知っとく.com

【子猫を保護】衰弱していた場合の対処法

   

【子猫を保護】衰弱していた場合の対処法

道端や家の庭などで衰弱した子猫を発見をして保護した場合、どのような対応をすべきでしょうか。

生後間もない場合は生死をさまよっています。

命を救うためにすべきことをまとめていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お寺の住職の仕事とは?神社との違いを解説します


お寺にいるお坊さんのことを「住職」と呼びますが、...

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法


給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていま...

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策


子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加す...

【働くママ必見!】遅刻の言い訳が子供の時には注意して!

ヤバい!会社に遅刻しそう!何かいい言い訳はないかな?

モラハラ行為をする人の特徴と母親への対策


近年「モラハラ」という言葉が使われる場面が非常に...

知りたい!犬がカットを嫌がる理由と対処法

愛犬の毛がモジャモジャになってしまったらカットへ行きますよね...

猫のゴロゴロ音がおかしい原因と考えられる病気


猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは甘えたりリラックスして...

耳に髪の毛をかけると余計に癖がつく!スッキリさせるヘアアレンジ


女性の方がよくやりがちな、垂れてきた髪の毛を耳に...

お母さんは好き?嫌い?苦しい気持ちから解放される考え方


あなたは自分のお母さんのことは好きですか?嫌いで...

ストレスで嘔吐?子供に起こる自家中毒を知っておこう!

子供が嘔吐するというのは珍しいことではありません。

冬のパンプスは寒い!オシャレを楽しむ4つの冷え対策


冬でもオシャレな人はパンプスを履いてファッション...

TPOとはどういう意味?わかりやすく教えます!


よく「TPOをわきまえて」という風にファッション...

【深夜のラーメン 飯テロ】太る理由と太らない人の謎


ダメだとわかっていても深夜に食べるラーメンはなぜ...

【新婚で離婚】子供なしで別れる理由とメリット


結婚式から半年、まだ新婚ほやほやの時期に離婚を決...

【心臓がバクバク】緊張した時・そうでない時の原因や症状


プレゼンテーションや発表会などで人前に出ると緊張...

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気


「食後すぐに寝ると牛になる」と言われた事があるよ...

【小学生の悩み】自転車に乗れない子が克服するコツとポイントはコレ


最近では小学校に上がっても自転車に乗れない子供が...

「ありがとう」の返事に「いえいえ」は適切?意味や使い方を教えます


あなたは「ありがとう」と言われた時は何て返事をし...

「長所は?」と面接で質問されたら?高校受験対策


「あなたの長所は何ですか?」と質問された時、すぐ...

【子供が受験に失敗】親のNG行動と与える影響


子供が受験に失敗をしたら親としてどう声をかけるべ...

スポンサーリンク


衰弱した子猫を保護した場合はどうすべきなのか?

もし衰弱をした子猫を保護した場合は、どのような応急処置をとるべきなのか、どのようにミルクを与えるべきなのか、ほかに気を付けることは何かと色々不安になるでしょう。

そのような状態は、動物を飼ったことがある人でもなかなか対処法がわからないものです。

まずすべきことは、動物病院へ連れて行くということです。

ミルクを与える以外にもやるべきことがあります。

衰弱した子猫の命を救うためにはどのような対処をすべきなのか、さまざまな視点からご紹介していきます。

衰弱した子猫を保護した時の対処法

体を温める

まだ小さな子猫はとにかく保温が必要です。

子猫に必要な温度は30度前後。

小さな箱や段ボールにタオルを敷いて、タオルの下にはホカロンなどを入れて温めます。

その上に子猫を寝かせてさらにタオルをかけてあげましょう。

ホカロンの代わりに湯たんぽでも代用できますが、どちらにしても体に直接触れないように温度管理には注意をしてください。

暖房で温めようとして暖房の目の前に置くようなことは避けましょう。

ミルクを与える

まだ小さな子猫の場合は授乳が必要です。

与えるミルクは子猫用のものを用意をして子猫用の哺乳瓶を使って与えます。

温度は人肌程度に冷ましてから。

もし哺乳瓶ではうまく口に入れられないようならスポイトで食道に上手く流し込む方法で行います。

これについては獣医師にやり方をよく聞いてから行いましょう。

もし子猫用のミルクをすぐに用意できない場合は人間用の牛乳を一時的な対処として与えます。

ただし脂肪分の多い牛乳では下痢の原因になりやすいのでできるだけ早く子猫用のミルクに替えましょう。

衰弱した子猫を保護した人の体験談

ある人がとても衰弱した子猫を保護した時の様子をご紹介します。

【最初は砂糖水を与えた】

保護した時はとても衰弱をしていたので、ぬるま湯で砂糖水を作って飲ませました。

寝床には小さなダンボールで暗室を作り、ホカロンとタオルでしっかりと温めました。

母猫が子猫を包み込んで温めることを想定してしっかりと包んであげました。

最初はミルクすら飲みませんでしたが、体が回復するとともにミルクを少しずつ受け付ける様になりました。

鼻水や目やにがくっついていた状態で可哀そうだったので、生理食塩水で少しずつ拭き取ってあげました。

汚れと一緒に毛も剥げてしまいますが、衛生的にはその方がよかったようです。

保護した時には体にノミが付いていたのでひたすらノミを退治していきます。

衰弱した状態では身体を洗うことができないのでその方法を取りました。

ノミがいなくなると子猫はグングンと回復していきました。

子猫が快適に過ごせる寝床の作り方

【子猫の寝床の作り方】

生まれて間もない子猫はとにかく保温が大切です。

生後一週間は厳重に見守る必要があります。

皮下脂肪がほとんどない状態なので体温を失いやすいため、34.7~37.2度程度に温めてあげます。

母親のお腹にくっついて体を温めていたであろう状態を想定して寝床を作ってあげましょう。

タオルの下にはホッカイロを入れてしっかりと温めましょう。

本来なら母猫に包まれて温められていたということを想定して優しく保護をしてあげましょう。

【子猫のためのグッズ】

ペット用カーペットを使う場合は、低温やけどの危険性を考慮して温度が33度以上にならないよう注意をして使います。

また、子猫自身が適温を選べるように暖かい部分とそうでない部分を作っておきましょう。

子猫が動けるようになってきたら脱走を防ぐためにペットサークルを設置します。

湿度は55~65%を保つようにしましょう。

子猫の排泄の仕方やトイレのしつけについて

子猫の排泄方法

本来子猫は母猫に舐められた刺激によって排泄を行います。

保護をした場合は母猫の代わりになって、折りたたんだティッシュペーパーをお尻に当てて優しくトントンしたりさすったりすると排泄します。

最初からは上手くいかないでしょうけど次第に慣れていきます。

便は3日に1度程度でも大丈夫ですが、なかなか出ない場合は獣医師に相談をしてください。

トイレの準備

まだ小さい頃は正式なトイレは準備しなくてもいいです。

子猫を入れている箱の全面にはペットシーツを敷いておきましょう。

汚れたら取り換えてあげましょう。

生後3週間ほど経ったら小さな箱にペットシーツを敷き、猫砂を入れて少しずつトイレを教えてあげます。

覚えるまで時間がかかりますが、少しずつトイレとして理解をしていくでしょう。

 - ペット

ページ
上部へ