知っとく.com

完母の赤ちゃんが哺乳瓶から飲まない!その原因と対策

      2017/11/04

完母の赤ちゃんが哺乳瓶から飲まない!その原因と対策

生まれてからずっと母乳だけで育てる完母育児をしていると、哺乳瓶を受け付けなくなることがあります。

いざという時に哺乳瓶から飲まないと大変な時もありますよね。

哺乳瓶を嫌がる理由は一体何でしょうか。

その原因と、対処法の例を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お寺の住職の仕事とは?神社との違いを解説します


お寺にいるお坊さんのことを「住職」と呼びますが、...

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法


給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていま...

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策


子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加す...

【働くママ必見!】遅刻の言い訳が子供の時には注意して!

ヤバい!会社に遅刻しそう!何かいい言い訳はないかな?

モラハラ行為をする人の特徴と母親への対策


近年「モラハラ」という言葉が使われる場面が非常に...

知りたい!犬がカットを嫌がる理由と対処法

愛犬の毛がモジャモジャになってしまったらカットへ行きますよね...

猫のゴロゴロ音がおかしい原因と考えられる病気


猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは甘えたりリラックスして...

耳に髪の毛をかけると余計に癖がつく!スッキリさせるヘアアレンジ


女性の方がよくやりがちな、垂れてきた髪の毛を耳に...

お母さんは好き?嫌い?苦しい気持ちから解放される考え方


あなたは自分のお母さんのことは好きですか?嫌いで...

ストレスで嘔吐?子供に起こる自家中毒を知っておこう!

子供が嘔吐するというのは珍しいことではありません。

冬のパンプスは寒い!オシャレを楽しむ4つの冷え対策


冬でもオシャレな人はパンプスを履いてファッション...

TPOとはどういう意味?わかりやすく教えます!


よく「TPOをわきまえて」という風にファッション...

【深夜のラーメン 飯テロ】太る理由と太らない人の謎


ダメだとわかっていても深夜に食べるラーメンはなぜ...

【新婚で離婚】子供なしで別れる理由とメリット


結婚式から半年、まだ新婚ほやほやの時期に離婚を決...

【心臓がバクバク】緊張した時・そうでない時の原因や症状


プレゼンテーションや発表会などで人前に出ると緊張...

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気


「食後すぐに寝ると牛になる」と言われた事があるよ...

【小学生の悩み】自転車に乗れない子が克服するコツとポイントはコレ


最近では小学校に上がっても自転車に乗れない子供が...

「ありがとう」の返事に「いえいえ」は適切?意味や使い方を教えます


あなたは「ありがとう」と言われた時は何て返事をし...

「長所は?」と面接で質問されたら?高校受験対策


「あなたの長所は何ですか?」と質問された時、すぐ...

【子供が受験に失敗】親のNG行動と与える影響


子供が受験に失敗をしたら親としてどう声をかけるべ...

スポンサーリンク


完母で育てている赤ちゃんが哺乳瓶から全く飲まない

赤ちゃんを完母で育てていると、哺乳瓶を全く受け入れなくなることがあります。

これとは反対に哺乳瓶からしか飲まないという赤ちゃんもいるので、それよりはいいのでは?と思うものですが、何か用事ができた場合にどうしたらいいのか悩むものです。

たとえば、ママが体調を崩した時は哺乳瓶から飲む赤ちゃんであれば、ほかの人が変わりに面倒を見ることができますが、これが難しくなってきます。

友達の結婚式に招待されたとしても、行くことを諦めざるを得なくなります。

授乳中は仕方がないとは言え、哺乳瓶でも飲んでくれることがわかるだけでも安心できるものです。

では、赤ちゃんが哺乳瓶を受け付けない原因は何があるのでしょうか。

このような状況になった人はおそらく、色々な種類の乳首や哺乳瓶を試してみたのではないでしょうか。

それでもだめだった場合は、何が違うのかが気になるところ。

ここからは、哺乳瓶から何とか飲んでほしいと思うママへのアドバイスをご紹介していきます。

完母の赤ちゃんが哺乳瓶から飲まない理由を探る

哺乳瓶の乳首をよく温める

赤ちゃんが母乳しか受け付けないのは、もしかすると哺乳瓶の乳首が冷たいからかも知れません。

ママのおっぱいに近づけるために、哺乳瓶の乳首を温めてから使ってみてください。

抱き方を変えてみる

何となく安定感がない場合は、赤ちゃんも嫌がって飲まなくなります。

横抱きにしたり斜めにしたり、安定できる体勢を探してみてください。

授乳クッションをひざの上に置いて行うのは、おすすめです。

また、ママのおっぱいの匂いがする時は哺乳瓶から飲みたくないという赤ちゃんもいるようです。

もしかすると、ママ以外の人が行えば飲んでくれるかも知れません。

哺乳瓶のミルクを飲まない完母の赤ちゃんへの対策

生まれて間もないころは哺乳瓶から飲んでいたのに、ある日突然飲まなくなることは少なくはありません。

とくに生後1ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんにはよくあるそうです。

この理由は一体なぜでしょうか。

哺乳瓶の臭いや感触が嫌になった

少しずつ成長をしている赤ちゃんは、ママのおっぱいと哺乳瓶の違いがわかるようになってきます。

とくに、ゴムやシリコンの感触や臭いが原因で哺乳瓶を嫌がることがあります。

その可能性がありそうなら、別の乳首を試してみましょう。

ママの乳首に近いものを探す

形や大きさが近いものを探してみてください。

もしかすると違和感なく使ってくれるかも知れません。

どうしてもダメな場合

何を試してもダメだと、授乳がどんどん辛くなってしまいます。

それなら一旦諦めてしまいましょう。

気が向いた時に、哺乳瓶を受け入れることもあります。

気長に構えてください。

スプーンやストローで飲ませてもよい

赤ちゃんの成長によっては、スプーンやストローを受け入れることもあります。

哺乳瓶にこだわらず色々試してみてください。

ミルクに問題がある場合

ミルクが冷たかったり味が苦手な場合は、赤ちゃんが受け入れません。

温めてもダメならミルク自体が苦手な可能性もあります。

別のミルクを使ってみる

ミルクにも色々な種類があります。

まずはお試し用を使ってみて、少しでもよい反応を示したものを使ってみてください。

哺乳瓶を1日1回使い続ける

赤ちゃんはできるだけ完全母乳で育てるべき、ということはよく言われていますが、色々な事情を抱えたママにとって哺乳瓶はありがたい存在です。

すぐに仕事復帰をしなくてはならないママは、哺乳瓶から飲んでもらえないと大変です。

また、ママが急な病気になってしまった時などのやむを得ない状況も出てくるでしょう。

その時のためにも、哺乳瓶にも慣れてほしいと願う人は多いものです。

いざという時のために、どのように行うべきでしょうか。

1日1回哺乳瓶を使う

生まれてからすぐに哺乳瓶を使い続けることで違和感を感じることなく受け入れるようになります。

わざわざ搾乳をして哺乳瓶から飲ませるのは少々面倒ですが、1日1回はそれを続けていくべきでしょう。

嫌がったら無理をせず、おっぱいから飲ませてくださいね。

赤ちゃんの熱中症対策と哺乳瓶

暑い夏は赤ちゃんの熱中症に注意をしましょう。

自分で体温調節が出来ない赤ちゃんは、大人に比べて熱中症になりやすいです。

ベビーカーに乗せている場合、熱いコンクリートからの反射熱を受けやすいのでこまめに赤ちゃんの体調を確認してください。

こまめな水分補給が大切なので、いつもより早めに授乳を行いましょう。

屋外で授乳をしずらい場合は、哺乳瓶から水分補給ができるようになっていると助かることがあります。

少しずつ慣れさせておくと、いざという時のためになりますね。

 - 子育て

ページ
上部へ