知っとく.com

猫の尻尾を引っ張ると起きてしまう障害

      2017/07/16

猫の尻尾を引っ張ると起きてしまう障害

右…左…と動く猫の尻尾は思わず触りたくなるほど可愛いですよね!

でも引っ張ることはやめましょう。

猫の尻尾に痛みを与えるとどんな障害が起きてしまうのか詳しくご紹介します。

どのように防ぐべきなのかもぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


猫の尻尾を引っ張ることで影響を与える神経

左右にパタパタ動いている猫の尻尾を見ていると思わず触りたくなるものです。

猫の尻尾はふわふわしていながら先っぽまで綺麗に整っていますよね。

触り心地も柔らかくて気持ちがいいのでついつい触ってしまいます。

少し触るくらいなら大丈夫ですが引っ張るのはやめましょう。

猫の尻尾の動きを司る「尾骨神経(びこるしんけい)」が尻尾の横から全体にまで分布しています。

この尾骨神経は骨盤付近でほかの重要な神経とも連結しています。

尻尾を引っ張ったり何らかのトラブルが起きると「骨盤神経」「陰部神経」「下腹神経」にも影響を与え、排尿や排便の障害や歩行のトラブルなどを起こしてしまいます。

これを「しっぽ引っ張り外傷」または「船尾部外傷(せんびぶがいしょう)」とも呼びます。

猫の尻尾を引っ張ってはいけないという理由はこういった障害が起きるからということから言われています。

可愛いからついつい…と引っ張るのは絶対にやめましょう。

猫の尻尾を引っ張ると内蔵や足に障害が出る

猫の尻尾には重要な神経が通っていることから引っ張るようなことはしてはいけません。

尻尾は脊髄と直結しているため猫が痛みを感じやすく、思い切り引っ張ってしまうと内蔵に障害を与えてしまいます。

また脊髄損傷で後足に障害が出る可能性もあることから、このような行為をしてはいけません。

そもそも猫の尻尾はどんな役割があるのかをご紹介します。

・猫の尻尾の役割

猫の尻尾はバランスを取ったり感情表現を行う以外にもいくつか役割があります。

寒い時には尻尾をマフラーのように首に巻いて体を温めます。

また自分の縄張りには尻尾にある臭腺をこすり付けてマーキングを行います。

このような役割があるとともに、猫は自分の尻尾をおもちゃのように使います。

猫を観察していると自分の尻尾を追いかけてグルグル走り回ったり、飛びかかったりしているものです。

本当におもちゃと勘違いしている気がしてきますがそうではなく、尻尾を遊び道具として使っているだけなんです。

猫の尻尾を踏んだり引っ張るのを防ぐ方法

「猫ふんじゃった」という歌がありますが、うっかり猫の尻尾を踏んでしまわないように注意をしましょう。

尻尾に強い刺激を与えてしまうことで「猫ふんじゃった症候群」または「尻尾引っ張り外傷」となってしまいます。

故意にやるつもりはなくても扉を閉める瞬間に猫の尻尾が挟まることもあります。

扉を開けっ放しにしないことや、閉める時には猫が足元にいないかを確認しましょう。

また、小さなお子さまがいる場合は十分注意をしてください。

部屋に猫と子供だけの二人きりにしないようにして大人が観察をして防ぐことが大切です。

猫のことを考えながら一緒に暮らすことで思わぬ事故を防ぐことができます。

ご家族みんなで話し合っておきましょう。

猫の尻尾の仕組みと動きについて

猫の尻尾の動きを見ていると色々な疑問が沸いてきます。

なぜあのような動くをすることができるのでしょうか。

・筋肉を使っている

猫の尻尾には尾椎(びつい)という骨が並び、長い尻尾であれば16個~21個ほどあります。

骨同士はくっついていないのであのようなしなやかな動きができるようになっています。

また12本もの筋肉が前後左右に動かすために揃っています。

そして尻尾の先まで神経が通っているので踏んだり引っ張ったりするようなことをするととても痛みを感じてしまいます。

・尻尾でバランスを取る

猫は飛び降りる時には尻尾を高く上げ、飛び上がる時には尻尾を引き寄せて体のバランスを取っています。

猫が好む高い塀や棚の上を歩くときにも尻尾を上手く動かしてバランスを取りながら移動しています。

猫の中には尻尾のない種類もいます。

この種類はバランスを取るために後ろ足が発達しています。

このような種類の猫は後ろ足が長いため走る時はうさぎのように飛び跳ねて動くのが特徴です。

猫の尻尾はまるでマフラー!

メインクーンのような寒い地域で生まれた長毛種の猫の尻尾はフサフサしていて触り心地がいいですよね。

この尻尾は寒くなるとまるでマフラーのように尻尾を首に巻きます。

その中そっと手を入れてみるとほっかほかで思わず入れ続けたくなるものです。

猫にとっては迷惑な行為ですが、ぜひ1度その温かさを確かめてみてください。

早く手を抜かないと噛みつかれるかも…知れません。

猫の尻尾は種類によって全然違います。

細長かったりフサフサだったり短かったり…いずれにしても飼う場合はできるだけ優しく触り、踏んだり引っ張ったりしないようにしましょう。

 - ペット, ライフハック

ページ
上部へ