問することは避けてください。

まずはメールでアポを取ってから時間を作ってもらうことが大切です。

この場合に送るメールの内容は「〇日の〇時頃にお伺いしてもいいでしょうか?」と自分の都合から伝えるのではなく、まずは教授の都合のよい時間を聞いてください。

アポを取るためのメールの件名はこのように記入をしておくと分かりやすいです。

————————————-

件名:○○のお伺い

————————————-

宛名:◯◯先生

挨拶:突然のご連絡を失礼いたします。
◯年◯番の◯◯と申します。

◯◯についてお伺いしたいことがあり、ご連絡を差し上げております。

内容:お伺いしたい内容について。

締めの文:お忙しいところ申し訳ありませんが、ご検討よろしくお願い致します。

○○学部◯年◯番学生番号○○○○
氏名◯◯○○
アドレス

このような文章で送信を行います。

大学によっては研究室への訪問が可能な日を設けていることもあるので、自分のスケジュールと照らし合わせておきましょう。

メールはPCから送信する

大学の教授へメールを送る場合に確認すべきポイントをご紹介してきました。

メールを送る場合は基本的にPCから送付を行いましょう。

携帯やスマホから送信してしまうとアドレスによっては迷惑メール扱いとなることがあります。

また添付ファイルがある場合はPCの方が利便性が高いです。

教授が読みやすく失礼に当たらない文章であるかを確認してから送信を行いましょう。

 - PC, ライフハック, 勉強, 学校生活

ページ
上部へ