知っとく.com

骨折のパターン別によってかかる入院期間

      2017/09/28

骨折のパターン別によってかかる入院期間

思わず転倒をしてしまい骨折をしてしまうという不慮の事故は誰しも起きるものです。

しかし軽い骨折ではなく重症な骨折の場合は入院をして治療を行わなければなりません。

この場合の入院期間はどのくらいかかるものなのか、骨折のパターンや症状別にまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


骨折による影響や治療や入院期間について

不慮の事故により骨折をしてしまった場合、治療にはどのくらいの期間を要し入院をするならどのくらいの日数になるのかをご紹介していきます。

まず骨折というものは骨にひびが入ったり骨が折れた状態のことを指します。

骨折をしてしまうと周辺組織の損傷も伴うため色々な症状が出ます。

・痛みと腫れ

・神経や血管と筋肉への影響

・重症の場合は内蔵への障害

骨だけではなくこのような影響を及ぼしてしまいます。

骨折を診断するにはX線検査を使い、症状によってはCT検査やMRI検査を行うこともあります。

・骨折の治療方法

軽度であれば行動制限を行い、症状の重度によりギブスの使用や手術を行うことがあります。

骨折した部位や重度によって治療方法はさまざまであり、小さなひび割れ程度であれば経過観察を行うのみです。

重度の例としては骨盤骨折というものがあり、これは骨折と同時に周辺組織への深刻な損傷を与えます。

・骨折の主な原因

基本的には外傷によって骨折を起こしてしまいます。

転倒やスポーツ時に骨折をしてしまうことはよくあります。

重症となりやすいのが自動車事故で起きる大きな衝突や建物からの落下などの外傷です。

骨折の症状別による治療期間と入院期間

骨折の症状別による治療期間や入院が必要となる場合についてまとめていきます。

部位や年齢によって大きく異なるため目安のひとつとして参考にしてください。

・亀裂程度の骨折

骨にひびが入った程度の骨折であれば2~5週間程度の期間です。

外観からはわからずにレントゲン撮影によって発見できるのが特徴です。

・骨が2つ以上に折れた場合

外観が明らかに変形してしまった場合の治療期間は部位によって大きく異なります。

手指なら2週間程度となりますが肋骨であれば3週間以上、足の骨であれば8週間以上と期間は長くなっていきます。

重度であればさらに長くなるでしょう。

・複雑骨折の場合

骨折した骨が粉砕してしまった場合は手術を行って金属プレートなどを埋め込んで治療を行います。

さらに骨が皮膚を突き破ってしまった場合は高度治療が必要となります。

この場合もその部位や重度によって入院期間が大きく異なり、さらにリハビリ期間を要します。

骨折した回復するまでの入院期間と骨を強くする日光浴

骨折してしまった骨はなぜ自然にくっ付くのでしょうか。

骨の中には細胞が生きており、たとえ骨折をしても自然治癒力を発揮することができます。

ただし早く回復を望むのであれば骨がくっ付きやすくなる状態にするべきです。

ギブスというものは骨折した部位をしっかりと固定するものです。

グラグラしてしまっては治癒が遅れてしまうので注意をしましょう。

軽度のひび割れや骨折であればズレが小さいために元に戻りやすいです。

骨に元気な細胞が多ければ早期回復を目指せます。

このためには骨折部をしっかりと固定をしてその周辺の関節や筋肉はできるだけ動した方がよく、安静し過ぎてもよくありません。

もし入院をしてしまった場合は入院期間はしっかりと骨がくっ付くまで安静にし、リハビリが始まったら積極的に行うことで早期回復が望めます。

骨折には日光浴が良いとも言われカルシウムを吸収するためのビタミンDを作ることができます。

丈夫な骨作りのために外を散歩をするのも大切ですね。

骨折により1か月以上入院する場合は重症レベル

重大な事故により骨折をしてしまった場合、骨以外の損傷がどの程度かによって入院期間は変わります。

退院をしたとしてもリハビリを行う場合はその期間がどのくらい必要なのか、これもその人それぞれ違いが出てきます。

一般的に骨折による入院が1か月以上続く場合は重症レベルだと言えるでしょう。

腕や鎖骨などの部位を骨折しても比較的回復は早いです。

しかし足や頭蓋骨を複雑骨折してしまった場合は1か月以上の入院を覚悟しなくてはいけません。

症状によってはボルトを埋めて補強をする手術を行います。

この手術をした場合は骨が回復した後にボルトを取り出さなくてはなりません。

このため再入院をして手術を受けることになります。

骨折は部位によって完治までの期間が大きく異なる

このように骨折をするとどのくらいで回復するのかはその部位と症状によって大きく異なることがわかりました。

入院を要する場合でもその期間は変わります。

たとえば大腿骨の骨折によって手術をして入院をした場合なら入院期間はおよそ2週間~1か月程度でしょう。

手術から3日ほど経つと車いす移動を行うようになり、さらに2~3週間後からは杖などを使った歩行訓練が始まります。

その後リハビリを続け2週間~程度で退院となります。

この場合の治療期間は4か月~半年ほどかかり、完治まではさらに期間を要します。

重大な骨折ほど治療期間は長く、後遺症も気になってきます。

できるだけ不慮の事故が起こらないように日常的に注意をして生活を送るべきですね。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ