知っとく.com

赤ちゃんの成長スピードとつかまり立ちをする時期 教えます!

      2017/09/28

赤ちゃんの成長スピードとつかまり立ちをする時期 教えます!

ねんねをしていた赤ちゃんがハイハイをして立ち上がるまでの成長はとても早いものです。

つかまり立ちを始める時期はその子によってスピードが違うものですが、なかなか立ち上がらない場合はどうしたらいいでしょうか。

赤ちゃんにとって無理なく歩きはじめるために必要なことをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の結婚が寂しいのは父親だけじゃない!母親にも要注意!

娘の結婚を寂しがるのは父親というイメージがありませんか。 ...

野草を食べる!春の味覚の美味しい効果のヒミツ


寒い冬が終わり、春を迎えた時の楽しみと言えば山菜...

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

お肉の栄養素と食べない人に起こる体の不調について知っとく!


かつては「お肉は太る」として避けられる対象でした...

スポンサーリンク


赤ちゃんの成長とつかまり立ちを始める時期

・6ヶ月

早い子は6ヶ月ごろからつかまり立ちを始めます。

腕や足の力がある子は始めようとしますが、この時期はまだ足元が不安定です。

しっかりと支えたり見守ってください。

・8ヶ月

この時期になると多くの子がつかまり立ちを始めます。

ハイハイをしっかりしてきた子は腕と足腰に力を付けているので安定感もあるでしょう。

・10ヶ月

つかまり立ちのまま手を離したり、伝い歩きもできるようになります。

早い子は一人で歩けるこも出てきます。

立ち上がったり座ったりという行動が多く見られるようになってきます。

このような行動が増えてくると目線が高くなってますます目が離せなくなってきます。

戸棚の開け閉めができるようになったら危険なものを置かないようにしましょう。

赤ちゃんの成長は喜ばしいことですが、この時期はハラハラさせられることが多くなりますね。

赤ちゃんの成長にはハイハイが必要!無理につかまり立ちはさせるべきではない

赤ちゃんの成長はその子によってそれぞれの違いがあります。

あまりハイハイをしないまま立ち上がる子もいれば、ハイハイもあまりしない子もいます。

早くつかまり立ちをして歩こうとする子もいますが、8ヶ月から10ヶ月ごろまでは体力作りのためにもしっかりハイハイをさせて方がいいですね。

ではハイハイの必要性とは何でしょうか?

その意味をご紹介します。

・ハイハイをしないまま歩き出すと受ける影響

赤ちゃんのハイハイは両手で上半身を支えて背中の筋力を使う全身運動です。

体の中心である背中の筋肉を鍛えることは赤ちゃんにとって大切なことで、背骨を支える働きをしていきます。

両手両足を使って前進移動をするハイハイは赤ちゃんにとって刺激をたくさん受ける運動でありとても大切な行動です。

たくさんハイハイをした赤ちゃんは力をたくさん付けているので体が丈夫になります。

あまりハイハイをしないまま立ち上がってしまうと足腰に大きな負担がかかってしまいます。

赤ちゃん本人に立ち上がる意思が見られない場合は無理に立たせようとせず、気長に待つべきです。

むしろハイハイでたくさん力を付けていると思いましょう。

つかまり立ちをしない赤ちゃんは成長が遅い?

10ヶ月を過ぎてもなかなかつかまり立ちをしない赤ちゃんだとついつい心配になるものです。

まわりの赤ちゃんが伝い歩きをしているのを見ると焦ってしまうと思いますが、成長が遅れているわけではありません。

その赤ちゃんが単に座って遊ぶのが好きだということもあります。

また立ち上がることに興味が出ていないだけということや、ハイハイが好きな子もいるでしょう。

そういう子の場合は遊びながらつかまり立ちの練習をしてみるといいですね。

・つかまり立ちを練習させる方法

赤ちゃんの脇と腰を支えながら両手をペタンと乗せることができる台を用意しましょう。

目線が高くなることが楽しくなると自分からつかまろうとするでしょう。

・つかまり立ちに適したおもちゃ

テーブルの形をしたおもちゃはつかまり立ちをしないと触れないようになっています。

なかなか立ち上がらない子にはパパとママがそのおもちゃで遊ぶ姿を見せると効果的です。

・ベビージム

バーに色々な仕掛けがあるベビージムはつかまり立ちの時期に活躍をします。

赤ちゃんが楽しそうに遊べるおもちゃを探してみましょう。

家の中には危険がいっぱい!つかまり立ちを始めたら行うこと

赤ちゃんがつかまり立ちを始めたら注意すべき点をご紹介します。

・裸足で遊ばせる

靴下を履いた状態では滑りやすいので裸足で過ごさせるようにしましょう。

危ないものが落ちていないかも確認しておきましょう。

・家具の角を保護しておく

テーブルの角やタンスや棚の角があるとぶつけてしまうので、スポンジ製の保護をするものを貼り付けておきましょう。

100円ショップにも色々なグッズが売られているのでチェックしてみてください。

・フローリングマットを敷く

固い床のままだと転倒をした時に強い衝撃を受けてしまうので、柔らかいジョイントマットを敷いておくといいでしょう。

・扉にはストッパーをする

危険なものが入っているキッチンの扉や開けてほしくない扉にはストッパーを付けておきます。

ロックを外さないと開けられないようになるのでおすすめです。

こちらも100円ショップで手に入ります。

赤ちゃんが歩き始めたきっかけは?

つかまり立ちからつたい歩きになっていくと、いつ歩き出すのかと楽しみになりますね。

しかしなかなか一人で歩かないとほかの赤ちゃんはどんなきっかけで歩き出したのかが気になってきます。

みんなの赤ちゃんが歩き出したきっかけをご紹介します。

つかまり立ちをしている時に名前を呼んだら歩いて来てくれた

両わきをパパが支えておいてママが両手を広げてみたら歩いて来た

カーテンにつかまっていたらそのまま歩いて閉めていた

風船をつかもうとしていたら数歩歩いた

このようなきっかけで歩き始めているようです。

「あと一歩だ!」と思ったら、きっかけを作ってみるといいですね。

 - 子育て

ページ
上部へ