知っとく.com

ピアノの先生を見極めるポイントと先生を変えることについて

   

ピアノの先生を見極めるポイントと先生を変えることについて

ピアノ教室でレッスンを受けている中、先生に不満を持ったりほかの教室が気になった時はどうすべきでしょうか。

ピアノの先生を変えることはなかなか難しいことですね。

自分に合うピアノの先生を探すためのポイントや、実際に変えるとどうなるのか?ということについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

クラスのグループへの入り方を実践して友達を作ろう!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【悩める受験生へ】不安な気持ちを乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


ピアノの先生を変えるのはなかなか大変!

ご自身がピアノ教室へ通っている、またはお子さまが生徒として習っている時に「違う先生に教わりたい」と思った場合はどうするべきでしょうか。

不満を抱えたままピアノ教室へ通い続けることはストレスになりますよね。

でも、ピアノの先生に対して失礼な行動になるのではないか…とか、せっかく慣れた教室を変えた方が大変なのではないか?という不安も出てきます。

よくある大手楽器メーカーのピアノ教室の中でも先生によって教え方の違いはあるようですが、でも最初からどの先生がいいなんて分からないものです。

習ってみなければ自分に合う先生なのか判断できないのが難しいところ。

こんな時はどうすべきでしょうか。

教室に通う前に先生をよく見極める

やはり途中で先生を変えることは難しく、とくに大手楽器メーカーの教室では横つながりがあるので話は通ってしまうでしょう。

大切なのは通う前にどんな先生なのか、自分に合うのかをよく考えるべきですね。

地域によっては派閥があることもあるので、実際に通っている人からどんな様子が聞くのが1番いいですね。

それができない場合は体験教室でよく見極めるしかありません。

相性が合わない場合はピアノの先生を変えることも大切

経験や肩書だけで選ばない

ピアノ教室へ通おうとする時に先生に対する基準を持っている人もいるでしょう。

音大出身者、海外留学経験、コンクール受賞歴…など華やかな経歴の先生には魅力を感じるものです。

また経験の長い先生の方がいいのでは?と思う人も多いでしょう。

成りたての先生と比べればベテランの先生の方が優先的に選ばれるかもしれません。

しかし、ベテランの先生と言ってもそれは経験に任せてただこなすだけの人も中にはいます。

そして成りたての先生は教えた実績は少ないですが、一生懸命熱意を持って教えてくれる人もいます。

また、年齢の若いので子供と話しやすいこともあります。

つまり先生の実績や肩書だけで決めてはいけなということです。

相性がよいかどうか

まずは話してみてなんだか違和感を感じる場合はおすすめしません。

これから習っていく上でコミュニケーションはとても重要です。

話しやすい、雰囲気が落ち着くなど居心地のよい相手を探しましょう。

それがたとえ趣味程度だとしても、やはり相性が悪ければ長続きしないでしょう。

途中で先生を変えたいと思ったときには気まずい思いをしてしまいます。

自分の希望通りに教えてくれるかどうか

ピアノを習う目的が将来に向けたものであればそれなりの指導を求めるでしょう。

しかし、なかなかミスを指摘しない先生もいます。

この場合は、物足りなさを感じてしまいます。

また、ピアノを楽しみたいという目的の生徒に厳しく指導をする先生もいます。

とくに子供の場合は、厳しい指導が続くとくじけてしまうでしょう。

それでも立ち向かえればいいのですが、先生に不満を持つようなら無理をせずほかの先生を探してもいいでしょう。

こんなピアノの先生なら変えるべき!

「よくないピアノの先生」

  • ほかの生徒の悪口を言う。
  • ほかの先生を馬鹿にする。
  • 模範演奏を弾いてくれない。
  • ピアノが汚れている。
  • 細かい指導をしない。

このようなピアノの先生であればぜひほかの先生に変えてしまいましょう。

「ピアノの先生を変えるということ」

時には先生から別の先生を紹介してもらうこともありますが、どの場合でも大変な労力を使います。

これは、学校を転校するのととても似ています。

これまでの積み重ねが逆戻りしてしまうこともあれば、仕上がったと思っていた曲をやり直し練習する…なんていうこともあります。

もし、今の先生に不満を感じたり、もっと違う指導を求める場合はまずは会って話をしてから考えてみましょう。

ピアノの先生を変えること自体は、悪いことではありません。

自分のために決断すべきです。

ピアノ教室を決めるためのポイント

ピアノ教室を決めるためのポイントをご紹介していきます。

  • 月謝や入会金、教材費
  • レッスン内容や時間、どんな教材を使うのか
  • 個人レッスンなのか集団レッスンなのか
  • 教室の場所
  • レッスンに使用するピアノのタイプ
  • ピアノ以外にある楽器
  • 発表会の有無と規模

まずは個人レッスンか集団レッスンかを決めてから教室を探してみましょう。

大手楽器メーカーの教室以外にも個人ピアノ教室があります。

気になる教室があればポイントを抑えて話を聞いてみましょう。

ピアノの先生へのプレゼントは渡すべきかどうか

同じピアノ教室へ通い続けていると先生とのお付き合いも長くなってきます。

個人的な会話も増えてくると、ちょっとした季節のやり取りもしたくなってくるものです。

クリスマスやバレンタインなら心ばかりのお菓子をお渡ししても喜ばれるでしょう。

ただ中には生徒からは一切受け取らないという先生もいます。

あまり高価なものではなく、ワンコイン程度のプレゼントでもいいので贈ってみてもいいでしょう。

お中元やお歳暮については、その先生と付き合いレベルで決めていいと思います。

 - ライフハック

ページ
上部へ