知っとく.com

教えます!中学受験に備えるために塾の費用はこんなに高い!

      2017/11/08

教えます!中学受験に備えるために塾の費用はこんなに高い!

将来を考えて子供に中学受験させる場合は進学塾へ通わせるのが一般的です。

しかし塾の費用が高額なので悲鳴を上げる家庭も多く、ほかに方法はないものか…と悩むでしょう。

実際にかかる塾の費用や自宅学習だけで中学受験をさせることなど、親にとっては気になる内容をお届けします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


中学受験のための進学塾の費用に驚きの声

「わが子をいい中学へ進学させたい!」と願う親は小学生のうちから進学塾へ通わせることが多いです。

中学受験のためには小学4年生ごろには塾に通わせるべき…というのが一般的な考えとなっており、早い子はもっと早くから塾へ通い受験勉強を始めています。

しかし、進学塾へ入塾すると高額な費用がかかることがあります。

その額はなんと月額7~8万円にも上り、短期講習だけでも10万円の費用がかかると言われています。

驚くほど高額な塾に通わせ続けるためにはかなりの費用を用意しなくてはなりません。

よって、一般的な家庭では厳しいという意見も多く見られますが、塾に通わないと進学できないものなのかも疑問になってきます。

週3回の授業で月額3万円程度の塾もあるようですが、それでも高額に感じてしまいますね。

高倍率の中学へ進学させたいのなら仕方のないことなのでしょうか。

その辺の実態について考えていきたいと思います。

中学受験のための塾の費用は高額!ほかの方法も考えてみる

中学へ進学するなら「公立の中高一貫校」へと考える保護者がとても多く、その倍率はとても高くなっています。

何としても進学させるために高額費用がかかる進学塾へ行かせることは当然のことのように考えるかも知れません。

しかし、高額な費用を払ったとしてもチャンスは1度きりです。

毎月10万円の月額費用をかけていても受験に失敗したとしたら…ハイリスクローリターンとなってしまいます。

それならば、公立だけに目を向けずに私立中学校も視野に入れておくのはいかがでしょうか。

その家庭の考え方にもよりますが、さまざまな方法を提案しておくのも子供に大きなプレッシャーをかけずに済みます。

塾ではなくZ会や進研ゼミなどのテキストを利用するのもいいでしょう。

中高一貫校向けのコースもあるので資料を請求してみてもいいと思います。

中学受験のための塾の費用を抑える方法

塾に通わせるには高額な費用がかかります。

では塾に通わずに中学受験を成功させることは不可能なのでしょうか?

これについては相当厳しいと言えるでしょう。

中学入試には小学校で習わない内容が出題されます。

自分で学習を進めることもその子によってはできるかも知れませんが簡単なことではありません。

遅かれ早かれ塾に通わせた方がしっかりと準備をすることができるということです。

費用が気になる場合は6年生になってから入塾をしましょう。

それまでは通信教育などを利用して家庭でできることをしっかりと行っておきます。

成績によっては特待生として進学塾へ入ることができます。

たいていの進学塾は特待生制度を設けているので、上手く入ることができればお金を払わずに通わせることができます。

日能研に3年間通うとかかる塾の費用

進学塾へ通わせることは高額な費用がかかると言われていますが、実際の内訳を見ていきましょう。

私立中学を目指すためには小学3年生の終わりごろである2月から通わせる家庭が多いです。

これは「小4クラス」と呼ばれるものでこの時期から開始されます。

この場合にかかる費用は各塾によって差がありますが「日能研」の例をまとめていきます。

「日能研に3年間通った場合」

3年間で約215万円の費用がかかります。

「内訳」

・小4…約45万円

・小5…約65万円

・小6…約105万円

学年が上がるごとに費用が増えていくのが一般的です。

これは主にオプション講座を受講することで増えていきます。

これ以外にも受験費用やその他諸費がかかるので総額230万円近くを準備する必要があります。

自宅学習だけで中学受験に臨むことは不可能ではない

わが子を中学受験させるためには、勉強方法を真剣に考えなくてはなりません。

高額な費用を支払って入塾させることも必要かも知れませんが、さまざまな方法を検討してみることが大切です。

志望校に合わせた勉強方法を考え、必要な問題集をこなしていくことがポイントです。

公立一貫校は倍率が高いので家庭での学習だけでは厳しさがあり、さらに私立中学は難関校が多いです。

しかし塾へ行かなくても合格をする子供も実際には存在しており、不可能なことではありません。

自分で理解ができる子供であるか教えることのできる親である場合なら自宅学習での進学も可能と言えます。

たいていの場合は少なからず塾へ通った方がしっかりと準備ができると言えます。

しかし当たり前ながら、そのお子さんに合ったやり方で、取り組めることが重要なポイントです。

無理のない方法で子供を進学させるために、さまざまなプランを検討してみましょう。

 - 経済 法律

ページ
上部へ