知っとく.com

ビジネスにも通じる!教授へメールを送る前に、確認すべきポイント

      2017/09/28

ビジネスにも通じる!教授へメールを送る前に、確認すべきポイント

大学生になると教授へ相談や質問を行う場面が出てきます。

その場合に送る教授へのメールの書き方をいま一度確認をしましょう。

教授にとって読みやすいメールを送ることで印象が変わりますよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


教授にメールを送る際には「件名」を確認しよう

教授へメールを送る時に確認すべきこと

「件名」

メールを送る際に忘れてしまいがちなのが「件名」です。

ここは忘れずに必ず記入をしなければいけない理由があります。

教授は毎日膨大な数のメールを受け取っているため、件名を記入しておかないとスパムメールと誤解をさせたり開封を後回しにされてしまいます。

一目でわかる件名を記入しておくことで教授の手を煩わすことはなく、さらに名前も記入しておくと安心して読んでもらえます。

件名の記入例はこのような感じで書きましょう。

「○○の授業について(○○学部〇年氏名)」

「【質問】明日のゼミについて」

件名に「はじめまして」「お願い」とだけ書いて送るのはやめましょう。

件名にはメールの内容が何か簡潔に記入し、長文にならないように注意をします。

教授とのやり取りを円滑に行う工夫をしましょう。

教授へ送信する前に!にメールの書き方を確認しよう

大学の教授へメールを送る場合、わかりやすい件名を書くことだけではなく読みやすくかつ簡潔に書くことが大切です。

メールの書き方を覚えておくと将来ビジネスシーンでも使えます。

件名から締めの文までの流れをしっかり掴んでおきましょう。

・メールの書き方

————————————-

件名:○○について(○○学部〇年氏名)

————————————-

宛名:○○先生

挨拶:お世話になっております。○○学部〇年○○と申します等。

内容:○○についてメールさせて頂きます。

締めの文:よろしくお願いいたします等。

署名:○○大学 ○○学部○○学科 学籍番号○○○○
氏名○○○○
Eメール○○○○@○○
携帯番号090-000-0000

————————————–

添付:添付ファイルなど

このような流れで書いて送信を行います。

挨拶や署名などを忘れずに記入しましょう。

メールを送る前に!教授に対して失礼に当たらないか次の確認を行う

・メールで指図をしてはいけない

教授にメールを送る場合は次の点に注意してください。

メールの最後に「返信をお待ちしております」「できれば〇日までに返信が頂ければありがたいです」と返信を急かすひと言を書いてはいけません。

そもそも目上の人に対して失礼に当たるのでやめましょう。

また「返信はしなくて結構です」とわざわざ添えることも不要です。

返信するかどうかは教授が決めることなので余計なひと言を書き添えるのは控えてください。

指図を思わせるようなことを書くと相手に悪印象を与えてしまいます。

・「~してください」はNG

メールでお願いごとを記入する場合に「~してください」と書いてしまうと教授に命令をすることになります。

正しくは「~していただけないでしょうか」「~していただけたら有難いです」などを使いましょう。

できるだけお願いするようなひと言を使うのは避けましょう。

・何が言いたいのか簡潔に伝える

教授に対して何が言いたいのかをまとめて伝えましょう。

1~2行だけの短文でも全く伝わらず、長過ぎても時間を取らせてしまいます。

何が言いたいのかわからずに教授から質問を受けてしまうようでは時間を取らせてしまうことになります。

質問がある場合は、今の時点でどこまで情報を得ているのか、何がわからないのかをハッキリと書きましょう。

また「お暇がありましたら」「暇な時間に」という表現は使ってはいけません。

教授は暇な時間などありません。

この場合は「ご都合の良い時間」と書き直しましょう。

・お礼のメールを送る

質問や要望に対して教授から返信をもらい解決をした場合はお礼のメールを送りましょう。

用が済んだからとそこでメールを途絶えさせてしまうのは失礼に当たります。

教授が大切な時間を使ってもらったことに対してのお礼や、無事にメールを受け取ったことへの意味も添えてお礼のメールを送るべきです。

教授とアポを取るためのメールの書き方

・教授とのアポの取り方

質問や相談をしたい場合は事前に教授へメールでその旨を書いて伝えておきましょう。

突然研究室を訪問することは避けてください。

まずはメールでアポを取ってから時間を作ってもらうことが大切です。

この場合に送るメールの内容は「〇日の〇時頃にお伺いしてもいいでしょうか?」と自分の都合から伝えるのではなく、まずは教授の都合のよい時間を聞いてください。

アポを取るためのメールの件名はこのように記入をしておくと分かりやすいです。

————————————-

件名:○○のお伺い

————————————-

宛名:◯◯先生

挨拶:突然のご連絡を失礼いたします。
◯年◯番の◯◯と申します。

◯◯についてお伺いしたいことがあり、ご連絡を差し上げております。

内容:お伺いしたい内容について。

締めの文:お忙しいところ申し訳ありませんが、ご検討よろしくお願い致します。

○○学部◯年◯番学生番号○○○○
氏名◯◯○○
アドレス

このような文章で送信を行います。

大学によっては研究室への訪問が可能な日を設けていることもあるので、自分のスケジュールと照らし合わせておきましょう。

メールはPCから送信する

大学の教授へメールを送る場合に確認すべきポイントをご紹介してきました。

メールを送る場合は基本的にPCから送付を行いましょう。

携帯やスマホから送信してしまうとアドレスによっては迷惑メール扱いとなることがあります。

また添付ファイルがある場合はPCの方が利便性が高いです。

教授が読みやすく失礼に当たらない文章であるかを確認してから送信を行いましょう。

 - PC, ライフハック, 勉強, 学校生活

ページ
上部へ