知っとく.com

ピルが処方されるのはどんな理由か、教えます!

      2017/09/28

ピルが処方されるのはどんな理由か、教えます!

女性であれば「ピル」という言葉を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

私は「ピル」と聞くと避妊薬というイメージが出てくるのですが、他の理由でも処方されると知ったのはごく最近でした。

女性なら知っておきたい「ピル」についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


知らなかった!ピルを処方してもらえる理由

私は生理不順のせいか生理痛がひどく、貧血気味になってしまうときも少なくありません。

あまりのつらさに、会社も何度か休んでしまう程なのです。

年齢が増すにつれ、その傷みもひどくなってきて「そろそろ生理がくるな・・・」と思うだけで憂鬱な気分になってしまいます。

そんな話を同僚としていたときに、同僚から「そんなにつらいならピルを処方してもらえばいいのに」と言われて「え?どういうこと」ってなって話を聞いて、目から鱗状態でした。

恥ずかしながらそれまでピルというものは避妊薬というイメージしかなかったのです。

それからピルがどんな理由で処方されるのか、どんなメリットやデメリットがあるのかが気になって調べてみました。

ピルが処方される理由は以外に多かった

ピルを使用するのは避妊の為だと思っていた私。

調べてみると処方される理由やメリットなどが多くて驚きました。

ピルの効果

・避妊

・生理不順

・月経前症候群

・子宮内膜症

・病気の予防

こういった場合に処方されることがあります。

ピルの正式名称は経口避妊薬と言い、主には避妊薬として使われていて避妊効果としても高いです。

生理不順で処方されるのは、ピルを服用していると28日周期で生理がくるようになるので生理不順や生理不順からの重い生理痛も軽減されます。

また生理不順ではないけれど、月経前症候群で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ピルはホルモンバランスの乱れを少なくしてくれるので、ホルモンバランスが関係する月経前症候群の症状も改善できます。

生理の度に進行すると言われ、下腹部痛がひどい場合もある子宮内膜症。

この病気の改善にもピルは処方され、子宮内膜症の進行を抑えたり下腹部の痛みを抑える効果があります。

ピルは病気の治療だけでなく予防にも効果があると言われていて、

卵巣がん、子宮がん、良性乳房疾患、子宮外妊娠

どれも女性にとっては発症したくない病気だと思います。

これらの病気も予防してくれるなら是非とも処方してもらいたいと思うのではないでしょうか。

ピルを処方してもらえない事も!その理由は?

生理痛や月経前症候群が軽減され、病気の予防にもなるのであればピルを処方してもらいたいと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、ピルは誰にでも処方してもらえる訳ではなく飲んではいけない条件もたくさんあるので覚えておきましょう。

・乳がん、子宮がん、子宮頸がんの人やその疑いのある人

・血栓性静脈炎、肺塞栓症、冠動脈疾患、脳血管障害などの血栓性の病気にかかったことのある人

・術後2週間以内の人や4週間以内に手術の予定の人や長期安静が必要な人

・産後4週間以内の人

・1日にタバコを15本以上吸う35歳以上の人

・以前にピルを服用し過敏症を起こした人

・原因不明の性器出血がある人

・妊娠中、授乳中の人

・重症の肝障害や肝腫瘍がある人

・重度の高血圧の人

これに当てはまる人はピルを服用してはいけないため処方してもらえません。

この条件にピッタリ当てはまらない場合でも、喫煙者や肥満の人、重度ではなくても高血圧の人糖尿病の人、家族に乳がんや血栓症にかかったことのある人がいる人はピルを服用するときには注意が必要となります。

ピルのデメリットや副作用についても知っておこう

ピルを服用すると避妊だけでなく、生理痛や月経前症候群が改善されます。

またホルモンバランスの変化によってニキビや多毛症が改善されたり、多くの病気も予防されるとあってメリットばかりのように思えますが、メリットがあるということはもちろん、デメリットもあるということも知っておかなければなりません。

ではどういったデメリットがあるのでしょうか。

デメリット

・保険がきかないため自費診療となる

・血栓症になる可能性がある

ピルの処方には保険がきかないので自費診療となるのですが、初回の検査を終えれば、1ヶ月2,000~3,000円程度かかってきます。

また、多くはありませんが血栓症になる可能性がありタバコを吸っている人はそのリスクも高まると言われているので、ピルを服用するのであれば禁煙することをおすすめします。

そしてピルは薬なので副作用があるということも覚えておかなければなりません。

副作用

・吐き気

・頭痛

・むくみ

・胸の張りや痛み

・不正出血

・微熱

飲み始めて最初のうちはこういった副作用がでるかもしれませんが、2ヶ月か3ヶ月飲み続ければ治まってくるでしょう。

もし、副作用があまりにもひどかったり何ヶ月たっても治まらないときには種類を変える必要があるかもしれないので医師に相談した方がいいですね。

ピルを処方してもらうかな?と考えるなら、こういったデメリットや副作用も踏まえた上で処方してもらいましょう。

ピルを処方してもらうには?

ピルを処方して欲しいときには婦人科に行きましょう。

もし、基礎体温表を付けているのであれば持って行きます。
その他にも健康診断のデータや献血記録などがあれば持って行くといいでしょう。

ピルの処方には保険がききませんが、月経の治療となると保険適用となるので、念のために保険証を持って行きましょう。

病院ではどんなことをするのか気になりますよね。

実はピルを処方するにあたっての検査などは病院によって違います。

血液検査や子宮がん検査、内診などといった色々な検査をする病院もあれば、問診だけで処方してもらえる病院もあります。

内診のある病院であれば、スカートで行くことをおすすめします。

自分の行く病院が、どういった方法で処方されるかは、事前に電話で聞いておくほうがいいでしょう。

 - 健康

ページ
上部へ