知っとく.com

アメリカの生活になじむ服装と間違ったファッション

   

アメリカの生活になじむ服装と間違ったファッション

これからアメリカへ渡る予定がある人はどんな服装にすべきかを考えるべきです。

日本で流行っているファッションをそのまま着てしまうと悪目立ちをする可能性がありますよ。

アメリカで生活をするならどんなファッションがおすすめなのか、その実態について迫ってみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


アメリカのLAで生活をするならカジュアルな服装で

アメリカ人のファッションというものは具体的にイメージできないものの「オシャレである」としか言えないものです。

これから留学や旅行、国際結婚をして渡米する人はいざとなるとどんな服装で過ごしたらいいのかわからないですよね。

日本人がオシャレだと思うファッションをしても場所によっては観光客としてバレバレになってしまい、さらにはスリなどに狙われてしまうとか。

たとえばLAの場合ならどちらかというとカジュアルなファッションがいいようです。

ブランドのバッグは持たないようにし、デニムファッションを主体にしましょう。

普段からカジュアルファッションをしている人はいいですが、そうでない人は慣れるまで難しいですね。

なんだかだらしな格好になってしまいそうで不安…そんな方におすすめなのがこれ。

フレンチカジュアルを目指してみましょう。

カットソーにコットンパンツならカジュアルだけどシンプルであり、上品にも見えます。

より街中に溶け込みたいという人はスポーツテイストもおすすめです。

アメリカの西海岸での生活ではフェミニンな服装は浮いてしまう

日本で流行っているファッションをそのままアメリカで着てしまうとかなり浮いてしまうとか。

コンサバ系のようなお姉さんファッションがとくに浮いてしまう場所があり、アメリカの西海岸では全く馴染めません。

フェミニン過ぎるファッションはとても奇抜にも思われるようで、ヘアスタイルもメイクも合わないようです。

厚いメイクや巻き髪もそこではウケないどころか、珍しがられてしまいます。

カジュアルが主流となっている州ではスカートよりもデニムの方がいいようです。

履くのであればカジュアルなものやスポーツテイストの方がいいですね。

渡米をして浮いてしまわないためには、その地域のリアルなファッションをあらかじめ勉強しておきましょう。

あとは現地で売られている洋服を揃えていけば馴染めるのではないでしょうか。

アメリカで生活してわかった「リアルな服装」

実際にアメリカへ渡ってみてそのファッションセンスに驚く人は多いです。

州や地域によっても違いはありますが、日本のようなファッションとは全く違うという意見が多数。

どこか懐かしさを感じる80年代コンサバのようなファッションだったり、似たような洋服ばかりが売られている、と言う人もいます。

気の利いたデザインや色や形を望む場合は高いブランドを買うしかないとか。

日本なら安くファッションを楽しむことができますが、アメリカだとかなり違うようですね。

少し田舎の方へ行くと思わず「パジャマじゃないのか?」と思うような服を着ている人がウロウロ。

アメリカのドラマで見た奇抜なファッションは本当に存在しており、いまだに健在だということです。

アメリカの「スーパーマーケット」で安く洋服を手に入れよう

これからアメリカへ留学する人は持って行く物に頭を悩ませるでしょう。

とくに洋服はかさばるのでできる限り量を抑えた方がいいですね。

しかし、アメリカへ行って自分が望む洋服が買えるのかどうかも不安だと思います。

アメリカで服を買うとすると「スーパーマーケット」か「専門店」のどちらけは行きます。

専門店はそれなりのブランド店や古着屋のことを指しますが、スーパーマーケットは普段着るような服が売られています。

安くたくさん買いたいのであればスーパーマーケットがおすすめ。

1着1,000円台から買うことができますよ。

専門店での値段は日本と同じくらいの価格帯です。

合うサイズの服がなかったら「子供向け」のものを選んでみよう

日本とアメリカのファッションは大きく違いますが、違うのはそれだけではありません。

それは「サイズ」も大きく異なります。

体型の違いは想像するとすぐにわかりますが、アメリカで洋服を買おうとすると自分に合うサイズがなかなか見つかりません。

基本的な袖や着丈が長かったりするので全てが大きく感じてしまいます。

こんな時は子供向けのサイズを選んでみましょう。

意外と肩幅や着丈が合うものが見つかるものです。

気を付けたいのが買う前に必ず試着をすること。

店員さんに「Can I try this on?」と聞いてから着てみてくださいね。

自分に合うものが見つかったらそのブランドで色々選んでいくとバリエーションを加えることができます。

これからアメリカへ行く人はファッションの違いに驚くかと思いますが、できるだけ目立つようなテイストは避けた方がいいようです。

いかにも観光客とバレてしまうと犯罪に巻き込まれることがあるのでご注意ください。

 - ファッション, ライフハック, 国際

ページ
上部へ