知っとく.com

子供が寝る時に靴下を履かせてはいけない理由

      2017/07/14

子供が寝る時に靴下を履かせてはいけない理由

子供が寝ている間に布団を蹴飛ばしてしまうと寝冷えが気になりますよね。

とくに寒い冬は足が冷えないために靴下を履かせるべきか…と悩むもの。

しかし子供が寝る時に靴下を履かせることはよくないとされています。

その理由についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


寒い夜でも子供が寝る時に靴下を履かせてはいけないの?

小さな子供が寝ている間に布団を蹴飛ばしてしまうことはよくあることですが、寒い冬の場合は寝冷えが気になってしまいます。

とくに足が出てしまうことが多いので靴下を履かせて寝かせる人も多いのではないでしょうか。

子供が寝る時に靴下を履かせることはよくないのでは?という意見も見られますが、風邪を引かせないために行ってはいけないのでしょうか。

靴下を履かせないほうがよいという理由についての意見をまとめていきます。

子供が寝る時に靴下を履かせないほうがいい理由

・血行が悪くなるから

靴下を履かせて寝かせることで血行が悪くなってしまいます。

足が冷えるからという理由で靴下を履かせると、ゴムが締め付けてしまい結果的に血の巡りが悪くなり手足が冷たくなってしまうのです。

体を締め付けることはよくないことなので、お子様を寝かせるときは靴下は履かせないほうがいいでしょう。

どうしても履かせたい場合はゴム口が緩いものを選んだ方がいいですね。

・汗をかいてしまう

寝ている間にコップ1杯の寝汗をかくと言われていますが、靴下を履いて寝ることでさらに汗の量が増えてしまいます。

子供は大人よりも体温が高いために汗の量は多くなります。

靴下を履いて寝ると足が蒸れてしまい湿気がこもります。

その湿気が足の熱を奪ってしまいます。

結局足が冷えてしまうことになるので、子供に靴下を履かせることは避けた方がいいでしょう。

履かせる必要がある場合は汗を吸い取る素材である天然素材の絹や木綿100%の靴下がおすすめです。

子供が寝る時には靴下ではなく「スリーパー」を使いましょう

子供が寝る時に靴下は履かせないほうがいいとは分かっていても、寝相が悪い子供がついつい心配になるものです。

寒い季節はどのような服装で寝かせるべきなのか、とても悩みますよね。

こんな時に活躍するのが「スリーパー」です。

体をサンドイッチのように挟んで包むスリーパーを使えば、布団を蹴飛ばしてしまった場合でも寝冷えから防ぐことができます。

また、おねしょに悩んでいるお子様にも活用ができます。

朝方の冷えがおねしょの原因となっていることが多いのでこの場合にもスリーパーを使ってみてはいかがでしょうか。

・スリーパーを使うコツ

足元をしっかり覆える長さがいいですね。

スリーパーにも種類がたくさんあり、寒い冬場に使いやすいダウンや綿毛素材のものもあります。

布団をかけてくれずに困っている場合はしっかりとスリーパーで包み込んで布団は軽くかける程度に収めて調整をします。

暑がりのお子様ならタオル素材のスリーパーがおすすめ。

スリーパーと布団の組み合わせを上手く使うことがコツです。

赤ちゃんの場合も体温が高いのでうまく体温調整を行いましょう。

おむつが蒸れやすくなるのでタオル素材の方がよいという意見もあります。

季節によって上手く使い分けましょう。

・足元をめくれないような工夫

足元を冷やさないためには布がめくれないようにスナップボタンをつけたり、紐で結び合わせられるようにするといいですね。

靴下を履かせてしまうと結局蒸れてしまい足が冷えてしまうので、このようなスリーパーを使いましょう。

子供がしもやけになった場合の寝かし方

もし子供がしもやけになってしまったらどうすべきなのかをご紹介します。

靴下を履かせたくなりますがそれ以外の方法を行ってみましょう。

・寝る寸前にお風呂で温まる

布団に入る前に湯船でしっかりと足と体を温めましょう。

血行をよくするにはお湯と水を交互にかけるます。

小さなお子様の場合なら湯船でしっかりと温まれば大丈夫です。

足まで温まったら布団に入って早めに寝かせましょう。

・それでも寒がる場合

お風呂に入っても寝る時になると足が冷たくなってしまって寒がるお子様には五本指の靴下を履かせてみましょう。

できるだけ締め付けないタイプのものを選び、足を温めて寝かせます。

寝付いてからそっと靴下を脱がせて様子を見ましょう。

・湯たんぽを布団に入れる

体が温かくても布団が冷たいと再び冷えてしまいます。

寝る前に湯たんぽを布団に入れておくと寝付きがよくなります。

ただ、湯たんぽが直接足に当たらないように注意をしましょう。

寝ている時の子供の手足が冷たい理由

寝ている赤ちゃんや子供の手足が冷たいと心配になるものですが、これは通常のことなので大丈夫です。

人間というのは寝ている間は体温が下がります。

いつも通りに寝ているのであれば問題はありません。

わざわざ靴下を履かせてしまうと汗をかいてしまい逆に足が冷えてしまいます。

裸足のまま寝かせる方が赤ちゃんや子供にとっては快適なので、見守っていきましょう。

 - ライフハック, 健康, 子育て

ページ
上部へ