知っとく.com

骨折のパターン別によってかかる入院期間

      2017/09/28

思わず転倒をしてしまい骨折をしてしまうという不慮の事故は誰しも起きるものです。

しかし軽い骨折ではなく重症な骨折の場合は入院をして治療を行わなければなりません。

この場合の入院期間はどのくらいかかるものなのか、骨折のパターンや症状別にまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
友達に誘われた映画を見たくないと思ったときの対処法

友達からあまり見たくない映画に誘われたらどうしますか? <...

no image
これでスッキリ!メールを無視する友人の気持ちや対処法

友人にメールを送っても全く返信がなくて心配になったことってあ...

no image
大学院生なら結婚時期が遅れる?メリット・デメリットを考える!

大学だけでなく、大学院に進んで勉強をしたい!
...

no image
夫はスマホばかり・・ストレスが溜まる前の対処法はこれ!

夫にストレスを感じている妻は決して少なくありません。

no image
【抱負の例文】作文の課題のポイントを抑えて大学に合格する!


大学入試の際に「抱負を作文に書け」という課題が出...

no image
喧嘩したら無視されてしまった!友達と仲直りする方法

友達と喧嘩してしまうことってありますよね。
...

no image
【ママ必見!】魚が好きじゃない子どもに食べさせるコツ教えます!

魚を食べることが体に良いということは分かっているけれど、子ど...

no image
【学校の友達が合わない】と悩んでいるあなたに伝えたいポイントと対策

学校を楽しいと感じることもあれば、楽しくないと感じることだっ...

no image
【不安解消!】教授からメールの返信こない時の対処法

大学生になれば教授とメールのやりとりをすることが出てきます。...

no image
【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

no image
夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

no image
たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

no image
長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

no image
子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

no image
【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

no image
家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

no image
空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

no image
【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

no image
【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

スポンサーリンク


骨折による影響や治療や入院期間について

不慮の事故により骨折をしてしまった場合、治療にはどのくらいの期間を要し入院をするならどのくらいの日数になるのかをご紹介していきます。

まず骨折というものは骨にひびが入ったり骨が折れた状態のことを指します。

骨折をしてしまうと周辺組織の損傷も伴うため色々な症状が出ます。

・痛みと腫れ

・神経や血管と筋肉への影響

・重症の場合は内蔵への障害

骨だけではなくこのような影響を及ぼしてしまいます。

骨折を診断するにはX線検査を使い、症状によってはCT検査やMRI検査を行うこともあります。

・骨折の治療方法

軽度であれば行動制限を行い、症状の重度によりギブスの使用や手術を行うことがあります。

骨折した部位や重度によって治療方法はさまざまであり、小さなひび割れ程度であれば経過観察を行うのみです。

重度の例としては骨盤骨折というものがあり、これは骨折と同時に周辺組織への深刻な損傷を与えます。

・骨折の主な原因

基本的には外傷によって骨折を起こしてしまいます。

転倒やスポーツ時に骨折をしてしまうことはよくあります。

重症となりやすいのが自動車事故で起きる大きな衝突や建物からの落下などの外傷です。

骨折の症状別による治療期間と入院期間

骨折の症状別による治療期間や入院が必要となる場合についてまとめていきます。

部位や年齢によって大きく異なるため目安のひとつとして参考にしてください。

・亀裂程度の骨折

骨にひびが入った程度の骨折であれば2~5週間程度の期間です。

外観からはわからずにレントゲン撮影によって発見できるのが特徴です。

・骨が2つ以上に折れた場合

外観が明らかに変形してしまった場合の治療期間は部位によって大きく異なります。

手指なら2週間程度となりますが肋骨であれば3週間以上、足の骨であれば8週間以上と期間は長くなっていきます。

重度であればさらに長くなるでしょう。

・複雑骨折の場合

骨折した骨が粉砕してしまった場合は手術を行って金属プレートなどを埋め込んで治療を行います。

さらに骨が皮膚を突き破ってしまった場合は高度治療が必要となります。

この場合もその部位や重度によって入院期間が大きく異なり、さらにリハビリ期間を要します。

骨折した回復するまでの入院期間と骨を強くする日光浴

骨折してしまった骨はなぜ自然にくっ付くのでしょうか。

骨の中には細胞が生きており、たとえ骨折をしても自然治癒力を発揮することができます。

ただし早く回復を望むのであれば骨がくっ付きやすくなる状態にするべきです。

ギブスというものは骨折した部位をしっかりと固定するものです。

グラグラしてしまっては治癒が遅れてしまうので注意をしましょう。

軽度のひび割れや骨折であればズレが小さいために元に戻りやすいです。

骨に元気な細胞が多ければ早期回復を目指せます。

このためには骨折部をしっかりと固定をしてその周辺の関節や筋肉はできるだけ動した方がよく、安静し過ぎてもよくありません。

もし入院をしてしまった場合は入院期間はしっかりと骨がくっ付くまで安静にし、リハビリが始まったら積極的に行うことで早期回復が望めます。

骨折には日光浴が良いとも言われカルシウムを吸収するためのビタミンDを作ることができます。

丈夫な骨作りのために外を散歩をするのも大切ですね。

骨折により1か月以上入院する場合は重症レベル

重大な事故により骨折をしてしまった場合、骨以外の損傷がどの程度かによって入院期間は変わります。

退院をしたとしてもリハビリを行う場合はその期間がどのくらい必要なのか、これもその人それぞれ違いが出てきます。

一般的に骨折による入院が1か月以上続く場合は重症レベルだと言えるでしょう。

腕や鎖骨などの部位を骨折しても比較的回復は早いです。

しかし足や頭蓋骨を複雑骨折してしまった場合は1か月以上の入院を覚悟しなくてはいけません。

症状によってはボルトを埋めて補強をする手術を行います。

この手術をした場合は骨が回復した後にボルトを取り出さなくてはなりません。

このため再入院をして手術を受けることになります。

骨折は部位によって完治までの期間が大きく異なる

このように骨折をするとどのくらいで回復するのかはその部位と症状によって大きく異なることがわかりました。

入院を要する場合でもその期間は変わります。

たとえば大腿骨の骨折によって手術をして入院をした場合なら入院期間はおよそ2週間~1か月程度でしょう。

手術から3日ほど経つと車いす移動を行うようになり、さらに2~3週間後からは杖などを使った歩行訓練が始まります。

その後リハビリを続け2週間~程度で退院となります。

この場合の治療期間は4か月~半年ほどかかり、完治まではさらに期間を要します。

重大な骨折ほど治療期間は長く、後遺症も気になってきます。

できるだけ不慮の事故が起こらないように日常的に注意をして生活を送るべきですね。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ