知っとく.com

不動産登記の住所欄にはマンション名を書くのか省略すべきか

      2017/07/16

不動産登記の住所欄にはマンション名を書くのか省略すべきか

日常で記入する住所と不動産登記に記載する住所の書き方は大きく違うものです。

とくに迷うのがマンション名は省略してもいいのかどうか?というところです。

自分で不動産登記をする場合はこれからご紹介する内容に注意をして登記申請を行いましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


不動産登記の住所欄にはマンション名まで書くべきか?

不動産売買における「不動産登記」というものは主に司法書士が記載をして登記をするものです。

マンション等の集合住宅に住んでいる場合、住所の欄にマンション名まで書くのかどうなのか迷うものですが、これも司法書士の書き方次第となっています。

基本的に住民票にはマンション名まで記載されており、「○○市○○町○番地メゾン101号室」のように書かれています。

不動産登記に書く場合に「メゾン101号室」は省いてもいいということです。

しかし多くの場合はマンション名まで記載をしているようです。

その理由として、金融機関を通す場合においてはマンション名がないと不都合となることがあるからです。

抵当権設定契約書の債務者欄、設定者欄にはマンション名まで記載されていることが多いという意見もあることから、最初からマンション名まで書くというのが司法書士の意見のようです。

登記するの住所の書き方とマンション名を省く場合の例

住民票にマンション名が書かれていない場合はどうするべきなのでしょうか。

必ずしもマンション名を記載しなくてはいけないものではありません。

たとえば次のような住所ならこのように省いてしまうこともできます。

「〇県〇市〇町1丁目2番3号Aマンション101号室」ならば「〇県〇市〇町1丁目2番3号」まで記載をしてマンション名を省いても問題はありません。

また「〇県〇市〇町1丁目2番3-101号」としても大丈夫です。

ほかにも「〇県〇市〇町1丁目2番3-101号Aマンション」と書かれていることもあります。

一般的には住民票や印鑑証明書に記載されている通りに登記申請をします。

金融機関に印鑑証明書通りに記載をするようにと言われることもあるので、その場合はわざわざマンション名を省いてはいけません。

登記をする時の住所はマンション名に「スペース」を使ってはいけない

不動産登記をする際にマンションやアパート名を書く場合は正しい書き方を覚えておきましょう。

とくに「スペース」を使ってはいけないということを間違えやすいのでご注意を。

たとえば「メゾン ド ハウス 101号室」である場合は「メゾンドハウス101号室」と記入します。

スペースを空けたまま申請をしても「メゾン、ド、ハウス、101号室」という感じに「、」が記入されて登記されます。

実際の住所と違った書き方となり戸惑うかも知れませんがこのような実例があるということです。

外国の方の名前を登記する場合はアルファベット表記をすることはできません。

この場合は印鑑証明書に記載されているカタカナ表記を記入をして登記をすることになります。

不動産登記をする場合での書き方は一般的な書き方とは違うものなので、よく確認をしましょう。

不動産登記は自分で手続きをすると費用の節約になる

実は不動産登記というものは司法書士に頼まなくても自分で行うこともできます。

この場合、新居の住民票と印鑑と権利書を持って法務局で手続きを行います。

予め法務局へ電話確認を行えば必要な書類を教えてもらうことができます。

費用としては一筆千円、二名分でも千円です。

土地と建物で二千円となり私道を所有していればさらに千円が必要です。

印紙も法務局で販売されているので直接向かえば大丈夫です。

手続きは平日にしか行えませんが、自分で手続きをすると費用の節約になります。

難しいものはなく記載をするだけなのでぜひやってみましょう。

ついでに都県税事務所で減税の申請も行ってしまいましょう。

住所の「大字」と「字」は省略してもいいのか

住所にはさまざまな書き方があり、古くから伝わる書き方や新しい書き方などが混載しています。

地方でよく見られる「大字(おおあざ)」や「字(あざ)」は省略していいものかどうかと悩むものです。

これについては必要な場合と省いていい場合があるのでその地元の人に聞かないと本当のところがわからない場合もあります。

見分ける方法がないというのが実態となっています。

また「○○一丁目」と書いてあったり「○○1丁目」となっていることがあります。

これは漢数字を使った一、二、三丁目と記載するのが正しい表記です。

京都のように通り名を住所としている場所もあったり、札幌のような街区表示をすることもあるよに統一された書き方はないのが現状です。

不動産登記における住所の書き方は少しややこしいものですが、迷った場合は住民票と印鑑証明書を確認しましょう。

マンション名を省略するかは臨機応変に行えばいいと思います。

 - ライフハック, 経済 法律

ページ
上部へ