知っとく.com

野球の練習するなら、ネットを自宅に設置するしかない!

   

野球の練習するなら、ネットを自宅に設置するしかない!

野球をグランドや公園で練習ができない時、チームの練習の後に、もう少し自宅で練習したい時、素振りくらいならどこでもできるけど、キャッチボールだと、なかなか周りの目が気になりませんか?

地域によっては寛容で、空き地や道路を使っても、うるさく言われないところもありますが、最近は、誤って他人の敷地内にボールが入っただけで、思わぬトラブルに発展することもあるんです。

そこで今回は、自宅で練習ができるようなアイディアや、ネットを張る方法を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社をズル休み!その理由で大丈夫?病院に行かなくてすむ方法

誰だって会社をズル休みしたい時ってありますよね。

【こんな教習所は嫌だ】教官の態度に耐えられない時の対処法”


自動車免許の取得のために教習所へ通っている人は思...

ホームページを閲覧した時の足跡はどんな情報が残るのか 教えます!


どうしても気になるホームページやブログを閲覧して...

【ドラムの練習をしたい】練習グッズと注意点 教えます!


ドラマーに憧れてドラムの練習を始めた場合、自宅で...

【兄弟の性格が真逆なんです】個性を伸ばす子育ての方法


「お兄ちゃんは大人しいのに弟はやんちゃで大変」な...

彼氏は優しい方がいい!泣く男性がおすすめな理由

彼氏募集中の女性に、「どんな男性が好きですか?」と聞くと「優...

彼氏が彼女の写真を撮りたがるのはこんな理由、教えます!

スマホで簡単に写真を撮れるようになってからは、それまで写真に...

卒業式にふさわしい着物の種類と、選び方はこれ!


大学の卒業式や子供の卒業式には、どんな衣装で参加...

予約サイトのホテルが満室なら、直接電話をかけてみよう!


出張や旅行先のホテルを予約したいけど、予約サイト...

成人式のファーはなしだと思う人に【おすすめの羽織もの教えます!】


成人式と言えば振り袖を着た女の子がイメージできま...

ハムスターの目の病気の種類と原因はこれ!


ハムスターの目から目やにが出たり、赤く腫れていた...

キッチンのシンクを、毎日簡単に掃除する方法


家の中で水回りは最も汚れやすいポイントであり、と...

覚えておいて損はナシ!電話の相手が友達でも守りたいマナー

メールやLINEでの連絡が便利なため、電話をする事が減ってき...

鼻が低い男性がモテるためにすべきこと


【鼻が低い】ことを悩む男性は世の中にたくさんいま...

【食後にタバコを吸って吐き気】病気の可能性や喫煙が及ぼす影響ついて教えます!


食後に吸うタバコは美味しくてやめられない!という...

【子猫を保護】衰弱していた場合の対処法


道端や家の庭などで衰弱した子猫を発見をして保護し...

犬が予防接種後に元気がない!症例や対処法 5つ


動物病院で予防接種を受けたあと、なんだか犬の元気...

【腎臓の検査は何科?】わかりにくい自覚症状の場合の対処法


朝起きた時にものすごく顔がむくんでいたり、尿の量...

飛行機に持ち込みができる薬と、注意が必要な医薬品教えます!


持病を持つ人や万が一のために飛行機に薬を持ち込み...

【目の充血が治らない】考えられる原因と病気と対処法はこれ!


目が赤くなってしまい、見た目も気になってしまうの...

スポンサーリンク


野球の練習の為のネットを自宅に張るにはどうしたらいいですか?

子ども野球の練習が週末だけということありませんか?

週末だけは小学校のグランドでチームの練習があるのですが、平日の放課後は、チームのメンバーと一緒にキャッチボールなどの練習ができる公園や場所がないので困っています。

自宅の庭だと、キャッチボールくらいはできると思いますが、ご近所に迷惑にならないよう、ネットを張っている方がいると聞いたことがあります。

そこで、防球ネットを自分で設置された方に質問なのですが、どのように張ったのか教えてくださいますか?
また、自分でできるものでしょうか。

私が考えた、自宅に設置した野球用のネットの張り方

どのようなネットを考えているかにもよりますが、四方を囲むようにパイプを四角く組んで、ネットハウス状態にするような必要がなければ、比較的簡単に設置することができます。

それは、ポールを二本立てて、丈夫で腕部分をL型に伸ばしておき、滑車をつけます。その滑車にロープを付ければネットを適宜格納できるので、使っていない時は視界を遮らないのでお勧めです。

また、そこに張っていただくネットですが、ボールが反発しないように目の細かいものを設置する方が良いでしょう。ゴルフで使うネットがお勧めです。

軽くノックの練習くらいでしたら、このネットで対応できると思いますが、フルスイングに耐えられるものだと業者に依頼した方がいいかもしれませんね。

自宅で野球のバッティング練習、携帯ネットは失敗

バッティングの練習場所と用具

子どもと野球のバッティング練習ができる場所と、それに必要な用具などを検証してみました。

練習場所は公園の金網前

一軒家なので、庭で練習しようと思いましたが、実際は練習するには狭くて思うようにはできませんでした。決して面積が狭いというわけではなく、こんな理由があったからです。

打撃練習をしたいと思い、まずティースタンドとボールを購入しました。ネットが必要なので、妻に反対されながらも説得し、携帯用のバッティングネットを購入しました。

しかし、子どもの打球がネットからそれてしまうことが多いのです。やってみなければわからないことでしたが、残念ながら失敗でした。

そこで、自宅練習をあきらめ、公園で練習することにしました。金網の手前にホームベースとティースタンドを置いて、打ち込みました。
結局、公園の金網を使ってティーバッティングをするのが一番よいとわかりました。

バットは木製がおすすめ 

金属バットだと、公園の隣接している住人に打球音が響いて迷惑になるため、木製のバットを使うことにしました。

中古の軟式ボール

はじめは、軟式のボールをディスカウントショップで購入していましたが、バッティングの練習にはもったいないくらいでした。

そこで、バッティング練習にはヤフオクに出ている中古の軟式ボールを使い、キャッチボールや守備練習には、新しいボールを使うことにしました。

トスバッティング用ネットを自宅に設置する方法

自宅でトスバッティングの練習をする場合、どのようなものが必要でしょうか。7.5畳の広さでどれだけのことができるのかを試してみました。

今回は、部屋の大きさが7.5畳。
バッティング練習の道具は、ネット・トスマシン・やわらかめの黄色のボールがセットになったものを楽天で購入しました。

広さ7.5畳だと限界がある

子どもが部屋の中心で素振りするくらいであれば、壁にぶつからない程度ですが、、大人はバットが長くなる分、思い切り動かすには不十分と言えます。

トスマシンは全く問題ないのですが、飛んでくるボールをフルスイングしようとすると、壁にぶつかりそうになるので、ちゃんと打ち返せないことが多く、ボールとの距離が難しく感じました。本来であれば、狭い室内ではなく、車庫などで利用することを想定しているようです。

ボール

ボールは足りないと思い、ウレタンボールを買い足して20個用意しました。

カゴ

ダイソーにて100円のカゴを購入しました。
私が持ってボールをトスする時用に一つ、息子が売ったボールをネットの下で受ける時用に一つ用意したので、合計二つ購入しました。

ホームベース

足場用にダイソーの200円のキッチンマットを1枚購入。
ホームベースは同じくダイソーで、100円の白いすべり止め用のマット素材を購入、1枚から2枚のホームベース作れましたので、1枚を室内用、もう1枚を外でのピッチング練習用にしました。ちなみにピッチング用のプレートも残りで作れます。

長男は左バッターへ転向したので、マットは左打席用にしました。
一見それほど大きなマットではないのですが、小学4年生がスイングするには十分な大きさのマットです。

今回、ちょっとしたDIYも味わえたので、とても楽しかったです。

野球の練習用ネットの種類

自宅でお子様に野球の練習をさせたいと思っている親御さんも多いのではないでしょうか。

公園はボール遊びができないところもありますし、学校のグランドは大勢が利用しているので、順番がいつ回ってくるのかわからないことがあります。

そうかといって、自宅の玄関先でキャッチボールをするとしたら、全てうまく受けれるとは限りません。隣近所への配慮として、ボールが飛んで行かないようにするのは最低限のマナーですね。

最近では、庭にネットを配置して練習しているご家庭も増えてきましたが、何の練習に使うのかを確認して設置しましょう。野球を練習する時のネットは、これだけの種類があります。

主なネットの種類

1) 防球ネット

2) ティーバッティング用ネット

3) バッティング用インスタントスクリーン

4) ピッチャー用ネット

5) 集球ネット

6) キャッチャーネット

7) 打撃練習用ネット

わざわざバッティングセンターに行って練習するとなると、時間もお金もかかってしまいますが、ネットさえあれば、気軽に自宅で練習できるので、自分の練習に合ったネットを設置するのがおすすめです。

自作用ネットはホームセンターのパイプとネットで作ろう!

野球ネットの作り方

準備するもの
ホームセンターで購入
・ネット・・・2m幅で長さ10mのネット
・パイプ・・・2.5mのパイプ12本
・ネット固定用ロープ
・直行クランプ・・・16個

作り方

1)ホームセンターで購入したパイプを12本を直行クランブで組みます。

2)10mの長さのネットを左側の面から上面に張り、続いて右側の面までを1枚で張り、その長さで切断します。

3)残りのネットを奥の面に二重に張ります。

4)パイプへの接続部分は、ロープを螺旋状にネットに通して巻きつけました。
5)右・左の横面・上の面・奥の二重のネットは、それぞれロープを螺旋状に組んで結びます。

6)地面を掘って、パイプの下部分を埋めて完成です。

完成までには息子にも手伝ってもらいましたが、冬場に設置したこともあり2日間、10時間ほどかかりました。

 - 子育て

ページ
上部へ