知っとく.com

ハムスターの目の病気の種類と原因はこれ!

   

ハムスターの目の病気の種類と原因はこれ!

ハムスターの目から目やにが出たり、赤く腫れていたりした場合は、どんな病気なのでしょうか。

人間の目と同様に、ハムスターも目の病気になることがあります。

病気の種類や、それぞれの原因についてご紹介していきます。

思わぬところに原因が潜んでいることもあるので、注意をしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お寺の住職の仕事とは?神社との違いを解説します


お寺にいるお坊さんのことを「住職」と呼びますが、...

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法


給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていま...

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策


子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加す...

【働くママ必見!】遅刻の言い訳が子供の時には注意して!

ヤバい!会社に遅刻しそう!何かいい言い訳はないかな?

モラハラ行為をする人の特徴と母親への対策


近年「モラハラ」という言葉が使われる場面が非常に...

知りたい!犬がカットを嫌がる理由と対処法

愛犬の毛がモジャモジャになってしまったらカットへ行きますよね...

猫のゴロゴロ音がおかしい原因と考えられる病気


猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは甘えたりリラックスして...

耳に髪の毛をかけると余計に癖がつく!スッキリさせるヘアアレンジ


女性の方がよくやりがちな、垂れてきた髪の毛を耳に...

お母さんは好き?嫌い?苦しい気持ちから解放される考え方


あなたは自分のお母さんのことは好きですか?嫌いで...

ストレスで嘔吐?子供に起こる自家中毒を知っておこう!

子供が嘔吐するというのは珍しいことではありません。

冬のパンプスは寒い!オシャレを楽しむ4つの冷え対策


冬でもオシャレな人はパンプスを履いてファッション...

TPOとはどういう意味?わかりやすく教えます!


よく「TPOをわきまえて」という風にファッション...

【深夜のラーメン 飯テロ】太る理由と太らない人の謎


ダメだとわかっていても深夜に食べるラーメンはなぜ...

【新婚で離婚】子供なしで別れる理由とメリット


結婚式から半年、まだ新婚ほやほやの時期に離婚を決...

【心臓がバクバク】緊張した時・そうでない時の原因や症状


プレゼンテーションや発表会などで人前に出ると緊張...

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気


「食後すぐに寝ると牛になる」と言われた事があるよ...

【小学生の悩み】自転車に乗れない子が克服するコツとポイントはコレ


最近では小学校に上がっても自転車に乗れない子供が...

「ありがとう」の返事に「いえいえ」は適切?意味や使い方を教えます


あなたは「ありがとう」と言われた時は何て返事をし...

「長所は?」と面接で質問されたら?高校受験対策


「あなたの長所は何ですか?」と質問された時、すぐ...

【子供が受験に失敗】親のNG行動と与える影響


子供が受験に失敗をしたら親としてどう声をかけるべ...

スポンサーリンク


ハムスターの目が突然開かない!これは病気?

ハムスターの目が開いていない場合は、何かの病気でしょうか?

よく見ると目の周りが青紫のような赤っぽく腫れている原因は、一体何でしょう。

大切に飼っているハムスターが、突然そんな姿になるととても心配になりますよね。

目に何かが当たったのか、何か不純物が入ってしまったのか…と考えれば考えるほど不安になるものです。

これはハムスターの目の病気なのかどうか、これについてまとめていきたいと思います。

ハムスターの目の病気「結膜炎」と「角膜炎」

「ハムスターの結膜炎」

ハムスターも人間と同じように結膜炎になることがあります。

目が腫れて見えたり開いてなかったり異変を感じたらこれを疑ってみましょう。

原因

目にばい菌が入ったことで結膜に炎症が起きてしまいます。

目から涙や目やにが出ることも多いです。

結膜炎には種類があり、それぞれ原因が違います。

  • 「細菌性結膜炎」…目にばい菌が侵入して起こる。
  • 「アレルギー性結膜炎」…目にアレルギーを起す。
  • 「外傷性結膜炎」…目を傷つけてしまって起こる。

応急処置

よくあるのがハムスターの爪が伸びてしまい目に傷をつけてしまう「外傷性結膜炎」です。

爪が伸びているのを確認をしたら切ってあげましょう。

「細菌性結膜炎」ならケージ内の掃除をすることで改善できる可能性があります。

また床材の材質などでアレルギーを起こしている場合もあります。

「アレルギー性結膜炎」の場合は原因を追求する必要があります。

目やにがひどい場合はホウ酸水で拭き取ります。

治療

原因によって対処法も変わるのでまずは原因追及をしましょう。

症状がひどい場合は抗生物質や目薬を投与します。

予防

アレルギー性であればその原因を取り除く必要があります。

あとはハムスターの爪をチェックすることや、ケージの掃除をマメに行って清潔を保つようにします。

「ハムスターの角膜炎」

結膜炎ではなくほかの原因である場合は角膜炎の可能性もあります。

これは床材のほこりやトイレの砂などが入って炎症を起こしてしまう病気です。

これは目薬を投与し、目やにをホウ酸水で拭き取って対処をします。

まずは動物病院で診てもらいましょう。

ハムスターの目の病気には「白内障」もある

「マイボーム腺腫」

結膜炎や角膜炎ではない場合はこの病気が疑われます。

マイボーム腺とはまぶたの裏にある分泌腺のことです。

これが何らかの理由で働かなくなると油分が分泌されなくなり、中に溜まってしまうとまぶたが腫れる症状が起きます。

この場合はマイボーム腺を潰したり切除したりします。

しかし再発することも多いのでそのまま生活させることもあります。

「白内障」

老化によって起こることが多く、ハムスターの目の色が白く濁ってきたらその可能性が高いです。

そうなった場合はおそらく視力が低下しているでしょう。

しかしハムスターは嗅覚や聴覚で生活できる動物なのでさほど支障はありません。

ハムスターの目が赤い場合と動物病院へ行く前のチェックポイント

ハムスターの目が赤い場合

ハムスターの目を見たら赤っぽく見えた場合、緑内障の可能性も出てきます。

異変を感じたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。

もし緑内障だった場合は眼圧状況の影響で目が飛び出てしまう可能性があります。

できるだけ早めに治療を行いましょう。

動物病院で症状を上手く伝えるポイント

動物病院で獣医さんには適格に症状を伝えなければなりません。

「いつ」から異変を感じたのか。

「歩く様子」はどうなのか。目が見えていない感じなのか。

「気になる行動」いつもと違う行動をするのか。

「ケージの中の様子」どのような環境か。

「巣材」どのような素材なのか。

「エサ」は何をどのくらい与えているのか。

この内容を把握しておくと獣医さんにスムーズに伝えることができます。

ハムスターをこれから飼う人へ

これからハムスターを飼いたいと思っている方は次の項目をチェックしてみましょう。

ハムスターは手軽に飼えるペットですが、それなりにお世話ができる人じゃないと飼育はできません。

  • ケージを置く場所は確保してありますか?
  • どのようなエサを与えるか知識はありますか?
  • 毎日掃除ができますか?
  • ハムスターは夜行性ですが大丈夫ですか?
  • 真夏や真冬の対策はできますか?
  • ハムスターの特徴は知っていますか?
  • 最後まで飼うことができますか?
  • 家族に反対されていませんか?
  • 近くに動物病院はありますか?

このチェック項目で少しでも自信がないものがあれば勉強をしてみたり、飼育を考え直してみましょう。

 - ペット

ページ
上部へ