知っとく.com

ピアノの先生を見極めるポイントと先生を変えることについて

   

ピアノの先生を見極めるポイントと先生を変えることについて

ピアノ教室でレッスンを受けている中、先生に不満を持ったりほかの教室が気になった時はどうすべきでしょうか。

ピアノの先生を変えることはなかなか難しいことですね。

自分に合うピアノの先生を探すためのポイントや、実際に変えるとどうなるのか?ということについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


ピアノの先生を変えるのはなかなか大変!

ご自身がピアノ教室へ通っている、またはお子さまが生徒として習っている時に「違う先生に教わりたい」と思った場合はどうするべきでしょうか。

不満を抱えたままピアノ教室へ通い続けることはストレスになりますよね。

でも、ピアノの先生に対して失礼な行動になるのではないか…とか、せっかく慣れた教室を変えた方が大変なのではないか?という不安も出てきます。

よくある大手楽器メーカーのピアノ教室の中でも先生によって教え方の違いはあるようですが、でも最初からどの先生がいいなんて分からないものです。

習ってみなければ自分に合う先生なのか判断できないのが難しいところ。

こんな時はどうすべきでしょうか。

教室に通う前に先生をよく見極める

やはり途中で先生を変えることは難しく、とくに大手楽器メーカーの教室では横つながりがあるので話は通ってしまうでしょう。

大切なのは通う前にどんな先生なのか、自分に合うのかをよく考えるべきですね。

地域によっては派閥があることもあるので、実際に通っている人からどんな様子が聞くのが1番いいですね。

それができない場合は体験教室でよく見極めるしかありません。

相性が合わない場合はピアノの先生を変えることも大切

経験や肩書だけで選ばない

ピアノ教室へ通おうとする時に先生に対する基準を持っている人もいるでしょう。

音大出身者、海外留学経験、コンクール受賞歴…など華やかな経歴の先生には魅力を感じるものです。

また経験の長い先生の方がいいのでは?と思う人も多いでしょう。

成りたての先生と比べればベテランの先生の方が優先的に選ばれるかもしれません。

しかし、ベテランの先生と言ってもそれは経験に任せてただこなすだけの人も中にはいます。

そして成りたての先生は教えた実績は少ないですが、一生懸命熱意を持って教えてくれる人もいます。

また、年齢の若いので子供と話しやすいこともあります。

つまり先生の実績や肩書だけで決めてはいけなということです。

相性がよいかどうか

まずは話してみてなんだか違和感を感じる場合はおすすめしません。

これから習っていく上でコミュニケーションはとても重要です。

話しやすい、雰囲気が落ち着くなど居心地のよい相手を探しましょう。

それがたとえ趣味程度だとしても、やはり相性が悪ければ長続きしないでしょう。

途中で先生を変えたいと思ったときには気まずい思いをしてしまいます。

自分の希望通りに教えてくれるかどうか

ピアノを習う目的が将来に向けたものであればそれなりの指導を求めるでしょう。

しかし、なかなかミスを指摘しない先生もいます。

この場合は、物足りなさを感じてしまいます。

また、ピアノを楽しみたいという目的の生徒に厳しく指導をする先生もいます。

とくに子供の場合は、厳しい指導が続くとくじけてしまうでしょう。

それでも立ち向かえればいいのですが、先生に不満を持つようなら無理をせずほかの先生を探してもいいでしょう。

こんなピアノの先生なら変えるべき!

「よくないピアノの先生」

  • ほかの生徒の悪口を言う。
  • ほかの先生を馬鹿にする。
  • 模範演奏を弾いてくれない。
  • ピアノが汚れている。
  • 細かい指導をしない。

このようなピアノの先生であればぜひほかの先生に変えてしまいましょう。

「ピアノの先生を変えるということ」

時には先生から別の先生を紹介してもらうこともありますが、どの場合でも大変な労力を使います。

これは、学校を転校するのととても似ています。

これまでの積み重ねが逆戻りしてしまうこともあれば、仕上がったと思っていた曲をやり直し練習する…なんていうこともあります。

もし、今の先生に不満を感じたり、もっと違う指導を求める場合はまずは会って話をしてから考えてみましょう。

ピアノの先生を変えること自体は、悪いことではありません。

自分のために決断すべきです。

ピアノ教室を決めるためのポイント

ピアノ教室を決めるためのポイントをご紹介していきます。

  • 月謝や入会金、教材費
  • レッスン内容や時間、どんな教材を使うのか
  • 個人レッスンなのか集団レッスンなのか
  • 教室の場所
  • レッスンに使用するピアノのタイプ
  • ピアノ以外にある楽器
  • 発表会の有無と規模

まずは個人レッスンか集団レッスンかを決めてから教室を探してみましょう。

大手楽器メーカーの教室以外にも個人ピアノ教室があります。

気になる教室があればポイントを抑えて話を聞いてみましょう。

ピアノの先生へのプレゼントは渡すべきかどうか

同じピアノ教室へ通い続けていると先生とのお付き合いも長くなってきます。

個人的な会話も増えてくると、ちょっとした季節のやり取りもしたくなってくるものです。

クリスマスやバレンタインなら心ばかりのお菓子をお渡ししても喜ばれるでしょう。

ただ中には生徒からは一切受け取らないという先生もいます。

あまり高価なものではなく、ワンコイン程度のプレゼントでもいいので贈ってみてもいいでしょう。

お中元やお歳暮については、その先生と付き合いレベルで決めていいと思います。

 - ライフハック

ページ
上部へ