知っとく.com

雑草対策!庭にはアスファルトとコンクリートのどちらを使うべきか、教えます!

      2017/09/28

雑草対策!庭にはアスファルトとコンクリートのどちらを使うべきか、教えます!

お庭を持つ人にとって悩ましい存在である雑草。

この雑草を何とかするためにアスファルトかコンクリートを敷いてしまおうと考える人へ。

自宅の庭にはアスファルトとコンクリートのどちらが適しているのでしょうか。

それぞれのメリットやデメリットを参考に雑草対策を行ってみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


庭に適しているのはアスファルト?コンクリート?

自宅の庭にコンクリートかアスファルトで舗装をしたい、そう思ったときに考えるのが「コンクリートとアスファルトの違い」ではないでしょうか。

コンクリートと言えば色はグレーでブロックにも使われたりしますよね。

アスファルトは道路に使われるものとして思い浮かぶのが一般的でしょう。

それぞれの特徴をまとめてみます。

コンクリート

石・砂・セメント・水を練り合わせて作ります。

実はアスファルトよりも耐久性が長いというメリットがあります。

しかし固まるまで最低1週間かかり、取り壊したい場合は手間がかかります。

また、走行性が悪く継ぎ目ができてしまうという点がデメリットとなっています。

アスファルト

砕石・砕石の粉・アスファルト乳剤を加熱混合した合材でできています。

これをローラーで転圧をして使います。

転圧をしてしまえばすぐに固まるという点がメリットであり、打ち替えも容易にできます。

走行性がよく継ぎ目がないというところから道路の舗装に使われています。

デメリットはやはりコンクリートよりも耐久性が短いという点です。

庭にはアスファルトよりコンクリートがおすすめ!

自宅の庭をコンクリートで舗装することでこのようなメリットを得ることができます。

一般的な庭にはアスファルトよりもコンクリートを利用した方が耐久性が長いのでおすすめです。

これから新築を建てる人やリフォームを考えている方は参考になさってください。

・手入れが簡単になる

芝生や砂利を敷いた庭では落ち葉を掃いたり雑草の手入れなどが大変です。

庭をコンクリートで覆ってしまえばちょっとした汚れもほうきでササっと掃いてしまったり水で流してしまえば落ちてしまいます。

また雑草も生えなくなるので草むしりをする手間が省けるという最大のメリットがあります。

・ほこりが舞いにくくなる

土や砂がむき出しのままの庭だと風によるほこりの舞い上がりが気になるもの。

車や洗濯物が汚れてしまうと面倒ですよね。

これをコンクリートで覆ってしまうとこのようなほこりの舞い上がりを防ぐことができます。

強い雨が降ると外壁に泥が付いてしまいますが、この心配もなくなります。

掃除がとても楽になるでしょう。

庭にはアスファルトではなくコンクリートを!効果的な雑草対策

とにかく庭に雑草を生やしたくないという方はコンクリートを敷くことをおすすめします。

ただ、耐久性の長いコンクリートとはいえある程度の年数が経つと劣化が起きます。

また、コンクリートというものは温度変化によるひび割れを防止させるために必ず目地施行を行います。

これによって目地部分に雑草が生えてしまうことがデメリットとなっています。

目地や割れ目から雑草が生えてしまうと見た目も悪くなってしまいます。

これを防ぐためには雑草対策用の特殊な砕石を敷いたり、雑草の繁殖を防ぐ効果のある地覆性の草を植えてしまうというのも手です。

また、真砂土を主成分とした庭土を使うというのも効果があります。

アスファルトよりもコンクリートの方が一般的な庭に適していますが、絶対に雑草が生えなくなるというものではありません。

このような対策を行うことで効果を発揮させることができます。

コンクリートの作り方とDIYで使いやすい配分

一般的な庭にアスファルト舗装をすることはエクステリア専門店でもできない場合もあり、やはりコンクリートを使用することの方が多いです。

そしてコンクリートというものはDIYでも使いやすい素材です。

自分でやってみたい!という方へコンクリートの作り方をご紹介します。

コンクリートの作り方

セメント:砂:砂利=1:3:3

この配分で作ると混ぜやすいのでおすすめです。

よくある配分では「セメント25kgx1袋+砂15kgx5袋+砂利15kgx5袋」などと書かれていますが、自宅で自分でこの配分をかき混ぜるのは非常に大変です。

そして「セメント:砂:砂利=1:3:6」という配分も砂利が多くてなかなか大変です。

最初に紹介をした配分で作ると扱いやすいと思います。

砂利を減らすことで強度が弱くなるのでは?と思われますが、自宅の庭に使う程度であればさほど気にする必要はありません。

そして強度というものは水とセメントの比率の方が重要です。

コンクリートを敷く以外の雑草対策

お庭を持つ人は雑草対策に頭を悩まされますよね。

コンクリートを敷いてしまうというのも1つの手ですが、お花が好きな方は全てをコンクリートで覆わずに工夫をするといいですね。

コンクリートを使わずに雑草を減らす方法としてはこちらも有効です。

○塩水をまく

除草剤の代わりに塩水をまくというもの有効です。

ただ、枯らしたくない植物が近くにある場合は注意が必要です。

塩というものは土壌に染み込むと分解しないという性質があるため、非常に除草効果が高いです。

今後植物を植えない場所にのみ使うようにしましょう。

また、雨水とともに流れてしまうので近隣への配慮も必要です。

○グランドカバーを植えてみる

雑草を生やしてしまうのなら、地覆性の植物を植えてみてはいかがでしょうか。

芝生のように草刈りに必要がなく、見た目がいいというメリットもあります。

おすすめの植物は「リッピア」です。

小さなお花を楽しむことができるものであり。ペットや小さなお子さまがいるご家庭にもおすすめです。

 - DIY

ページ
上部へ