知っとく.com

ピルが処方されるのはどんな理由か、教えます!

      2017/09/28

ピルが処方されるのはどんな理由か、教えます!

女性であれば「ピル」という言葉を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

私は「ピル」と聞くと避妊薬というイメージが出てくるのですが、他の理由でも処方されると知ったのはごく最近でした。

女性なら知っておきたい「ピル」についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【長女と母親】性格が合わない原因と対処法


長女にとって母親は大切な存在なはずなのに、「性格...

朝に聞く音楽で快適な目覚め!脳にもたらす効果がすごい


これから仕事だと思うと、朝の目覚めはあまりよくな...

【大学院へ行きたい!】学費を親に頼らず進学する手段


現在、大学院にかかる学費の平均費用は国立で80万...

爪が内出血!病院に行く前に知っておきたいこと

ふと気が付くと「あれ!足の爪が内出血してる!いつの間に?」 ...

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

スポンサーリンク


知らなかった!ピルを処方してもらえる理由

私は生理不順のせいか生理痛がひどく、貧血気味になってしまうときも少なくありません。

あまりのつらさに、会社も何度か休んでしまう程なのです。

年齢が増すにつれ、その傷みもひどくなってきて「そろそろ生理がくるな・・・」と思うだけで憂鬱な気分になってしまいます。

そんな話を同僚としていたときに、同僚から「そんなにつらいならピルを処方してもらえばいいのに」と言われて「え?どういうこと」ってなって話を聞いて、目から鱗状態でした。

恥ずかしながらそれまでピルというものは避妊薬というイメージしかなかったのです。

それからピルがどんな理由で処方されるのか、どんなメリットやデメリットがあるのかが気になって調べてみました。

ピルが処方される理由は以外に多かった

ピルを使用するのは避妊の為だと思っていた私。

調べてみると処方される理由やメリットなどが多くて驚きました。

ピルの効果

・避妊

・生理不順

・月経前症候群

・子宮内膜症

・病気の予防

こういった場合に処方されることがあります。

ピルの正式名称は経口避妊薬と言い、主には避妊薬として使われていて避妊効果としても高いです。

生理不順で処方されるのは、ピルを服用していると28日周期で生理がくるようになるので生理不順や生理不順からの重い生理痛も軽減されます。

また生理不順ではないけれど、月経前症候群で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ピルはホルモンバランスの乱れを少なくしてくれるので、ホルモンバランスが関係する月経前症候群の症状も改善できます。

生理の度に進行すると言われ、下腹部痛がひどい場合もある子宮内膜症。

この病気の改善にもピルは処方され、子宮内膜症の進行を抑えたり下腹部の痛みを抑える効果があります。

ピルは病気の治療だけでなく予防にも効果があると言われていて、

卵巣がん、子宮がん、良性乳房疾患、子宮外妊娠

どれも女性にとっては発症したくない病気だと思います。

これらの病気も予防してくれるなら是非とも処方してもらいたいと思うのではないでしょうか。

ピルを処方してもらえない事も!その理由は?

生理痛や月経前症候群が軽減され、病気の予防にもなるのであればピルを処方してもらいたいと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、ピルは誰にでも処方してもらえる訳ではなく飲んではいけない条件もたくさんあるので覚えておきましょう。

・乳がん、子宮がん、子宮頸がんの人やその疑いのある人

・血栓性静脈炎、肺塞栓症、冠動脈疾患、脳血管障害などの血栓性の病気にかかったことのある人

・術後2週間以内の人や4週間以内に手術の予定の人や長期安静が必要な人

・産後4週間以内の人

・1日にタバコを15本以上吸う35歳以上の人

・以前にピルを服用し過敏症を起こした人

・原因不明の性器出血がある人

・妊娠中、授乳中の人

・重症の肝障害や肝腫瘍がある人

・重度の高血圧の人

これに当てはまる人はピルを服用してはいけないため処方してもらえません。

この条件にピッタリ当てはまらない場合でも、喫煙者や肥満の人、重度ではなくても高血圧の人糖尿病の人、家族に乳がんや血栓症にかかったことのある人がいる人はピルを服用するときには注意が必要となります。

ピルのデメリットや副作用についても知っておこう

ピルを服用すると避妊だけでなく、生理痛や月経前症候群が改善されます。

またホルモンバランスの変化によってニキビや多毛症が改善されたり、多くの病気も予防されるとあってメリットばかりのように思えますが、メリットがあるということはもちろん、デメリットもあるということも知っておかなければなりません。

ではどういったデメリットがあるのでしょうか。

デメリット

・保険がきかないため自費診療となる

・血栓症になる可能性がある

ピルの処方には保険がきかないので自費診療となるのですが、初回の検査を終えれば、1ヶ月2,000~3,000円程度かかってきます。

また、多くはありませんが血栓症になる可能性がありタバコを吸っている人はそのリスクも高まると言われているので、ピルを服用するのであれば禁煙することをおすすめします。

そしてピルは薬なので副作用があるということも覚えておかなければなりません。

副作用

・吐き気

・頭痛

・むくみ

・胸の張りや痛み

・不正出血

・微熱

飲み始めて最初のうちはこういった副作用がでるかもしれませんが、2ヶ月か3ヶ月飲み続ければ治まってくるでしょう。

もし、副作用があまりにもひどかったり何ヶ月たっても治まらないときには種類を変える必要があるかもしれないので医師に相談した方がいいですね。

ピルを処方してもらうかな?と考えるなら、こういったデメリットや副作用も踏まえた上で処方してもらいましょう。

ピルを処方してもらうには?

ピルを処方して欲しいときには婦人科に行きましょう。

もし、基礎体温表を付けているのであれば持って行きます。
その他にも健康診断のデータや献血記録などがあれば持って行くといいでしょう。

ピルの処方には保険がききませんが、月経の治療となると保険適用となるので、念のために保険証を持って行きましょう。

病院ではどんなことをするのか気になりますよね。

実はピルを処方するにあたっての検査などは病院によって違います。

血液検査や子宮がん検査、内診などといった色々な検査をする病院もあれば、問診だけで処方してもらえる病院もあります。

内診のある病院であれば、スカートで行くことをおすすめします。

自分の行く病院が、どういった方法で処方されるかは、事前に電話で聞いておくほうがいいでしょう。

 - 健康

ページ
上部へ