知っとく.com

「投票は国民の義務ではないから」と行かないのか 対処法、教えます!

      2017/09/28

「投票は国民の義務ではないから」と行かないのか 対処法、教えます!

投票権の低年齢化が決定し18歳から選挙へ行けるようになりました。

しかし、投票は国民の義務ではないため未だ投票率の低さが問題となっています。

やはり投票へは行くべきでしょうか。行かない理由や政治について考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の結婚が寂しいのは父親だけじゃない!母親にも要注意!

娘の結婚を寂しがるのは父親というイメージがありませんか。 ...

野草を食べる!春の味覚の美味しい効果のヒミツ


寒い冬が終わり、春を迎えた時の楽しみと言えば山菜...

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

お肉の栄養素と食べない人に起こる体の不調について知っとく!


かつては「お肉は太る」として避けられる対象でした...

スポンサーリンク


低い投票率から国民の義務にすべきという声も

選挙権はこれまで20歳を期に与えられるものでしたが2015年からは18歳まで引き下げられました。

18歳と言えばまだ高校生である人も多く、若者の投票が注目されています。

選挙で投票をすることは必ずしなくてはいけないということではないため、投票へは行かないという人もまだまだ多いですね。

そして自分が選挙に参加できることを忘れてしまっている人もいます。

日本国憲法における選挙権は「公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する」と定められています。

このことから選挙権は義務であると捉える人とそうではなく、権利だと考える人もいます。

選挙というのは選ばれた立候補者が国の運営を行っていくという重要なものです。

自分の身に関わる重要なことが政治で決定されることはわかっていても、未だに低い投票率が課題となっており、法律で義務化をすべきだと唱える人もいます。

今回は選挙の投票についてクローズアップをして考えていきましょう。

国民の義務ではない投票と選挙へ行かない人へ

選挙の投票に行かない人の多くが「よく分からない」「投票したい人がいない」という理由です。

確かに投票は国民の義務ではありません。

しかし、政治というものは自分の身に降りかかる重要な問題が話し合われています。

その政治家を決定する大切な投票権を持っていながら放置してしまうことをいま一度考えてみましょう。

そもそも政治のことがよく分からない人は、自分が興味のある分野のニュースを見たり新聞に目を通してみてください。

それでも投票したい人が現れず、自身で政策を考えることができるのであれば自ら立候補をする道もあります。

それ相応の覚悟が必要ですが、日本国民として政治に関わる権利を使うこともできます。

投票は義務ではないが国民にとって重要な1票がある

投票権を与えられるということは大人として見なされた証拠です。

日本の政治に関わることができることを喜ぶ人はあまりいないかも知れませんが、投票をするということはそれだけ大きな意味があります。

選挙を見て見ぬふりをして政治家の悪口ばかりを言うのであれば、やはり自らも関わってみたらいかがでしょうか。

逆に言えば、選挙で投票をしない人が、政治や政治家について、また、国の政策について愚痴が言えますか?

数少ないチャンスを無駄にしてはいけないのです。

「自分が投票をしたところで何も変わらない」と思う人もいるでしょう。

しかし行動を起こさなければやはり変わらないものです。

選挙へ行こうと思ったらどの立候補者にするか考えます。

その時に一人一人の違いや政党、どんな政治家が応援しているのか?など普段知らなかったことを情報として得ることができます。

そして投票を行うことはとても意味があるもになります。

日本という国は民主主義国家であり、国民が政治を動かしています。

逆に言えば自分たちの手によって決定しなくてはならないということもあり、1票の投票によって大きな問題が決まる可能性もあります。

投票は義務ではありませんが、政治に関わることはとても大切です。

18歳へと引き下げられた投票権について

選挙権が低年齢化し18歳から投票へ行くことができるようになりました。

これについてはさまざまな議論が交わされていますが、中にはこんな意見も見られます。

「政治について全く理解できない若者に選挙権を与えるのは無謀」だということです。

実際に選挙権を与えられた18歳に選挙へ行くかどうか尋ねてみると「行かない」という人が多くその理由は「よく分からないから」と答えが返ってきます。

中には政治について学びその上で選挙へ行きたいと考える18歳もいますが、そう多くはありません。

逆に「まだ未熟な自分が投票するのはおこがましい」と辞退のような意見を示す若者もいます。

18歳の若者たちに選挙へ行かせるには学校教育が重要となっていますが、今の教育では政治についての内容は足りないものとなっています。

自ら学ぶような姿勢がなければ18歳に選挙へ行かせることはまだまだ難しいようです。

外国の投票制度や投票率

日本では投票は義務化されてはいないのでたとえ行かなくても何も起こりません。

ではほかの国ではどうなのでしょうか。

義務投票制を設けていたり中には罰金や重い罪となる国が存在します。

その国と罰する内容、さらに投票率をまとめていきます。

「投票が義務化されている国」

・オーストラリア:投票率93%、罰金制度

・シンガポール:投票率93%、選挙人名簿からの抹消

・ベルギー:89%、罰金と選挙権の制限

・キプロス:78%、罰金・入獄

・フィジー:84%、罰金・入獄

代表的な国の例をあげてみましたが、中には入獄を行う国もあります。

このような罰が与えられるために投票率は驚くほど高くなっています。

これらの国とは違い、投票は義務ではないものの投票率が高い国をご紹介します。

「義務投票制ではない国」

・スウェーデン:投票率83%

・デンマーク:投票率87%

・ノルウェー:投票率78%

・フィンランド:投票率67%

主に北欧の国の投票率が高いことがわかっています。

自身の生活に関わることとして国民がこぞって投票へ向かう姿が見られるということです。

 - 経済 法律

ページ
上部へ