知っとく.com

アメリカの生活になじむ服装と間違ったファッション

      2017/09/28

アメリカの生活になじむ服装と間違ったファッション

これからアメリカへ渡る予定がある人はどんな服装にすべきかを考えるべきです。

日本で流行っているファッションをそのまま着てしまうと悪目立ちをする可能性がありますよ。

アメリカで生活をするならどんなファッションがおすすめなのか、その実態について迫ってみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


アメリカのLAで生活をするならカジュアルな服装で

アメリカ人のファッションというものは具体的にイメージできないものの「オシャレである」としか言えないものです。

これから留学や旅行、国際結婚をして渡米する人はいざとなるとどんな服装で過ごしたらいいのかわからないですよね。

日本人がオシャレだと思うファッションをしても場所によっては観光客としてバレバレになってしまい、さらにはスリなどに狙われてしまうとか。

たとえばLAの場合ならどちらかというとカジュアルなファッションがいいようです。

ブランドのバッグは持たないようにし、デニムファッションを主体にしましょう。

普段からカジュアルファッションをしている人はいいですが、そうでない人は慣れるまで難しいですね。

なんだかだらしな格好になってしまいそうで不安…そんな方におすすめなのがこれ。

フレンチカジュアルを目指してみましょう。

カットソーにコットンパンツならカジュアルだけどシンプルであり、上品にも見えます。

より街中に溶け込みたいという人はスポーツテイストもおすすめです。

アメリカの西海岸での生活ではフェミニンな服装は浮いてしまう

日本で流行っているファッションをそのままアメリカで着てしまうとかなり浮いてしまうとか。

コンサバ系のようなお姉さんファッションがとくに浮いてしまう場所があり、アメリカの西海岸では全く馴染めません。

フェミニン過ぎるファッションはとても奇抜にも思われるようで、ヘアスタイルもメイクも合わないようです。

厚いメイクや巻き髪もそこではウケないどころか、珍しがられてしまいます。

カジュアルが主流となっている州ではスカートよりもデニムの方がいいようです。

履くのであればカジュアルなものやスポーツテイストの方がいいですね。

渡米をして浮いてしまわないためには、その地域のリアルなファッションをあらかじめ勉強しておきましょう。

あとは現地で売られている洋服を揃えていけば馴染めるのではないでしょうか。

アメリカで生活してわかった「リアルな服装」

実際にアメリカへ渡ってみてそのファッションセンスに驚く人は多いです。

州や地域によっても違いはありますが、日本のようなファッションとは全く違うという意見が多数。

どこか懐かしさを感じる80年代コンサバのようなファッションだったり、似たような洋服ばかりが売られている、と言う人もいます。

気の利いたデザインや色や形を望む場合は高いブランドを買うしかないとか。

日本なら安くファッションを楽しむことができますが、アメリカだとかなり違うようですね。

少し田舎の方へ行くと思わず「パジャマじゃないのか?」と思うような服を着ている人がウロウロ。

アメリカのドラマで見た奇抜なファッションは本当に存在しており、いまだに健在だということです。

アメリカの「スーパーマーケット」で安く洋服を手に入れよう

これからアメリカへ留学する人は持って行く物に頭を悩ませるでしょう。

とくに洋服はかさばるのでできる限り量を抑えた方がいいですね。

しかし、アメリカへ行って自分が望む洋服が買えるのかどうかも不安だと思います。

アメリカで服を買うとすると「スーパーマーケット」か「専門店」のどちらけは行きます。

専門店はそれなりのブランド店や古着屋のことを指しますが、スーパーマーケットは普段着るような服が売られています。

安くたくさん買いたいのであればスーパーマーケットがおすすめ。

1着1,000円台から買うことができますよ。

専門店での値段は日本と同じくらいの価格帯です。

合うサイズの服がなかったら「子供向け」のものを選んでみよう

日本とアメリカのファッションは大きく違いますが、違うのはそれだけではありません。

それは「サイズ」も大きく異なります。

体型の違いは想像するとすぐにわかりますが、アメリカで洋服を買おうとすると自分に合うサイズがなかなか見つかりません。

基本的な袖や着丈が長かったりするので全てが大きく感じてしまいます。

こんな時は子供向けのサイズを選んでみましょう。

意外と肩幅や着丈が合うものが見つかるものです。

気を付けたいのが買う前に必ず試着をすること。

店員さんに「Can I try this on?」と聞いてから着てみてくださいね。

自分に合うものが見つかったらそのブランドで色々選んでいくとバリエーションを加えることができます。

これからアメリカへ行く人はファッションの違いに驚くかと思いますが、できるだけ目立つようなテイストは避けた方がいいようです。

いかにも観光客とバレてしまうと犯罪に巻き込まれることがあるのでご注意ください。

 - ファッション, ライフハック, 国際

ページ
上部へ