知っとく.com

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス

   

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス

1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな辛い気持ちを抱えながら生きている人へ。

暗闇から抜け出すにはどうしたらいいのか、ぜひ一緒に考えましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


突然やって来る孤独と不安な気持ちがとても辛い…ある女性の悩み

この世の中でポツンと孤独を感じてしまうこと、ありませんか?

実は、このような孤独感に襲われて辛い想いをしている人はたくさんいます。

中でも女性に多く、年齢を重ねるごとに人数は増えています。

なぜ孤独を感じてしまうのか、ある女性が抱える不安をご紹介します。

【29歳独身女性の悩み】

大学卒業後から仕事を頑張り続けて7年目。それなりにキャリアも積んできました。

社内でも期待されているので嬉しい反面、ここ2年ほど突然孤独感に襲われることがあります。

友達もいるし生活も安定しているはずですが、1人でいる時間が恐怖に感じたりします。

恋人がいないせいなのかとも思いますが、決まって休みの前の晩になると心がざわざわし、世の中が暗く感じてしまうのです。

仕事のストレスとも少し違った感覚で、友達と会い別れた後にはたいてい不安と孤独感がやってきます。

ただ寂しいだけなのか、自分はどうしたいのかわかりません。

…このような気持ちに共感される方は一体何が原因なのでしょうか。

孤独と不安につぶされそうになるととても辛いものです。

この気持ちの正体を探り、少しでも軽くする方法を見つけていきましょう。

孤独や不安で辛い気持ちは自分で作り上げたもの

自分は「孤独な人」だと思っていませんか?

部屋で1人でいる時にポツンとした気持ちになるのは、心のどこかで「自分は孤独で寂しい人間」だというレッテルを貼ってしまっているからかも知れません。

たとえば、仲のいい友達が結婚をした時や子供が生まれて幸せそうな姿を見た時です。

そういう直面に合うと人は自分とつい比べてしまうものです。

この気持ちが積み上がってしまい、孤独感や不安に襲われてしまうのでしょう。

不安な気持ちを誰かに打ち明ける

とてつもなく寂しい気持ちに襲われることは、人間誰でもあります。

お酒やギャンブルで紛らわす人もたくさんいますが、この場合は依存症に陥りやすいです。

食べ物でごまかし、太ってしまうこともあります。

寂しい気持ちを「何か」でカバーしようとしてもやはり限界があります。

不安になった時は、家族や友達の声を聞いてみてはいかがでしょうか。

SNSの知らない人ではなく、実際に関わっている人にしましょう。

肉声を聞くことで、ホッとすることができます。

友達に不安な気持ちを打ち明けることができればいいですね。

もしそれができない場合は、話を聞いてくれるカウンセリングをおすすめします。

産後の女性の多くも孤独や不安で辛い想いを抱えてしまう

出産をして育児に励む女性の多くも、孤独や不安感を感じています。

多くの女性が妊娠前までは必死に仕事を頑張ってきました。

1日中赤ちゃんと過ごす生活というのは一見幸せそうですが、ほぼ赤ちゃんと2人で過ごすことになるので世間との関わりが激減してしまいます。

会話をする相手が夫しかいない場合、1日中まだ話せない赤ちゃんと過ごすことで話す機会を失います。

これによって社会に置いてきぼりにされたような、何とも言えない孤独と不安に襲われてしまいます。

産後うつはこの辛い気持ちが積み重なったことで、起きてしまうのです。

孤独感を打ち消すための5つの方法

何だか孤独を感じてしまって不安、そして寂しい。

その孤独感から抜け出すための5つの方法があります。

1.自分を好きになる

まずは自分を愛することから始めましょう。

「自分を愛するなんて出来ない。そんなの気持ち悪い。」
「自分が嫌い。自分を好きになんてなれない。」

そんな風に思っていませんか?

私もそうでした。

「自分が好きだなんて、分からない。気持ち悪い。自分が嫌い!私って嘘つきだもの。」そう思っていたんです。

あなたは、自分よりも、常に相手に合わせていませんか?
あなたは、
『自分が、自分さえ我慢すればいい。』
『あなたの幸せが私の幸せ。(でも、本当はそうじゃない)』

そう思っていませんか?心にきいてみて下さい。

『でも、みんなそんな自分に甘えるばかりで、自分はいつもしてあげるばかり。大切にされていない。』と感じていませんか?

自己犠牲は、自分を痛めつけていることと同じです。
自分を痛めつけておきながら『大丈夫!私は大丈夫よ。』って、相手に言っていませんか?

実は相手はあなたを『そうか。大丈夫なら良かった。』と、思っているだけなんです。

『私は今日用事があるから、またね。』と誘いを断って、たまにはコンビニで好きなおやつをたくさん買って、好きな映画でも観ませんか。

自分の『あっ。自分は今、これがしたいな♡』を叶えてあげて下さい。

心のなかで他人の悪口を言わないで、誰かを評価するのもやめませんか。
あなたに甘えてばかりで、『あなたが好きなこと・やりたいこと』を大切にしてくれないパートナーでないのなら、そんなパートナーとはお別れしてしましましょう。

あなたを大切にしてくれる彼・彼女とこれからもずっと幸せになりたいのですか?
それとも、あなたはただ寂しいからそのパートナーに執着しているのですか?

自分のことは後回しにして、好きなものから離れていませんか?
好きではないものに囲まれていると、自分の価値が見出だせなくなるものなんです。
自分の好きなアイテムを自分の為に部屋に揃えてみませんか?
キラキラを感じるもの・ワクワクを感じるものが好きな自分を、取り戻しましょう。

自分を肯定し、自分の好きなものに囲まれることで自分に自信がつき、キラキラした気持ちになり、あなたはもっと輝きを増します。
そんなあなたを、人は前よりももっと、大切にしてくれます。

一番大切なことは、自分を好きになる・愛するようになると、ストレスに強くなるということなんです。

一人の時間さえも、楽しめるようなれますように。

2.世間のルールに囚われない

何歳までに結婚や出産をしないといけない、そんな風に思ってはいませんか?

「結婚していないから」「子どもがいないから」って、自分を追い詰めていませんか?
「○歳までには課長にならなければ!」って、頑張りすぎていませんか?

『こうでなければいけない。こうでなければ不幸せ。』

そんなものは幻想です。

あなたが、あなたの生きたいように生きる。

自分を大切にして、愛するものに囲まれて生きる。
それがとても大切です。

3.新しい出会いを見つける

狭い人間関係の中で生活をしていると、時に息苦しさを感じるものです。

いつもと違う行動をしてみることで、新しい出会いが待っています。

例えば、地元にある、好きな野球のファンクラブに入ってみたり。
山登りのサークルに入ってみたり。

生花を始めてみたり、ヨガを始めてみたり。

初めから本格的なものでなくても、カルチャースクールの様に気軽に始められる講座が各市町村にあります。

市や町に、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

4.たくさん笑う

腹の底から笑うことで免疫力があがり、精神的にとても良い効果をもたらします。
医療現場でも、『笑い』を取り入れていますよね。

バラエティ番組を見ることでもいいのですが、お笑いライブや寄席などに足を運んでみるのも楽しいものです。

ライブでしか味わえない空気感に、からだを包んでみませんか?
孤独感から開放されましょう。

現実から精神も肉体も逃避させることも、ストレス解消に繋がります。

5.人助けをやってみる

ボランティア活動や自分の力を発揮できる方法を見つけてみましょう。
自治体で情報を教えてもらえます。

実際に、自分の精神が疲れているときにボランティア活動をすると、自分が救われたと感じる体験をされた方が多くいます。

介護施設の掃除や、道路の掃除、小学校の読み聞かせのボランティアなど、さまざまなボランティアがあります。

人の役に立つということで、孤独感は少しずつ減っていき、感謝されることで自己評価が高くなり、あなたのキラキラ度も増します。

孤独感は何かでカバーはできないもの

孤独感を感じてしまう時、「誰も自分の気持ちなどわかってくれない」と思ってしまうものです。

職場では仕事をバリバリこなし、笑顔を絶やさず頑張っているけど…家に帰るととても不安でたまらない気持ちになる。

こんな人は、今心のコップが溢れる寸前になっているのでしょう。

こぼれる前にその気持ちを誰かに打ち明けるべきです。

何かでカバーしても解決にはならない

ストレス解消のために何かで発散してきた人は実は、そのツケが回ってきてしまったのかも知れません。

孤独を感じてしまうので色々な不安やストレスが溜まり続けてしまった状態。

今こそ吐き出す時なのです。

誰かに話すだけで心は少しずつ軽くなります。

1人で不安を抱えてしまってはいけません。

友達や家族、信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。

 - ライフハック

ページ
上部へ