知っとく.com

車のエンジンをかけた時に起きる「ブルブル」という振動の原因

   

車のエンジンをかけた時に起きる「ブルブル」という振動の原因

車のエンジンをかけた時に「ブルブルブル…」や「ガタガタ…」という振動が起きる場合は注意が必要です。

何らかのトラブルが起きている可能性があるために早期の対応を行いましょう。

この場合エンジンに何が起きているのでしょうか。

振動の様子や場所によって違う原因をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

クレジットカード番号を知られる危険性とフィッシング詐欺


ネットショッピングを頻繫に行う人はいま一度クレジ...

3dsでyoutubeを見せることの危険性と安全に使うための設定


子供に大人気のゲーム機であるニンテンドー3dsは...

子供が入院となったときに準備するべきもの

子供は突然体調が悪くなったり、大きな怪我をしてしまったり・・...

本音を言えないのは性格の問題だけじゃない!

自分を他人にありのままさらけ出したり、本音でぶつかり合ったり...

新生児の鼻が低いからって心配しないで!

赤ちゃんが元気で産まれてきてくれたらそれだけで幸せなことです...

ストレス発散に何かを破壊したい!

学校だったり、会社だったり、家にいるだけでもストレスって溜ま...

料理が苦手なママでも!とっても簡単に離乳食を作る方法


はじめての赤ちゃんが生まれた人にとって、これから...

髪をショートに!女性がばっさり切った時の周りの反応


女性が髪をばっさり切りたい時は「失恋したから」で...

肺に白い影?レントゲンで再検査となってしまう理由


健康診断の結果で「肺に白い影が見つかった」と書か...

肺のレントゲン検査で「空洞がある」場合に考えられる病気


「肺に空洞が見つかりました」と肺のレントゲン検査...

猫の尻尾を引っ張ると起きてしまう障害


右…左…と動く猫の尻尾は思わず触りたくなるほど可...

不動産登記の住所欄にはマンション名を書くのか省略すべきか


日常で記入する住所と不動産登記に記載する住所の書...

大学の研究室で行われることとは?文系大学の場合


文系大学の研究室では一体何が行われているのだろう...

車のエンジンをかけた時に起きる「ブルブル」という振動の原因


車のエンジンをかけた時に「ブルブルブル…」や「ガ...

骨折のパターン別によってかかる入院期間


思わず転倒をしてしまい骨折をしてしまうという不慮...

高校のテストを寝坊で休むとこうなるので注意して!


「もう終わりだ…」テスト当日にうっかり寝坊をして...

アメリカの生活になじむ服装と間違ったファッション


これからアメリカへ渡る予定がある人はどんな服装に...

アメリカ人の気になる生活習慣と家の中での過ごし方


アメリカのよくある生活習慣と言えば「土足で家の中...

アメリカのユニクロのサイズは日本人に合うのか試してみた


安くておしゃれなカジュアルウェア言えばユニクロで...

養育費請求調停の流れと必要な書類


何らかの理由で離婚をして子供をひとりで育てる場合...

スポンサーリンク


車のエンジンの振動が大きくなるのは何が原因?

車のエンジンをかける時に「ブルブルブル…」と振動が起きると思わずびっくりするものです。

この状態が続くと車が故障するのでは?と不安になりますね。

さらに振動が大きくなってしまった場合はどんな対処をすべきなのか、そもそも乗り方や使い方にどんな問題があるのかが気になってきます。

車の走行距離に問題があるのか、そうでなけでば年数が関係しているのでしょうか。

車をより長く乗り続けるためにはどんな注意をすべきなのかということをお伝えしていきます。

車のエンジン起動時に振動が起きる原因

車のエンジンをかけた時に「ブルブルブル…」と振動が起きる症状は珍しくはないものです。

ただ、故障かそうでないかをよく観察することが大切です。

気温の低い冬場はエンジンが冷え切っているため振動が起きやすいものです。

この時に故障かそうでないかを判断するには水温計の針の動きをよく見ましょう。

針が動きだしたところで振動がおさまればさほど心配することはないでしょう。

ただしエンジンオイルや冷却水の量や状態に何か起きている可能性もあるので点検をしておくと安心です。

水温計の針が真ん中まで動いても振動が続く場合は何らかの故障の疑いが出てきます。

振動が起きる原因として考えられることは燃料ポンプやエアークリーナーでつまりを起こしているということです。

またはエンジンの点火不良の可能性もあります。

エンジンの振動がガタガタと大きくなった場合は早急に点検を行いましょう。

エンジン以外の車の振動が起きる原因

車の振動がエンジン以外の部分で起きる場合、その箇所で何らかのトラブルが発生している可能性があります。

それぞれの症状と原因についてまとめていきます。

・ペダルの振動

アクセルペダルに振動がある場合はエンジンやトランスミッションに原因があると考えます。

ブレーキペダルであればタイヤやホイールに問題がないかと考えて点検を行いましょう。

タイヤに問題が起きていると走行に影響が出てしまい大変危険です。

早めの点検をおすすめします。

またブレーキに違和感を感じる場合はシステム異常の可能性があるので点検を行って原因を解明しましょう。

・車体全体の振動

ホイールアライメントのトラブルは車のボディ全体に振動が伝わります。

また、タイヤにトラブルが起きていると車の初期走行時にガタガタすることがあり、空気圧不足によるウェーブ現象のためバーストを起こすことがあります。

このような異常の可能性がある場合はすぐに修理を行ってください。

エンジンの不調に気付いたらすぐにメンテナンスを行う

車に乗り続けているとどんな人でもエンジン音ひとつで違和感を感じたり、不調に気づくようになります。

エンジンをかけた時に振動も起きる場合は何らかの問題が起きている証拠なので、点検することをおすすめします。

エンジンのというものは4つのサイクルから成り立っています。

吸入・圧縮・燃焼・排気がスムーズに行われている場合は通常通りの様子ですが、1つでも問題が起きると「ブルブルブル…」といった振動などの症状となって現れます。

オートマ車であればPからDへシフトチェンジをするとさらに振動が強くなるでしょう。

その状態を放置するとエンジンの故障どころか壊れてしまいます。

そうなってしまうと修理と交換代に大変な費用がかかってしまうので、早めに点検を行い対処をしていくことが大切です。

エンジンの不調を感じたらすぐにメンテナンスを行うことで車を長く安全に乗り続けることができます。

重大なエンジントラブルを起こさないための定期点検が重要

車のエンジンのトラブルというものはとても複雑なものであり、音がおかしかったり振動が起きた場合でも何が原因なのかを追究する必要があります。

エンジン自体に問題があるわけではなく、エンジンベルトの劣化による場合や回転物に何らかが触れている場合にも起きます。

この場合は比較的簡単な対応を行うことができますが、場合によっては部品交換を行うこともあります。

年数の経過が長い場合は消音器や排気触媒付近のサビが原因で排気漏れを起こすこともあります。

これ以外の原因としてはエンジン内部に何らかのトラブルが起きているということです。

この場合は専門家による確認によって判断をしなくてはならず、修理費も大きくなることが多いです。

こうなってしまう前に定期的な点検が重要となり、重大な故障を起こさないコツでもあります。

 - ライフハック, 車 バイク

ページ
上部へ