知っとく.com

面接の結果が連絡されるまで、何日あるか気になる

   

面接の結果が連絡されるまで、何日あるか気になる

会社の面接の合否って、どのくらいでわかるのでしょうか。

結果がわかるまでは、ドキドキしますよね。

他の企業を受けて合格し、返事をしなければいけないこともあるでしょう。

合否はできるだけ早く知りたいところです。

一般的には何日くらいで結果の連絡が入るのか、また連絡が入らない場合は問い合わせしてもよいものかどうか、どのタイミングで判断するのかわかりませんよね。

そんな合否のお知らせのタイミングについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

スポンサーリンク


面接の合否の連絡が来るのは何日後か!?

一般的な面接結果の連絡日

通常の場合、最終の面接の際に、「○日以内に連絡します」と具体的に連絡時期について案内されるケースもありますが、「後日連絡します」と言われるケースが多いのではないでしょうか。

一般的に合否の連絡は土日・祝日など企業の休業日を除いて一週間前後と言われています。

連絡が電話ではなく郵送の場合は、届くまでの時間がかかるため、少し遅くなる可能性もあります。

会社によっては、2週間ほど時間をかけて選考するところもある為、明確に何日待てばよいかはわからないのです。

連絡が来ない場合もある

企業の中には、合格者だけに連絡をして、不合格の場合は連絡しないという会社もあります。なぜかと言うと、担当者が忙しいということもありますが、合格を出した人の中に、欠員が出る可能性もあるので、補欠要因として保留にしておきたい等、色々な要因があるのです。

ちなみに、不合格を知らせるメールは、今後のご活躍をお祈り申し上げますと書いていることから、「お祈りメール」とも呼ばれており、そのお祈りメールも来ない時には、「サイレントお祈り」と呼ばれることもあるそうです。

どんな理由があっても、何日も合否がわからないと困りますね。最終面接の際に、合否の知らせが来るのか来ないのか、いつどのような方法で届くのかを、確認できたらいいですね。

面接後、何日も合否の連絡がない場合の対処法

就職活動や転職活動で、面接を受けた後の合否の連絡は大体1週間ほどというのが平均的なようです。しかし、1週間も待っているだけというのは、かなり大変なことですね。

何社も掛け持ちして結果を待っているとしたら、結果順によっては、こちらの方から断らなければいけないところも出てくるかもしれません。その逆に、本命の企業の結果がなかなか出ずに心配している人もいるかもしれませんね。

問い合わせしていいタイミング

新卒採用でも中途採用でも、面接後の合否の連絡にかなりの時間を要する企業があります。面接の合否は基本的に待つものなので、合否の問い合わせをしたことで、就活の選考に影響を与えるかもしれません。

20日程度説

選考に時間がかかりそうな企業の場合は、20日程度待ってから問い合わせた方がよいという意見もあります。

企業の規模や面接を受ける人数によって、大体の見当はつけれるのではないでしょうか。大企業であれば、面接をひととおり行うだけでも2週間以上かかってしまうこともあるのです。

合否の確認をするなら1~2週間程度が無難

おおよその企業で面接後の選考期間は最短でも1週間かかると言われています。となると、結果を知らせる連絡はそれ以上かかりますね。
後日連絡すると言われて、1週間も何も連絡がないと不安になると思います。

あまり早く問い合わせをしても結果が出ていないばかりか、悪い印象を持たれる可能性もあります。土日祝などの休業日を除き、1週間~2週間ほど待って連絡が来なければ、こちらから問い合わせしてもいいでしょう。

その際は、「せかせてしまって、申し訳ありません」と丁寧に謝罪の言葉を付け加えましょう。

面接の合否の連絡に日数がかかる理由

どこの企業でもあることですが、面接を受けた人への合否の連絡が遅くなる理由はいくつがあります。

就活時期ともなると、担当者のミスで連絡していなかったと言うケースも稀にありますが、あまりに応募数が多く、時間がかかっているという場合もあります。

面接を行うにも時間がかかり、場所や書類を準備するだけでなく、ひととおり面接を終えた後に比較検討するのですから、とても時間がかかる作業となります。

実は、採用したい人材がいち早く現れた場合は、先に合格通知を出している場合があります。合格したからといって、必ずしも入社してくれるとは限らないので、返事待ちとなります。

そして、合格者が入社を決めれば、通知を出していない他の応募者が不採用となりますが、もしも合格者が既に他社に入社を決めているなど、採用に至らなかった場合は、まだ合否の連絡をしていない人材の中から最もふさわしい人材が選ばれることとなります。

つまり、何日たっても合否の連絡がこない場合は、第一候補者が採用を辞退した時の補欠要因としてキープされている可能性があるのです。

また、不合格の連絡があまり早いと、簡単に結論を出されたとして、応募した人から不信感を持たれる可能性があるので、あえて日数を置いてから不合格の連絡をするということもあるそうです。

面接後のお礼メールはとっても効果的

メールで好印象
採用担当者に自分を売り込む方法としてメールがありますが、送るタイミングを見計らって効率的に出しましょう。

面接時に自分の思いを伝えきれなかった時

面接後に採用担当が合否を決めかねている場合、1通のメールで一押しすることができるかもしれません。応募者から面接のお礼と、面接時に伝えきれなかった志望動機や意欲をアピールするようなメールをもらうことで、関心を持ってもらえることがあります。。

思いが伝えられなかったと感じたら、面接の直後にお礼のメールを送るのが効果的です。意欲を買われて、次の面接に進める可能性があるからです。

好感触で終わっても一押ししておきたい時

合格をより確かなものにしたいアナタの場合、面接が好感触だったとしても油断せずに、メールでどれほど採用されたいのかをアピールします。採用担当には印象が残り、採用される可能性を高めるでしょう。

ポイントは面接後なるべく早く送信

面接後のお礼メールは、その当日なるべく早い方がよいでしょう。遅くとも面接翌日には送信します。

採用か否かの判断が早い企業だと、面接当日に合否の見当をつけることがあり、一度決まってしまうと、覆すことは難しいからです。
面接のお礼メールは、面接当日なるべくはやく、遅くとも面接翌日には送りましょう。

なぜなら面接の合否判断は面接翌日、はやい企業だと面接当日に合否の結果を出すこともあるからです。

できるだけ早く送るのがポイントです。

面接後の魅力的なお礼メールのコツ

使い慣れない前置きは入れない

面接後のお礼メールのひな型をネットで探すと、通常の手紙で出てくるような書き出しの文面を見かけます。
「拝啓、貴社ますますご清栄のことと・・・」
メールでは、このような挨拶文が浮いてしまうことが多いです。

挨拶などの形式にこだわらず、要件を簡潔に伝えましょう。自分が何者で、要件は何かということをわかりやすく伝えることが大切です。

言葉はオリジナルで

面接後のお礼メールに書く内容は、最低限以下の2つを盛り込むことを忘れないようにしましょう。

1)忙しい中、面接の機会を設けて頂いたことに対するお礼
2)面接後、改めて伝えたい自分の意気込み

文章は、ネットの文例などを参考にしてもよいのですが、意気込みは自分の言葉で書いた方が好印象を得られます。

面接を受けた時の、受け答えの中のやり取りを具体的にあげて、そのような会社だからこそ採用されたいという意欲を積極的にみせると、印象に残るメールになります。

 - 仕事

ページ
上部へ