知っとく.com

あなたはどう?中学生女子が苦手な体育を乗り切る方法

   

あなたはどう?中学生女子が苦手な体育を乗り切る方法

「体育だけはやりたくない」と感じる女子はとても多く、とくに中学生女子はそう感じるようです。

その理由や苦手な体育の種目ベスト10などをご紹介します。

何とか体育を乗り切る心の切り替え方もぜひ試してみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


体育が苦手な中学生女子はとても多い

得意な授業や不得意な授業は人それぞれ違い、数学が得意な人もいれば音楽が得意な人もいます。

よく見られる意見としては「体育が苦手」だということ。

体を動かすことが好きな人にとっては感じたことはないかも知れませんが、苦手な人にとってはとてもつらい授業です。

小学生のころはそうでもなかったのに中学生になってからどんどん苦手になった…という人も多いようです。

年齢が上がるにつれて体型が変わっていくことも原因となり、男子と一緒に行うことも嫌だという意見も見られます。

体育以外の授業は大丈夫だけど、これだけはどうしても嫌だ…。

そんな中学生の女子がとくに嫌いな体育の授業や今後どうしたらいいのかについて提案をしていきます。

何とか乗り切るためにはどうしたらいいでしょうか。

少しでも参考になればと思います。

中学生女子が苦手な体育の種目ベスト10

中学生女子が苦手な体育の種目ランキングを発表します!

あなたが嫌いな種目も入っているでしょうか?

1位…持久走

2位…水泳

3位…マラソン

4位…鉄棒

5位…マット運動

6位…跳び箱

7位…器械体操

8位…ドッジボール

9位…創作ダンス

10位…バスケットボール

このような結果となっています。

「そうそう!」「わかる」と共感する種目があるかと思いますが、とくに長距離を走ることや水泳は本当に嫌だと感じている人が多いようです。

あとは体操系の種目がランクインしていますが、その内容の難しさが大きな理由となっています。

できる人とできない人の差がはっきりと出てしまう種目はできる限りやりたくないですよね。

球技の種目に対しても苦手意識が強い人が多いです。

球技の部活に入っている人との力の差が出てしまうのも嫌になる原因ですね。

体育が苦手な中学生女子へ!乗り切る心の切り替え方

体育が苦手だと言ってもやらなくちゃいけないのが辛いところ。

サボってしまいたいけどそれでは成績が下がってしまいます。

じゃあどうしたらいいの!?という人へ。

体育が苦手な中学生女子が何とか乗り切る気持ちの切り替え方法をご紹介していきます。

・「体育ができないのには意味がある!」と考える。

私は体育ができない分人の痛みがよくわかる人間なんだ、なんて考えてみましょう。

体育ができなくてもほかに得意なことがあるからいいじゃないか。

その分違う勉強を頑張ればいいんだ!と強く考えましょう。

体育が苦手なのは自分ひとりではありません。

バレーボールが得意な女子でも泳げない人だっているんです。

体育の授業を頑張ったらご褒美に美味しいおやつを食べましょう。

恥ずかしい思いをした分自分を甘やかせてあげましょう!

体育が嫌いな理由に「体操服が嫌」

体育が好きか嫌いかどうか?について全国に中学生の男女に質問をしてみると次のような結果となっています。

「とても好き」…20.0%

「まあまあ好き」…35.4%

「やや嫌い」…19.8%

「嫌い」…9.7%

全体のおよそ半数が「好き」と回答しており約3割が「嫌い」だという傾向にあることがわかります。

「やや嫌い」「嫌い」と答えた人の半数以上が女子中学生となっており、男子との差が目立つ結果となっています。

体育の授業が好きな理由は「体を動かすのが好きだから」に対して、嫌いな人の意見は「運動全般が苦手」「体操服が嫌」「着替えるのが面倒くさい」という内容が見られます。

体育の内容だけではなく体操服への不満を訴える人もいるようです。

中学生女子の場合は自分の体型の変化を意識してしまうことも要因の一つです。

男子と一緒に行うことが嫌だという意見も多く見られるのも特徴です。

体育が苦手だからあらゆる手を使ってでもサボりたいという人もいるようですが、この場合は先生へ相談を行ってみることも大切です。

女子高の体育祭はガチである

体育が苦手な女子の理由として「男子と一緒だから嫌だ」という意見があります。

それならば女子高の実態をご紹介しましょう。

これを読んで「女子だけがいい」と思うのであれば女子高への進学を目指してみてはいかがでしょうか。

・男子がいない体育祭はガチである

女子高の体育祭は和気あいあいとしたイメージがあるけど実態は全く違うもの。

可愛い子ぶる必要がないためみんなガチで勝負をします。

男子の目がないというだけで本性むき出しで全力で戦います。

体育祭になると女子の本性がわかるでしょう。

・自分のことは自分でやるようになる

男子がいると重いものを持ってもらったり、力作業は優先的にやってもらうができます。

女子高はそういったことが一切できなくなります。

これによって誰の手を借りることなく「自分のことは自分でやる」ということが身に付きます。

これでも男子がいない学校を選びたいと思うのであれば、女子高を選択してみてはいかがでしょうか。

 - ライフハック, 子育て, 学校生活

ページ
上部へ