知っとく.com

親知らずの手術で入院をした時に適用される保険料について、教えます!

      2017/09/20

親知らずの手術で入院をした時に適用される保険料について、教えます!

一番奥に生える親知らずを大人になってから抜歯する人はとても多いものです。

状態によっては手術で抜歯を行うこともあり、入院も必要となってきます。

この場合にかかる費用は健康保険や入院保険がどこまで適用されるのかが気になるところ。

実際にかかった費用を詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

迷惑な子供の友達が遊びに来るときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

no image
子供の教育に、DVDを見せすぎてはいけないのか、解決策はこれ!


子供が喜ぶテレビやDVDをついつい見せてしまう人...

高校女子は友達との付き合い方が難しい。解決策はこれ!

小学校から中学校へ上がるときは知っている友達も多いですが ...

捨てないで!紅茶の茶葉のすごい使い道、教えます!


飲み終わった紅茶の茶葉や余ってしまったティーバッ...

公立保育園のメリットとは?私立保育園との違いはこれ!


働くお母さんにとって欠かせない存在なのが保育園で...

スポンサーリンク


親知らずの抜歯のために入院をしても保険は適用される

親知らずの抜歯を手術で行う場合は総合病院の口腔外科で行い、術後は入院をして経過を見ます。

手術を行って親知らずを抜歯するという事は重症な場合であり、横向きに生えて歯茎に埋まっているような状態なら手術となります。

この場合は歯茎を切開をして状態によっては骨を削ることがあります。

手術を行う際には全身麻酔を行うことが多いですが、事前に血液検査やレントゲンや心電図等の検査が必要となります。

入院期間はその人や症状によって違いがありますが、3泊4日~5泊6日が一般的のようです。

軽い場合は日帰りや1泊2日の入院で済むこともあります。

5泊6日の入院をした場合、手術代を込めて9万円程度です。

差額ベッド代と食事代以外は保険が適用されます。

入院費については事前に限度額認定証を提示しておけば高額療養費が適用されるので約8万円の支払いとなります。

限度額認定証は健康保険をお持ちの方なら、どなたでも使うことができます。

手術後は痛み止めの点滴が打たれるので痛みに苦しむことはあまりないでしょう。

ただ、抜歯をするまでの数日~1週間は食事が困難になります。

おかゆのように柔らかくて消化のよいものでないと食べることが難しいでしょう。

親知らずの抜歯で入院!かかった費用と適用された保険

親知らずの抜歯のために入院・手術を行ったときにかかる費用と医療保険の適用についてまとめていきます。

これはある人が親知らずの抜歯を行った時の一例です。

「親知らずの抜歯にかかる費用」

・初診(レントゲン、CT検査):6,830円

・2回目(検査結果報告):210円

・3回目(全身検査):5,420円

・親知らず抜歯手術・5泊6日入院費用計:92,840円

・退院後の抜糸:210円

・抜糸後1週間経過観察:210円

・文書料:6,300円

合計112,020円

となります。

「医療保険について」

医療保険に加入をしている人は適用をされることがあるので、保険会社に問い合わせてみましょう。

ただ、親知らずの抜歯で手術を行った場合で適用されることは少ないということが分かっています。

中には「骨を削った場合は適用」となることもあるので、保険のしおりをよく読むか、保険会社へ聞いてみましょう。

手術給付金は適用されなくても、入院費と通院費が適用される可能性があります。

この場合は担当医に診断書を書いてもらうことが必須となり、これの費用「文書料6,300円」がかかります。

親知らずの手術・入院で保険が適用された合計費用

親知らずの抜歯は、日帰りまたは1泊2日の入院で行うこともできます。

この場合にかかる費用や内容について、詳しくまとめていきます。

これはある男性が1泊2日の入院で、親知らずの抜歯を行うために初診から抜歯までにかかった内容です。

実際に支払った金額は保険適用の金額となっています。

「1泊2日の入院で親知らずの抜歯をした時の費用」

☆1日目

初診料:2,980円

医学管理料:1,100円

画像診断:18,720円

合計:22,800円(保険適応:6,840円)

レントゲン検査の結果では親知らずが神経に被って写ったためCT検査を追加。

☆2日目

再診料:710円

検査:10,940円

合計:11,650円(保険適応:3,500円)

手術のために入院を決めると血液検査・尿検査・心電図検査を行いました。

☆3日目

再診料:710円

医学管理料:1,100円

合計:1,810円(保険適応:540円)

手術で行う麻酔についての説明や手術内容、術後のリスクなどの説明を受けます。

☆4日目

医学管理料:3,250円

投薬:1,350円

注射:1,810円

処置:580円

手術・輸血:22,250円

麻酔:530円

検査:1,800円

入院(2日間):57,070円(食事代:520円、病衣代:120円)

合計:88,640円(保険適応:26,590円)

640円は保険適用外です。

手術と入院2日分の費用です。

☆5日目

再診料:710円

その他診療費:680円

合計:1,390円(保険適応:420円)

退院後の抜歯のためにかかった費用です。

ここまで初診から抜歯までにかかった費用(保険適用)の合計費用は39,530円となりました。

歯科医によっては保険が適用されなくなることもある

親知らずの抜歯に保険が適用されるかどうか、これについては歯科医によっても違います。

意思が歯科診療報酬点数表を「埋伏歯」ではなく「難抜歯」として算定することがあります。

この場合では患者負担が少なくなりますが、「埋伏歯」なら保険が適用される場合は生命保険契約者にとってはお得になりません。

親知らずの抜歯が決まり保険が適用される可能性がありそうなら、事前に保険会社に問い合わせておき、歯医者さんにも手術料算定について確認をしておくといいです。

親知らずの抜歯は難しい上に儲けが少ない

歯医者にとって親知らずの抜歯をする患者は、悩みどころでもあるようです。

それは保険点数が低い割に難易度が高い治療となるため、時間がかかる上に割が合わないということです。

抜歯経験が少ない歯科医で対応できないケースもあり、ほかの医療機関を紹介することも少なくはないようです。

 - 経済 法律

ページ
上部へ