知っとく.com

【ドラムの練習をしたい】練習グッズと注意点 教えます!

      2017/11/07

【ドラムの練習をしたい】練習グッズと注意点 教えます!

ドラマーに憧れてドラムの練習を始めた場合、自宅での練習が制限されることに気付いてしまいます。

アパートなどに住んでいる人は、とくに周囲への配慮が気になりますね。

そんな中でも、ドラムの上達をすることは可能なのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

クラスのグループへの入り方を実践して友達を作ろう!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【悩める受験生へ】不安な気持ちを乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


自宅でドラムの練習をするのにおすすめのグッズ

自宅でどうしてもドラムの練習をしたい場合は、周囲への迷惑が気になってしまいます。
そんな時は、電子ドラムを使ってみてはいかがでしょうか。

ヘッドホンを使用すれば、音が響く心配はありません。

ただ、振動に関してはどうしても響いてしまいます。

とくに集合住宅の2階以上に住んでいる方は、下の階への影響が気になります。

練習パッドを使う

電子ドラムの振動が気になる場合は「練習パッド」を使ってみてください。

これは楽器店に行くとたくさんの種類やメーカーの中から選べます。

自分に合ったものを選んでみてください。

手首や関節への負担も少なく、跳ね返りも良いので細かいスティックコントロールの練習も沢山できます。

軽量なので、持ち歩くこともできます。

どこでもスティックワークの練習ができるので、上達したい人にはおすすめです。

振動に関しては机を指でトントントンと叩いた程度の音量です。

練習パッドもNGな場合

環境によっては練習パッドでも振動が気になるでしょう。

それなら…エアドラムを行ってイメージトレーニングをしましょう!

スティックの素振りをするだけでも、上達することが可能です。

自宅練習に練習パッドや電子ドラムを使う際の注意点

練習パッドを使う場合の注意点

環境を考えて自宅での練習には練習パッドを使う人がたくさんいます。

練習パッドはスティックコントロールやイメージトレーニングにぴったりかと思います。

ただ、練習パッドは楽器ではないので音が鳴りません。

ドラムとは音を出す、鳴らすという目的があります。

やはり日頃の練習を全て練習パッドで行うのは無理が生じます。

実際に本物のドラムを叩く練習と経験がなによりも大事になってきます。

その経験をフィードバックした上で、フォームやストロークを再現をするために練習パッドを使うことは有効的です。

安い電子ドラムの危険性

家でも使いやすい電子ドラムは環境への配慮がしやすいです。

ただこれは、どんな叩き方もしても画一的な音が鳴ってしまうため、本物のドラムでもそのように音が鳴ると体が勘違いしてしまうのです。

こればかり使ってしまうとせっかくの腕がヘタになってしまう…そんな危険性も含んでいるので、練習の1つとして使うという程度に留めておくべきですね。

やはり本物のドラムでの練習が大切です。

自宅で行うドラム練習に使える代用品

自宅でのドラム練習はどんな人でも苦労をしています。

本物の生ドラムをバシバシ叩けるような恵まれた環境を持っていれば別ですが、たいていの場合はそんなことはできません。

とくに集合住宅に住む場合は近隣への配慮が必要です。

ドラムの代用品

まずは雑誌や座布団を使います。

少しお金がかけられるのなら練習パッド、さらに頑張って電子ドラム。

あるいは、生ドラムに消音パッドを使うという手もあります。

ただ、このような物を代用品として使っても振動だけはどうしても起きてしまいます。

跳ね返りを練習したい場合

繊細なスティックコントロールを練習する場合はやはり素材にこだわった物を使う必要があります。

パワーアップをしたい場合

跳ね返りなど気にせず、ストロークのパワーアップを図る場合は座布団などが最適です。

ドラマーが行っている自宅練習の内容

バンドマンのドラマーはどのようにドラム練習を行っているのかを覗いてみましょう。

あるバンドでドラムを担当をしている人は自宅での練習には「練習パッド」を使って思い切り叩いて行っているそうです。

その内容はルーディメンツだったり、自分の好きなパターンを叩きます。

ライブ前ならウォーミングアップとして必ず行っているそうです。

練習内容は自分で色々探して見つけてきます。

教則本はもちろんですが、最近ではYouTubeでもたくさん見つけられます。

毎日練習パッドを使っていると、その地味な作業に飽きてしまいますが、自分なりにパターンを応用していくことで上達につながります。

ひとつパターンを覚えたらどんどん複雑なパターンにシフトしていきましょう。

毎日の練習が上達につながりますよ。

自宅で思い切りドラムが叩ける環境を作るには

ドラムなどの重低音を発する楽器を自宅で使う場合は防音設備が必要になりますね。

ドラムなどの楽器のために防音工事を行う場合は、よくあるボックスインボックス構法では完全な防音にはなりません。

建物の性能と発生音源の性質を良く理解し、どの部分にどんな防音をするのか、どんな防音工事をすれば高い防音の性能が出るのかなどを検討する必要があります。

自宅で思い切りドラムが叩ける環境作りを、真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

 - ライフハック

ページ
上部へ