知っとく.com

子供が寝る時に靴下を履かせてはいけない理由

      2017/07/14

子供が寝る時に靴下を履かせてはいけない理由

子供が寝ている間に布団を蹴飛ばしてしまうと寝冷えが気になりますよね。

とくに寒い冬は足が冷えないために靴下を履かせるべきか…と悩むもの。

しかし子供が寝る時に靴下を履かせることはよくないとされています。

その理由についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

クレジットカード番号を知られる危険性とフィッシング詐欺


ネットショッピングを頻繫に行う人はいま一度クレジ...

3dsでyoutubeを見せることの危険性と安全に使うための設定


子供に大人気のゲーム機であるニンテンドー3dsは...

子供が入院となったときに準備するべきもの

子供は突然体調が悪くなったり、大きな怪我をしてしまったり・・...

本音を言えないのは性格の問題だけじゃない!

自分を他人にありのままさらけ出したり、本音でぶつかり合ったり...

新生児の鼻が低いからって心配しないで!

赤ちゃんが元気で産まれてきてくれたらそれだけで幸せなことです...

ストレス発散に何かを破壊したい!

学校だったり、会社だったり、家にいるだけでもストレスって溜ま...

料理が苦手なママでも!とっても簡単に離乳食を作る方法


はじめての赤ちゃんが生まれた人にとって、これから...

髪をショートに!女性がばっさり切った時の周りの反応


女性が髪をばっさり切りたい時は「失恋したから」で...

肺に白い影?レントゲンで再検査となってしまう理由


健康診断の結果で「肺に白い影が見つかった」と書か...

肺のレントゲン検査で「空洞がある」場合に考えられる病気


「肺に空洞が見つかりました」と肺のレントゲン検査...

猫の尻尾を引っ張ると起きてしまう障害


右…左…と動く猫の尻尾は思わず触りたくなるほど可...

不動産登記の住所欄にはマンション名を書くのか省略すべきか


日常で記入する住所と不動産登記に記載する住所の書...

大学の研究室で行われることとは?文系大学の場合


文系大学の研究室では一体何が行われているのだろう...

車のエンジンをかけた時に起きる「ブルブル」という振動の原因


車のエンジンをかけた時に「ブルブルブル…」や「ガ...

骨折のパターン別によってかかる入院期間


思わず転倒をしてしまい骨折をしてしまうという不慮...

高校のテストを寝坊で休むとこうなるので注意して!


「もう終わりだ…」テスト当日にうっかり寝坊をして...

アメリカの生活になじむ服装と間違ったファッション


これからアメリカへ渡る予定がある人はどんな服装に...

アメリカ人の気になる生活習慣と家の中での過ごし方


アメリカのよくある生活習慣と言えば「土足で家の中...

アメリカのユニクロのサイズは日本人に合うのか試してみた


安くておしゃれなカジュアルウェア言えばユニクロで...

養育費請求調停の流れと必要な書類


何らかの理由で離婚をして子供をひとりで育てる場合...

スポンサーリンク


寒い夜でも子供が寝る時に靴下を履かせてはいけないの?

小さな子供が寝ている間に布団を蹴飛ばしてしまうことはよくあることですが、寒い冬の場合は寝冷えが気になってしまいます。

とくに足が出てしまうことが多いので靴下を履かせて寝かせる人も多いのではないでしょうか。

子供が寝る時に靴下を履かせることはよくないのでは?という意見も見られますが、風邪を引かせないために行ってはいけないのでしょうか。

靴下を履かせないほうがよいという理由についての意見をまとめていきます。

子供が寝る時に靴下を履かせないほうがいい理由

・血行が悪くなるから

靴下を履かせて寝かせることで血行が悪くなってしまいます。

足が冷えるからという理由で靴下を履かせると、ゴムが締め付けてしまい結果的に血の巡りが悪くなり手足が冷たくなってしまうのです。

体を締め付けることはよくないことなので、お子様を寝かせるときは靴下は履かせないほうがいいでしょう。

どうしても履かせたい場合はゴム口が緩いものを選んだ方がいいですね。

・汗をかいてしまう

寝ている間にコップ1杯の寝汗をかくと言われていますが、靴下を履いて寝ることでさらに汗の量が増えてしまいます。

子供は大人よりも体温が高いために汗の量は多くなります。

靴下を履いて寝ると足が蒸れてしまい湿気がこもります。

その湿気が足の熱を奪ってしまいます。

結局足が冷えてしまうことになるので、子供に靴下を履かせることは避けた方がいいでしょう。

履かせる必要がある場合は汗を吸い取る素材である天然素材の絹や木綿100%の靴下がおすすめです。

子供が寝る時には靴下ではなく「スリーパー」を使いましょう

子供が寝る時に靴下は履かせないほうがいいとは分かっていても、寝相が悪い子供がついつい心配になるものです。

寒い季節はどのような服装で寝かせるべきなのか、とても悩みますよね。

こんな時に活躍するのが「スリーパー」です。

体をサンドイッチのように挟んで包むスリーパーを使えば、布団を蹴飛ばしてしまった場合でも寝冷えから防ぐことができます。

また、おねしょに悩んでいるお子様にも活用ができます。

朝方の冷えがおねしょの原因となっていることが多いのでこの場合にもスリーパーを使ってみてはいかがでしょうか。

・スリーパーを使うコツ

足元をしっかり覆える長さがいいですね。

スリーパーにも種類がたくさんあり、寒い冬場に使いやすいダウンや綿毛素材のものもあります。

布団をかけてくれずに困っている場合はしっかりとスリーパーで包み込んで布団は軽くかける程度に収めて調整をします。

暑がりのお子様ならタオル素材のスリーパーがおすすめ。

スリーパーと布団の組み合わせを上手く使うことがコツです。

赤ちゃんの場合も体温が高いのでうまく体温調整を行いましょう。

おむつが蒸れやすくなるのでタオル素材の方がよいという意見もあります。

季節によって上手く使い分けましょう。

・足元をめくれないような工夫

足元を冷やさないためには布がめくれないようにスナップボタンをつけたり、紐で結び合わせられるようにするといいですね。

靴下を履かせてしまうと結局蒸れてしまい足が冷えてしまうので、このようなスリーパーを使いましょう。

子供がしもやけになった場合の寝かし方

もし子供がしもやけになってしまったらどうすべきなのかをご紹介します。

靴下を履かせたくなりますがそれ以外の方法を行ってみましょう。

・寝る寸前にお風呂で温まる

布団に入る前に湯船でしっかりと足と体を温めましょう。

血行をよくするにはお湯と水を交互にかけるます。

小さなお子様の場合なら湯船でしっかりと温まれば大丈夫です。

足まで温まったら布団に入って早めに寝かせましょう。

・それでも寒がる場合

お風呂に入っても寝る時になると足が冷たくなってしまって寒がるお子様には五本指の靴下を履かせてみましょう。

できるだけ締め付けないタイプのものを選び、足を温めて寝かせます。

寝付いてからそっと靴下を脱がせて様子を見ましょう。

・湯たんぽを布団に入れる

体が温かくても布団が冷たいと再び冷えてしまいます。

寝る前に湯たんぽを布団に入れておくと寝付きがよくなります。

ただ、湯たんぽが直接足に当たらないように注意をしましょう。

寝ている時の子供の手足が冷たい理由

寝ている赤ちゃんや子供の手足が冷たいと心配になるものですが、これは通常のことなので大丈夫です。

人間というのは寝ている間は体温が下がります。

いつも通りに寝ているのであれば問題はありません。

わざわざ靴下を履かせてしまうと汗をかいてしまい逆に足が冷えてしまいます。

裸足のまま寝かせる方が赤ちゃんや子供にとっては快適なので、見守っていきましょう。

 - ライフハック, 健康, 子育て

ページ
上部へ