知っとく.com

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法

   

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法

親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なことでしょうか。

自分で大学へ行く方法を考えてみると、意外と色んな道が開けるものです。

その道を選ぶことはどういうことなのか、これからの道しるべになれば幸いです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

一年生に勉強を身につけさせるコツ!遅れている子供の原因とは


小学校一年生の勉強はまだまだ簡単なものとは言え、...

猫が「ガブッ」と噛むワケは?本気でされた時の注意点としつけ方法


可愛い猫から突然「ガブッ」と噛まれたりしたら、飼...

裁判の傍聴へ行く時の服装や注意点を詳しく教えます!


裁判の傍聴は一般の人でも実はできるってご存知でし...

知りたい!家よりカフェの方が勉強場所におすすめな理由

学校のテストや資格取得に向けての勉強は、集中してやりたいもの...

手の湿疹の正体は意外なものだった!原因不明の場合はこれを疑おう


手にブツブツと水疱が出来たり、かゆみを伴う湿疹が...

【電話マナー】かけていい時間帯と就活に役立つ知識


意外と迷ってしまう電話をかける時間帯。

知りたい!彼女の料理が失敗で美味しくなかったときの対処法

男性としては彼女の作った料理を一度は食べてみたいと思うもの。...

顔のエラがなぜか痛い!その原因は疲労物質かも


顔のエラの部分が痛い…この原因は一体何かわかりに...

タイへお金はいくら持って行く?費用と両替について教えます!


「ほほ笑みの国」と呼ばれるタイ旅行へ行きたい!で...

『ありがとう』に対する返事とは?先輩をアゲる後輩になるLINE


部活やバイト先の先輩からふと『ありがとう』と言わ...

アメリカの病院ボランティアの活動内容や体験談


アメリカの病院では多くのボランティアが活動をして...

【アメリカ旅行】英語できない人でも乗り切るポイント


英語できないけどアメリカ旅行へ行きたい!…でも会...

【娘の彼氏が家に来る!】父として大切な心得


「今度紹介したい人がいるの」よくドラマで聞くあの...

一人暮らしの男性がもらって嬉しい差し入れはコレ!


一人暮らしをしている男性に何か差し入れをした時は...

【くっさ~!】アイスノン枕のイヤな臭いを取る方法


風邪を引いて熱が出た時に使うアイスノン枕。いざ冷...

【長女と母親】性格が合わない原因と対処法


長女にとって母親は大切な存在なはずなのに、「性格...

朝に聞く音楽で快適な目覚め!脳にもたらす効果がすごい


これから仕事だと思うと、朝の目覚めはあまりよくな...

【大学院へ行きたい!】学費を親に頼らず進学する手段


現在、大学院にかかる学費の平均費用は国立で80万...

爪が内出血!病院に行く前に知っておきたいこと

ふと気が付くと「あれ!足の爪が内出血してる!いつの間に?」 ...

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

スポンサーリンク


親に負担をかけられない…大学の費用を自分で出すために

大学へ行くために高校時代からアルバイトをした学生がいる

大学費用を親に頼らず、全て自分の力で払いきった女性がいます。

この方がすごいのは、親元から通わずひとり暮らしをしていたという所。

家賃や生活費までも自分のお金でまかなっていたと言いますが、なぜこのようなことができたのでしょうか。

「大学は自分の力で行け」と言われた

高校の時にお母さんが病気で倒れたしまったことをきっかけに、進路は半ば諦めていたと言います。

しかしそんな時にお父さんが「大学へ行きたかったら自分の力で行け」と言われたそう。

どうやったら進学できるのかを必死に考えた

まず、行きたい大学にかかる費用を調べます。

すると入学金を高校にいるうちにアルバイト代で貯めようと決意。

その日から高校とアルバイトの二重生活が始まったそう。

働きながら進学をすることができた

高校の先生の計らいにより、大学へ通いながら働かせてくれる会社に就職をしました。

これによって働きながら大学へ通うという大変な生活になりますが、「できないことはない」と頑張ったそうです。

できないことはない

この女性は「できないことはない」と語ります。

親から援助をもらえないことは大変だけど、諦めなくてよかったと話しています。

具体的な目標を決めることで周りの人も協力してくれるようになります。

同じような思いをしている学生の方も、諦めずに考えてみてはいかがでしょうか。

自分で稼ぐ場合、大学によって費用は変わる

自分の力だけで大学へ進学し、費用も全てまかなう場合にいくらかかるのかが最も気になる部分です。

これは行きたい大学によって大きく変わります。

学費が高い大学として理系の私立大学がありますが、ここは年間150万円を超える場合もあります。

国立大学ではおよそ50万円となっています。

経済状況によって学費免除される

大学によってはある一定の基準を満たし、審査を通過すると学費が全額または半額免除になることがあります。

また、年払いではなく授業料を月賦払いに対応している大学などもあり、授業料については相談すべきです。

実家から通学するか ひとり暮らしか

学費をアルバイトで払いたい場合、実家から通える大学を選ぶと家賃代や生活費などが大幅に抑えられます。

ひとり暮らしはかなり大変ですが、必ずしも不可能ではありません。

ただししっかりと計画性を持って考えなければなりません。

大学の費用を自分で稼ぐ道を選ぶということ

大学とアルバイトで終わる大学生活

大学を自分の力でまかなう道を選ぶということは、ひたすらアルバイトで稼ぎ、ひたすら勉強をする生活になります。

ほかの大学生が遊んでいる中でも働かざるを得ない状況になるので、並大抵の覚悟ではこなせません。

成績は落とせない

奨学金制度を利用して大学進学をする学生はたくさんいますが、この場合は絶対に成績を落とせません。

学費免除の審査に通った場合でも同様です。

アルバイトのために勉強時間が限られてしまうのでとても苦労をします。

自分でたくさん稼ぎたい人は「勤労学生控除」を利用する

勤労学生控除とは?

学生がアルバイトなどで稼いだ時に受けられる控除のことです。

「給与所得が年間65万円以下」「給与所得以外が10万円以下」であることが条件です。

給与所得はアルバイトで得た給料から、給与所得控除を差し引いた金額です。

勤労学生控除額は27万円です。

たくさん稼ぐと所得税がかかる

アルバイトで稼ぐことで所得税が発生します。これをなくすにはある一定の金額を上限にするとゼロになります。

130万円以下に抑えることで、

給与所得控除額=65万円

勤労学生控除27万円+基礎控除38万円=65万円

これによって所得税が発生しません。

親の扶養になっている場合は要注意

扶養になっている学生の場合、勤労学生控除を受けることで親の扶養控除がなくなってしまう可能性があります。

さらに130万円以上稼ぐことで親の扶養を外れてしまうので、外れないためには103万円以下の収入に抑える必要があります。

貧困大学生が気を付けなければならないこと

親の力を借りずに自分の力でだけで大学へ進学をする、このような道を選ぶ、選ばざるを得ない学生がここ数年で急増しています。

諦めるよりは無理をしてでも進学したいという想いを持って頑張ることは、今後の人生にも大きな影響をもたらすでしょう。

しかし、学費や生活費が大きな重荷となり、奨学金を利用している人は就職後も返済生活が続きます。

就活でも大きな重荷となる

必死に頑張って学費を支払い生きてきた大学生がいざ就職活動に挑むと、これまでの学生生活が大きな重荷に感じることがあるでしょう。

それはお金による心労でもあり、プレッシャーでもあります。

せっかく頑張ってきたのに、心が折れそうになるかも知れません。

それでも自分を信じて進んでください。

ご両親も、そんな頑張る姿に大きな励みを感じていると思います。

 - ライフハック

ページ
上部へ