知っとく.com

自転車の空気をパンパンにしてはいけない!入れ過ぎに注意!

      2017/11/07

自転車の空気をパンパンにしてはいけない!入れ過ぎに注意!

通勤や通学で自転車を使っている人で「自転車の適正空気圧」があることはご存知でしょうか。

タイヤの空気はいつもパンパンになるまで入れているという方は、要注意です。

空気を入れ過ぎてしまうと、大変なことが起きてしまいます。

いま一度、自転車のメンテナンスについて確認をしてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【長女と母親】性格が合わない原因と対処法


長女にとって母親は大切な存在なはずなのに、「性格...

朝に聞く音楽で快適な目覚め!脳にもたらす効果がすごい


これから仕事だと思うと、朝の目覚めはあまりよくな...

【大学院へ行きたい!】学費を親に頼らず進学する手段


現在、大学院にかかる学費の平均費用は国立で80万...

爪が内出血!病院に行く前に知っておきたいこと

ふと気が付くと「あれ!足の爪が内出血してる!いつの間に?」 ...

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

スポンサーリンク


自転車のタイヤに空気を入れ過ぎてしまいバースト!

自転車に乗る前に空気が入っているか確認しているでしょうか。

必ず空気を入れてから乗っているという人なら大丈夫…と思いきや、次の点に注意をして空気を入れてください。

それは「空気の入れ過ぎ」です。

タイヤに空気を入れ過ぎてしまうことは実はよくあります。

ある男性がこんな経験をしています。

中学生の頃、近所の自転車屋で「機械」の空気入れでパンパンに空気を入れてから走りました。

しばらく走っていたらバーストしたことがあるんです。

タイヤのチューブだけがバーストを起こしたのでチューブの取り換えをしたら無事に直りました。

空気を入れ過ぎてもいけないんだということをこの時に知ったとのことです。

空気がない状態で走ってもタイヤはパンクしてしまったり自転車の故障につながりますが、入れ過ぎにも注意をしなくてはいけませんね。

自転車の構造のおさらいと空気を入れ過ぎるとどうなるか?ということについて

ここで自転車のタイヤについておさらいをしています。

自転車のタイヤの構造はホイールと呼ばれる車輪の上に「チューブ」があり、その上に「タイヤ」が被さっているのが一般的です。

ロードバイク等はまた別です。

空気を入れるのはタイヤではなく「チューブ」の方だということです。

タイヤはただ被さっているだけですね。

ちなみにタイヤがパンクした状態はタイヤに穴が空いているのではなく、チューブに穴が空いて空気が漏れている状態です。

自転車のタイヤには適切な空気の状態をキープすることで乗りやすくなり、パンクや故障を防ぐことになります。

空気を入れ過ぎてしまえばチューブが破裂してしまうので注意をしましょう。

自転車の空気入れ過ぎを自分でチェックする方法

自転車のタイヤに空気を入れ過ぎてはいけないということは分かったけど、どんな状態が入れ過ぎなのかわかりにくいですよね。

ママチャリだし適当でいいのでは?と思ってしまいがちですが、しっかりと管理をした方がいいそうです。

しかもママチャリのタイヤをよく見れば「指定空気圧」なるものが記載され、さらに「正しく空気を入れましょう」などとも書いてあるんです。

でも空気圧を測定することなんて一般家庭では無理なこと。

それならこれを基準にしてみましょう。

・指で押さえてへこまないくらい

・軟式ボールくらいの硬さ

・乗った時にタイヤの接地面の長さが10cmくらい

これなら自分で空気圧をチェックすることができますね。

空気を入れ過ぎると恐らくパンパンになって押してもへこみません。

その手前くらいでやめておくべきです。

空気圧のチェックはタイヤの側面を指で押すこと

自転車の空気のチェックはタイヤを指で押して行っていると思います。

この時タイヤの中心を押さえて確かめていませんか?

これでは本当の空気圧を確認することは出来ていません。

正しい確認方法は、タイヤの側面を指で押します。

押しても全くへこまない場合は入れ過ぎだということです。

その場合は空気を抜いて調整してください。

入れ過ぎままに乗ってしまうとタイヤやチューブが車輪から外れたり、タイヤ自体が変形をしてひどいと破裂してしまいます。

自転車の空気の入れ過ぎには注意をし、適切な空気圧を保ちましょう。

タイヤの空気を適正に保つための「ゲージ付き空気ポンプ」

○クロスバイクとロードバイクのタイヤについて

クロスバイクやロードバイクに乗っている人は適切なタイヤの空気圧かどうかチェックをしながら空気を入れましょう。

一般的な自転車とは違うので空気圧を測定しながら入れることができる空気入れがおすすめです。

注意をしないと入れ過ぎたことで破裂をしてしまい、車輪の部品が飛び散ってしまうので大変危険です。

○最近の自転車は性能がよくなっている

昔の自転車はすぐにパンクしてしまったもので、自分で直した経験がある人も多いはず。

最近のものは性能がよくなり多少空気を入れ過ぎてもすぐにバーストを起こすこともないでしょう。

また、昔のように砂利道も少ないのでタイヤを傷つけてしまいパンクすることも少なくなりました。

だからと言って空気は適当に入れるのではなく、やはり適正な空気圧を保つべきでしょう。

そのためにはゲージ付き空気ポンプがあると入れ過ぎ防止になります。

ホームセンター等で見つけてみてください。

毎日自転車に乗る方は多いと思いますが、長く乗るためにはやはりお手入れが大切です。

たかが自転車と思わずにタイヤの空気圧やそのほかの部品についてもチェックしてみましょう。

たとえ毎日は無理だとしても時々は確認を行うべきです。

重大な事故につながる前にそれを防ぐことが必要です。

 - ライフハック

ページ
上部へ