知っとく.com

子供が寝る時に靴下を履かせてはいけない理由

      2017/09/28

子供が寝る時に靴下を履かせてはいけない理由

子供が寝ている間に布団を蹴飛ばしてしまうと寝冷えが気になりますよね。

とくに寒い冬は足が冷えないために靴下を履かせるべきか…と悩むもの。

しかし子供が寝る時に靴下を履かせることはよくないとされています。

その理由についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

スポンサーリンク


寒い夜でも子供が寝る時に靴下を履かせてはいけないの?

小さな子供が寝ている間に布団を蹴飛ばしてしまうことはよくあることですが、寒い冬の場合は寝冷えが気になってしまいます。

とくに足が出てしまうことが多いので靴下を履かせて寝かせる人も多いのではないでしょうか。

子供が寝る時に靴下を履かせることはよくないのでは?という意見も見られますが、風邪を引かせないために行ってはいけないのでしょうか。

靴下を履かせないほうがよいという理由についての意見をまとめていきます。

子供が寝る時に靴下を履かせないほうがいい理由

・血行が悪くなるから

靴下を履かせて寝かせることで血行が悪くなってしまいます。

足が冷えるからという理由で靴下を履かせると、ゴムが締め付けてしまい結果的に血の巡りが悪くなり手足が冷たくなってしまうのです。

体を締め付けることはよくないことなので、お子様を寝かせるときは靴下は履かせないほうがいいでしょう。

どうしても履かせたい場合はゴム口が緩いものを選んだ方がいいですね。

・汗をかいてしまう

寝ている間にコップ1杯の寝汗をかくと言われていますが、靴下を履いて寝ることでさらに汗の量が増えてしまいます。

子供は大人よりも体温が高いために汗の量は多くなります。

靴下を履いて寝ると足が蒸れてしまい湿気がこもります。

その湿気が足の熱を奪ってしまいます。

結局足が冷えてしまうことになるので、子供に靴下を履かせることは避けた方がいいでしょう。

履かせる必要がある場合は汗を吸い取る素材である天然素材の絹や木綿100%の靴下がおすすめです。

子供が寝る時には靴下ではなく「スリーパー」を使いましょう

子供が寝る時に靴下は履かせないほうがいいとは分かっていても、寝相が悪い子供がついつい心配になるものです。

寒い季節はどのような服装で寝かせるべきなのか、とても悩みますよね。

こんな時に活躍するのが「スリーパー」です。

体をサンドイッチのように挟んで包むスリーパーを使えば、布団を蹴飛ばしてしまった場合でも寝冷えから防ぐことができます。

また、おねしょに悩んでいるお子様にも活用ができます。

朝方の冷えがおねしょの原因となっていることが多いのでこの場合にもスリーパーを使ってみてはいかがでしょうか。

・スリーパーを使うコツ

足元をしっかり覆える長さがいいですね。

スリーパーにも種類がたくさんあり、寒い冬場に使いやすいダウンや綿毛素材のものもあります。

布団をかけてくれずに困っている場合はしっかりとスリーパーで包み込んで布団は軽くかける程度に収めて調整をします。

暑がりのお子様ならタオル素材のスリーパーがおすすめ。

スリーパーと布団の組み合わせを上手く使うことがコツです。

赤ちゃんの場合も体温が高いのでうまく体温調整を行いましょう。

おむつが蒸れやすくなるのでタオル素材の方がよいという意見もあります。

季節によって上手く使い分けましょう。

・足元をめくれないような工夫

足元を冷やさないためには布がめくれないようにスナップボタンをつけたり、紐で結び合わせられるようにするといいですね。

靴下を履かせてしまうと結局蒸れてしまい足が冷えてしまうので、このようなスリーパーを使いましょう。

子供がしもやけになった場合の寝かし方

もし子供がしもやけになってしまったらどうすべきなのかをご紹介します。

靴下を履かせたくなりますがそれ以外の方法を行ってみましょう。

・寝る寸前にお風呂で温まる

布団に入る前に湯船でしっかりと足と体を温めましょう。

血行をよくするにはお湯と水を交互にかけるます。

小さなお子様の場合なら湯船でしっかりと温まれば大丈夫です。

足まで温まったら布団に入って早めに寝かせましょう。

・それでも寒がる場合

お風呂に入っても寝る時になると足が冷たくなってしまって寒がるお子様には五本指の靴下を履かせてみましょう。

できるだけ締め付けないタイプのものを選び、足を温めて寝かせます。

寝付いてからそっと靴下を脱がせて様子を見ましょう。

・湯たんぽを布団に入れる

体が温かくても布団が冷たいと再び冷えてしまいます。

寝る前に湯たんぽを布団に入れておくと寝付きがよくなります。

ただ、湯たんぽが直接足に当たらないように注意をしましょう。

寝ている時の子供の手足が冷たい理由

寝ている赤ちゃんや子供の手足が冷たいと心配になるものですが、これは通常のことなので大丈夫です。

人間というのは寝ている間は体温が下がります。

いつも通りに寝ているのであれば問題はありません。

わざわざ靴下を履かせてしまうと汗をかいてしまい逆に足が冷えてしまいます。

裸足のまま寝かせる方が赤ちゃんや子供にとっては快適なので、見守っていきましょう。

 - ライフハック, 健康, 子育て

ページ
上部へ