知っとく.com

洗濯しても臭いが取れない原因をやっつけろ!

   

洗濯しても臭いが取れない原因をやっつけろ!

あんなに洗濯したのに、臭いが残るってどういうこと!?

せっかく良い香りのする柔軟剤を使っているのに、変な臭いが残っているとしたら、悲しいですよね。

臭いが取れないってことは、綺麗になっていないのかも。

乾かし方が悪くて菌が繁殖してるのかも??

巷で噂されていることは本当なんでしょうか。

また、臭いが取れない時に何かいい方法はないものでしょうか。

その原因や対処法を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


洗濯しても取れない汗の臭いの正体とは!?

衣類が汗臭くなる原因

衣類にしみ込んだ汗、洗濯しても汗の臭いだけが残っている場合がありますよね。その臭いを消そうとしても、原因がわかっていなければからまわりです。

実は、汗そのものには臭いはないそうです。だとすると、なぜ衣類は臭いのか?

まず、汗をかくと衣類に汗が染み込みます。
人間の皮膚は汗をかくと、肌にいる常在菌が分解してくれます。常に肌についている衣類にも汗や皮脂やたんぱく質の汚れが染み込んでいきますが、

臭いは汗と皮脂やたんぱく質を人間の肌にいる常在菌が分解する時に出る臭いが汗の臭いと言われているそうです。

常在菌が皮脂やたんぱく質を分解するのは、衣類の中、つまり繊維の奥で行われています。
だから、服に汗臭いようなニオイが染み付いてしまうんですね。

臭いがなかなか取れないバスタオルの洗濯方法

洗濯したてのバスタオルに変な臭いがついていることがあります。この臭いの原因はなんだと思いますか?

身体を拭いた時に、肌から皮脂の汚れや汗などがつき、それらを細菌が分解する時に臭いが出るんだそうです。おならの原理と似ていますね。

バスタオルを清潔に保つための洗濯方法

濡れたままで放置しないこと

お風呂上りに使ったタオルは必ず濡れますね。そこに、汚れなどが付くと菌が繁殖してしまうことがあります。

お風呂で体を綺麗に洗ったつもりでも、皮脂が全て取り除けるわけではないので、汚れや皮脂などが湿り気と交わって、細菌を増やすことになります。

できるだけ使った後はすぐに洗濯するか、どこかに干して乾かしておきましょう。何日も置きっぱなしにしたり、洗濯漕の中に入れっぱなしにするのは、細菌を繁殖させてしまうので気をつけましょう。

洗濯する分量を適当に

洗濯機にいれる洗濯物の量は、決していれすぎないように。詰め込みすぎて洗浄力がおちてしまうこともあります。

洗剤や柔軟剤の分量を規定どおりに

洗剤や柔軟剤を入れすぎて、すすぎきれないということもあります。洗濯漕にこびりついて、かえって掃除が大変になってしまうこともあるので、入れすぎには注意しましょう。

お風呂の残り湯

節水をこころがけている人は、お風呂の残り湯を使うかもしれません。もしも使うとしたら、洗う時だけにした方がよさそうです。お風呂の残り湯は、時間が経過すると共に雑菌や汚れが繁殖しています。

洗いだけでしたら問題ないのでしょうが、せっかくきれいに洗った洗濯物に残り湯を使うことで、逆に雑菌をつけてしまいます。

最後は、必ず綺麗な水か湯ですすいで下さい。
お風呂の残り湯は雑菌や汚れの宝庫です。

干し方

洗濯機にいつまでも置いておくと、内部の湿気で雑菌や汚れが繁殖し、臭いが取れないことがあります。予約タイマーを利用する時も、すぐに干せるように時間を調整して下さい。

なお、洗濯漕が汚れていると、洗濯ものに汚れがついてしまうことがあります。月に一度は洗濯漕の掃除を行いましょう。

洗濯しても臭いが取れない時の乾かし方

綺麗に洗濯した後は、乾かすことも臭いが増えないコツの一つです。

外で風をあてる

洗濯物がよく乾くかどうかは、湿度よりも風通しのよさが決め手となります。洗濯物の間に隙間をあけて、風通しをよくしましょう。
乾かないでしばらく置くと、落としきれなかった汚れが酸化し、最近が繁殖することになります。

このため、できれば外で干して乾燥させるのが一番いいのです。

室内なら換気を良くする

部屋干しの嫌な臭いが残ることがあります。これを防ぐには、部屋のドアや窓を開けて喚起するだけでだいぶ違います。エアコンや扇風機、サーキュレーターなどを使うと風が生まれて早く乾きます。

無風状態だと、湿った水分が衣類について、乾燥しても臭いだけ取れないということがあります。

部屋の中で比較的換気のよい部屋は浴室だと言われます。換気扇を回した状態で洗濯物を乾かせば、意外と早く湿気がとれるのでおすすめです。

洗濯後はしっかり乾かす

洗濯後に少しでも生乾きの部分があるままタンスにしまうのはやめましょう。湿気がある状態だと他の衣類には細菌を繁殖させて臭いが取れなくなるしまう可能性があります。なるべく早く乾燥させて菌を繁殖しないようにしましょう。

洗濯時の臭いを確実に取るとっておきの方法

洗濯したのに、臭いが取れないという時のとっておきの方法を教えます。それは、煮洗いです。

使う道具

お家にあるもので十分です。まず、洗濯物を煮るアルミ製以外の大きめの鍋。洗濯用洗剤。漂白剤(色落ちしない酵素系)。洗濯物を掴むもの(トングか菜箸など)。洗濯後に取り出す先としてバケツなど。

やり方

まず、大きな鍋に水を六分目ほど用意します。洗うものが浸かる程度に調整します。

洗濯洗剤は通常の分量、漂白剤はキャップ1~2杯。洗剤が多すぎると泡立ちすぎる為、気を付けます。

色移りしないように色が薄いものから順に入れます。たくさんある時は、何度か分けます。

一度沸騰させたら、弱火にして10分から15分ほどはコトコト煮込みます。途中で強火にしたり、かきまぜすぎると、泡立ちすぎるのでやめましょう。

煮込み終わったら、バケツに移します。水を吸ってすごく重いので気をつけましょう。

軽くすすいで熱がとれたら洗濯機でいつも通りに洗います。

赤ちゃんの布おむつなどは、煮沸することありますけど、意外と通常の洗濯ものでも応用できますね。消毒にもなりますし、すっきりしますよ。

取れない臭いにも過炭酸ナトリウムがすっごい使える

過炭酸ナトリウム(酵素系漂白剤)が色々な使い道があるのを五臓ン時ですか?
衣類についた嫌な臭いも過炭酸ナトリウムの使い方一つで見事にとることができるんですよ。

通常の洗濯ものに入れているけど、臭いが取れていないという方は、改めてやり方を確認して下さいね。

過炭酸ナトリウムが最も効果を発揮する温度は約40度と言われています。お湯30リットルに対し、小さじ2~4杯の過炭酸ナトリウムが適量です。

40度くらいが適温と書きましたが、漬けておく時間は温度によっても違ってきます。もしも40~50度であれば30分から1時間、40度以下であれば、2時間くらい置いた方がいいでしょう。
あまり温度が高すぎても効果が逆に落ちてしまいます。せいぜい50度くらいまでにしましょう。

雑菌が死滅することで、嫌な臭いも取れるでしょう。一度脱水してから洗濯機にかければ完了です。

過炭酸ナトリウムが使えないもの

ウールや羊毛、絹、ダウン、フェザーなどアルカリに弱い繊維、或いは、生成りや染物などの色落ちしやすいものも利用しないようにしましょう。

 - 洗濯・掃除

ページ
上部へ