知っとく.com

バイトの悩み解決!シフトを入れてくれない時の対処法

   

バイトの悩み解決!シフトを入れてくれない時の対処法

アルバイトで、急に仕事が減ってしまう事ないですか?

原因も伝えられないままシフトが入らないのは不満ですよね。

バイト先の利益とのバランスがあるので、シフトが入らないからといって、自分に非があるとは限りません。

要領よくがんばっていて、仕事ができる人であっても、シフトを入れてくれないことがあるようです。

でも、周りを見渡して自分のシフトだけ減っているならば、もしかしたら、何か原因が自分にあるのかもしれません。

他のバイト先を見つける前に確認してみませんか?

シフトが入らないのが、単純にバイト先の売り上げに関わるなら他のバイトを探すのもアリですが、面接では理由を工夫した方がよさそうです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

スポンサーリンク


シフトを入れてくれないバイト先の事情ってなんでしょう

バイト先のおそば屋さんで、シフトを入れてもらえないことがあって困っています。

以前は、月7回程度シフトを入れてもらっていたのに、最近では月3回の時もあり、全然シフトを入れてもらってない感じです。

がんばって働いているつもりなのですが、どちらかと言うと覚えが遅く、もしかしたら迷惑をかけているかもしれないです。
仕事をさせてくれないということは、辞めてほしいということなのでしょうか。

皆さんは、こんなことありますか?急にシフトが減ってしまったら、どうしますか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コールセンターでバイトをしていますが、暇な日は突然に

「今日は帰って良いですよ。」

って言われてしまいます。

短時間のバイトだから、甘くみられてしますのでしょうか?

短時間なだけに、時間を会社の都合で削られると給料面で厳しいです。

「いえ、まだ働きたいです。」とも言いづらい雰囲気で、とても困っています。

ちなみに仕事はしっかりやっています。売上も上げている方です。

職場、変えようかな。。。

シフトを入れてくれないバイト先の事情

最近では、当日になって今日は来なくてもいいと言われるようなバイトが増えていると言います。

接客業であれば、天候が悪くて客足がないとか、予約がキャンセルになったなど、デスク業であれば、そもそも閑散期だけは必要なかったり、正社員とのバランスで人員を増やしたり減らしたりと調整を行っている場合があります。

結局は、シフトを作る人に聞かなければ、確かな理由はわかりませんが、雇われる身としては、原因がわからないと不安になりますね。

アルバイトの皆さんがよく思われがちな3つの理由を例にとり、心配がないことをご説明します。

失敗したからといってシフトは減らない

シフトが急に入らなくなると、自分が何か失敗をした、或いは仕事ができないと思われているのではないかと不安になる人もいるようです。

ところが、仕事で失敗はつきものなので、シフトを減らすとかえって仕事を覚えるのが遅くなり逆効果なんです。

管理者の感情でシフトは減らない

店長などの管理者が、個人的にアルバイトの人を嫌いになったからといって、シフトを入れないケースはほとんどないでしょう。

しかし、雇われている人の方が、店長から嫌われているのではと思ってしまうケースがあるらしいのです。

例えば、店長が複数の店舗を掛け持ちしていて、あまりお店に来ないような時に、好かれていないと思われることがあるそうです。

都合で休みをとったからといってシフトは減らない

テストなどである程度の期間の休みをとる場合は、事前に申請すれば何の問題もないはずです。

学生をアルバイトで使う場合は、本来学業優先なのは当然のことで、契約時にそのような話も出ているはずです。シフトを減らされる理由にはならないと思います。

バイトでシフトを入れてくれない事は評価を下げるかも

アルバイトを掛け持ちする時や、別のところに変えようと面接する時に、気をつけなければいけないことがあります。

それは、なぜ今バイトしているのに、新たに雇われようとしているのかという理由です。変なことを言うと不利になりますよね。例えばこんなことを平気で言ってしまう人がいるそうです。

「今のアルバイト先でシフトを入れてもらえないから」

これだけを聞いたらどう思いますか?

シフトをあまり入れてもらえない原因としては、お店の状況や時期的なものなど様々考えられます。

ところが、面接ではその人の情報しかない為、一般的に、他のバイトの人と比較して使えない人という印象を与えがちです。

だからといって、お店の状況の悪さを理由にするのも、自分の評価を下げることになります。

あまり正直すぎても、事実が伝わらないことがあるので、理由は慎重に考えてから前向きに伝えるようにしましょう。

パートやバイトで可愛がられる人の特徴

シフトの都合がつく人

オーナーや店長からすると、土日祝日や早朝など、他のスタッフが入りたがらないシフトに入ってくれる人は大助かりです。

誰かが都合をつけて入らなければお店はまわりませんので、誰もいない時に積極的に都合をつけてくれるだけで、とても重宝がられます。

例え仕事があまりできない人であっても、シフトの調整に一役買っていれば、可愛がってもらえ、シフトもたくさん入ることが多いようです。

また、急に宿題の提出が今日までになったとか、どうしても休まなくてはいけないような状況になった時、日頃からシフトに協力的であれば、休みやすいというメリットがあります。

他の従業員からいつも協力してもらっている人という印象があるので、気持ちよく休ませてくれるでしょう。

自立できている人

他の人の手を煩わせることなく、教えたことはできるだけ一度で覚え、大きなミスもなく、あまりに遅くてお客様をイライラさせることがないようなど、当たり前の事が出来ている人は好かれます。

最初はミスをしてしまうかもしれませんが、何度も同じことを繰り返すとちゃんと話を聞いていなかったのではと思われてしまうので、聞いたことは、忘れそうならばメモをとり、できるだけ他のスタッフに迷惑をかけないようにしましょう。

心がけだけでもずいぶん違うものです。

バイトを辞める好印象な理由

一般的な理由で辞めるのが無難

バイトを辞める時は、理由を細かく伝える必要はありません。
人間関係が原因だったり、仕事の内容に対しての不満であったり、ネガティブな理由な場合はなおさらです。

相手が納得せざるを得ないような一般的な理由

・一身上の都合の為
・家族の事情の為
・仕事内容やシフトが合わない為

学生であれば、学生らしい理由は、

・インターンがある為
・学業とサークルの両立の為
・ゼミ優先の為

などが表向きの理由で、バイト側も受け入れやすいはずです。

正直に言わない方がいい場合もあります。この先、誰とどんな風に繋がるかわかりませんので、思いやりを持って毅然と振る舞いましょう。

 - 仕事

ページ
上部へ