知っとく.com

USBメモリの音楽を、簡単に再生しちゃおう!

      2017/02/27

USBメモリの音楽を、簡単に再生しちゃおう!

音楽のネット配信が当たり前になってきた最近。

コンポで音を鳴らすにも色々方法はあると思いますが、容量の大きなハイレゾなんかは、機器ごとに再生方法を考えるのが面倒ですね。

そんな時、パソコンでダウンロードした音楽をUSBメモリに保存し、他の端末で簡単に再生できるのはご存知でしたか?

USBメモリだと一時的に使え、ファイルの差し替えや管理するのも簡単ですね。

せっかくUSBジャックがついているんですもの、使いこなさない手はないですよ。

USBメモリで音楽を再生する方法を、まとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の結婚が寂しいのは父親だけじゃない!母親にも要注意!

娘の結婚を寂しがるのは父親というイメージがありませんか。 ...

野草を食べる!春の味覚の美味しい効果のヒミツ


寒い冬が終わり、春を迎えた時の楽しみと言えば山菜...

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

お肉の栄養素と食べない人に起こる体の不調について知っとく!


かつては「お肉は太る」として避けられる対象でした...

スポンサーリンク


Q.どうすれば、USBメモリ内の音楽を再生できますか?

USBメモリに保存した音楽を、オーディオプレーヤーで再生するにはどうしたらいいでしょうか?

USBを入れるところがあるプレーヤーで、USBメモリ内の音楽を聴く方法を教えてください。

A.一般的なUSBメモリ内の音楽の再生はmp3がおすすめ

itunesでの再生がおすすめ!

itunesで音源を管理すると、mp3への変換した後にライブラリに保存されるので、わかりやすくておすすめです。

itunesのインストール(無料)

http://www.apple.com/jp/itunes/download/
※Itunes 11の場合、Altキーを押してメニューを表示させます。

1 itunesの設定方法
・「インポート方法」をmp3に設定します。
・Itunesの「編集」メニュー
・「設定」
・「一般」
・「CDをセットしたときの動作」
・「インポート設定」を「mp3エンコーダ」とします。

2 itunesへの取り込む方法

itunesの設定が済んだら、mp3にしたい曲をitunesに取り込みます。

(CDの場合)
・まずCDを挿入します。
・曲名などのデータベース検索
・「曲をインポートしますか?」と聞いてきますので、案内に従ってiTunesに取り込みします。

(PC内のファイルの場合)
・Itunes「ファイル」メニューから「ファイルをライブラリに追加」または「フォルダーをライブラリに追加」で取り込みます。

3 ファイルの変換方法

・ライブラリ一覧画面に戻って、曲を右クリックします。
・「mp3バージョン」を選択します。
・少しすると、mp3に変換され表示されるので、これを再生します。

4 表示されない場合

・iTunesライブラリに保存されたmp3形式ファイルを探して再生します。

※iTunesライブラリの場所
itunesの「編集」メニュー→設定→詳細→フォルダーの場所

Bluetooth対応でUSBメモリの音楽を高音質で再生

今どきのコンポは、Bluetooth対応のものが多く、端末の音を簡単に再生できるのが人気となっています。

このBluetooth、スマホにも搭載されているワイヤレス伝送の標準技術ですが、スマホをタッチするだけで、簡単にBluetoothに接続(ペアリング)して、ワイヤレスでコンポへ音を送ることができるのです。

音楽配信が多くなってきた為に、手元にCDがないと言う人も多いのではないでしょうか?そんなリスナーにも対応できるような画期的なコンポというわけです。

また、Bluetoothの特徴の一つとして、音楽を送るコーデックによって、同じ音のファイルでも違う音質になることがあるので、これから音楽を購入する場合は、Bluetoothの特性も考えるといいかもしれません。

例えば一般的だけど音質はそれほど良くない「SBC」や、主にiPhoneで対応している高音質の「AAC」、主にAndroidで対応している「Apt-X」、またはソニーが展開するハイレゾ対応の「LDAC」など、対応できる形式が、コンポの機種によってそれぞれ違うので確認が必要です。

なお、Bluetooth対応であれば、スマホで流せる音であれば何でもコンポよりも高音質で流せるということです。

「Apple Music」や「LINE MUSIC」「AWA」といった定額制音楽配信サービスもすべてBluetooth経由で、コンポよりも高音質で聴けるとあって、とても期待できそうです。

ちなみにYouTubeやスマホアプリのサウンドもコンポで高音質にでき、最近のコンポはかなり使い勝手がよく優秀だと言えそうです。

USBメモリ内の音楽をカーオーディオで快適に再生

カーオーディオでUSBメモリ内の音楽を流す場合、「keyDESort」というソフトを使うと簡単です。

USBメモリ内の並び順どおりに音楽ファイルを入れ替えることができるのです。

①「keyDESort」ソフトをダウンロードして解凍し、ソフトを起動します。インストールは比較的簡単で、解凍するとすぐに起動できます。

②カーオーディオでUSBメモリのフォルダを指定します。

③カウントというので、読み込みになるようです。

④クリックすると、ファイルを読み込み、ファイル数の表示がされます。

⑤希望の順番どおり並び替えます。

⑥ソートの基準は二種類あり、ファイル/ディレクトリ名と作成年月日です。

※私の場合は、ファイルの順番に並べています。

⑦カーオーディオで流したい順になっていれば、左下の「ソート実行」をクリックします。

⑧実行されたら、完了です。

一見、あまり変わってないように見えますが、そのままカーオーディオで聴いたところ、USBメモリの並び順どおりに再生できました。

今までどんなに並べ換えても、2→13→8などとバラバラになって再生されていましたが、ちゃんと並び順どおりに流れるようになって、とても快適です。

一点だけフォーマット形式には注意して下さい。今のところ対応できる形式は、FAT(FAT12,FAT16,FAT32,exFAT)のみのようです。

USBメモリは、ほとんどの場合がFAT32なので問題ないですが、NTFSなど対応していないものもあるようです。

これはパソコンのフォーマット形式などに対して誤作動がおきないように配慮されており、あえて動作しないようにしているみたいです。

パソコンでファイルの並びを入れ替えたとしても、USBメモリに書き込んだ順なので意味がないですよね。

USBメモリのセキュリティ対策

USBメモリは安全と言えるでしょうか?

OSがWindowsの場合は、自動再生機能に気をつけなければいけません。

USBメモリをWidows搭載のパソコンに挿入した時に、自動的にファイルを再生する機能があります。この自動再生機能が悪用され、利用者が気づかぬうちにウィルスに感染してしまうことがあります。

これを防ぐには、Windowsの設定で自動再生機能を無効にする必要があります。自己防衛が必要といいうわけです。

結局USBメモリで音源を持ち歩くのが便利だった話

結局私が選んだのは、ハイレゾ音源をUSBメモリに入れて、それをコンポに直接挿入し再生する方法です。

ハイレゾ音源を扱いはじめた頃は、容量が大きいということもあり、一度ハードディスクに保存して、それをネットワークを通じてコンポで再生しようとしましたが、結局あきらめました。

今のところの妥協策として、ハイレゾ音源のような容量の大きいものでも、64GBのWSBメモリさえあれば、そこそこ保存しておけるし、それを何本か用意すれば当分は音楽を聴くのには十分なようです。

もしもこの先音源が増えて、USBメモリをいちいち差し替えるのが面倒になった頃には、おそらくDLNAが安心して使えるNASの市場が出回っているのではと期待しています。

ということで、昔使っていた64GBのUSBメモリーを探し、AVアンプに挿しっぱなしにしても邪魔にならなそうな小型のUSBメモリー(SanDisk USBメモリー 64GB Ultra Fit)も購入しました。

これでハードウェア環境は整いました。といっても、結果的にはUSBメモリーを用意しただけでしたが(笑)。

結果的には、ハイレゾ音源をUSBメモリに容量めいっぱいに入れて、足りなければ違うメモリと入れ替えるという方法が一番よいと思います。

 - スマホ・携帯

ページ
上部へ