知っとく.com

あなたはどう?中学生女子が苦手な体育を乗り切る方法

      2017/09/28

あなたはどう?中学生女子が苦手な体育を乗り切る方法

「体育だけはやりたくない」と感じる女子はとても多く、とくに中学生女子はそう感じるようです。

その理由や苦手な体育の種目ベスト10などをご紹介します。

何とか体育を乗り切る心の切り替え方もぜひ試してみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


体育が苦手な中学生女子はとても多い

得意な授業や不得意な授業は人それぞれ違い、数学が得意な人もいれば音楽が得意な人もいます。

よく見られる意見としては「体育が苦手」だということ。

体を動かすことが好きな人にとっては感じたことはないかも知れませんが、苦手な人にとってはとてもつらい授業です。

小学生のころはそうでもなかったのに中学生になってからどんどん苦手になった…という人も多いようです。

年齢が上がるにつれて体型が変わっていくことも原因となり、男子と一緒に行うことも嫌だという意見も見られます。

体育以外の授業は大丈夫だけど、これだけはどうしても嫌だ…。

そんな中学生の女子がとくに嫌いな体育の授業や今後どうしたらいいのかについて提案をしていきます。

何とか乗り切るためにはどうしたらいいでしょうか。

少しでも参考になればと思います。

中学生女子が苦手な体育の種目ベスト10

中学生女子が苦手な体育の種目ランキングを発表します!

あなたが嫌いな種目も入っているでしょうか?

1位…持久走

2位…水泳

3位…マラソン

4位…鉄棒

5位…マット運動

6位…跳び箱

7位…器械体操

8位…ドッジボール

9位…創作ダンス

10位…バスケットボール

このような結果となっています。

「そうそう!」「わかる」と共感する種目があるかと思いますが、とくに長距離を走ることや水泳は本当に嫌だと感じている人が多いようです。

あとは体操系の種目がランクインしていますが、その内容の難しさが大きな理由となっています。

できる人とできない人の差がはっきりと出てしまう種目はできる限りやりたくないですよね。

球技の種目に対しても苦手意識が強い人が多いです。

球技の部活に入っている人との力の差が出てしまうのも嫌になる原因ですね。

体育が苦手な中学生女子へ!乗り切る心の切り替え方

体育が苦手だと言ってもやらなくちゃいけないのが辛いところ。

サボってしまいたいけどそれでは成績が下がってしまいます。

じゃあどうしたらいいの!?という人へ。

体育が苦手な中学生女子が何とか乗り切る気持ちの切り替え方法をご紹介していきます。

・「体育ができないのには意味がある!」と考える。

私は体育ができない分人の痛みがよくわかる人間なんだ、なんて考えてみましょう。

体育ができなくてもほかに得意なことがあるからいいじゃないか。

その分違う勉強を頑張ればいいんだ!と強く考えましょう。

体育が苦手なのは自分ひとりではありません。

バレーボールが得意な女子でも泳げない人だっているんです。

体育の授業を頑張ったらご褒美に美味しいおやつを食べましょう。

恥ずかしい思いをした分自分を甘やかせてあげましょう!

体育が嫌いな理由に「体操服が嫌」

体育が好きか嫌いかどうか?について全国に中学生の男女に質問をしてみると次のような結果となっています。

「とても好き」…20.0%

「まあまあ好き」…35.4%

「やや嫌い」…19.8%

「嫌い」…9.7%

全体のおよそ半数が「好き」と回答しており約3割が「嫌い」だという傾向にあることがわかります。

「やや嫌い」「嫌い」と答えた人の半数以上が女子中学生となっており、男子との差が目立つ結果となっています。

体育の授業が好きな理由は「体を動かすのが好きだから」に対して、嫌いな人の意見は「運動全般が苦手」「体操服が嫌」「着替えるのが面倒くさい」という内容が見られます。

体育の内容だけではなく体操服への不満を訴える人もいるようです。

中学生女子の場合は自分の体型の変化を意識してしまうことも要因の一つです。

男子と一緒に行うことが嫌だという意見も多く見られるのも特徴です。

体育が苦手だからあらゆる手を使ってでもサボりたいという人もいるようですが、この場合は先生へ相談を行ってみることも大切です。

女子高の体育祭はガチである

体育が苦手な女子の理由として「男子と一緒だから嫌だ」という意見があります。

それならば女子高の実態をご紹介しましょう。

これを読んで「女子だけがいい」と思うのであれば女子高への進学を目指してみてはいかがでしょうか。

・男子がいない体育祭はガチである

女子高の体育祭は和気あいあいとしたイメージがあるけど実態は全く違うもの。

可愛い子ぶる必要がないためみんなガチで勝負をします。

男子の目がないというだけで本性むき出しで全力で戦います。

体育祭になると女子の本性がわかるでしょう。

・自分のことは自分でやるようになる

男子がいると重いものを持ってもらったり、力作業は優先的にやってもらうができます。

女子高はそういったことが一切できなくなります。

これによって誰の手を借りることなく「自分のことは自分でやる」ということが身に付きます。

これでも男子がいない学校を選びたいと思うのであれば、女子高を選択してみてはいかがでしょうか。

 - ライフハック, 子育て, 学校生活

ページ
上部へ