知っとく.com

野球の練習するなら、ネットを自宅に設置するしかない!

   

野球の練習するなら、ネットを自宅に設置するしかない!

野球をグランドや公園で練習ができない時、チームの練習の後に、もう少し自宅で練習したい時、素振りくらいならどこでもできるけど、キャッチボールだと、なかなか周りの目が気になりませんか?

地域によっては寛容で、空き地や道路を使っても、うるさく言われないところもありますが、最近は、誤って他人の敷地内にボールが入っただけで、思わぬトラブルに発展することもあるんです。

そこで今回は、自宅で練習ができるようなアイディアや、ネットを張る方法を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お寺の住職の仕事とは?神社との違いを解説します


お寺にいるお坊さんのことを「住職」と呼びますが、...

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法


給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていま...

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策


子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加す...

【働くママ必見!】遅刻の言い訳が子供の時には注意して!

ヤバい!会社に遅刻しそう!何かいい言い訳はないかな?

モラハラ行為をする人の特徴と母親への対策


近年「モラハラ」という言葉が使われる場面が非常に...

知りたい!犬がカットを嫌がる理由と対処法

愛犬の毛がモジャモジャになってしまったらカットへ行きますよね...

猫のゴロゴロ音がおかしい原因と考えられる病気


猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは甘えたりリラックスして...

耳に髪の毛をかけると余計に癖がつく!スッキリさせるヘアアレンジ


女性の方がよくやりがちな、垂れてきた髪の毛を耳に...

お母さんは好き?嫌い?苦しい気持ちから解放される考え方


あなたは自分のお母さんのことは好きですか?嫌いで...

ストレスで嘔吐?子供に起こる自家中毒を知っておこう!

子供が嘔吐するというのは珍しいことではありません。

冬のパンプスは寒い!オシャレを楽しむ4つの冷え対策


冬でもオシャレな人はパンプスを履いてファッション...

TPOとはどういう意味?わかりやすく教えます!


よく「TPOをわきまえて」という風にファッション...

【深夜のラーメン 飯テロ】太る理由と太らない人の謎


ダメだとわかっていても深夜に食べるラーメンはなぜ...

【新婚で離婚】子供なしで別れる理由とメリット


結婚式から半年、まだ新婚ほやほやの時期に離婚を決...

【心臓がバクバク】緊張した時・そうでない時の原因や症状


プレゼンテーションや発表会などで人前に出ると緊張...

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気


「食後すぐに寝ると牛になる」と言われた事があるよ...

【小学生の悩み】自転車に乗れない子が克服するコツとポイントはコレ


最近では小学校に上がっても自転車に乗れない子供が...

「ありがとう」の返事に「いえいえ」は適切?意味や使い方を教えます


あなたは「ありがとう」と言われた時は何て返事をし...

「長所は?」と面接で質問されたら?高校受験対策


「あなたの長所は何ですか?」と質問された時、すぐ...

【子供が受験に失敗】親のNG行動と与える影響


子供が受験に失敗をしたら親としてどう声をかけるべ...

スポンサーリンク


野球の練習の為のネットを自宅に張るにはどうしたらいいですか?

子ども野球の練習が週末だけということありませんか?

週末だけは小学校のグランドでチームの練習があるのですが、平日の放課後は、チームのメンバーと一緒にキャッチボールなどの練習ができる公園や場所がないので困っています。

自宅の庭だと、キャッチボールくらいはできると思いますが、ご近所に迷惑にならないよう、ネットを張っている方がいると聞いたことがあります。

そこで、防球ネットを自分で設置された方に質問なのですが、どのように張ったのか教えてくださいますか?
また、自分でできるものでしょうか。

私が考えた、自宅に設置した野球用のネットの張り方

どのようなネットを考えているかにもよりますが、四方を囲むようにパイプを四角く組んで、ネットハウス状態にするような必要がなければ、比較的簡単に設置することができます。

それは、ポールを二本立てて、丈夫で腕部分をL型に伸ばしておき、滑車をつけます。その滑車にロープを付ければネットを適宜格納できるので、使っていない時は視界を遮らないのでお勧めです。

また、そこに張っていただくネットですが、ボールが反発しないように目の細かいものを設置する方が良いでしょう。ゴルフで使うネットがお勧めです。

軽くノックの練習くらいでしたら、このネットで対応できると思いますが、フルスイングに耐えられるものだと業者に依頼した方がいいかもしれませんね。

自宅で野球のバッティング練習、携帯ネットは失敗

バッティングの練習場所と用具

子どもと野球のバッティング練習ができる場所と、それに必要な用具などを検証してみました。

練習場所は公園の金網前

一軒家なので、庭で練習しようと思いましたが、実際は練習するには狭くて思うようにはできませんでした。決して面積が狭いというわけではなく、こんな理由があったからです。

打撃練習をしたいと思い、まずティースタンドとボールを購入しました。ネットが必要なので、妻に反対されながらも説得し、携帯用のバッティングネットを購入しました。

しかし、子どもの打球がネットからそれてしまうことが多いのです。やってみなければわからないことでしたが、残念ながら失敗でした。

そこで、自宅練習をあきらめ、公園で練習することにしました。金網の手前にホームベースとティースタンドを置いて、打ち込みました。
結局、公園の金網を使ってティーバッティングをするのが一番よいとわかりました。

バットは木製がおすすめ 

金属バットだと、公園の隣接している住人に打球音が響いて迷惑になるため、木製のバットを使うことにしました。

中古の軟式ボール

はじめは、軟式のボールをディスカウントショップで購入していましたが、バッティングの練習にはもったいないくらいでした。

そこで、バッティング練習にはヤフオクに出ている中古の軟式ボールを使い、キャッチボールや守備練習には、新しいボールを使うことにしました。

トスバッティング用ネットを自宅に設置する方法

自宅でトスバッティングの練習をする場合、どのようなものが必要でしょうか。7.5畳の広さでどれだけのことができるのかを試してみました。

今回は、部屋の大きさが7.5畳。
バッティング練習の道具は、ネット・トスマシン・やわらかめの黄色のボールがセットになったものを楽天で購入しました。

広さ7.5畳だと限界がある

子どもが部屋の中心で素振りするくらいであれば、壁にぶつからない程度ですが、、大人はバットが長くなる分、思い切り動かすには不十分と言えます。

トスマシンは全く問題ないのですが、飛んでくるボールをフルスイングしようとすると、壁にぶつかりそうになるので、ちゃんと打ち返せないことが多く、ボールとの距離が難しく感じました。本来であれば、狭い室内ではなく、車庫などで利用することを想定しているようです。

ボール

ボールは足りないと思い、ウレタンボールを買い足して20個用意しました。

カゴ

ダイソーにて100円のカゴを購入しました。
私が持ってボールをトスする時用に一つ、息子が売ったボールをネットの下で受ける時用に一つ用意したので、合計二つ購入しました。

ホームベース

足場用にダイソーの200円のキッチンマットを1枚購入。
ホームベースは同じくダイソーで、100円の白いすべり止め用のマット素材を購入、1枚から2枚のホームベース作れましたので、1枚を室内用、もう1枚を外でのピッチング練習用にしました。ちなみにピッチング用のプレートも残りで作れます。

長男は左バッターへ転向したので、マットは左打席用にしました。
一見それほど大きなマットではないのですが、小学4年生がスイングするには十分な大きさのマットです。

今回、ちょっとしたDIYも味わえたので、とても楽しかったです。

野球の練習用ネットの種類

自宅でお子様に野球の練習をさせたいと思っている親御さんも多いのではないでしょうか。

公園はボール遊びができないところもありますし、学校のグランドは大勢が利用しているので、順番がいつ回ってくるのかわからないことがあります。

そうかといって、自宅の玄関先でキャッチボールをするとしたら、全てうまく受けれるとは限りません。隣近所への配慮として、ボールが飛んで行かないようにするのは最低限のマナーですね。

最近では、庭にネットを配置して練習しているご家庭も増えてきましたが、何の練習に使うのかを確認して設置しましょう。野球を練習する時のネットは、これだけの種類があります。

主なネットの種類

1) 防球ネット

2) ティーバッティング用ネット

3) バッティング用インスタントスクリーン

4) ピッチャー用ネット

5) 集球ネット

6) キャッチャーネット

7) 打撃練習用ネット

わざわざバッティングセンターに行って練習するとなると、時間もお金もかかってしまいますが、ネットさえあれば、気軽に自宅で練習できるので、自分の練習に合ったネットを設置するのがおすすめです。

自作用ネットはホームセンターのパイプとネットで作ろう!

野球ネットの作り方

準備するもの
ホームセンターで購入
・ネット・・・2m幅で長さ10mのネット
・パイプ・・・2.5mのパイプ12本
・ネット固定用ロープ
・直行クランプ・・・16個

作り方

1)ホームセンターで購入したパイプを12本を直行クランブで組みます。

2)10mの長さのネットを左側の面から上面に張り、続いて右側の面までを1枚で張り、その長さで切断します。

3)残りのネットを奥の面に二重に張ります。

4)パイプへの接続部分は、ロープを螺旋状にネットに通して巻きつけました。
5)右・左の横面・上の面・奥の二重のネットは、それぞれロープを螺旋状に組んで結びます。

6)地面を掘って、パイプの下部分を埋めて完成です。

完成までには息子にも手伝ってもらいましたが、冬場に設置したこともあり2日間、10時間ほどかかりました。

 - 子育て

ページ
上部へ