知っとく.com

学校に行きたくないという子には甘えさせてあげよう。対処法はこれだ!

      2017/09/28

学校に行きたくないという子には甘えさせてあげよう。対処法はこれだ!

子供が「学校に行きたくない」と言い出したらどうしますか?

きっと子供には行きたくない理由があるんでしょう。

親としては学校に行かせたいという気持ちが強いとは思いますが

とりあえず子供には甘えさせてあげることが必要かもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


学校に行きたくないように見える子供には甘えさせる

朝はお母さんにとっては忙しい時間ですよね。

そんなとき子供がなかなかご飯を食べなかったり、制服にも着替えない、学校の準備すらまだやってない!

親としてはまず起こってしまうのではないでしょうか。

子供がもたもた準備をしているだけに見えても、それは学校に行きたくない気持ちの表れかもしれません。

学校に行く準備をなかなかしないようであれば優しく聞いてみてあげて下さい。

優しく聞くことにより、その理由を話し出すという事があります。

もし子供が「自分の気持ちを察して欲しい」という気持ちが強いのであれば、抱きしめてあげると満足して意外と翌日から元気に登校したりするんです。

あまりスキンシップしすぎるというのもよくありません。

スキンシップをしてあげることで甘えたい気持ちが満足してしまい、自分の気持ちをきちんと表現できなくなってしまうかもしれないのです。

幼稚園や小学校低学年のうちならまだいいですが、高学年や中学生であれば自分の言葉できちんと「学校へ行きたくない」という事を表現できるように

しなければなりません。

スキンシップは大切です。しかしスキンシップは言葉を使わなくてもできるので、気持ちを言葉で表すという事を妨げてしまう可能性があります。

学校に行きたくない理由は甘えられないからということも

子供って参観日に行き、子供が発表したその後にこちらの方を見てくることってないですか?

子供はお母さんに認められたいんですよね。

自分のした事をお母さんにたくさん褒められたいんです。

それはどんな子供だっておんなじです。

しかし、一番上の子供は日頃お母さんをよく見ていて、お母さんの忙しさや大変さを知っているので、自分から甘えて行くことはなかなかできなかったりします。

一番上の子が急に「抱っこして」と言い出したときは不安や寂しい気持ちが大きいせいでしょう。

子供の中にはこの「抱っこして」と口に出来ない子もいます。

素直に甘えることが出来ずに、お母さんを困らせる場合があるんです。

突然「学校へ行きたくない!」などと言い出したら、お母さんに自分だけに注目してもらえるように言っている可能性があるので、そんな時はたくさん愛情を注いであげましょう。

学校へ行きたくない理由が甘えたいという事じゃないのなら

お母さんに甘えたいから学校に行きたくないというわけじゃなく、学校へ行くことが不安だから行きたくないという時もあります。

もし子供が不安そうな顔をしていたなら優しく声をかけてあげて下さい。

こうした不安を持っていると、学校へ行く時間になったらお腹が痛くなってしまったり頭が痛くなってしまったり、場合によっては発熱してしまうこともあります。

これは学校へ行きたいという気持ちはあっても体は反対の反応をしてしまうんですね。

子供のこの不安は分離不安かもしれません。

お母さんと離れることが不安で腹痛や頭痛、発熱の症状が出てしまっているということなんです。

これは病気ではありませんが、人は大人になるにつれて自立していきますが、この分離不安は自立心や社会性の育成についてマイナスになってしまうことがあるんです。

もし子供の「学校に行きたくない」というのがこの分離不安であればカウンセリングで解消できるかもしれません。

このままだと不登校になってしまうかもしれないと思うのであれば、一度カウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。

中学生が学校に行きたくないと思う理由

小学低学年の時に「学校へ行きたくない」というにはお母さんと甘えたいという気持ちの表れが多いですが、

中学生になると「学校へ行きたくない」理由が変わってきます。

中学生の子供が「学校へ行きたくない」言い出す理由の多くは友達関係です。

友達と喧嘩してしまった、なかなかクラスで気の合う友達が出来ない・・

友達との仲が修復出来ないような喧嘩だったなら新しい友達を作れば問題は解決するかもしれませんし、クラスに友達がいないなら他のクラスで気の合う友達を見つけることだってできます。

しかし簡単に友達ができるとも限りませんし、なかなか自分から話しかけるのが難しい子だっています。

そんなときは保健室に行くのがおすすめです。

保健室には自分と同じ気持ちを持った子がいる可能性が高いので、そこで友達が出来るかもしれませんし、教室にいるのがつらいという時には保健室の先生が話を聞いてくれるので気持ちも楽になるでしょう。

高校に行くなら中学で不登校になるのはデメリットが多いので、頑張れるのであれば休まずに学校へ行った方がいいと思いますが、頑張りすぎると精神的な病気になってしまうことだってあるのです。

小学校の頃なら子供が「学校を休みたい」と言っても「そんなこと言ってないで早く行きなさい!」と厳しく送り出したかもしれません。

しかし中学生の子供が「学校へ行きたくない」と言い出したら、ただの甘えだと思わずに注意深く話を聞く必要があります。

大学だって行きたくないと感じることだってある

「学校へ行きたくない」というのは小学校や中学校のイメージがありますが、大学生になっても行きたくないと感じることはあります。

大学ってめちゃめちゃ楽しそうだと思っていたけれど、授業も長いしサークルの付き合いもめんどくさいかったりするんですよね。

もちろん、授業が楽しかったりサークルも楽しいと感じる人も多いと思います。

ただ、自分が学びたいと思っていなかった授業だったり自分に合わないサークルに入ってしまったら本当に面倒なんです。

そんなときはアルバイトで楽しみを見つけましょう。

大学生であれば塾や家庭教師などがおすすめです。

生徒は年下なのでそこまで気を遣う必要もありませんし、生徒の成績が伸びるとやりがいを感じます。

自分自身にも大きな刺激を与えてくれるアルバイトだと思います。

 - 子育て

ページ
上部へ