知っとく.com

あなたはどう?中学生女子が苦手な体育を乗り切る方法

   

あなたはどう?中学生女子が苦手な体育を乗り切る方法

「体育だけはやりたくない」と感じる女子はとても多く、とくに中学生女子はそう感じるようです。

その理由や苦手な体育の種目ベスト10などをご紹介します。

何とか体育を乗り切る心の切り替え方もぜひ試してみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

クレジットカード番号を知られる危険性とフィッシング詐欺


ネットショッピングを頻繫に行う人はいま一度クレジ...

3dsでyoutubeを見せることの危険性と安全に使うための設定


子供に大人気のゲーム機であるニンテンドー3dsは...

子供が入院となったときに準備するべきもの

子供は突然体調が悪くなったり、大きな怪我をしてしまったり・・...

本音を言えないのは性格の問題だけじゃない!

自分を他人にありのままさらけ出したり、本音でぶつかり合ったり...

新生児の鼻が低いからって心配しないで!

赤ちゃんが元気で産まれてきてくれたらそれだけで幸せなことです...

ストレス発散に何かを破壊したい!

学校だったり、会社だったり、家にいるだけでもストレスって溜ま...

料理が苦手なママでも!とっても簡単に離乳食を作る方法


はじめての赤ちゃんが生まれた人にとって、これから...

髪をショートに!女性がばっさり切った時の周りの反応


女性が髪をばっさり切りたい時は「失恋したから」で...

肺に白い影?レントゲンで再検査となってしまう理由


健康診断の結果で「肺に白い影が見つかった」と書か...

肺のレントゲン検査で「空洞がある」場合に考えられる病気


「肺に空洞が見つかりました」と肺のレントゲン検査...

猫の尻尾を引っ張ると起きてしまう障害


右…左…と動く猫の尻尾は思わず触りたくなるほど可...

不動産登記の住所欄にはマンション名を書くのか省略すべきか


日常で記入する住所と不動産登記に記載する住所の書...

大学の研究室で行われることとは?文系大学の場合


文系大学の研究室では一体何が行われているのだろう...

車のエンジンをかけた時に起きる「ブルブル」という振動の原因


車のエンジンをかけた時に「ブルブルブル…」や「ガ...

骨折のパターン別によってかかる入院期間


思わず転倒をしてしまい骨折をしてしまうという不慮...

高校のテストを寝坊で休むとこうなるので注意して!


「もう終わりだ…」テスト当日にうっかり寝坊をして...

アメリカの生活になじむ服装と間違ったファッション


これからアメリカへ渡る予定がある人はどんな服装に...

アメリカ人の気になる生活習慣と家の中での過ごし方


アメリカのよくある生活習慣と言えば「土足で家の中...

アメリカのユニクロのサイズは日本人に合うのか試してみた


安くておしゃれなカジュアルウェア言えばユニクロで...

養育費請求調停の流れと必要な書類


何らかの理由で離婚をして子供をひとりで育てる場合...

スポンサーリンク


体育が苦手な中学生女子はとても多い

得意な授業や不得意な授業は人それぞれ違い、数学が得意な人もいれば音楽が得意な人もいます。

よく見られる意見としては「体育が苦手」だということ。

体を動かすことが好きな人にとっては感じたことはないかも知れませんが、苦手な人にとってはとてもつらい授業です。

小学生のころはそうでもなかったのに中学生になってからどんどん苦手になった…という人も多いようです。

年齢が上がるにつれて体型が変わっていくことも原因となり、男子と一緒に行うことも嫌だという意見も見られます。

体育以外の授業は大丈夫だけど、これだけはどうしても嫌だ…。

そんな中学生の女子がとくに嫌いな体育の授業や今後どうしたらいいのかについて提案をしていきます。

何とか乗り切るためにはどうしたらいいでしょうか。

少しでも参考になればと思います。

中学生女子が苦手な体育の種目ベスト10

中学生女子が苦手な体育の種目ランキングを発表します!

あなたが嫌いな種目も入っているでしょうか?

1位…持久走

2位…水泳

3位…マラソン

4位…鉄棒

5位…マット運動

6位…跳び箱

7位…器械体操

8位…ドッジボール

9位…創作ダンス

10位…バスケットボール

このような結果となっています。

「そうそう!」「わかる」と共感する種目があるかと思いますが、とくに長距離を走ることや水泳は本当に嫌だと感じている人が多いようです。

あとは体操系の種目がランクインしていますが、その内容の難しさが大きな理由となっています。

できる人とできない人の差がはっきりと出てしまう種目はできる限りやりたくないですよね。

球技の種目に対しても苦手意識が強い人が多いです。

球技の部活に入っている人との力の差が出てしまうのも嫌になる原因ですね。

体育が苦手な中学生女子へ!乗り切る心の切り替え方

体育が苦手だと言ってもやらなくちゃいけないのが辛いところ。

サボってしまいたいけどそれでは成績が下がってしまいます。

じゃあどうしたらいいの!?という人へ。

体育が苦手な中学生女子が何とか乗り切る気持ちの切り替え方法をご紹介していきます。

・「体育ができないのには意味がある!」と考える。

私は体育ができない分人の痛みがよくわかる人間なんだ、なんて考えてみましょう。

体育ができなくてもほかに得意なことがあるからいいじゃないか。

その分違う勉強を頑張ればいいんだ!と強く考えましょう。

体育が苦手なのは自分ひとりではありません。

バレーボールが得意な女子でも泳げない人だっているんです。

体育の授業を頑張ったらご褒美に美味しいおやつを食べましょう。

恥ずかしい思いをした分自分を甘やかせてあげましょう!

体育が嫌いな理由に「体操服が嫌」

体育が好きか嫌いかどうか?について全国に中学生の男女に質問をしてみると次のような結果となっています。

「とても好き」…20.0%

「まあまあ好き」…35.4%

「やや嫌い」…19.8%

「嫌い」…9.7%

全体のおよそ半数が「好き」と回答しており約3割が「嫌い」だという傾向にあることがわかります。

「やや嫌い」「嫌い」と答えた人の半数以上が女子中学生となっており、男子との差が目立つ結果となっています。

体育の授業が好きな理由は「体を動かすのが好きだから」に対して、嫌いな人の意見は「運動全般が苦手」「体操服が嫌」「着替えるのが面倒くさい」という内容が見られます。

体育の内容だけではなく体操服への不満を訴える人もいるようです。

中学生女子の場合は自分の体型の変化を意識してしまうことも要因の一つです。

男子と一緒に行うことが嫌だという意見も多く見られるのも特徴です。

体育が苦手だからあらゆる手を使ってでもサボりたいという人もいるようですが、この場合は先生へ相談を行ってみることも大切です。

女子高の体育祭はガチである

体育が苦手な女子の理由として「男子と一緒だから嫌だ」という意見があります。

それならば女子高の実態をご紹介しましょう。

これを読んで「女子だけがいい」と思うのであれば女子高への進学を目指してみてはいかがでしょうか。

・男子がいない体育祭はガチである

女子高の体育祭は和気あいあいとしたイメージがあるけど実態は全く違うもの。

可愛い子ぶる必要がないためみんなガチで勝負をします。

男子の目がないというだけで本性むき出しで全力で戦います。

体育祭になると女子の本性がわかるでしょう。

・自分のことは自分でやるようになる

男子がいると重いものを持ってもらったり、力作業は優先的にやってもらうができます。

女子高はそういったことが一切できなくなります。

これによって誰の手を借りることなく「自分のことは自分でやる」ということが身に付きます。

これでも男子がいない学校を選びたいと思うのであれば、女子高を選択してみてはいかがでしょうか。

 - ライフハック, 子育て, 学校生活

ページ
上部へ