知っとく.com

肩甲骨に痛みがあるとき何科に行けば良いのか、迷った時はココをチェック!

      2017/11/08

肩甲骨に痛みがあるとき何科に行けば良いのか、迷った時はココをチェック!

風邪をひいたら内科、怪我をしたら外科というのは分かりますが、何科を受診すればいいのか悩む時ってないですか?

例えば肩甲骨に痛みを感じたら何科に行けばいいのでしょう。

肩甲骨が痛むのにはいくつかの原因があるようですが、放っておくのではなく、とりあえず病院を受診した方がいいようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


肩甲骨に痛みが!何科に行くか迷う前に原因を知る

肩甲骨が痛いから病院に行きたいけれど、何科に行けば良いのかわからない・・・

その前に肩甲骨が痛くなる原因を知っておきましょう。

・筋肉疲労

肩甲骨が痛い多くの原因は筋肉疲労になります。
デスクワークをしていたり、車を運転していると同じ姿勢で長時間いることが多くなってしまいます。
すると血流も悪くなって疲労が蓄積されてしまいます。
肩甲骨そのものが痛いわけではなく、周りの筋肉が痛いのです。
また、猫背などで姿勢が悪くても痛みを感じるようになります。

・椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと聞くと腰というイメージがありますが、首の頸椎にもおきるんです。
椎間板ヘルニアの原因はデスクワークの他にもスポーツや運転時に振り向くといった些細な事からでもなってしまいます。肩甲骨と首に痛みがあれば椎間板ヘルニアかもしれません。

・内臓に問題がある

注意が必要なのは肩甲骨の痛みが左右のどちらか一方の場合です。
この場合内臓に問題があり、そのせいで肩甲骨に痛みが出てしまっています。

肩甲骨の痛みが椎間板ヘルニアなら何科に行く?

肩甲骨の痛みの多くは筋肉の疲労からやってきます。

痛いな~と感じた時はゆっくりお風呂に浸かったり、マッサージするなどして筋肉を柔らかくしてあげましょう。

日頃から自分の姿勢が悪いなと思っているのであれば、正しい姿勢を心がけることも大切です。

それでも痛みが取れなかったり、首が痛い、手がしびれるなどの症状があれば椎間板ヘルニアの可能性が高いので、整形外科を受診してみましょう。

椎間板ヘルニアかどうかはX線写真とMRIでの診断になります。

痛みがひどかったりしびれが改善されないという場合であれば手術が適用となりますが、いきなり手術ということにはならず、痛みをコントロールしながらの自然治癒となります。

肩甲骨の痛みが続いて何科に行けばいいか分からないときは

肩甲骨が痛いんだけれど、原因が何かも分からないし何科を受診すればいいのか迷う人も多いでしょう。

何度も言うように肩甲骨の痛みは筋肉の疲労によるものが多いので貼付薬などを処方してくれるところがいいですね。

となると、やはり整形外科や外科に行った方がいいと思います。

「でも病気の可能性もあるよな・・・」と不安になるのであればかかりつけの内科に行ってみてはいかがでしょうか。

いつも診てくれている医師であれば安心できますし、自分の体の事も分かってくれているので、病気であればすぐに気づいてもらえる可能性も高いです。

その時の症状をしっかりと話して、治療法を教えてもらいましょう。

治療法を教えてもらったけれどなかなか治らないというときは、もう一度受診して相談してみて下さいね。

どちらか一方の肩甲骨が痛いときは注意が必要

注意しなければならないのは右肩甲骨が痛い、左肩甲骨が痛いといったどちらか一方に痛みがある場合です。

この場合内臓疾患の可能性があるのですぐに病院を受診した方がいいでしょう。

右肩甲骨の痛み

右肩甲骨に痛みがある時は肝臓の異常、胆石症・胆のう炎の可能性があります。

お酒の飲み過ぎは肝臓によくないというのは知られていますが、肝臓が疲れると右側の筋肉が固くなってしまうため右肩甲骨に痛みが出てしまいます。

胆石症・胆のう炎の場合には右肩甲骨だけでなく、腕や背中全体にも痛みが広がり発熱や吐き気の症状も出てきます。

左肩甲骨の痛み

左肩甲骨に痛みがある時は心臓や胃に異常があり症状が出ている可能性があります。

左の肩や肩甲骨にだるさを感じる他に、胸が痛くなる、動悸や息切れがあるなどの症状があれば、狭心症や心筋梗塞の前兆かもしれません。

内臓なのか、筋肉の疲労が原因なのかの判断は難しいかもしれません。

ただ、筋肉の疲労で肩甲骨が痛むのは動作に伴っていることがほとんどです。

安静にしているにも関わらず痛い、日を増すごとに痛みも増すのであれば内臓に問題がある可能性が高いので、内科を受診しましょう。

自宅でできる!「肩甲骨はがし」の方法

長時間のデスクワーク、運転、スマホ、運動不足、姿勢の悪さなど肩甲骨周りの筋肉が凝ってしまう原因は

たくさんあります。

そんな時におすすめなのが「肩甲骨はがし」というストレッチです。

「はがし」と聞くと痛そうなイメージがあるかもしれませんが、ただ肩甲骨周りの筋肉をほぐすストレッチなので、何も怖くはありません。

これを行うと肩こりが治ったり、猫背が治ったり、ダイエット効果にもつながるといういいことだらけなのです。

自宅で簡単にできるストレッチなので是非やってみて下さいね。

肩甲骨はがしはいくつかありますが、ここでは簡単にできるものをご紹介します。

肩甲骨はがしをやる前に準備運動として手を左右の肩に置き肩を回しましょう。

前と後ろに5回ずつ回すだけで準備はOKです!

・背筋を伸ばして胸を張ります。

・手のひらを内側に向け、両腕を真上に伸ばします。

・胸を張りながら、肘を曲げて胸の高さまで腕開いたままを下ろします。

・下ろしたら手のひらを外側に向け、そのまま体を右10回、左10回程度傾けます。

・次は上体を左右10回ずつ可能な範囲でひねります。

・手はそのままで、肩甲骨でハの字をかくように動かします。

ポイントはどの動きでもゆっくり行うということです。

無理をせず、肩甲骨を意識しながらストレッチしてみて下さいね。

 - 健康

ページ
上部へ