知っとく.com

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス

   

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス

剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。

中学から始めるのは遅いかも…と不安になっていませんか?でも大丈夫!

剣道は中学から始めてもいいんです。

その理由をわかりやすくまとめました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

一年生に勉強を身につけさせるコツ!遅れている子供の原因とは


小学校一年生の勉強はまだまだ簡単なものとは言え、...

猫が「ガブッ」と噛むワケは?本気でされた時の注意点としつけ方法


可愛い猫から突然「ガブッ」と噛まれたりしたら、飼...

裁判の傍聴へ行く時の服装や注意点を詳しく教えます!


裁判の傍聴は一般の人でも実はできるってご存知でし...

知りたい!家よりカフェの方が勉強場所におすすめな理由

学校のテストや資格取得に向けての勉強は、集中してやりたいもの...

手の湿疹の正体は意外なものだった!原因不明の場合はこれを疑おう


手にブツブツと水疱が出来たり、かゆみを伴う湿疹が...

【電話マナー】かけていい時間帯と就活に役立つ知識


意外と迷ってしまう電話をかける時間帯。

知りたい!彼女の料理が失敗で美味しくなかったときの対処法

男性としては彼女の作った料理を一度は食べてみたいと思うもの。...

顔のエラがなぜか痛い!その原因は疲労物質かも


顔のエラの部分が痛い…この原因は一体何かわかりに...

タイへお金はいくら持って行く?費用と両替について教えます!


「ほほ笑みの国」と呼ばれるタイ旅行へ行きたい!で...

『ありがとう』に対する返事とは?先輩をアゲる後輩になるLINE


部活やバイト先の先輩からふと『ありがとう』と言わ...

アメリカの病院ボランティアの活動内容や体験談


アメリカの病院では多くのボランティアが活動をして...

【アメリカ旅行】英語できない人でも乗り切るポイント


英語できないけどアメリカ旅行へ行きたい!…でも会...

【娘の彼氏が家に来る!】父として大切な心得


「今度紹介したい人がいるの」よくドラマで聞くあの...

一人暮らしの男性がもらって嬉しい差し入れはコレ!


一人暮らしをしている男性に何か差し入れをした時は...

【くっさ~!】アイスノン枕のイヤな臭いを取る方法


風邪を引いて熱が出た時に使うアイスノン枕。いざ冷...

【長女と母親】性格が合わない原因と対処法


長女にとって母親は大切な存在なはずなのに、「性格...

朝に聞く音楽で快適な目覚め!脳にもたらす効果がすごい


これから仕事だと思うと、朝の目覚めはあまりよくな...

【大学院へ行きたい!】学費を親に頼らず進学する手段


現在、大学院にかかる学費の平均費用は国立で80万...

爪が内出血!病院に行く前に知っておきたいこと

ふと気が付くと「あれ!足の爪が内出血してる!いつの間に?」 ...

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

スポンサーリンク


女子が剣道を中学から始めるのは遅い?大丈夫?

「面!胴!」と竹刀を振って戦う姿がとても凛々しい日本の武道と言えば剣道です。

剣道という競技はほかのスポーツと比べると触れる機会が少なく、人生において経験しない人の方が多いかも知れません。

ですが、剣道部という部活はたいていの学校に存在します。

興味がある人は、小学生のうちから習い始めていますよね。

これから中学生になる人の中には「中学に行ったら剣道部に入ろうかな」と考えることもあるでしょう。

でもその場合、ほかの人との差が気になるものです。

しかも女子の人はなかなか一歩が踏み出しにくいですよね。

でも安心してください。

剣道は中学から始めても大丈夫です。

  • 小学生より中学生の人は理解力がある
  • しっかりと竹刀を振る筋力と体力がある

この点から、たとえ中学生から剣道を始めてもしっかりと身につけることができますよ。

初心者女子OK!中学から始める剣道

スポーツは小さなうちから始めた人の方が、上手だし有利。

このイメージが頭にある人は、中学から始めることに対して不安に感じるでしょう。

でも、剣道は違います。

やりたいと思ったときが始めどき

剣道は「やってみたい」と思った時、いつでも始めることができるスポーツです。

中学から始めても全く遅くはありません。

30代40代から始める人もいるし、高齢になってからでも大丈夫なんです。

小さな子供のうちから習うことももちろんできますが、頭で理解するまで時間がかかります。

その点、中学生なら低学年の子供が1年かかってできたことを、本気を出せば3ヶ月で習得できるでしょう。

初心者でも大丈夫

周りの人を見ても剣道経験者は少なく、竹刀を握ったことがない人の方が圧倒的に多いです。

入部をしたらおそらく先輩やコーチが教えてくれるでしょうけど、とくに心配はいりません。

それは、中学から剣道を始めた先輩ばかりだからです。

まずは剣道部を見学してみましょう。

女子の先輩を見つけたら、部活動の様子を聞いてみてはいかがでしょうか。

女子も男子も!剣道を中学から始める人は多い

剣道部は独特な競技なので経験者ばかりじゃない?と不安になってしまいますが、実際の剣道部を訪れてみればイメージとは全く違います。

中学から剣道を始めた人の人数

ある中学の剣道部ではこのような感じです。

【男子】

1年生:3人中1人が中学から

2年生:3人中2人は中学から

3年生:6人中3人は中学から

【女子】

1年生:4人全員中学から

2年生:6人全員が中学から

3年生:2人中2人が経験者

このように、中学から始める人の割合は全体の半分以上であり、女子については経験者の方が圧倒的に少ないです。

毎日の部活ですぐに身につく

小学生から習っている人でも、毎日練習はなかなかしていないものです。

でも中学の部活は平日ほぼ毎日練習が行われます。

理解力も小学生の時よりは上だし、体力もあります。

なので、すぐに追いつく可能性は十分あるということです。

剣道に運動神経はあまり関係ない

走るのは苦手だし、球技もちょっと…でも、剣道は面白そうかも。

そう思って剣道部に入ることは実は…大歓迎なんです。

運動は不得意な女子でも始めやすく、剣道をすることで得られるものも多いんです。

運動神経はさほど問題ではない

今までとくに運動をして来なかったし、体格にも自信がない。

そんな女子の人でも剣道部は入りやすい競技です。

身長や足の速さはとくに関係ありません。

姿勢がシャキッとする

剣道をしている女の子は凛としてカッコイイですよね。

その理由は姿勢の良さから立ち姿が美しくなります。

日本の武道をするということも珍しいので注目されます。

強くなれる!

大きな掛け声を出して「面!」と竹刀を振ることで、今までの自分にはない強さが身につきます。

何よりもストレス発散になりますよ!

防具をつけているから痛くないし、精神的にも強くなれるはずです。

剣道部ってお金かかる?防具の値段

剣道部に入ろうか考えている時に気がかりなのが、防具を買う費用のことではないでしょうか。

剣道はお金がかかるという噂を耳にした場合、親御さんへの負担が不安になってしまうでしょう。

剣道部で3年間にかかるおおよその費用

防具一式:6万円~10万円

道着:3千円~5千円(毎年1着購入)

袴:5千円~1万円(3年間のうち1~2着購入)

竹刀:2千円~3千円(3ヶ月に1本購入)

このような道具と平均費用をもとに計算をすると、3年間でおよそ12万円程度です。

入部をする時に必要な道具を一式購入すると7~12万円ほどかかります。

安い防具も増えてきているので、費用を抑えることも可能。

最初こそお金がかかりますが、あとは汚れたり壊れたものを追加で購入していくだけなので、2年生3年生のころはほかのスポーツよりも安いかも知れません。

本気でやってみたいと思う人は、まずは親御さんへその気持ちを伝えましょう。

前もって費用がどのくらいかかるのかを先生から聞き、説明をした方がより安心してもらえます。

見学をした時にしっかりと聞きましょう。

 - 学校生活

ページ
上部へ