知っとく.com

教えます!中学受験に備えるために塾の費用はこんなに高い!

      2017/11/08

教えます!中学受験に備えるために塾の費用はこんなに高い!

将来を考えて子供に中学受験させる場合は進学塾へ通わせるのが一般的です。

しかし塾の費用が高額なので悲鳴を上げる家庭も多く、ほかに方法はないものか…と悩むでしょう。

実際にかかる塾の費用や自宅学習だけで中学受験をさせることなど、親にとっては気になる内容をお届けします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

クラスのグループへの入り方を実践して友達を作ろう!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【悩める受験生へ】不安な気持ちを乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

モテる彼女が心配!職場の飲み会に彼氏が不安を抱く理由はこれ!


男としてはいつだって彼女に何か起きないか心配をし...

【男性必見】彼女が料理をしないタイプということはココで分かる

付き合い初めの頃は彼女がどんな女性であるかをよく分かっていな...

旦那の友達と、妻としての上手な付き合い方 教えます!


学生時代の仲間や会社の同僚など、旦那さんの友達付...

【大学を退学したいなら親に内緒のまま】と悩んだ時の対処法

頑張って受験勉強をして入った大学も、様々な理由で退学したいと...

スポンサーリンク


中学受験のための進学塾の費用に驚きの声

「わが子をいい中学へ進学させたい!」と願う親は小学生のうちから進学塾へ通わせることが多いです。

中学受験のためには小学4年生ごろには塾に通わせるべき…というのが一般的な考えとなっており、早い子はもっと早くから塾へ通い受験勉強を始めています。

しかし、進学塾へ入塾すると高額な費用がかかることがあります。

その額はなんと月額7~8万円にも上り、短期講習だけでも10万円の費用がかかると言われています。

驚くほど高額な塾に通わせ続けるためにはかなりの費用を用意しなくてはなりません。

よって、一般的な家庭では厳しいという意見も多く見られますが、塾に通わないと進学できないものなのかも疑問になってきます。

週3回の授業で月額3万円程度の塾もあるようですが、それでも高額に感じてしまいますね。

高倍率の中学へ進学させたいのなら仕方のないことなのでしょうか。

その辺の実態について考えていきたいと思います。

中学受験のための塾の費用は高額!ほかの方法も考えてみる

中学へ進学するなら「公立の中高一貫校」へと考える保護者がとても多く、その倍率はとても高くなっています。

何としても進学させるために高額費用がかかる進学塾へ行かせることは当然のことのように考えるかも知れません。

しかし、高額な費用を払ったとしてもチャンスは1度きりです。

毎月10万円の月額費用をかけていても受験に失敗したとしたら…ハイリスクローリターンとなってしまいます。

それならば、公立だけに目を向けずに私立中学校も視野に入れておくのはいかがでしょうか。

その家庭の考え方にもよりますが、さまざまな方法を提案しておくのも子供に大きなプレッシャーをかけずに済みます。

塾ではなくZ会や進研ゼミなどのテキストを利用するのもいいでしょう。

中高一貫校向けのコースもあるので資料を請求してみてもいいと思います。

中学受験のための塾の費用を抑える方法

塾に通わせるには高額な費用がかかります。

では塾に通わずに中学受験を成功させることは不可能なのでしょうか?

これについては相当厳しいと言えるでしょう。

中学入試には小学校で習わない内容が出題されます。

自分で学習を進めることもその子によってはできるかも知れませんが簡単なことではありません。

遅かれ早かれ塾に通わせた方がしっかりと準備をすることができるということです。

費用が気になる場合は6年生になってから入塾をしましょう。

それまでは通信教育などを利用して家庭でできることをしっかりと行っておきます。

成績によっては特待生として進学塾へ入ることができます。

たいていの進学塾は特待生制度を設けているので、上手く入ることができればお金を払わずに通わせることができます。

日能研に3年間通うとかかる塾の費用

進学塾へ通わせることは高額な費用がかかると言われていますが、実際の内訳を見ていきましょう。

私立中学を目指すためには小学3年生の終わりごろである2月から通わせる家庭が多いです。

これは「小4クラス」と呼ばれるものでこの時期から開始されます。

この場合にかかる費用は各塾によって差がありますが「日能研」の例をまとめていきます。

「日能研に3年間通った場合」

3年間で約215万円の費用がかかります。

「内訳」

・小4…約45万円

・小5…約65万円

・小6…約105万円

学年が上がるごとに費用が増えていくのが一般的です。

これは主にオプション講座を受講することで増えていきます。

これ以外にも受験費用やその他諸費がかかるので総額230万円近くを準備する必要があります。

自宅学習だけで中学受験に臨むことは不可能ではない

わが子を中学受験させるためには、勉強方法を真剣に考えなくてはなりません。

高額な費用を支払って入塾させることも必要かも知れませんが、さまざまな方法を検討してみることが大切です。

志望校に合わせた勉強方法を考え、必要な問題集をこなしていくことがポイントです。

公立一貫校は倍率が高いので家庭での学習だけでは厳しさがあり、さらに私立中学は難関校が多いです。

しかし塾へ行かなくても合格をする子供も実際には存在しており、不可能なことではありません。

自分で理解ができる子供であるか教えることのできる親である場合なら自宅学習での進学も可能と言えます。

たいていの場合は少なからず塾へ通った方がしっかりと準備ができると言えます。

しかし当たり前ながら、そのお子さんに合ったやり方で、取り組めることが重要なポイントです。

無理のない方法で子供を進学させるために、さまざまなプランを検討してみましょう。

 - 経済 法律

ページ
上部へ